• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『手紙』
泣き度 悲しい悲しい悲しい悲しい      2006/11/03公開  (公式サイト)
シリアスメールブルーメールブルーメールブルーメールブルー
満足度 星星星星


【監督】生野慈朗
【脚本】安倍照雄
【原作】東野圭吾  『手紙』(毎日新聞社刊)
【主題歌】高橋瞳 『コ・モ・レ・ビ』
【主題歌】小田和正 『言葉にできない』
【出演】
山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ/吹石一恵/尾上寛之/田中要次/山下徹大/石井苗子/原実那/松澤一之/螢雪次朗/小林すすむ/松浦佐知子/山田スミ子/鷲尾真知子/高田敏江/吹越満/風間杜夫/杉浦直樹


<ストーリー>

工場で働く20歳の武島直貴は、職場の人間ともまるで打ち解けず、人目を避けるように暮らしていた。それというのも唯一の家族である兄・剛志が、直貴の学費欲しさに盗みに入った邸宅で老婆を殺してしまったからだった。兄が罪を犯したのは、自分のせいだ。そう自責する直貴は、せめてもの償いにと服役中の兄から届く手紙に丁寧な返事を書き続けていた。そんなある日、更生した元服役囚と出会った直貴は、一度はあきらめたお笑い芸人の夢に再び挑戦しようと決意する。(goo映画より)

≪予告編≫ 


 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング
  

<感想>

試写会の時期からかなり評判が良かった本作。観たいとは思っていたのですが悲しいストーリーのようだったので出足が鈍くなってしまいました。


直木賞作家・東野圭吾の同名小説が原作です。僕は東野圭吾さんの本は『変身』しか読んだことはないのですが、『白夜行』など暗い作品が多いイメージがあります。今回も暗くて難しいテーマを扱った作品でした。物語は殺人を犯した兄のために苦しくて辛い生活を送らざるを得ない弟の話です。


正直、前半は全く感情移入できませんでした。どうしても加害者の立場で見ることができないんですよね。。兄の犯した殺人がいくら過失であってもやはり赦されないことだと思います(無期懲役が正しかったかは別として)。それが原因で本人が辛い思いをしようとその家族が苦労したとしても、それだけ取り返しのつかないことをやってしまっているのだから、と思ってしまいます。それでもさすがに弟の娘まで差別されるのは可哀想ですね。自分が苦労するのは我慢できたとしても、何も知らない娘まで、、となると耐えられません(ノд・。) グスン 兄のことは好きなのに、だんだん年を経るにつれ恨まざるを得ない状況になっていくのも辛かったです。。


家族が犯罪者っていうのは一生付いて回る問題ですね。。本人が悪いわけじゃないですけど白い目で見られるというのが現実だと思います。劇中で就職先の会長も言っていた通り自己防衛本能というものが働くのは確かです。仲の良い友達とかなら気にしませんが、やはり知らない人だとどうしても「殺人者・凶悪犯の家族」というくくりで見てしまうので何か危害が加わるかも?と不安を感じてしまいます。「特に凶悪犯は再犯率も高い」というのはよく聞きますし、道徳的にはいけないことですが、そんな人が自分の近くに来て欲しくないというのがやはり本音です。。


だから会長も言った通り、加害者はこれから家族が受ける差別も含めて罪ということなのでしょう。それだけのことを犯したということを認識して罪を償わなければならないし、そうならないためにも罪を犯す前に考え直さなければいけないのだと思います。


本作は加害者の側だけでなく被害者の立場もよく描けていたと思います。吹越さんの「終わりにしよう。」という言葉にも重み感じました。遺族の立場で考えると、たとえそれが過失であったとしても、やはり加害者のことは一生赦すことはできないと思います。どんなに誠意を尽くして何年謝罪されても赦すことはできません。でも一方で、やはり時間は遺族の心の傷を癒すだろうし、いつまで引きずっても仕方がないのでどこかで区切りをつけなければいけないという思いにもなるのだと思います。だから「赦す」ではなくて「終わり」にするっていうのは分かる気がしました。


