• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『武士の一分』
感動度ハートハート        2006/12/01公開  (公式サイト)
笑い度ラッキーラッキー
満足度星星星星
 

【監督】山田洋次
【脚本】山田洋次/平松恵美子/山本一郎
【原作】藤沢周平 『盲目剣谺返し』(文春文庫刊『隠し剣秋風抄』所収)
【出演】
木村拓哉/檀れい/笹野高史/小林稔侍/赤塚真人/綾田俊樹/近藤公園/岡本信人/左時枝/大地康雄/緒形拳/桃井かおり/坂東三津五郎


<ストーリー>

三村新之丞(木村拓哉)は、近習組に勤める下級武士。毒見役という役目に嫌気がさしながらも、美しい妻・加世(檀れい)と中間の徳平(笹野高史)と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は激しい腹痛に襲われる。あやうく一命はとりとめたが、高熱にうなされ、意識を取り戻した時は、視力を失っていた。人の世話なしで生きられなくなった自分を恥じ、一度は命を絶とうとしたが、加世と徳平のために思い留まった。ある日、加世が外で男と密会しているという噂を聞く。新之丞は徳平に尾行をさせ、加世が番頭・島田(坂東三津五郎)と密会していることを知る……。
(goo映画より)

≪予告編≫
 
 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング
         

<感想>

話題作ということなので初日の朝に指定席を取って夜の回で観てきました。客層は一般的には中高年の世代が多いのだと思いますが、僕が観た回は女子高生がやけにたくさんいました。女子高生だけどやっぱりキムタクファンなのかな。今たまたま『スマステ』を見ていたらキムタクが出てました。彼のドラマの視聴率はどれもとんでもない数字ですね。僕もほとんど見てましたw


映画の率直な感想としては、特別ストーリーが面白いという訳ではないのですが、いい作品だなぁと思いました。柔らかく温かい夫婦愛が描かれていました。真面目に描けば重くなりがちなストーリーなのですが、キャラクターが魅力的で所々に笑いのポイントがあって場が和みました。見終った後の余韻は『花よりもなほ』に近かったような気がします。

 
観る前はキムタクが微妙かな?と思っていました。時代劇に彼の演技は合わないかなと。でも作り手側はあえて現代劇っぽさを残したのでしょうね。暗くなりがちなテーマでしたがキムタクの軽い演技が程よいバランスを取っていました。物語は復讐劇というよりは夫婦愛に焦点が当てられています。物語も多くが三村邸の狭い世界で展開されていました。じっくり丁寧に三村夫妻と徳平の生活を描いてくれたのは良かったですね。絆の強さが伝わってきました。ただその反面ラストの決闘はあっけなかったです。目の見えない新之丞が特訓するシーンがあまりなかったので、決闘での達人ぶりに驚きました。島田の殺陣も美しかったのですが結果的に弱いようにしか見えません(苦笑)。決着では恨みに任せて止めを刺すことはしなかったのが良かったなぁと思いました。でも島田はその後切腹したなんて、、あんなヒドイ人間だけど彼にも一分はあったのですね。


主人公のキムタクは良かったです。癖のある演技もそんなに気になりませんでした。前半の飄々とした演技から盲目になった後の変化は圧巻です。本当に目が見えてないようにしか見えないのですが、眼力が半端じゃない。かなり特訓したのでしょうね。見えてない目に表情が宿っていました。それに剣道をやっていただけあって殺陣もさすがでした。庭で木刀を振り回すシーンや緒方拳さんとの道場でのシーンはド迫力でした。


この時代を考えると毒見役も当然あるだろうとは思っていましたが、改めて映像で観るととんでもない仕事ですね。殿の身代わりとなって失明したのにその後の生活も保障されないなんて。。しかも毒を盛られたのではなく食中毒だったのに責任者は切腹。何かが起これば誰かが責任を取って切腹しなければならない時代だったのですね。。それにしてもなぜ新之丞はすぐに異常を知らせなかったのだろう?あそこで我慢してたら何のための毒見役か分かりません(苦笑)。もし伝達が遅れて殿も食べていれば確実に切腹だったでしょう。。

