• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『男たちの大和/YAMATO』
感動度ハートハートハート     2005/12/17公開  (公式サイト)
泣き度悲しい悲しい
迫力度ダイヤダイヤダイヤダイヤ
満足度星星星星
 


【監督】佐藤純彌
【脚本】佐藤純彌
【音楽】 久石譲
【主題歌】長渕剛 『CLOSE YOUR EYES』
【原作】辺見じゅん 『決定版 男たちの大和』(ハルキ文庫刊)
【出演】
反町隆史/中村獅童/鈴木京香/松山ケンイチ/渡辺大/内野謙太/崎本大海/橋爪遼/山田純大/高岡建治/高知東生/平山広行/森宮隆/金児憲史/長嶋一茂/蒼井優/高畑淳子/余貴美子/池松壮亮/井川比佐志/勝野洋/野崎海太郎/春田純一/本田博太郎/林隆三/寺島しのぶ/白石加代子/奥田瑛二/渡哲也/仲代達矢


<ストーリー>

昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾(松山ケンイチ)たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、彼らの努力もむなしく、日本は日増しに敗戦の色を濃くしていた。そして翌年の4月。米軍が沖縄上陸作戦を開始したのを受け、大和は沖縄特攻の命を下される。(goo映画より)

≪予告編≫
 

                  人気blogランキング
              ♪まずポチっと1クリック♪


   
        DVD       サントラ       原作
       

<感想>

いや〜、これは良かったです。今までの邦画の大作って個人的には外れが多いんですよね。せっかく臨場感のある場面なのに安っぽい恋愛ドラマが入れられたりして、一気に興醒めすることがよくありました。でもこの作品はなかなか評判が良かったので期待していました。だから劇場で観るつもりだったのですが、都合がつかずDVD観賞となってしまいました。無理してでも観ておけば良かったと今さら後悔しましたよ( ̄Д ̄;) どこかで再上映やらないかな。。

  
主役は反町隆史と中村獅童になっていますけど、話は少年時代の神尾(松山ケンイチ)を中心とした群像劇でした。人数が多かったので145分という時間では短かく、それぞれのエピソードが弱かったように感じました。それでもしっかりと要所は押さえていて、それぞれの家族や友人、恋人に対する想いが痛いほど伝わってきました。


劇中では印象的なセリフが多かったんですけど、特に長嶋一茂演じる臼淵大尉のセリフは印象的でした。彼は意外と演技もうまくて映画を引き締めていましたね。「武士道」と「士道」の話や「敗れて目覚める」という話は胸に響きました。「敗れて目覚める」というのは残酷すぎる言葉です。時代を進めるために数え切れない人々が犠牲になり、今を生きる人々に繋いできてるというのを改めて思い知らされました。すごくデリケートな問題なので表現が難しいのですが、やっぱり前線で戦っていた多くの人々は国内の家族や友人を守るために戦ったんだと思います。そんな人々の想いの上で生きている我々が彼らの想いに応えることができているのか、・・考えさせられました。

 

「国と国との戦いの中で一個人の死の意味を問うとは
 思い上がりも甚だしい!」


というセリフもありましたけど、悲しい言葉ですよね。国家の立場から見れば前線で死んでいく兵士は数字でしかないのかもしれないけど、その兵士一人一人にも名前があって人生があって家族がいる。それなのに自分の死に意味を見出せないなんて辛すぎます(涙)。。


それまで僕は「戦艦大和」という名前しか知りませんでした。「宇宙戦艦大和」のモデルになった船があるらしいというくらいの知識しかなく、どこで戦ってどのくらいの犠牲が出たかなど全く知りませんでした。だから当然「大和」に思いを馳せたことは一度もありません。こういう戦争の歴史を知らずに普通に生きてきた自分が情けなくて、犠牲になった人に対して申し訳ない気持ちで一杯になりました。アジア諸国にしたことも含めて、戦争で何があったかをもっと学校の授業でも教えるべきですよね。そこから何かを学ばなければ、死んだ人達は絶対に報われない。僕たちが何かを学ぶことが彼らの死の意味になるのだと思います。