直貴は何度も希望を潰されるのですが、理解してくれる人たちが周りにいたことは救いでした。特に沢尻エリカさん演じる由美子が良かったですね。芯が強くてどんなに差別されても逃げようとしません。直貴が逃げそうになるたびに励まし支える姿に感動しました。母親になってからも子供を守るという意思の強さが伝わってきました。

「私はミキのためやったらいつでも死ねる!」

という言葉にはドキッとしました。どこの親もそうなんでしょうけど、ストレートに言われると嬉しくなりますね。今回沢尻エリカさんはすごく良かったです。役自体が素敵というのもあるのですが、うまく演じていました。こんな役もしっかりできるんだなぁと感心しました。


山田孝之くんも適役でした。いつも暗い役が多いんであまり好きではないのですが、やはりこういう役はうまいですね。さすがでした。お笑い芸人を目指すのは映画のオリジナルのようですけどその設定も良かったです。笑いがいいアクセントになってました。

 
そして玉山鉄二さん、本当にいい味出してました。手紙を読む以外セリフはほとんどなかったのでかなり難しい役どころだったのですが、うまかったです。ラストの拝んでいる姿は圧巻でした。その姿を見ているだけで涙が溢れてきました。どういう感情で泣いているのか自分でも分かりませんでしたが、とにかく号泣でした(TmT)ウゥゥ・・・


多少粗はありましたが、原作がしっかりしてるんでしょうね。色々考えさせられる作品でした。小田和正の曲が終わるまでボーっとしていました。曲もすごく合っていてさらに涙を誘われます。



☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



より詳しい最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村



  • 2010.06.13 Sunday
  • 00:58
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2006/11/11 9:43 AM, アレクサンドリア堀井 wrote:
いい映画です。
単なるお涙ちょうだい映画ではなく、いろいろな角度からいろいろなことを考えさせられる映画です。

ギャガが映画制作に力を入れてますが、
今年一番に力を入れている映画です。
残念ながら世間の関心は低いかもしれませんが、
見て損はない映画です。
2006/11/11 12:39 PM, ケント wrote:
こんにちはケントですTBお邪魔します
この映画は、実によく泣ける映画でしたね。
玉山鉄二の誠実で、もの悲しい雰囲気が好きです。
また倉庫での会長の言葉に感動しました。
これから原作も読んでみようと思います。
2006/11/12 1:19 AM, こーいち→アレクサンドリア堀井さん wrote:
>アレクサンドリア堀井 さん
こんばんは。
TB&コメントありがとうございます!
ほんと考えさせられる作品でしたね。
僕もギャガの作品はいくつか見ましたが
一番良かったような気がします。
多くの方に観てほしいですねw
また遊びにいらしてください♪
2006/11/12 1:22 AM, こーいち→ケントさん wrote:
>ケントさん
こんばんわ。
玉山鉄二さん良かったですね〜。
逆境ナインの彼も好きでしたが、今回は泣かせてもらいました(涙)
会長の言葉も良かったですよね。
差別を肯定してますけど現実を表していると思いました。
僕も原作見てみますw
2006/11/12 11:16 AM, ケント wrote:
こーいちさんこんにちは
犯罪の裁きについては、論議したらエンドレスですよね。ただこの映画の論点は犯罪と裁きではなく、犯罪者の家族の苦悩ということですから、玉山くんのような描き方が正解だと思っています。
もし極悪非道のゴリラ顔の犯人だったら、だれも家族にさえ同情心を抱かないかもしれないし、兄弟の絆も感じないでしょう。
また初犯で誤って刺殺したなら無期懲役はないと思いましたが、そうしないとこのストーリーが成り立たないのだから仕方がない。原作を買いましたので、この辺りをどのように書いているのか楽しみです。

ではまた遊びに来ます
2006/11/13 12:06 AM, とんちゃん wrote:
(^o^)コ(^-^)ン(^0^)バ(^-^)ン(^0^)ハ

今日観てきました。もう ボロ泣きでした。
今年観た邦画で もしかしたら・・・1位かも・・・(本数観てないけど^^)「フラガール」も良かったけど。
玉鉄の名演技 もう思い出しただけでも涙・涙で
暫く余韻が続きそうです^^;
2006/11/13 4:04 AM, ジグソー wrote:
どうも!

