• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『地下鉄(メトロ)に乗って』
泣き度悲しい悲しい        2006/10/21公開  (公式サイト)
切なさしょんぼりしょんぼりしょんぼり
満足度星星

≪物語は1992年頃のお話です。≫

【監督】篠原哲雄
【脚本】石黒尚美
【原作】浅田次郎 『地下鉄に乗って』(講談社文庫・徳間文庫刊)
【出演】
堤真一/岡本綾/常盤貴子/大沢たかお/田中泯/笹野高史/北条隆博/吉行和子


<ストーリー>

絶縁状態の父親が倒れたという知らせを受けた日、小さな衣料品会社の営業マン・長谷部真次は、いつものようにスーツケースを転がしながら地下鉄で移動していた。そこに突然、亡き兄が姿を現す。兄の背中を追って地下通路を抜けると、そこは昭和39年の東京だった。ほどなくして真次は無事現在に戻ってくるが、後日、今度は恋人の軽部みち子も一緒に昭和21年に遡り、闇市でしたたかに生きる若き日の父・小沼佐吉に出会う。
(goo映画より)

≪予告編≫
 

                   人気blogランキング
               ♪まずポチっと1クリック♪


                 
     

<感想>

最近、兄と妹の愛の話が多いですね〜。『涙そうそう』もそうだし、『夜ピク』もこじつければそう見えなくもない。来年の正月に公開予定の『僕は妹に恋をする』へ向けて、兄妹愛のブームが来てるのでしょうか(笑)。


ストーリーは過去と現在を何度もタイムスリップするファンタジー。どういう状況でタイムスリップするのかはよく分かりません。そういう科学的なところは無視して楽しむ作品でした。地下鉄の駅を出たらタイムスリップすることもあるし、寝たらタイムスリップすることもあります。しかも一緒に不倫相手のみち子までタイムスリップしたりと全く予測不能です。


観ていてすごく気になったのが登場人物の年齢設定。昭和39年当時、恐らく主人公は15歳くらい。だとしたら現在は57歳くらいのはずなんですよね。みち子も41,2歳だから配役にかなり違和感を感じてしまいました。家に帰ってオフィシャルサイトを見ると主人公は43歳の設定なので、1992年くらいのお話ということになります。そうするとみち子も27歳くらいということで納得できます。前もって1992年の話だと頭に入れておかないと、映画を観ていてかなり混乱してしまうかもしれません。


映画を観る前にたまたまCSで「男おばさん」を見ていました。笠井アナが「ラストは衝撃的な感動作」だと言っていたのでずっと気になっていたんですよね。最初の方から真次とみち子が兄妹なのは読めていたので少々期待外れだと思っていましたが、ラストに本当の衝撃がありました!!そこは全く考えていなかったのでビックリでした。あの関係でハッピーエンドにするのは難しいですけど、やっぱり結末は切なすぎます(涙)。すごい悲しい結末なのに真次が幸せそうにキャッチボールしているのは共感できませんでした。。


そもそもお兄さんを助けるという未来は変わらなかったのに、悪いほうには変わっちゃうんですね。。若かりしころの父親が見れた以外はすべて悪い方にしか行ってないですよ。これだったら最初からタイムスリップしない方が良かったのにと思っちゃいました。

 
でも父親の若い頃には会ってみたいと思いますよね。僕は生まれてすぐに父親を亡くしているので、どんな人だったのか最近特に気になります。父親がいない生活が当たり前だったので悲しかったり羨ましかったりしたことはないのですが、大人になってくると父親に会って話がしたかったなぁと思うようになりました。


以前、TVで『ゲド戦記』宮崎吾朗監督のインタビューを見ました。「父はほとんど家にいなくて会話をしたことがない」、「お父さんと呼んだことがない」、「たまに家にいてサービスしてくれるおじさん」、「父親としては最低」だと語っていました。あれだけ温かい映画を作る駿監督の実生活はそんなものなんだとショックを受けました。本作の小沼佐吉もそうですけど、優しい人なのにどうして子供達や妻にあんな酷い態度なんだろう?っていうのは疑問なんですよね。仕事が大変なのは分かるんですけど、息子が死んだ時の態度とか理解できません。もっと素直になれば子供達とのわだかまりもなかったのに。。

