• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『SAYURI』
違和感びっくりびっくり          2005/12/10公開  (公式サイト)
映像美結晶結晶結晶結晶
満足度星星星 
 


【監督】ロブ・マーシャル
【脚本】ロビン・スウィコード/ダグ・ライト
【原作】アーサー・ゴールデン 『さゆり』(文春文庫刊)
【出演】
チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/工藤夕貴/大後寿々花/ケネス・ツァン/コン・リー/ツァイ・チン/ケイリー=ヒロユキ・タガワ/ランダル・ダク・キム/テッド・レヴィン/ポール・アデルスタイン/ユージニア・ユアン/カール・ユーン/シズコ・ホシ/伊川東吾/マコ


<ストーリー>

貧しい漁村に生まれ、9歳で花街の置屋に売られた少女・千代(大後寿々花)。そこには、千代と同じ境遇のおカボという少女と、花街一の売れっ子芸者、初桃(コン・リー)がいた。下働きの辛さと、初桃の執拗ないじめに希望を見失いかけていた千代に、ある時、“会長”と呼ばれる立派な紳士(渡辺謙)が優しく声を掛ける。この一瞬の出会いが千代に確かな希望をもたらした。以来、芸者になって会長さんにもう一度逢いたいと夢見る千代。15歳の時、そんな千代(チャン・ツィイー)に転機が訪れる。一流の芸者、豆葉(ミシェル・ヨー)が千代を芸者として育てたいと申し出たのだった。そして、豆葉の厳しい指導の末に千代は芸者“さゆり”となり、やがて花街一の芸者へと花開いていくのだった…。(allcinema ONLINEより

≪予告編≫

                  人気blogランキング
              ♪まずポチっと1クリック♪




   
    

<感想>

正直、観る前は不安でしたが、観てみると意外と楽しめました。やっぱり違和感を感じるところはありましたが、日本をモチーフにした別世界の話と思えば大丈夫でした。芸者の粋や奥ゆかしさのような世界観が感じられないし、色んなアジア文化が混ざっていましたが(苦笑)、フィクションだし細かい部分はしょうがないのかなと。正確に描いて欲しいですが、少なくとも好意的には描いているので腹が立つことはなかったです。


最初は日本語でストーリーが進むので「セリフは日本語なんだw」と安心したのですが、すぐに英語になりました。しかも時々日本語も混ざるのでかなり違和感を感じてしまいました。でも意外と慣れるものでいつの間にか気にならなくなりました。それにチャン・ツィーを初め、主要な登場人物が日本人じゃないっていうのも手助けになりました。日本なのかどこなのか分からないパラレルワールドという認識になれたので、逆にすんなり入り込めました。

 
さゆりの幼少期を演じた大後寿々花ちゃんいいですね〜。『バルトの楽園』で初めて見て今回も楽しみにしていたんですけど、やっぱり抜群にうまかったです。最初はこの世界観に違和感ありありで戸惑った状態でしたが、大後寿々花ちゃんのおかげでかなり入り込むことができました。彼女の演技がこの作品を楽しめた大きな要因でした。

  
映像はすごく綺麗でしたね。やっぱり日本人と撮り方が違って興味深かったです。僕も京都が好きなので映画に出てきた伏見稲荷大社の千本鳥居にも行ったことがあります。実物は周りに林もあって自然を感じられるところにあるんですが、この映画では周りの自然を排除して映さないことで、幻想的な世界になっていました。映像は全編を通して本当に綺麗だったので、大きなスクリーンで観てみたかったです。ちょっと気になったんですけど幼少の頃の映像が『千と千尋の神隠し』の雰囲気に似てませんでした?意識したのかなぁ?実写版を観ているみたいで嬉しかったですけど♪

 
チャン・ツィイーは本当に綺麗で魅力的ですよね。舞や行儀作法を学ぶのは大変だったでしょう。細かい突っ込みどころはありますけど、そんなに気にならなかったです。桃井かおりさんやミシェル・ヨーさんは貫禄がありました(笑)。

渡辺謙さんと役所広司さんはうまかったですけど、役柄的に存在感はあまりなかったです。特に役所広司さんは生かしきれてなかった気がします。2人の役を1人に集約しても良かったんじゃないかなぁ。

 
着物の着付けなど突っ込みどころもありましたが、逆に言えばそういう細かい所以外は全体的によくできているってことだと思いました。そういうのって日本人でも知らない所はたくさんあるし難しいですよね。。外国人の作った外国人向けのフィクションなので、大目に見てあげる気持ちで観れば楽しめると思います。外国人が日本の文化に興味を持ってくれるような素敵な作品でした。