僕は涙腺が硬くて、めったに映画で泣かない方なんですが、号泣しました。
本当に体の底から涙が出てきました。
でも単なる「泣ける映画」じゃなくて、色々考えさせられる所も深い。

キャストも皆さん素晴らしかった!

本当に素晴らしい映画だと思いました。
2006/11/13 1:54 PM, hi-chan wrote:
こんにちは。
私は映画を観た後に原作を読みましたが、映画の方が好きです。
要所要所にちゃんと見せ場があって、それぞれ考えさせられるセリフがありました。

凄くいい映画だと思いましたが、私は小田さんの歌は正直いらなかった…あれがなくても十分感動していたので、逆に邪魔でした…(ファンの方、すみません)
2006/11/13 2:44 PM, こーいち→ケントさん wrote:
>ケントさん
こんにちは。
コメントありがとうございます!
そうですね、この映画は家族の苦悩に焦点を当てているので
そこはある程度割り切って観ないとしょうがないですよね。
ただもう少し兄の描写が欲しかった気もします。
あんなに優しい兄で理性もしっかりあるようなのに、
なぜあんな犯罪に走ってしまったのかよく分からない。
もし捕まったら大学どころじゃないということまで
頭が回らなかったんでしょうかねぇ。。
その辺の土台が腑に落ちなかったので突っ切るまでの評価には
なりませんでした。
2006/11/13 3:52 PM, こーいち→とんちゃんさん wrote:
>とんちゃんさん
こんにちわ♪
そう、「今年No.1邦画」って言ってる人結構いるみたいですよ!
かなり評判はいいですよね〜!
個人的には前半部分がイマイチでしたが
ラストの玉鉄の演技で全て持っていかれましたw
2006/11/13 3:59 PM, こーいち→ジグソーさん wrote:
>ジグソーさん
こんにちは♪
かなりハマってますね〜。
僕もラストは号泣でしたよ。玉鉄にやられましたw
キャストは本当に良かったですね。
イメージが合わなくて違和感を感じることはなかったし。
考えさせられる作品でしたね。
2006/11/13 4:34 PM, こーいち→hi-chanさん wrote:
>hi-chanさん
こんにちは♪
映画の方が面白いんですね〜。
じゃあ脚本がかなりうまかったってことなんでしょうね。
買い溜めてる本がまだ3,4冊あるので(汗)、
それが片付いたら読んでみようかな。
あら〜、小田さんの曲ダメだったんですか〜。
僕的には映画と一体化して全く違和感なかったです。
小田さんの曲が終わるまでボーっと余韻に浸ってたのに
その後の曲で一気に現実に引き戻されました(笑)。
でも思い出してみると、ラストの玉鉄の演技に感動していて
小田さんの曲が耳に入ってなかったような気もしてきました。。
2006/11/14 11:57 PM, 空 wrote:
こんばんは!TBありがとうございました(^^)
玉山鉄二さん、良かったですね・・・(涙)
直貴の目指していたものが、お笑いで、なんだか色々、観ているほうとしても、救われたような気がします。
ラストシーンの桜並木を、親子3人で歩いてる姿が、とても温かく、力強く感じることもできました。
そうそう、吹越さんも良かったですね・・・(涙)
2006/11/15 1:07 PM, こーいち→空さん wrote:
>空さん
こんにちは。
お笑いを目指しているという設定は良かったですね。
意外と笑ってしまいましたw
由美子が本当に素晴らしい人で良かったです。
温かい作品でした。
2006/11/24 9:27 PM, パピのママ wrote:
TB有難うございました。
原作は読んでいませんでしたが、作品の内容の素晴らしさ、兄弟の絆と世間からの非難の苦悩との戦いが見ている側にも重く伝わり、弟直貴の最後の決別は胸を締め付けるような感動を覚えました。
最後のお兄ちゃんが、手を合わせて「ありがとう」と言っているように見えましたね。
2006/11/25 5:39 PM, じゃじゃまま wrote:
原作でもラストで泣き、映画でも泣きました。小田和正の歌声に泣かされたのもありますけど。
会長とのシーンも大切だし、この映画はDVD買いだと思います。何度も泣きたい。
2006/11/25 11:58 PM, こーいち→パピのママさん wrote:
>パピのママさん
こちらこそコメントありがとうございます!
いつもは考えないようなことを考えさせられる作品でしたね。
当たり前ですが加害者の家族も苦悩してるってことを気付かされました。
ラストの玉鉄良かったですね。
2006/11/26 12:05 AM, こーいち→じゃじゃままさん wrote:
>じゃじゃままさん
こんばんは。
TB&コメントありがとうございました!
すごく泣かされる作品ですよね。
僕も号泣でした。
DVDを買っても損はない作品だと思います。
泣きたい人にオススメですね。
2006/12/10 10:20 PM,  wrote:
TBありがとうございます。
この映画は個人的に2006年2番目によかった作品でした。
一番は時をかける少女・・・ということで。
2006/12/11 3:46 PM, こーいち→谷さん wrote:
>谷さん
こんにちは。
こちらこそありがとうございます!
手紙は評価が高いですよね〜。
僕は感情移入しにくかったのですがいい作品だと思いました。
「時かけ」も良かったですねw
2006/12/22 2:30 AM,  wrote:
はじめまして。
私も最後のシーンで号泣でした。
小田さんのあの曲は自分的には反則かと笑

