• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『父親たちの星条旗』
泣き度悲しい悲しい         2006/10/28公開  (公式サイト)
残虐度撃沈撃沈撃沈
満足度星星星星
 

【監督】クリント・イーストウッド
【製作】クリント・イーストウッド / スティーヴン・スピルバーグ / ロバート・ロレンツ
【脚本】ロン・パワーズ / ポール・ハギス / ウィリアム・ブロイルズ・Jr
【原作】ジェームズ・ブラッドリー 『硫黄島の星条旗』/『父親たちの星条旗
【出演】
ライアン・フィリップ / ジェシー・ブラッドフォード / アダム・ビーチ / ジェイミー・ベル / バリー・ペッパー / ポール・ウォーカー / ジョン・ベンジャミン・ヒッキー / ジョン・スラッテリー / ロバート・パトリック / ニール・マクドノー / メラニー・リンスキー / トム・マッカーシー / クリストファー・バウアー / ジュディス・アイヴィ / スコット・リーヴス / スターク・サンズ / ジョセフ・クロス / ベンジャミン・ウォーカー / マイラ・ターリー / アレッサンドロ・マストロブーノ / ジョージ・グリザード / ハーヴ・プレスネル / ジョージ・ハーン / レン・キャリオー / クリストファー・カリー / ベス・グラント / コニー・レイ / アン・ダウド / メアリー・ベス・ペイル / デヴィッド・パトリック・ケリー / ジョン・ポリト / ネッド・アイゼンバーグ / ゴードン・クラップ/カーク・B・R・ウォーラー / トム・ヴェリカ / ジェイソン・グレイ・スタンフォード


<ストーリー>

アメリカ、ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人。今、彼には最期の時が迫っていた。彼の名は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。彼は1945年、太平洋戦争の激戦地として名高い硫黄島に、海軍の衛生兵として出兵していた。しかも、その時撮られた1枚の写真によって、米国中から“英雄”と讃えられた輝かしい過去があった。しかし彼は、その事について決して語ろうとはしなかった……。硫黄島で何を見たのか。父は何故沈黙を貫こうとするのか。父の最期を見守る彼の息子が、硫黄島の真実を辿り始める……。(goo映画より)

≪予告編≫

『硫黄島からの手紙』レビュー 
 
                  人気blogランキング
              ♪まずポチっと1クリック♪


               原作         サントラ
          
       

<感想>

先日、試写会で観た『硫黄島からの手紙』をアメリカの視点で描いた作品。観た後に思いましたが、こちらから先に観ておいた方が良かったです。あえて試写会まで我慢していたのですが、こちらを観ておいた方が日本軍の不気味さもあって「硫黄島〜」に興味をそそられただろうなと思いました。


この「硫黄島の戦い」はアメリカ軍の損害が日本軍の損害を上回った唯一の戦闘だと言われています。でも損害の数を調べてみると日本軍が20,933名の守備兵力のうち20,129名が戦死したのに対して、アメリカ軍は戦死6,821名だそうです。戦死者は日本の方が圧倒的に多い。アメリカの戦傷者が21,865名なのでそれを含めると日本軍より上になりますけど、これは損害が上回ったと言えませんよね。

 
物語は「硫黄島の戦い」そのものを描いているわけではなく、国によって英雄に祭り上げられ利用された3人の兵士たちの苦悩を描いています。あの写真はかなり有名な写真なんですね。確かにどこかで見たことあるような気はしていました。でもあんなエピソードがあったなんて全く知りませんでした。この作品を観るといろいろ考えさせられますね。戦場での壮絶な戦いと国家の上層部のギャップはすごかったです。。華やかにパーティーなんかやってるんですもんね。本土にいる人は戦争を「国のため」と言い、戦場の兵士は「戦友のため」と言う。戦争って何なんでしょうね。


でも英雄ってこういう風に作られていくんだなと興味深かったです。利用された彼らの結末も悲しかったですね。レイニーはなんとか英雄という肩書きを利用しようとあがいてましたがあっさり時代に置いて行かれました。それにしてもレイニーの彼女は嫌な女性でしたね。レイニーの場合は実際に戦場で戦ってるし偶然手に入れた名声を利用したとしても許せますけど、彼女のでしゃばりっぷりにはムカっときました(笑)。でもああいう人って結構いたんだろうなぁ。知らない親戚が急に増えそうですね。