               人気blogランキング
               ♪ポチっとお願いします♪


   
  • 2010.06.13 Sunday
  • 23:35
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2006/09/02 3:55 PM, Ageha wrote:
あけましてオメデトーって
伏見稲荷へ行った写真をUPしようとして
元旦のあくる日からPCがぶっこわれて
番外編がかけなかったいわくつき映画。(オイ)

>SAYURIとオカボ以外誰も年とってなくない?
>それは最後のハッピーエンドに渡辺謙と
 つりあいがとれるようにやって・・。
 ええひとやけどロリコンって嫌やん・・。

・・・・相変わらずこんなこというてる姉妹が
隣で見ておりました。(爆)
2006/09/03 3:35 PM, こーいち→Agehaさん wrote:
>Agehaさん
こんにちは♪
渡辺謙さんロリコンでしたよね〜(笑)
そんな早いうちからチェックしてるんだ!?と驚きましたw

スパム嫌ですね!
ここも以前は激しかったんですけど、今んとこは平和です!
かなりストレス溜まりますよね。。
お気持ち分かります。
あんまり神経質にならないほうがいいですよ〜
2006/09/07 2:47 PM, hi-chan wrote:
中国人が日本人の役やってるだけでも微妙なのに、目は青いし、英語しゃべってるし、とまともに考えると違和感ありありだったりするわけで、どうしてもツッコミはしたくなるんですが(笑)、こーいちさんと同じで、期待していなかった分、意外と楽しめました。

映像は綺麗でしたね。あと大後寿々花ちゃんがとても可愛かったですね。演技もバッチリでした。
2006/09/08 4:34 PM, augleolabo wrote:
こんにちは。また来ました☆

SAYURIは予告しか見てないんです。
予告ではSAYURIの目が青かったような…
なんで青いんですか??
2006/09/08 6:21 PM, こーいち→hi-chan さん wrote:
>hi-chan さん
僕は日本人が演じてるのが逆に良かったですね。
全員日本人なのに英語しゃべって微妙な世界観で
やられるよりかはマシでしたね。
日本として観なかったので楽しめたんだと思います。

大後寿々花ちゃん良かったですね!
最後まで子供時代の話でも楽しめたと思います(笑)
2006/09/08 10:22 PM, こーいち→augleolabo さん wrote:
>augleolabo さん
こんにちは♪
SAYURIは目が青いですよ〜
>なんで青いんですか??
なんでなんだろ(笑)。わかりませんw

DSハマってますねw
僕も一時期買おうとしたんですけど売り切れてて
そのまま買わずじまいです。。
面白そうなソフトがたくさんありますよね〜
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/136

2006/09/02 3:57 PM
まあ、出てる女優さんたちのヒバナバチバチが こっちまで伝わってきそうな映画でした。 レッドカーペットにならんだ彼女たちみんなが、われが一番といわんばかりのね。 その誰もが自分の魅力をふりまいて大輪の花を咲かせてる。 ホントはね、チャンツィイーがもっと目立
「SAYURI」 / the borderland 
2006/09/04 6:45 AM
キャストが主演チャン・ツィイーと聞いた時、「へぇ〜日本語話すんだ。」と、ずっと思い込んでいたのでいて、「キル・ビル」のように間が抜けてるんじゃないかと心配でした。だから予告編で英語だったので拍子抜けしたんですよね(^^;  私はヨーロッパを舞台にし
SAYURI / Dream and Reality ?
2006/09/05 11:22 AM
DVDの”SAYURI”を見ました。 特別日本が恋しくなったわけではないのですが
SAYURI / Movies!!
2006/09/07 2:47 PM
チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、コン・リー、役所広司、桃井かおり、工藤夕貴、大後寿々花出演。ロブ・マーシャル監督作品。 貧しい漁村に生まれ、9歳で花街の置屋に売られた少女・千代(大後寿々花)。そこには、千代と同じ境遇のおカボという少女と、花
SAYURI / 映画、言いたい放題!
2007/02/22 4:23 AM
この作品はまず、 スピルバーグが映画化し、キャストを日本で探しているという噂が流れたのです。 私の周りにも是非オーディションを受けたい!という声を沢山聞きました。 そして 「R.Hがオファーを受けたが蹴った」とか「Y.Iがオーディションを受けたが落ちた」と
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.