あの曲だけで泣けてしまいますね。
玉山さんもかなり見直しました!
ああいう演技も出来る方なんですね。

自分は家族と疎遠で(別に犯罪者なわけじゃないですが汗)
なんでこの家に生まれたんだろうなんて思った時期もあったので
余計にこの映画はすごく考えさせられましたね。

2006/12/26 8:36 PM, こーいち→?さん wrote:
>?さん
はじめまして。
小田さんの曲は反則ですよね〜
あそこが泣きのピークでしたw
玉鉄良かったですよね。
セリフが少ないですけどいい味出してました。

僕も家族について考えさせられました。
うちは仲がいいので犯罪者になったらかなり苦しめる
ことになるだろうなぁなんて。
家族を悲しめることはしちゃいけないなと改めて思いました。
2007/05/14 9:34 PM, miyukichi wrote:
 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきますね。

 「終わりにしよう」、
 すごく重みがありましたね。

 玉山さん、すごくよかったです。
 最後のシーン以外でも、
 1つ1つが印象に残ってます。
2007/05/15 9:30 PM, こーいち→miyukichiさん wrote:
>miyukichiさん
こちらこそありがとうございます!

すごく考えさせられる作品でしたよね。
玉鉄は印象的なシーンが多かったです。
出番は少なかったんですけどズンと心に響きました。
2007/09/28 4:50 PM, チャラノリ wrote:
こんにちは。お久しぶりです。

こーいちさんのレビューにあった

>「赦す」ではなくて「終わり」にするっていうのは分かる気がしました。

ですが、映画の時には感じなかったのですが、こーいちさんの感想を読んで、その通りだなぁと思いました。
確かに「赦す」ではなく、「終わり」という言葉の方が、伝わってきますよね。
2007/09/30 9:15 PM, こーいち→チャラノリさん wrote:
>チャラノリさん
こんにちは♪
そう言ってもらえるとすごく嬉しいですw
僕が被害者の家族だったら絶対に赦せないと思うけど
いつまで引きずる訳にもいかないと思います。
だから「終わり」という言葉がその通りだなと思いました。
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/187