 
そしてなんといっても檀れいさんが素晴らしかったです。宝塚のことは全く知りませんでしたが、やはりこういう演技も抜群にうまいんですね。一つ一つの所作も美しくて外面と内面から見事に加世という女性を演じきっていました。彼女の新之丞への一途な想いにつけ込まれたのは切なかったですが、離縁した後でも変わらない愛には胸を打たれました。新之丞も加世がいなくなることで改めてかけがえのない存在だと痛感したんでしょうね。

 
徳平役の笹野高史さんもとても良かったです。シリアスな話なのに彼がいるだけで可笑しかったです。『寝ずの番』でも面白い役でしたけど今回もかなり笑わせてもらいました。存在するだけで場を和ませることができるのって素晴らしい才能ですね。それにしても笹野さんってまだ58歳なんですね!?60代後半か70代前半くらいだと思ってました(笑)。ちなみに桃井さんの息子役は彼の実子だそうですw 

その桃井さんもいい味出してました。よくいそうなうるさい親戚のおばさんを好演していました。緒方拳さんもさすがの貫禄。小林稔侍さんは悲しい結末でしたね(泣)。


心が温かくなる良質な作品でしたね。かなり話題になっていますが、決して娯楽作品ではないのであまり期待しすぎるとガッカリしてしまうかもしれません。季節感のある映像も美しくて、日本の良さを感じられる素敵な作品でした。


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



より詳しい最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村



【満足度アンケート】
『武士の一分』が面白かった方→こちらに投票
『武士の一分』がイマイチだった方→こちらに投票



  • 2010.06.13 Sunday
  • 23:58
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2006/12/04 7:31 AM, じゆさ wrote:
木村拓哉、壇れいはじめ、キャストの個性がよくでていていい演技でしたね。
僕は、もっとシリアスな映画かなって期待していたので気楽に楽しめる映画だなって感じましたね。
2006/12/05 4:14 PM, こーいち→じゆささん wrote:
>じゆささん
こんにちは。
僕ももっと重たい映画だと思ってました。
意外に笑えるところもあって好印象でした。
キムタクも壇れいさんもうまく演じてましたねw
2006/12/08 5:11 PM, パピのママ wrote:
TBのお返し有難うございました。
盲目になってからの、キムタクの演技良かったですよね!。それにもまして、全編に渡って出ている中間役の笹野さんの絶妙なる演技は、素晴らしかったです。
最後の方で、桃井かおりさんの息子新之助役は、笹野さんの息子さんでしたか?。
「たそがれ清兵衛」も良かったですが、この映画も最後の徳平が、下働きに加世を連れてきて夕ご飯を作らせる配慮がまた良かったです。
2006/12/08 7:56 PM,  wrote:
こーいちさん、こんばんは!
ラストの余韻が温かくて、とても良かったです・・・(涙)
私も、もっと重い作品で、堅苦しいのかと構えていましたが、観やすく感じられました!
特平と以寧の存在が大きいのでしょうねっ♪
2006/12/08 9:04 PM, ななな wrote:
こーいちさん、こんばんわ。
ストーリーはストレートですが結構暗いですよね(苦笑
でも周りのキャラクターや暖かい雰囲気のおかげでとても気分良く観ることができました。
「花よりもなほ」もとても良かったですが同じような温かいものがありましたよね♪
檀さん、とても良かったですよね。
佇まいがキレイでしたしこの役にもとても合っていました。
2006/12/10 3:32 PM, こーいち→パピのママさん wrote:
>パピのママさん
こんにちは♪
こちらこそコメありがとうございます。
ホント盲目になってからが良かったですよね〜。
やっぱり芸達者だなと思いました。
笹野さんいい役でなごみました。
そうそう、桃井さんの息子役が笹野さんの実子だそうです。
素敵な余韻に浸れる作品でしたねw
2006/12/10 3:34 PM, こーいち→空さん wrote:
>空さん
意外と気軽に見れる作品になってましたね。
もっと堅苦しい作品だと思っていたのでいい意味で裏切られました。
優しい気持ちになりますね。
2006/12/10 4:01 PM, こーいち→なななさん wrote:
>なななさん
こんにちは。
真面目に描けばかなりシリアスになるんでしょうけど
所々に笑いがあって意外と楽しく見れましたw
「花よりもなほ」も好きだったんですよね〜。
命を取らずに許すってところが同じで良かったです。
壇さんほんとに美しかったですね〜。
そこにいるだけで空気が透き通るような存在感がありました。
2007/07/04 4:18 PM, hi-chan wrote:
なんていう事もないストーリーをここまで上手く見せるというのは、やはり凄いと思います。
さすが山田監督!と唸りました。
キムタクも予想外に良かったし、檀さんがまた自然な演技で良かったです。脇を固めた役者陣も良かったですよね。
去年の終わり頃、両親にこの映画を見たか見たかとしつこく聞かれたんですが、結局DVDになりました。うちの親は映画館に行かない人たちなんですが、そんなに見たきゃ、映画館に行けばいいのに(笑)。
そういえば、家族で映画に行った事ってないような。父と二人でとか、母と二人でというのはあるんですが・・・なのに、私はこんなに映画好き(爆)。
2007/07/06 12:25 AM, こーいち→hi-chanさん wrote:
>hi-chanさん
ほんとストーリーに特別なものがある訳でもないんですけど
いい作品になってましたよね。