  
堤真一さん、岡本綾さん、大沢たかおさんは安心して見ていられますね。今回は大沢たかおさんの変身っぷりも楽しめますw常盤貴子さんの役もそうですけど人ってあんなに変わっちゃうですね〜。あとやはり田中泯さんも存在感がありました。彼の存在があったからすんなりファンタジーの世界に入り込めた気がします。


年齢設定が分からなくてもやもやしたまま観賞してしまいましたが、それがなければ普通に観れたと思います。ラストはちょっと切ないですけどね。。個人的にはハッピーエンドが好きなタイプなので、この結末はやりきれなかったです。でもこのノスタルジックなファンタジーの世界観は好きでした。タイムスリップするときの地下鉄の映像も効果的で良かったです。

               人気blogランキング
               ♪ポチっとお願いします♪



    
    



  • 2010.06.13 Sunday
  • 17:50
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2006/10/22 8:04 PM, jamsession123go wrote:
こんにちは、jamsession123goです。
試写会で観ましたが、ちょっとこれは...ですね。
堤真一だと思って期待してたのですが。
残念でした。
2006/10/22 10:47 PM, こーいち→jamsession123goさん wrote:
>jamsession123goさん
こんばんは。
TB&コメントありがとうございました!
堤真一さんは好演でしたね。
でも僕も作品としてはなんとも言えない感じでした。
こういう世界観は素敵なんですけどね。
2006/10/23 10:29 PM, 平賀太一 wrote:
はじめまして、面白いブログですね。私も映画の最新情報サイトをやってますので、良かったら遊び、来てください。毎日更新されるので、毎日新しい情報が手に入りますよ。お待ちしてます。
2006/10/24 1:34 AM, こーいち→平賀太一さん wrote:
>平賀太一さん
はじめまして。
遊びに行かせてもらいますね〜。
平賀太一さんもまた来てくださいね♪
2006/10/24 5:38 PM, Ageha wrote:
大沢たかお×提慎一の共演ですから
見ないでか〜・・・だったんですが
原作見てわちゃ〜。

どうして父子の和解の物語として
話をまるく収められなかったのかなと。
不思議な体験も父の人生をたどる旅も
それはそれでとてもええ話だったのに。

・・・まあ愛人がいる段階で
ストーリーが破綻してしまいますがな。
ちょっとショックでした。
あの顛末もあんまりだなと・・・。
2006/10/25 12:01 AM, こーいち→Agehaさん wrote:
>Agehaさん
これまた『天使の卵』と一緒で共感できないんですよね(苦笑)。
不倫して彼女だけ消えちゃって、そんな状況なのに
父の若い頃見たって感動もないですよ。
どこかのブログに書かれてましたけど身辺整理して
からじゃないとねぇ。。
2006/10/26 6:57 PM, ななこぉ wrote:
こんばんは☆
キャストとか、話の感じが好みだったので多少期待はしていたんですが、ちょっと後味が悪いかも。。
あのラストはどうもいただけないですよねー;;

両親が自分を身ごもったときにうれしそうにしている様子をみちこが見るシーンとかはちょっとジーンときたんですねどね。。。。
2006/10/28 1:31 AM, こーいち→ななこぉさん wrote:
>ななこぉさん
こんばんは♪
キャストは好きなんですけど後味悪いですよね〜(苦笑)
映画は結末変えちゃダメだったんですかね。。
そう、両親が喜んでいる場面は良かっただけに
その後突き落とす必要もなかったのに。
2006/11/01 7:34 AM, じゆさ wrote:
現在がいつなのかがわからない設定なので観ていて違和感がありましたね。みち子の選択は、描写が丁寧でないので不可解な感じもしました。
2006/11/01 4:57 PM, こーいち→じゆささん wrote:
>じゆささん
ちょっと分かりづらい演出でしたよね。
観ながらずっと年齢の計算してました(苦笑)
ラストの展開も唐突すぎてついていけないですよね。。
2007/04/18 1:27 PM, hi-chan wrote:
登場人物の年齢設定とか全然気にしませんでした。よく考えれば変ですよね(笑)。
ラストのみち子の行動は、そのシーンではいまいちピンと来ませんでした。後で考えても、せつなくなるほどは感情移入できませんでしたね。
オムライスを食べるシーンはいいなと思いましたが・・・
両親の若い頃ってちょっと見てみたいですね。
2007/04/18 3:08 PM, こーいち→hi-chanさん wrote:
>hi-chanさん
ご覧になったんですね。
僕ずっと歳の計算ばかりしてました(笑)
お父さん(大沢)は戦争に行ってるのに息子(堤)が
あの若さってすごく違和感を感じちゃって。
それにみち子(岡本)も兄妹だとしたら何歳なんだろう?
って気になってしょうがなかったです。