高橋瞳 「北海道でもライヴやりたい」 /  ドラマ・音楽・コスメ いろんなブログ
2006/11/03 1:02 PM
平成生まれで史上初のオリコン1位を獲得した女子高生歌姫・高橋瞳が、1日に5thシングル「コ・モ・レ・ビ」をリリース。キャンペーンのため報知新聞社北海道総局を訪れた。 「コ・モ・レ・ビ」は3日から全国で公開
【劇場鑑賞123】手紙 / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2006/11/07 10:35 PM
兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。 兄貴、ごめん。俺、兄貴を捨てる・・・ 兄が人を殺した 夢も恋人も 全部なくした 兄のせいで
2006/11/11 9:44 AM
先日、11月公開の映画「手紙」[:メール:]の試写会に行ってきました。 あの東野圭吾原作、主演が山田孝之、沢尻エリカの映画です。 はっきりいって、「いい映画」[:悲しい:]でした。 様々な事件において「被害者の人権が問われない」ことが多い ズレたヒュー
手紙 / ケントのたそがれ劇場
2006/11/11 12:38 PM
★★★★  この映画の原作者は、ご存知直木賞作家の東野圭吾である。 両親はなく、兄ひとり弟ひとりの生活。兄は優秀な弟を、大学に入れようと無理を重ね腰を痛める。それで運送屋の仕事が出来なくなり、老女1人暮しの家に空巣に入るのであった。  金は見つけたもの
手紙 / Good job M
2006/11/12 8:06 AM
公開日 2006/11/3監督:生野滋朗出演:山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ/吹石一恵/吹越満/風間杜夫/杉浦直樹 他【あらすじ】川崎のリサイクル工場への送迎バス。最後部座席に、野球帽を目深に被った青年の姿がある。武島直貴、20歳。誰とも打ち解けない、暗い目をしたこ
手紙 / とんとん亭
2006/11/13 12:04 AM
「手紙」 2006年 日 ★★★★★ 号泣でした。 私の住む街のシネコンが、いつも暇なのに「デスノート」のお陰で混みあって いるのは先週お伝えいたしましたが、そのおこぼれに預かったのか、(同時間 に上映で既に満席で来た客は、帰るか違うのを観る
「手紙」(2回目) / ジグソーのオレデミーアワード日記
2006/11/13 4:05 AM
「手紙」(2006) <差別の無い国を探すんじゃない、君はここで生きてゆくんだ――。> 11/3新宿ミラノ1にて観賞 一回目の感想はこちら 小説の感想はこちら
「手紙」 / ジグソーのオレデミーアワード日記
2006/11/13 4:06 AM
「手紙」(2006) 《兄貴、元気ですか?これが最後の手紙です。》 9/26イイノホールでの試写会にて観賞 intrduction 監督:生野慈朗 cast 山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ 【STORY】 どこか影のある青年、武島直貴(山田孝之)には人には言えない秘密があった。
2006/11/13 7:19 AM
観たい映画に必ずと言っていいほど出ている沢尻エリカ第3弾(ぇLIVEまで時間が空いたんで、東京国際映画祭から「虹の女神」と天秤にかけ『手紙』を選択。沢尻エリカは、おとといも見たばかり(笑) 『シュガー&スパイス』(ココ)、『天使の卵』(ココ)の過去2作の
手紙 / 空想俳人日記
2006/11/13 12:26 PM
言の葉を 重ね合わせる 合掌かな   いや、別に沢尻エリカが出演するからといって観に行ったわけではありませぬ。もし、そうなれば、おそらくプロダクションが「今が売れ時、売り込み時」と判断して、特に、この2006年などは、「間宮兄弟」「シュガー&
手紙 / カリスマ映画論
2006/11/13 10:22 PM
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  手紙・・・その絆に込める救いと許し  
『手紙』・試写会 / しましまシネマライフ!
2006/11/14 12:42 AM
今日はGAGA☆USENのメールマガジンで当選した 『手紙』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入
手紙 / 八ちゃんの日常空間
2006/11/14 1:01 AM
かもめ食堂を観に行ったときに試写会招待の応募があったので、応募したら当たった! 二人の絆であるべき「手紙」をあえて断ち切らなければならない二人の心情が計り知れない。ラストの慰問公演で、縁を切っても「それでも兄は兄」と悟る。彼らのこれからの人生を応援し
【手紙】 / 空の「一期一会」
2006/11/14 11:45 PM