 
3人の中ではアイラが一番共感しやすいキャラでしたね。レイニーのように自分の気持ちに嘘は付けず不器用に苦しむ姿に込み上げてくるものがありました。差別され落ちぶれていく姿は見てられませんでした。ドクもいい人で彼が一番自分を見失わずに生きてました。でも戦争が終わっても戦争にいった人はその悪夢から逃れられないんですね。「本当の兵士は戦争を語らない。」という言葉は心に響きました。


実際の戦争はもっともっと酷いのでしょうけど、悲惨さや過酷さはとても伝わってきました。かなりエグイ映像もあって何度か気分が悪くなりました。銃撃戦の戦場ってあんな感じなんですねぇ。。当然めちゃくちゃ弾が飛び交ってるんですけどあんな中突撃なんてできないですよ。僕だったら一歩も動けないと思います。敵も味方も分からないような中で戦っているんですね。改めて戦争の怖さを感じました。

 
それとこの作品を観てアメリカもいっぱいいっぱいだったというのを知りました。まぁ、まだパーティーなんかやってるくらいなんで余裕はあるんでしょうけど、それでも必死だったんだなぁと。アメリカを正義として描いていないのは良かったですね。アメリカにも日本にも肩入れすることなくフラットな視点で観ることができました。


映画としてはなかなか面白かったんですけど、マイナス点としては途中から誰が誰だか分からなくなったんですよね(苦笑)。登場人物が多いし、回想シーンとかあるから「この人誰だっけ?」ってなっていました。。ラストでようやくあのオシムみたいなおじいさんがドクだったんだと気付きました(汗)。原作はドクの息子さんが書かれたらしいのでかなり史実に忠実なんでしょうね。戦争について全く知らないので勉強しなきゃいけないなとこの2部作を観て痛感しました。


【関連記事】
『硫黄島からの手紙』


               人気blogランキング
               ♪ポチっとお願いします♪



  • 2010.06.13 Sunday
  • 02:55
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2006/12/12 11:35 AM, hi-chan wrote:
私の祖父も戦争に行きましたが、祖父から戦争について聞いた事は一度もありませんでした。祖母の機嫌が悪くなるからだ・・・と従姉が言ってましたが。
やはり戦争に行った兵士の気持ちは行った人にしか分からないんだろうな・・・と映画を見て思いましたね。
あの白いケーキにストロベリーソースのシーンが印象的でした。思い出すと怒りが込み上げます(苦笑)。
2006/12/13 4:01 PM, こーいち→hi-chanさん wrote:
>hi-chanさん
やっぱり戦争を体験した人はそうなんですね〜。
うちの祖父は軍隊の事務みたいなことをしていたそうなので
全く戦場には出てないようなのですが、僕も本人から
戦争のことを聞いたことがなかったです。
トラウマというか精神的に極度に辛い体験ですよね。。

もうあのケーキは趣味悪すぎでしたね(怒)
前線と本国の温度の違いを痛感させられました。
2006/12/13 8:11 PM, メビウス wrote:
こーいちさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

こーいちさんは『硫黄島〜』→『父親たち』と逆で観たんですね。でも敢えて逆に観てもこの映画は遜色ないと思いますね。


>アメリカもいっぱいいっぱい

他国よりも圧倒的戦力を持ってるにも関わらず、その反面で国庫がすっからかんだという事実はこの映画を観て初めて知りました。
でも昔はどこもこんな感じだったんでしょうね・・
2006/12/14 1:50 AM, こーいち→メビウスさん wrote:
>メビウスさん
こんばんわ!
どっちが先でもいいから両方セットで観て欲しいですw
まだ日本のように絞り出している訳じゃないから
余裕はあるんでしょうけどかなり苦しかったのは確かなようですね。
2007/06/01 9:00 AM, hito wrote:
こんにちは。

私は劇場で「硫黄島〜」を見て、後からこちらをDVDでした。やっぱり「硫黄島〜」の方が良かったように思います。

あまり私には響いてくるものがなくて・・あえて有名な俳優さんが出ていなく、誰が誰かがあまり解らずで、誰にも感情移入出来なかったからかもしれないです。
2007/06/01 8:51 PM, こーいち→hitoさん wrote:
>hitoさん
こんばんは♪
いつもありがとうございます!
確かにあまり心に響く作品ではなかったですね。
誰が誰だか分かりにくいし。
「硫黄島〜」では圧倒的に勝ってるように感じた
アメリカが実は苦しかったというのは驚きでした。
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/214