映画全体のレトロな雰囲気は好きだったんですけど
不倫してたりするのでイマイチ共感できないんですよね〜。
2007/05/08 5:59 PM,  wrote:
雰囲気は好きでしたが、やっぱり時間的な問題なのか原作の感動には足りなかったですね。
・・といってもかなり前に読んだので原作はうろ覚えなんですが、ものすごく感動したことと、ラストの衝撃は印象的でした。

なんの規則性もなくトリップしてしまうところがちょっとビックリでした〜。
2007/05/08 6:22 PM, hito wrote:
失礼しました〜↑名前忘れてました。
2007/05/09 6:21 PM, こーいち→hitoさん wrote:
>hitoさん
こちらにもありがとうございます!
原作感動するんですね〜。
浅田次郎さんの本は読んだ事がないんですけど映画がイマイチ合わないので
きっと彼の原作が合わないんだろうなと思ってました。
椿山課長の本は買ってあるので読んでみようかなぁ。
この映画のノスタルジックな雰囲気は好きだったんですけどね。
2007/08/10 5:16 PM, mamai wrote:
TBありがとうございます。
結末は残念でしたが僕はけっこう好きです。
昭和の風景、親が思う子への思い良いです。
2007/08/11 1:21 PM, こーいち→mamaiさん wrote:
>mamaiさん
こちらこそコメントありがとうございます!
僕もレトロな雰囲気は好きだったんですけど
内容がイマイチだった気がします。。
Salyuさんの曲にかなり救われていた気がします。
浅田さんの作品はどうも苦手なんですよね(汗)
2007/08/12 5:16 PM, 輪 wrote:
やっと今日これみました 以前 異人たちの夏 という作品があったのでそれっぽいかなと思って見たんですけど全く感情移入出来ない映画でした 何のための過去探しが訳が分からなくてタイムマシンブルースのリモコンのほうがもっと理解できて自然ですよね 結局血の繋がった妹と不倫していたという落ちだけど大沢たかおの老け役も妙にうさん臭くて大袈裟だよね 結局脚本のつめが悪いのかな 脚本家不足と言われているのが本当だと思える作品でした 役者さん達は納得して演じているのだろうか
2007/08/13 4:25 PM, こーいち→輪さん wrote:
>輪さん
こんにちは♪
ストーリーに全く共感できないでしょ(苦笑)
あんな結末になるんだったらタイムスリップしなきゃ
良かったのにとさえ思いましたもん。
不倫して兄弟愛でって、脚本以前に共感しにくい設定な
気もします。。

役者さんって脚本を読んで選んでいると思うんですけどね。
この映画の大沢さんもインタビューで「脚本を見て選びました」って
言ってましたし。
どこに納得したんでしょうね〜
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/174