終盤の戦闘シーンは圧巻でした。邦画でこんなに迫力のある映像は観たことがないです。普通の邦画だとこういう場面で迫力がなくて白けてしまいますが、今回は圧倒させられました。空から降り注ぐ弾丸で辺りは仲間の血が飛び散る。地獄絵図とはこういうことをいうのでしょうね。。いくら世界最強の戦艦と言われていても戦闘機の機動力と圧倒的な物量に全く成す術はありませんでした。


出演者はみんな良かったです。反町隆史さんの優しい先輩も素敵だったし、中村獅童さんの迫力があって情の深い先輩も格好良かったです。猛者とはこういう人を言うでしょうね。松山ケンイチ君も蒼井優ちゃんもうまかったです。個人的に感動したのが序盤の枕崎の場面。みんな鹿児島弁がうますぎ(笑)。僕の祖父母が鹿児島人なので多少分かるのですが、独特のイントネーションがしっかり使いこなされていてビックリしました(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン

 
作り手の想いが伝わってくる素晴らしい作品でした。長渕剛さんの歌もすごく良かったです。場面転換が早くて余韻に浸りにくいのというのが多少不満でしたが、作品の評価が下がる程でもなかったです。多くの人に観て欲しいし、考えて欲しい作品でした。本当にオススメです。

               人気blogランキング
               ♪ポチっとお願いします♪


   
   



  • 2010.06.13 Sunday
  • 14:13
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2006/09/11 11:50 PM, kimion20002000 wrote:
TBありがとう。
みんな、若くして、乗船していますよね。
一茂演じた臼淵大尉にしても、まだ当時20代ですよね。多くは、20歳前後。考えさせられますね。
2006/09/12 12:12 AM,  wrote:
松山ケンイチさん、良かったですよね。
この作品を観て、彼に対する見方が変わりました。
日本映画界に必要な、若手俳優だなぁ・・・(大げさかな?)って、思いました。
「神童」も楽しみです!
2006/09/12 1:34 AM, メビウス wrote:
こーいちさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

去年観た戦争映画の中では自分もこれは一番ですね。全国各地でロングランされていただけあって、やはり素晴らしい大作です。
俳優・女優陣が流す悲痛の涙が劇中で特に胸を打たれたんですよね。仲代達矢の男泣きには涙を誘われましたよ・・(ブワッ
2006/09/12 9:44 AM, ななな wrote:
こーいちさん、こんにちわ。
一茂が言っていた台詞は印象に残りますよね。
国のために家族のために戦って亡くなっていった方たちの気持はどんなに想像しても解らないかも知れませんがとにかくこういう戦争はもう二度とあってはいけないんだって改めて思った映画でした。
2006/09/12 2:24 PM, Ageha wrote:
愛する人を守りたい、
それが国を守ることになり、
自分たちの帰る場所を守ることになる。

ただそれだけのために戦いに身を投じた若者たちに
それ以外選択の余地がなかった時代。
その時代を生き抜いたひとは
生き残ったことにさえもどこか後ろめたさを感じながら
国を復興させていった。