父親たちの星条旗 / りらの感想日記♪
2006/12/08 10:19 PM
【父親たちの星条旗】 ★★★☆  2006/10/25 試写会 ストーリー 太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵
『父親たちの星条旗』・劇場 / しましまシネマライフ!
2006/12/10 11:11 AM
今日は『父親たちの星条旗』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★☆☆☆》 硫黄島2部作のアメリカから
硫黄島からの手紙と反戦 / 映画@古典映画情報
2006/12/10 5:50 PM
戦争映画が上映されると、必ずと言っていいほど、その映画が反戦的なのかというような
真・映画日記(5)『父親たちの星条旗』 / CHEAP THRILL
2006/12/11 10:11 PM
(4から) シネ・アミューズを出て渋谷駅へ。 人混みでまいる。 なんとかかきわけながらJR山手線で新宿に移動。歌舞伎町のコマ劇場前の映画街へ。 『父親たちの星条旗』はミラノ座で上映。 スクリーンがでかくていい。 『父親たちの星条旗』は悪くはないがC
父親たちの星条旗(評価:☆) / シネマをぶった斬りっ!!
2006/12/13 8:12 PM
【監督】クリント・イーストウッド 【出演】ライアン・フィリップ/アダム・ビーチ/ジェシー・ブラッドフォード/ジェイミー・ベル/バリー・ペッパー 【公開日】2006/10.28 【製作】アメリカ 【ストーリー
【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS) / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2006/12/14 10:13 PM
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。
「父親たちの星条旗」 / 共通テーマ
2006/12/27 6:52 PM
今なおアメリカ人の愛国心を鼓舞してやまない1枚の戦争写真。その被写体である6人の兵士たちを待っていたのは…。(「MARC」データベースより) 「英雄」という名に翻弄され、苛まれた若者たちの姿を描いたこの映画、あなた
2007/01/06 10:23 PM
 今年90本目(映画館のみカウント)は父親たちの星条旗を見てきました。
父親たちの星条旗 / 悩み事解決コラム
2007/01/13 3:09 PM
   「父親たちの星条旗」都内近辺では上映終了となってい たが、どうにか銀座シネパトスまで行って観た。ちなみに 「硫黄島からの手紙」は実家武蔵村山のダイヤモンドシティ ・ミューの3Fにあるワーナー・マイカル・シネマズ武蔵野 にて鑑
DVD「父親たちの星条旗」 / 日々のつぶやき
2007/06/01 9:09 AM
監督:クリント・イーストウッド/出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード アメリカ側から見た硫黄島の戦いをクリント・イーストウッドが描く映画。 「新聞にも大々的に取り上げられた星条旗を掲揚する六人の兵士たちの写真。 そこには今まで語
2007/11/04 11:18 PM
クリント・イーストウッドが監督したこの『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』は、公開時に見逃しちゃってて…。 彼の作品はどれも上質なんだけど、重いからね…(苦笑) 本作も予想通り、かなりヘビーだった たまたま星条旗を掲げる姿を写真に撮られただけの
映画DVD「父親たちの星条旗」 / 映画DVDがそこにある。
2007/11/23 2:17 PM
2006年アメリカ 監督:クリント・イースドウッド 主演:ライアン・フィリップ
父親たちの星条旗 / ☆彡映画鑑賞日記☆彡
2007/12/08 10:13 PM
 『アメリカから見た硫黄島 戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。』  コチラの「父親たちの星条旗」は、硫黄島の戦いをアメリカ側の視点で描いたクリント・イーストウッド監督作品なんですが、10/28公開になったので、観てきちゃいましたぁ〜♪  確か教科書
『父親たちの星条旗』を観たぞ〜! / おきらく楽天 映画生活
2008/01/27 3:45 PM
『父親たちの星条旗』を観ました。巨匠クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメリカ側、日本側それぞれの視点か
父親たちの星条旗 / Addict allcinema 映画レビュー
2009/08/06 1:52 PM
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。 【関連記事】 「硫黄島からの手紙」
2009/12/14 8:57 AM
「ハッピーフライト」の記事で予告したとおり、本日もう一個の投稿です{/face_yaho/} 今日の午前中の行動です。 モンスターハンターのイベントがあると聞き付け、友人宅に宿泊した息子を回収後、西日本総合展示場まで行ってみました{/cars_red/}{/dododo/} 結構な入場
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.