うちの親もいつも見たい見たいって言うくせになかなか映画館に
行かないしDVDも見ないです(苦笑)
聞くだけ聞いてなんだかんだ言って行かないんですよね。
僕も家族とはあまり映画に行かないですね〜。
近所である試写会にはたまに母親が便乗してくる時が
ありますけど(汗)。
でも母親と観に行くのってなんだか気恥ずかしくて
嫌なんですよ(苦笑)
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/211

武士の一分(いちぶん) / じゆさの冒険記
2006/12/04 7:31 AM
木村拓哉主演の武士の一分。 三村新之丞(木村拓哉)は、下流武士で殿方の食事を毒見する役目であった。ある日、毒見のあと激しい腹痛と高熱にうなされ一命をとりとめるも視力を失ってしまう。美しい妻・加世(檀れい) と中間の徳平とともに、盲目となった武士と共にこ
『武士の一分』 / ガッツリ ガーリー
2006/12/04 9:26 AM
ー山田洋次監督が贈る時代劇三部作・さらば藤沢周平の世界ー 三村新之丞(木村拓哉) 妻・加世(壇れい) 徳平(笹野高史) 島田藤弥(坂東三津五郎) 『たそがれ清兵衛』から藤沢周平の文庫本を買いあさり、彼の作品に目覚めた
真・映画日記『武士の一分』 / CHEAP THRILL
2006/12/04 11:54 PM
12月2日(土) ビフォア31歳。 イコール、30歳のラストデイ。 (注:じょ〜いの誕生日は12月3日) 午前中から午後2時までフリーペーパーの原稿書き。 午後2時半から外出。 3時50分から上野のキンコーズで編集&製本。 午後7時過ぎに終わり、山手線
【劇場鑑賞134】武士の一分 / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2006/12/05 7:58 PM
『ともに死するをもって、心となす。勝ちはその中にあり。必死すなわち生くるなり。』 人には命をかけても守らねばならない一分がある。
「武士の一分」 / じゃがバタ〜 映画メモ
2006/12/05 8:29 PM
地味です!天下のSMAPは木村君なのに地味です。日常を丁寧に丁寧に描いていくのです。 寝不足していると、あっちの世界に連れて行かれそうで危険、前日は早寝いたしましょうね。 木村君の盲目演技がどうとか、殺陣がすごいとか、ありましょうが ワタクシとしては
武士の一分 / Akira's VOICE
2006/12/06 11:15 AM
オーソドックスな物語に新鮮味は無くとも, 見終わった後に残る感情は優しく心地良い。 でがんす。
2006/12/06 3:43 PM
武士の一分(いちぶん) @丸の内ピカデリー 「必死即ち生くる也」 仕事は物足りないけれど家禄は保証されて美人の奥さんとの幸せな毎日と将来。が毒見により倒れ失明してから一変。一家の主人として家族を支えていた側から支えがないと生きていけないと絶望、追い
武士の一分(いちぶん) / パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2006/12/06 8:59 PM
2002年、山田洋次監督が時代劇に挑んだ『たそがれ清兵衛』は、父と娘の絆を描き、日本アカデミー賞15部門を総なめにし、米国アカデミー賞外国語映画部門にもノミネートされ、語り継がれる傑作となった。2004年、『隠し剣 鬼の爪』は身分違いの若い男女の純愛をテーマ
「武士の一分」映画館レビュー 一分への距離 / 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
2006/12/07 10:38 PM
山田洋次監督は、今もなお進化し続ける巨匠。僕が武士の一分を語れるには、あと何年かかるだろう。
2006/12/08 5:17 PM