映画の記録(194) 地下鉄(メトロ)に乗って / ヒューマン=ブラック・ボックス
2006/10/22 8:04 PM
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画の記録(194) 地下鉄(メトロ)に乗って-邦画界はレトロブームだが..... 久しぶりに試写会というものに行って、今週末から公開される「地下鉄(メトロ)に乗って」を観た。 三丁目の夕日の記
2006/10/23 10:51 AM
映画『地下鉄(メトロ)に乗って』の試写会に行った。 この日は岡本綾さんの舞台挨
「地下鉄に乗って」試写会レビュー いい映画やったかな〜??(笑) / 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
2006/10/23 10:20 PM
地下鉄に乗るのがちょっぴり怖くなり、ちょっぴりわくわくする、そんな映画かな(笑)僕自身そこまで楽しめなかったのだが、厚生年金会館までいっしょに観に行ってくれたみんなが感動してくれたみたいでよかった。で、そう言われてみると、いい映画やったかな〜と思い出し
地下鉄(メトロ)に乗って / Good job M
2006/10/24 7:02 AM
公開日 2006/10/21監督:篠原哲雄出演:堤真一/岡本綾/常盤貴子/大沢たかお/田中泯/笹野高史/吉行和子 他【あらすじ】スーツケースを抱え、いつものように地下鉄の駅に降り立つ長谷部真次。営業マンとして一日歩き回った帰り道に携帯電話のメッセージを確認すると、弟
地下鉄(メトロ)に乗って・浅田次郎 / ペパーミントの魔術師
2006/10/24 5:41 PM
徳間書店 初版1994年3月で、 翌年95年に第16回吉川英治文学新人賞。 えっと私が読んだのはコレより後に発売された、 「地下鉄に乗って」の特別版。 地下鉄(メトロ)に乗って―特別版浅田 次郎 徳間書店 2006-07売り上げランキング : 22484Amazonで詳しく見るb
2006/10/25 8:01 PM
地下鉄はいい。思った場所に自在に行ける。
『地下鉄に乗って』鑑賞! / ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
2006/10/26 11:19 AM
『地下鉄に乗って』鑑賞レビュー! 121分間のタイムスリップファンタジー いつもの地下鉄を降りると、そこは 昭和39年の東京だった....。 時代を超えてメトロが繋ぐ 激しくも切ない愛の物語 日本中を涙させた 『鉄道員』から7年
地下鉄に乗って / ☆★ななこぉのけせらせらブログ☆★
2006/10/26 6:37 PM
「地下鉄に乗って」を鑑賞。
【劇場鑑賞115】地下鉄(メトロ)に乗って / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2006/10/26 11:03 PM
あなたは、父になる前の父親を知ってますか? あなたが生まれる前の母親に会いたいですか? いつもの地下鉄を降りると、そこは昭和39年の東京だった───。
2006/10/27 12:51 AM
「地下鉄(メトロ)に乗って」 2006年 日 ★★★☆ 浅田次郎さんの原作。これは、結構前に読んだ筈ですが内容を全く 覚えていません。余り感動しなかったからかなぁ・・・?(・・? 神田のとある小さな下着メーカーに勤めるサラリーマン、長谷部真次
真・映画日記『地下鉄に乗って』 / CHEAP THRILL
2006/10/28 8:52 PM
10月25日(水) コートを着用。寒いからね。 昼間は少し暖かい。 仕事はそこそこに。 午後6時に終業。 虎ノ門にある「チケットフナキ」で映画のチケットを7枚買う。 『地下鉄に乗って』 『上海の伯爵夫人』 『クリムト』 『父親たちの星条旗』 『虹の女神』
2006/10/29 11:51 AM
昨日は映画を見てきた。少し気になっていた『地下鉄に乗って』である。もちろん、内容を知らぬままに映画館に入る。地下鉄に乗ったら過去だった、ぐらいの映画かと思ったが、大間違いだった。明るい映画かなぁとおもったら、これも大間違い。簡単にあらすじを言うと、父
地下鉄(メトロ)に乗って / じゆさの冒険記
2006/11/01 7:35 AM