あの映画を見に来たお年寄りの涙の深さまでは
戦争を知らないうちらがどこまで
理解できるかわからないけれど、
それでもせめてあの悲惨な状況を
繰り返さないことくらいは約束しないと・・・。
などどマジに思った次第です。
(いつもと違うコメント〜?)
2006/09/12 2:47 PM, hi-chan wrote:
これは、ジャパン・プレミアが当たって見に行った映画ですが、舞台挨拶での反町さんのコメントですでに泣いてしまい、映画を見る前から泣く準備万端になってしまった映画でした(苦笑)。
映画中は目幅で涙を流し続け、見終わった後の第一声が「つ、疲れた・・・」でした(^^;
見ておいて良かったなと心から思った作品でしたが、まさかここまで大ヒットするとは思わず、びっくりしました。
松山ケンイチくんの演技がとても良かったです。「デスノート」ではまた違った演技を見せてくれてますしね。
2006/09/12 11:06 PM, こーいち→kimion20002000さん wrote:
>kimion20002000さん
こんばんは♪
コメントありがとうございます!
一茂も20代なんですね!?
20歳前後の青年にあんな作戦を決行させるなんて。。
今で言えばまだ少年ですよね。
ほんと考えさせられました。
2006/09/12 11:21 PM, こーいち→空さん? wrote:
>空さん?
TBの時間的に空さんかなと思ったんですけど
違っていたらゴメンナサイ。。
松山ケンイチくんいいですよね。
Lも凄く良かったし楽しみな俳優さんですw
「神童」は知らなかったので調べてみたら
結構面白そうですね!
こちらも楽しみにしておきます♪
2006/09/12 11:32 PM, こーいち→メビウスさん wrote:
>メビウスさん
こんばんは。
ほんと良かったですね〜
ロングランしてたから観に行けばよかったです(涙)
右寄りの映画だろうなと思ってDVD待っちゃいました。。
すごく心に響く映画でした。
2006/09/12 11:39 PM, ミチ wrote:
こんばんは♪
こういう大作ってなんだか鼻に付くものも多いのですが、これは原作が良いのか脚本が良いのか、とても見応えがありました。
俳優さんたちも良かったですよね。
意外だったのは一茂!(笑)
セリフも多くて重要な役でとても印象に残っています。
2006/09/13 12:46 AM, こーいち→なななさん wrote:
>なななさん
こんばんは。
コメントありがとうございます!
意外と(笑)一茂いいんですよね〜。
セリフも良かったし役得でしたw
なかなか戦争のことを振り返ることがないので、
戦争のことを考えるいい機会でした。
絶対に戦争はいけないと改めて思ったし、
国のために犠牲になった人々に素直に感謝できない
現在の日本に違和感を感じました。
あらゆることを先送りにしてるから歪んでしまうんですよね。。
2006/09/13 1:20 AM, こーいち→Agehaさん wrote:
>Agehaさん
すごい時代ですよね。。
死ぬ事が守るための希望で、生き残ることは許されない時代。。
Agehaさんのレビューに書かれてましたけど憲法についても
考えさせられました。
僕は「拡大解釈するくらいなら改憲すれば」くらいにしか
考えてませんでしたが、最近は今の憲法は守らないとと思い始めました。
ちょっとした海外派遣でもイチイチ議論するくらい慎重にならないと
ドンドン進んじゃいそうですよね。
絶対戦争はいけないと思いました。
2006/09/13 1:30 AM, こーいち→hi-chanさん wrote:
>hi-chanさん
こんばんは。
いいなぁ、ジャパンプレミア!
僕は今だと反町さんを見るだけで泣けますよ(笑)
ホントに良かったです〜。
あれだけ大掛かりなセットを作ったりしていると
俳優も入り込んで演技できたでしょうね。
俳優陣の気持ちが伝わってくる映画でしたw
2006/09/13 1:44 AM, こーいち→ミチさん wrote:
>ミチさん
この大作は良かったですよね。
これからの邦画の大作もこの調子で頑張ってほしいですw

一茂は良かったですよね〜
ほんと意外(笑)
アンチ巨人なんですけど、一茂の好感度は上がりましたw
2006/09/28 12:08 AM, コレコ(仮) wrote:
「気まぐれ961部隊!」のコレコ(仮)です。
リンクとTBありがとうございました!!

「男たちの大和」は、一回目に観たとき、泣きすぎて大変でした・・・。(映画館内のお客さんも、ほどんど泣いていたので恥ずかしくなかったですが)
で、落ち着いて観たかったので、上映期間終了間際に、もう一度観に行ったのですが、やっぱり泣いてしまいました・・・。
結局DVDを購入して、またボロ泣きなのですが、とてもよい作品だったと思います。
戦争映画にありがちな極端な「残虐さ」はあまり感じられませんでしたし、ありきたりな反戦モノになっていなかったのも好感度が高かったです。
何よりも・・・たった15歳の少年達が、あのように戦って散っていった事実に呆然としました。
(余談ですが、蒼井優ちゃんの広島弁がツボでした♪「フラガール」を観たとき、お下げ髪を見て「おぉ〜!」って思ったのですが、方言が・・・w)
2006/09/28 2:51 PM, こーいち→コレコ(仮)さん wrote:
>コレコ(仮)さん
こんにちは♪
これ良かったですよね〜。
僕も映画館で観てからDVD買うかもしれません。
また観たくなる映画ですよね。
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/153