時代劇でがんす。山田洋次でがんす。そして、木村拓哉でがんす。山田洋次×木村拓哉という組合せに、宮崎駿×木村拓哉をイメージしちゃった方も多いんじゃないでしょうか。アレ?私だけかな? 山田時代劇三部作ということで、が無敵なヒーローではなく、平凡な下級武士
武士の一分 / Kinetic Vision
2006/12/08 7:34 PM
ちょんまげ姿の木村拓哉が画面に登場したとき、最初はなかなか「キムタク」のイメージが頭から離れなかった。妻加世(檀れい)をからかったり徳平(笹野高史)に悪態をついたりする時の口調が、方言とはいえ、いつもの木村
【武士の一分】 / 空の「一期一会」
2006/12/08 7:58 PM
★良かったなぁ・・・。私は、好きです。 どんな仕事に対しても、モチベーションの
武士の一分 / 映画を観たよ
2006/12/08 9:05 PM
劇場は満員! 女性が目立っていたでしょうか。
武士の一分 / 映画鑑賞★日記・・・
2006/12/08 9:40 PM
『武士の一分』 公開:2006/12/01(12/03鑑賞) 監督:山田洋次 原作:藤沢周平     『盲目剣谺返し』(文春文庫刊『隠し剣秋風抄』所収) 出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍
武士の一分 / 愛猫レオンとシネマな毎日
2006/12/08 10:49 PM
山田洋次監督の時代劇、原作、藤沢周平3部作がついに完成。 ラストを木村拓哉主演でやるなんて思い切ったなあと思います。 映画初主演、それも時代劇ですから・・・ 今、時代劇が熱いですね。いい男だったら時代劇ですよ。 岡田君も「花よりもなほ」加瀬亮さんも
2006/12/10 5:09 PM
監督・脚本 : 山田洋次出演 : 木村拓哉 / 檀れい / 笹野高史 他 公式HP:http://www.ichibun.jp/「 武士の一分 (2006) 」原作は、藤沢周平箸 『盲目剣谺返し』(文春文庫刊『隠し剣秋風抄』所収)山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」、「隠し剣/鬼の爪」
武士の一分(06・日) / no movie no life
2006/12/10 10:47 PM
「譲らない心。譲れない愛。 人には、命をかけても守らねばならない一分がある。」 思い描いた人生が崩れ、信じていたものにも裏切られる。そんなとき、人は何を思い、どう動くのか。 海坂藩主の毒見役により失明した三村新之丞(木村拓哉)を、見えないことへの
武士の一分 / UkiUkiれいんぼーデイ
2006/12/11 8:58 AM
この時代には毒見役、または鬼役と呼ばれた毒見係りがいたのですねぇ。 賞味期限のちょい過ぎた食品・・・ 我が家では、夫がお毒見役でがんす! しかも、本人には内緒で。。。 幸いにも本作の主人公・三村新之丞のようなことは、まだ、一度も起きておりま
『武士の一分』 / 京の昼寝〜♪
2006/12/11 10:02 PM
命をかけて、守りたい愛がある。     ■監督・脚本 山田洋次■原作 藤沢周平(「盲目剣谺(こだま)返し」文藝春秋刊【隠し剣秋風抄】所収) ■脚本 山本一郎・平松恵美子■キャスト 木村拓哉、檀れい、坂東三津五郎、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井
★「武士の一分(いちぶん)」 / ひらりん的映画ブログ
2006/12/12 4:23 AM
SMAPのキムタク主演の時代劇。 彼のファンの人は、「キムタク」とは呼ばないそうですが、 良い意味のあだ名なので、敢えて。 結構スマップ好きなひらりんなんですっ。
武士の一分 2006-69 / 観たよ〜ん〜
2006/12/16 7:39 AM