地下鉄を地下通路を抜けるとそこは、昭和39年の東京だった。 父と絶縁状態だった息子が、父の若き頃を共にすることにより、父親がなぜこんなに厳格になったのか理解する、親子の感動映画です。 営業マンである長谷部真次(堤真一)は、父・小沼佐吉(大沢たかお)の
2006/11/02 12:30 AM
 時をさかのぼり歩み出た場所は、昭和39年の新中野、鍋屋横丁。その昭和の町を再現...
地下鉄(メトロ)に乗って / 八ちゃんの日常空間
2006/11/04 11:17 AM
地下鉄に乗って [MOVIX亀有/SC4/モーニングショー] 公式サイト 『いつもの地下鉄を降りると、そこは昭和39年の東京だった−。』 またまたタイムスリップもの。だが「時間」をテーマにしたと言うより切ない運命をテーマにしたと言う感じ。まぁ、「時間」と「運命」
地下鉄(メトロ)に乗って / わたしの見た(モノ)
2006/11/12 5:41 PM
「地下鉄(メトロ)に乗って」 時代設定、時代考証に問題があったり、唐突な展開はあるが、 親子愛について考えさせられる、満足出来る内容であった。 長谷部真次(堤真一)の心の物語。 タイムスリップを経験して、 自分の知らない父親の過去と現代を行き来する、
『地下鉄(メトロ)に乗って』・試写会 / しましまシネマライフ!
2006/11/14 12:47 AM
今日は某映画関連サイトで当選した鉄道映画祭2006の 上映作品『地下鉄(メトロ)に乗って』を観てき
2007/01/14 2:39 AM
浅田次郎氏原作、タイムスリップ(!?)映画、「地下鉄(メトロ)に乗って」を招待券で観てきました。 主演の堤真一さん、大沢たかおさんは実はワタクシ好みの俳優さん。 演技も好きですが、単刀直入に‘顔’が好きなんです♪(特に堤さ〜んっ) といっても、邦画
2007/05/08 5:50 PM
監督:篠原哲雄 出演:堤真一、大沢たかお、岡本綾、常盤貴子 「会社の帰り道、突然行き着いたのは東京オリンピックの年、昭和39年だった。そして丁度兄が亡くなった日だった。そこでまだ少年の兄と、今は確執のある若き日の父親と出会った。」 浅田次郎さんの原作
2007/07/12 3:12 AM
原作:浅田次郎 監督:篠原哲雄 出演:堤真一、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお 評価:70点 公式サイト (ネタバレあります) この本の原作を読んだのは1996年か1997年。 今より10年以上前で、僕はいまより10歳若かった。あたりまえだが。 浅田次郎を読
地下鉄(メトロ)に乗って / 夕顔絵夢二郎の江戸ハブ日記
2007/07/29 1:58 PM
映画を語りまくりましょう! - livedoor Blog 共通テーマ地下鉄(メトロ)に乗って監督:篠原哲雄出演:堤真一 , 岡本綾 , 常盤貴子 , 大沢たかお収録時間:122分レンタル開始日:2007-03-21Story直木賞作家・浅田次郎の同名小説を、
映画DVD「地下鉄(メトロ)に乗って」 / 映画DVDがそこにある。
2007/08/07 5:31 PM
2006年 日本 監督:篠原哲雄 主演:堤真一、岡本綾       ■ストーリー 浅田次郎の原作 地下鉄の出口でのタイムスリップする事により 確執がある父親との関係を修復していく。   ■感想 星3つ、 色々意
2008/06/11 12:32 AM
地下鉄の出口を出るとそこは、昔の新中野駅だった。道を聞くと「玉電」なる言葉や「東京オリンピック」なる言葉が出てくる始末。
2008/06/20 8:33 PM
地下鉄(メトロ)に乗っては今月上旬の地上波の日曜洋画でして 昨日の午後から鑑賞したけど全体的に良かったが最後がダメだ 内容は父と大きな溝ある主人公がタイムスリップして父の事を知って 父の事を理解して変って行く中で浮気相手が兄妹と言う展開だね タイト
地下鉄(メトロ)に乗って / ☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/10/24 8:35 PM
 『いつもの地下鉄を降りると、そこは昭和39年の東京だった―。 あなたは、父になる前の父親を知っていますか? あなたが生まれる前の母親に会いたいですか?』  コチラの「地下鉄(メトロ)に乗って」は、地下鉄が繋ぐ現代と昭和、父親との確執を抱えた男性が、
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.