2006/09/11 11:08 PM
最初は観に行く気はなかったんですよ。ところがこの映画の監督が私のお気に入りの「新幹線大爆破」の佐藤純彌監督だと知って、観に行きたい気持ちが沸々と沸いてきちゃいました。「新幹線大爆破」は高倉健主演の犯罪サスペンスで「スピード」「交渉人 真下正義」の元ネ
2006/09/11 11:27 PM
今年が戦後60年という事で制作された「男たちの大和」だが、実話という点ではやはり戦争の過去は忘れてはならないと常に思う。戦艦大和は60年経た今でも伝説の戦艦として語り継がれているが、ある意味で時代から取り残された戦艦だったとも言える。
2006/09/11 11:52 PM
集中砲火を浴びる大和が、 伝承したかったことはなんだろう。 小さい頃、父の書斎にあった一冊の写真記録集。横長のアルバムサイズで、海軍の太平洋戦争の記録であった。日本の連合艦隊をはじめ、主たる戦艦は、巡洋艦クラスまで収められていたが、やはり旗艦「大和」
★「男たちの大和/YAMATO」 / ひらりん的映画ブログ
2006/09/11 11:59 PM
なんか、興行収入50億見込んでるらしいので・・・ 遅まきながら観てみる事に。 ひらりん、戦争映画苦手なんだけどなぁ・・・・・・・・・・。
【男たちの大和】 / 空の「一期一会」
2006/09/12 12:04 AM
★最後、明日香丸の船員、前園敦の顔が印象深いです。ひとまわり大きくなったような、
男たちの大和 / DVD生活のはじまり
2006/09/12 12:16 AM
戦艦大和の壮絶な運命を描く、辺見じゅんの原作を佐藤純彌監督が映画化した戦後80年記念作品。 長渕剛が歌う「YAMATO」がバックに流れる映像「序曲」(3分)が付けられた、特別仕様での登場!!
『男たちの大和/YAMATO』 / 京の昼寝〜♪
2006/09/12 12:26 AM
■監督・脚本 佐藤純彌■原作 辺見じゅん「決定版 男たちの大和(上下)」(ハルキ文庫刊) ■キャスト 反町隆史、中村獅童、仲代達矢、鈴木京香、松山ケンイチ、蒼井 優、長嶋一茂、余喜美子、高畑淳子、白石加代子、渡 哲也□オフィシャルサイト   『男たちの
『男たちの大和 YAMATO』 / ラムの大通り
2006/09/12 12:31 AM
----この映画って、実物大の戦艦大和を作ったとか…。 まさに超弩級の戦争映画だよね。 長渕剛が主題曲を作ったりして話題になっているようだけど…。 「今年は戦後60年と言うこともあって、 フィクションも含め戦争映画が数多く作られたよね。 それらはいまの日本の置
2006/09/12 12:58 AM
監督 : 佐藤純彌  脚本 : 辺見じゅん主演 : 反町隆史 / 中村獅童 / 鈴木京香原作 : 辺見じゅん 箸 「男達の大和」     公式HP:http://www.yamato-movie.jp/  作家辺見じゅんが戦艦大和の誕生から撃沈、さらにひとりひとりの壮絶な生き様を克
2006/09/12 1:13 AM
男たちの大和/YAMATO 日本人なら、この映画を見て、泣け! 誰はばかることなく、この男たちに、感謝と、賞賛と、哀悼の念を抱け! もう、最初から泣き、でした。沖縄に向かって出撃したのに、枕崎から、たったの200Kmのところで轟沈した大和。仲代達矢 さん、鈴
男たちの大和/YAMATO(評価:◎) / シネマをぶった斬りっ!!
2006/09/12 1:27 AM
【監督】佐藤純彌 【出演】反町隆史/中村獅童/鈴木京香/松山ケンイチ/蒼井優/長島一茂/渡哲也/寺島しのぶ/白石加代子/仲代達矢/他 【公開日】2005/12.17 【製作】日本 【ストーリー】 2005年4月、老漁師の神尾は
男たちの大和 YAMATO / ネタバレ映画館
2006/09/12 1:43 AM
 愛する人を守りたい男がいた。思いをよせる男に死んでほしくないとすがる女がいた。そして不沈艦の映画を観て泣き崩れるkossyがいた。こんな不謹慎なブログ記事を書くkossyに不信感を抱く読者も・・・
「男たちの大和/YAMATO」 / ば○こう○ちの納得いかないコーナー
2006/09/12 1:48 AM
群雄割拠の戦国時代にも魅力を感じてはいるが、何と言っても歴史上の時代で好きなのは近・現代。時空を遥かに隔てた世界よりも、其処に登場する人々の息遣いが聞こえて来る様な”距離感”が良いし、彼等(彼女等)が思い描いていたで在ろう事がよりビビッドに伝わって来