「武士の一分」を観てきました〜♪ 30石取りのお毒見役の三村新之丞(木村拓哉)は、美しい妻・加世(壇れい)と忠義者の中間の徳平(笹野高史)と貧しいが平穏な日々を過ごしていた・・・ある日、新之丞は貝の毒に当たってしまい、視力を失ってしまう・・・ 人
2006/12/16 8:55 PM
「武士の一分」★★★☆ 木村拓哉、檀れい主演 世は平安の時代、 主人公は武芸を磨いても、お役目は「お毒見」 現在の状況と自分の目指したものの ギャップにキムタクが違和感を覚えるのは、 そのまんま現代に通じている。 しかし違うところは 「武士の一
武士の一分 / シネマ de ぽん!
2006/12/16 10:42 PM
武士の一分公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評価  ☆☆☆☆
武士の一分 / かわりゆく かわらないもの
2006/12/16 11:32 PM
武士の一分、見てきました[:!:] といっても、 見たのはさかのぼること2週間前のことでしたが・・・ 彼が、マスコミ用の資料素材として会社で借りて11月中に観ていて コレ、すごいイイよ というので、興味がふつふつと・・・ そう思っていた矢先、 会社で
2006/12/17 11:42 AM
〜 命を賭けてまで守るべきものがあるか 〜 木村拓哉が主演していることでも有名なこの作品。『男はつらいよ』の山田洋次監督が手がける『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続く山田時代劇三部作(と言うらしい)の最終章とのこと。 キムタクのほかにも、宝塚
2006/12/17 9:22 PM
鮮やかな色がとってもかわいいです★☆ディズニー リロ スティッチ、カワイイ画像を携帯に保存にしよう〜...【今日のオススメ 武士の一分(キムタク主演)】サムライのキムタク
壇れいの透明感に魅せられる〜「武士の一分」に慟哭 / 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
2006/12/23 8:48 PM
 強烈なアッパーカットを食らったような気分になった。久しぶりの心底からの感動。絶対見逃すまいと思っていた山田洋次監督の「武士の一分(いちぶん)」のラストシーン。どうやってハッピーエンドにするのかと思っていたら、そう「飯たき女」なんですな。実にうまい。
山田洋次監督の身の丈の描き方/『武士の一分』木村拓哉 / 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世
2006/12/24 4:32 AM
●武士の一分(ぶしのいちぶん)● ●監督;山田洋次 ●脚本;山田洋次/平松恵美子/山本一郎 ●原作;藤沢周平/盲目剣谺返し」(『隠し剣秋風抄』より ●出演;木村拓哉/檀れい/桃井かおり/坂東三津五郎/     笹野高史/緒形拳/小林稔侍 ●松竹映画/2006 1
武士の一分 / とにかく、映画好きなもので。
2006/12/24 4:43 PM
 一分とはどういう意味なのだろうと、考えてみた。  近習組に勤める下級武士である三村新之丞(木村拓哉)は、上方の毒見役という役目を負っていた。その役目にはあまり意義を感じず、嫌悪感を持って接していたが、美しい妻・加世(檀れい)と中間の
映画 武士の一分(監督 山田洋次、主演 木村拓哉) / エンタメ動画日記 −映画等の紹介−
2006/12/30 4:59 PM
武士の一分観てきました〜〜〜(^^♪(^^♪(^^♪ いきなり感想!!で申し訳ないような気がしますが・・・ ひとこと「キムタク渋いっっ」です。 私は原作は読んでいないのですが、かつての日本の情景が目に浮かぶようでした。三村新之丞を演じる木村拓也さんと
武士の一分−(映画:2007年1本目)− / デコ親父はいつも減量中
2007/01/06 10:36 PM