*ネタバレ・・・してます。* ★直貴(山田孝之)が夢見ていたこと。音楽がお笑い
手紙 / ネタバレ映画館
2006/11/15 1:37 AM
 パソコン買いに行くからね。と選んだパソコンのOSがXPだったらTV版「タイヨウのうた」のパロディになりかねない。 
手紙 / ★試写会中毒★
2006/11/15 7:01 AM
満 足 度 :★★★★★★★★ (★×10=満点)  監  督 :生野慈朗 キャスト :山田孝之 、玉山鉄二 、沢尻エリカ 、吹石一恵 、尾上寛之 、他 ■ストーリー■  武島直貴(山田孝之)は、2年の間に3回の転職、3回の引越しをした。 今は、川
2006/11/15 8:59 AM
公開初日に梯子で観ようと思ったとき「デスノート」は決まりでもう1つ何を観るか迷ったんですよねぇ。でも「デスノート」とコレの二本立てにしてたらどちらも感動がかなり薄まってしまったことでしょう。ちょっと小腹が空いてたけど何も買わずに臨んで正解でした。コレ
手紙 / Akira's VOICE
2006/11/15 10:34 AM
伝えたい思いは,心を込めれば必ず届く!
2006/11/15 11:20 AM
『手紙』(2006年公開)*試写会 監督: 出演:山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ  公式HP 『白夜行』原作、東野圭吾さん原作作品。 好きな作家さんなので、応募しました。でも暗そうねぇ。 ◇ストーリー 弟の学費を得よ
手紙 / りらの感想日記♪
2006/11/15 7:27 PM
【手紙】 ★★★★☆ 2006/10/10  試写会 ストーリー 川崎のリサイクル工場への送迎バス。最後部座席に、野球帽を目深に被った青年の
手紙は観終わった後もぐったりきます / 旧作DVD(ビデオ)から新作予告編まで超個人的映画情報
2006/11/17 8:25 PM
いい映画だし感動もしますけど、観終わった後に「観てよかった」と心が晴れる映画ではありません。ずっしり重さが残る映画です。なので誰にでもお勧めする、という映画ではありません。映画は一見、ハッピーエンド風です。でも本当にそうなのかな?娘がこれから成長して
手紙 / Kinetic Vision
2006/11/18 12:23 AM
犯罪に巻き込まれたくない、犯罪から離れた場所にいたいという気持ちは誰もが持っている。そしてその気持ちは、犯罪にかかわったことのある人間から距離を置いていたいという気持ちにつながり、さらには犯罪者の家族に近づきたく
手紙 / とにかく、映画好きなもので。
2006/11/19 9:56 AM
   兄から届く手紙。その宛名面にはピンクの桜の印が押されている。  知る人が見ればそれは刑務所の検閲印だという事が分かるだろう。兄・剛志(玉山鉄二)は、弟・直貴(山田孝之)を大学にやるための学費欲しさに盗みに入った邸宅で、誤って人を殺
2006/11/19 7:11 PM
「手紙」★★★★オススメ 山田孝之 、玉山鉄二 、沢尻エリカ 主演 生野慈朗 監督、2006年 強盗殺人で服役中の兄、 弟は兄が自分の学費のために 犯した罪に悩み、 世間からは 殺人犯の弟と差別される。 罪は許されるのか? 身内の罪のため、家族までもが
「手紙」 / ば○こう○ちの納得いかないコーナー
2006/11/20 2:11 AM
東野圭吾氏が大好きな作家の一人で在るというのは此処でも何度か記している。ストーリー展開の卓抜さも然る事乍ら、作品を読み終えた後に心中に漂う、何とも言えない物悲しさや不条理感が堪らなく好きで、実際に読みながら涙した事も何度か在る程。「手紙」という作品も
手紙−(映画:2006年141本目)− / デコ親父はいつも減量中
2006/11/21 11:55 PM
監督:生野滋朗 出演:山田孝之、玉山鉄ニ、沢尻エリカ、尾上寛之、吹越満、田中要次、杉浦直樹、吹石一恵、風間杜夫 評価:81点 公式サイト (ネタバレあります) 東野圭吾の名作を映画化。 主人公の、この世にたったひとりの肉親である兄
手紙 / シネマ de ぽん!
2006/11/24 9:52 AM
手紙公開中ストーリー ☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評価  ☆☆☆☆ いいなぁ
手紙 / パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2006/11/24 9:29 PM
工場で働く20歳の武島直貴は、職場の人間ともまるで打ち解けず、人目を避けるように暮らしていた。それというのも唯一の家族である兄・剛志が、直貴の学費欲しさに盗みに入った邸宅で老婆を殺してしまったからだった。兄が罪を犯したのは、自分のせいだ。そう自責する
【手紙】 / じゃじゃまま映画館
2006/11/25 5:37 PM