映画「男たちの大和 YAMATO」 / 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
2006/09/12 2:18 AM
尾道で戦艦大和の映画用セットを原寸大(艦首から190mまで)で作成しているというニュースは随分前から流れていたので興味があった。 物語は戦後60年、ちょうど大和が沈んだその海のその日に真貴子(鈴木京香)が亡き父の散骨のために船を探すシーンから始ま
2006/09/12 8:32 AM
「男たちの大和/YAMATO」 千代田区公会堂で鑑賞 上映中から会場内はぐずぐずしている音が聞こえてきます。泣いているんだなあ。そういう私は…、今日も泣くまでには行きませんでした。物語は現在の枕崎港。一人の女性が漁船に大和の沈んだ海まで連れて行って欲
男たちの大和/YAMATO (2005) / こっちゃんと映画をみまちょ♪
2006/09/12 9:26 AM
こっちゃんポイント ★★★★ 鑑賞環境  試写会  上映時間 145分 製作国 日本 公開情報 劇場公開 (東映) 初公開年月 2005/12/17 ジャンル ドラマ/戦争 昭和19年2月、神尾たち特別年少兵が、大和に
男たちの大和/YAMATO / 映画を観たよ
2006/09/12 9:41 AM
8割男性。2割女性。 そんな中で見たのにすすり泣きがたくさん聞こえました。 ちょっと低いすすり泣きがたくさん・・・ ちょっと難点は何だか感動の余韻が残らなかったって言うか色んな人が出てくるから感動場面で場面が移り変わるのが早いような気がしました。 ぶつっ
男たちの大和/YAMATO / Akira's VOICE
2006/09/12 10:44 AM
2005年の終わりに届けられた力強い戦争映画。
『男たちの大和 YAMATO』2005/12月18日に観ました / 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
2006/09/12 1:11 PM
『男たちの大和 YAMATO』 公式HPはこちら 2005年4月、戦艦大和沈没60周年の年、真貴子(鈴木京香)が鹿児島県枕崎の漁師・神尾(仲代達矢)に大和が沈んだ場所まで舟を出してほしいと懇願した。真貴子を乗せた小型漁船を走らせているうちに神尾の脳裏にも60年
2006/09/12 2:50 PM
反町隆史、中村獅童、鈴木京香、松山ケンイチ、渡辺大出演。佐藤純弥監督作品。 2005年4月、真貴子(鈴木京香)は鹿児島県枕崎の漁師・神尾(仲代達矢)に60年前、戦艦大和が沈んだ場所まで舟を出してほしいと懇願した。真貴子を乗せた小型漁船を走らせているうちに神
男たちの大和YAMATO/2回目のレビュー。 / ペパーミントの魔術師
2006/09/12 4:38 PM
8月6日の平和祈念式典は朝LIVEで流れるけど、 9日ってニュースでちょこっととりあげられるだけなのな。 ホントは6日書こうと思ってたんだけど 高校野球の初日で舞い上がってた。 私もたいがいお気楽極楽だな・・・。 男たちの大和 / YAMATO辺見じゅん 佐藤純彌 久
2006/09/12 9:15 PM
男たちの大和/YAMATO 限定版 ?「男たちの大和 YAMATO」 正月映画の中で、製作発表時から、 ダントツ期待値が高い2作品、 「キング・コング」と?「男たちの大和 YAMATO」 どちらも期待を裏切らない、素晴しい出来ばえだった。 東シナ海に沈む戦艦・大
2006/09/12 11:36 PM
映画館にて「男たちの大和/YAMATO」★★★★ ストーリー: 2005年4月、真貴子(鈴木京香)は鹿児島県枕崎の漁師・神尾(仲代達矢)に60年前、戦艦大和が沈んだ場所まで舟を出してほしいと懇願した。神尾の脳裏にも60年前の出来ごとがよみがえってきた。 映画は「タイ
男たちの大和/YAMATO / 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α
2006/09/14 12:12 AM
一人一人にドラマがあって、戦う理由がある。
『 男たちの大和 YAMATO  』 / やっぱり邦画好き…
2006/09/14 2:10 PM
映画『 男たちの大和 YAMATO  』   2005年:日 本  【12月17日全国東映系ロードショー】 監 督:佐藤純彌 脚 本:  〃 原 作:辺見じゅん 「決定版 男たちの大和(上下)」 完本 男たちの大和〈上〉  完本 男たちの大和〈下〉