監督:山田洋次 出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、坂東三津五郎 評価:77点 公式サイト (ネタバレあります) 「木村拓哉」はいつまでたっても「木村拓哉」であって、どこで何をしていても「木村拓哉」なん
「武士の一分」を観る / 紫@試写会マニア
2007/01/14 2:36 AM
山田洋次監督作品・三部作の完結、「武士の一分」を観てきました。 云わずと知れたSMAPの木村拓哉の主演作品です。 三つの作品に共通するのはつつましい下級武士ってところなんですよね、時代は違えども親近感の沸く時代劇のシリーズです。 一作目の主演は、
2007/01/20 4:45 PM
人には,命がけで守るべきものがある. 守るべき愛がある. 人はそれを,一分(いちぶん)と呼んでいる. ----(PR)---------- リンクサービスのお知らせ オレメデアに,あなたのブログ(ホームページ)のリンクを張らせてくれませんか? リンクを張ることで,1ヶ月あ
2007/01/25 1:50 PM
武士の一分 2006年   山田洋次 監督   藤沢周平 原作木村拓哉 檀れい 笹野高史 小林稔侍 緒方拳 桃井かおり 板東三津五郎 キムタクって、童顔すぎるよねぇ、、、 山田監督の、時代劇三部作最終章。 なんだケド、微妙だなぁ、、、 ま、勝手に、も
武士の一分 / 映画、言いたい放題!
2007/08/14 2:48 AM
このところ、仕事が忙しくて 久しぶりの更新です。 この作品、話題になりましたね。 本当は痛快アクションみたいな作品を観たかったのですが、 まだ観てなかったのでDVDで観てみました。 三村新之丞は、近習組に勤める下級武士。 剣術を極め、秀才といわれた新
映画『武士の一分』 / 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
2007/11/21 2:17 AM
これは最後に泣ける映画・・物語の中核を成すはずの貞節を奪われるシーンとか離縁された後に何処で何をしていたのかとか、気になるが・・感動的な映画・・ 山形は庄内地方の三村新之丞(木村拓哉)は、三十石の下級武士で毒見役ながらも妻の加世(檀れい)と共
≪武士の一分≫ / ミーガと映画と… -Have a good movie-
2007/11/23 5:23 PM
武士の一分 ¥2,780 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/11/17) 製作年度2006年 製作国日本 上映時間121分 監督山田洋次 出演木村拓哉(三村新之丞)、檀れい(三村加世)、笹野高史(徳平)、岡本信人(波多野東吾)、左時枝(滝川つね)、綾田俊樹(滝
武士の一分&医龍2 / 別館ヒガシ日記
2007/12/14 8:21 PM
医龍2は鬼頭チームの心臓移植が出来ず朝田チームの心臓移植がOKも 患者は生体肝移植の手術中で心臓の移植は不可能も次のチャンス厳しく 朝田が医師免許の剥奪を覚悟で生体肝&心臓を同時移植の手術を決行も 伊集院の乗った救急車は事故に遭遇して心臓4時間に間に
武士の一分 / ☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/01/06 9:31 PM
 『人には命をかけても守らねばならない一分がある。』  コチラの「武士の一分」は、藤沢周平原作作品を山田洋次監督が描く三部作の3作目となる時代劇ムービーです。2006年12月に公開されたのですが、早々と年末にTVで放送してましたねぇ〜。  「たそがれ清兵衛
武士の一分 / Addict allcinema 映画レビュー
2009/06/12 4:57 PM
人には命をかけても守らねばならない一分がある。
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.