もう~~~、小田和正の「言葉にできない」を聞くためだけに、あのラストを見るためだけに行った。ラストで泣くために行ったようなもの。そして、その価値はあった、と思う。原作でも確かに、ラストのページでうわっ!と泣いた。映画も、ラストはもう嗚咽状態。 多少、ほ
2006/11/28 12:15 AM
 実際に千葉刑務所でも慰問上映され、744人の受刑者も見て、涙する人もいた映画「手紙」を見てきました。
TAKE 32「手紙」(2006年) / 映画回顧録〜揺さぶられる心〜
2006/11/28 4:34 PM
第32回目は「手紙」(2006年)です。 この作品は東野圭吾さんの同名小説「手紙」を映画化したものです。 簡単なあらすじは、工場で働く20歳の武島直貴(山田孝之)は、 職場の人間ともまるで打ち解けず、人目を避けるように暮らしていた。
手紙 / ☆★ななこぉのけせらせらブログ☆★
2006/12/07 9:06 PM
「手紙」を鑑賞。
「手紙」 / Tokyo Sea Side
2006/12/10 8:37 AM
何となくしっくり来ない…観終わった直後の感想です。テーマが重いだけにお笑いを目指しているという設定は浮いていたし、沢尻エリカの関西弁(?)も、不自然であまり必要性を感じませんでした。また、婚約者との最後はあれで良かったのかも疑問です。せめてお金を受け取
手紙 / 勝弘ブログ
2006/12/10 10:24 PM
http://www.tegami-movie.jp/ちょっと遅めですが映画館で「手紙」これはよかった東野圭吾さんの映像化差作品には「変身」「白夜行」がありますがこれもそこそこ暗い作品です。直貴の兄は仕事にがんばりすぎで腰を痛めてし
手紙 / 欧風
2007/01/06 7:30 AM
さて、11/3の文化の日、3連休の最初の日でしたが皆様いかがお過ごしでしたか。文化の日と言えば、埼玉県で入間航空祭があるんですが、今年は青森にいるし、
手紙 [Movie] / miyukichin’mu*me*mo*
2007/05/14 9:32 PM
 映画(DVD)「手紙」         (生野慈朗:監督)  手紙 スタンダード版日活このアイテムの詳細を見る  1年近く前に原作を読んだんですが、  とにかく涙がボロボロジュクジュクあふれては止まらなくて、  とくに後半はほとんど、泣きながら読んでいまし
2007/05/30 9:58 AM
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 121分 公開日 : 2006-11-03〜2006-12-22 監督 : 生野慈朗 出演 : 山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ 吹石一恵 吹越満 風間杜夫 杉浦直樹 殺人を犯した兄のせいで、人生を狂わされる弟
手紙 / 映画、言いたい放題!
2007/07/22 8:38 PM
原作は東野圭吾。 こちらは未読。 犯罪加害者に焦点をあてたということに興味あり。 DVDで鑑賞。 工場で働く20歳の武島直貴は、 職場の人間ともまるで打ち解けず、人目を避けるように暮らしていた。 それは唯一の家族で親代わりである兄・剛志が、 直貴の大学
手紙 〜DVDにて〜 / 三日月のしっぽ。
2007/09/28 4:43 PM
  手紙・・・評価  4.5   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 弟の大学進学のための学費欲しさに盗みに入った兄。 だが、その屋敷で
映画「手紙」 / 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
2007/12/09 2:59 AM
身寄りの無い兄弟、塀の中と外に分かれた二人をつなぐもの・・それは手紙、それは安らぎ、癒し、生きる希望でもあるけど、過去の罪の苦しみを引きずる・・ 武島直貴(山田孝之)の兄武島剛志(玉山鉄二)は、弟の大学費用を工面するため盗みに入り家人を殺して
手紙 / ☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/01/08 10:13 PM
 『兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。』  コチラの「手紙」は、11/3公開になる東野圭吾さんの同名ベストセラー小説の映画化なんですが、試写会で観て来ました♪この映画の感想を冷静に書くことなんて、とてもじゃないけど無理。途中でおすぎが憑依しちゃ
石井苗子 のネタ / アイドル・タレント・女子アナ動画「ネタくん」
2009/01/13 2:13 AM
石井苗子 のネタ 他にも アイドル・タレント・芸能人・女子アナ お宝・面白からアダルトの抜けるネタまで、ネタになる動画なら何でも紹介
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.