男たちの大和/YAMATO / Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
2006/09/16 8:42 PM
評価:★10点(満点10点)   監督:佐藤純彌 主演:反町隆史 中村獅童 松山ケンイチ 仲代達也      蒼井優 鈴木京香 2005年 145min 大和の仲間こそ本当の戦友だった、、、 昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ
『男たちの大和/YAMATO』・劇場 / しましまシネマライフ!
2006/09/17 10:24 AM
今日は『男たちの大和/YAMATO』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★★》 座席数407の映
戦艦大和 / 戦艦大和〜YAMATO〜今だからこそわかる戦艦大和の魅力
2006/09/18 9:46 AM
大和(やまと)は、大日本帝国海軍が建造した大和型戦艦の一番艦。その悲劇的な最期もあって、人気の高い戦艦です。戦艦大和の魅力を探ります。 ・・・
男たちの大和−(映画:2006年118本目)− / デコ親父はいつも減量中
2006/09/25 12:00 AM
監督;佐藤純彌 出演:反町隆史、中村獅童、松山ケンイチ、渡辺大、内田謙太、崎本大海、橋爪遼、山田純大、長嶋一茂、渡哲也、蒼井優、高畑淳子、余貴美子、鈴木京香、寺島しのぶ、白石加代子、奥田瑛二、仲代達矢 評価:85点 公式サイト
渡哲也 血みどろ死闘でマグロ獲る! / 芸能☆極秘☆ニュース
2006/09/25 5:13 PM
俳優の渡哲也(64)が200キロ級のマグロと死闘を演じる。主演するテレビ朝日の新春ドラマスペシャル「マグロ」(07年1月4、5日放送予定)の青森・大間ロケがこのほどスタートした。マグロの一本釣りにこだわる漁師とその家族の物語。共演は松坂慶子(54)、
男たちの大和 / 気まぐれ961部隊!
2006/09/27 12:46 AM
ブログを始めたら、この作品をぜひ紹介したいと思っていました! 『男たちの大和 YAMATO』 (チラシ画像はクリックで拡大表示。裏面はコチラ)
激安価格 【男たちの大和/YAMATO】DVD&関連商品 通販 / 激安通販 【DVD・CD・本】 格安価格比較ナビ
2006/09/27 12:58 PM
【男たちの大和/YAMATO】 CDの楽天で1番安い店をご紹介!関連商品もご覧下さい。 辺見じゅんのドキュメント小説を原作にした戦争超大作。 かつて大和の乗組員であった神尾は、およそ60年前の、あの戦争の日々を思い起こしていく・・・
男たちの大和/YAMATO / 小部屋日記
2006/09/29 12:53 PM
(2005/日本)【DVD】 華々しく散る・・・しかし男達の心は故里に、家族に、愛するものたちへの思いでいっぱいだった・・・ さきほど観た「出口のない海」と違い、派手な演出。 現代人には命をかけるほどの思いはあるのか・・・ 世界最大と言われた戦艦大和の最後の出撃
2006/12/17 5:02 PM
守り抜くと、誓った。死なないでと、祈った。
『男たちの大和』と戦艦大和の造られた呉市 / 団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)
2007/03/09 10:50 PM
 ―「大和ミュージアム」の隣りに 「てつのくじら館」、4月にオープン!― 最近、亀さんが「戦艦大和の造られた都市」の出身です」と言ったら、「尾道ですか?」と問われた。(多少ショック!) 相手の人は、映画『男たちの大和』を見て以来松山ケンイチのファンにな
真・映画日記『男たちの大和 YAMATO』 / CHEAP THRILL
2007/04/16 2:15 AM
4月10日(火)◆407日目◆ 会社の先輩Wさんから『男たちの大和 YAMATO』がつまらないという話を聞く。 日曜にテレビでやっていてそれを見たそうだ。 わりと評判がいいだけに意外。 ボクはそれまでこの作品を見る気がなかったが、 逆に見てみたくなった。 早速
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.