• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『どろろ』
感動度ハートハート             2007/01/27公開  (公式サイト)
娯楽度テレビジョンテレビジョンテレビジョンテレビジョン
CG度 結晶結晶
満足度星星星
 

【監督】塩田明彦
【アクション監督】チン・シウトン
【脚本】NAKA雅MURA/塩田明彦
【原作】手塚治虫
【主題歌】Mr.Children 『フェイク』
【映倫】PG-12
【出演】
妻夫木聡/柴咲コウ/瑛太/原田美枝子/杉本哲太/麻生久美子/土屋アンナ/劇団ひとり/中村嘉葎雄/原田芳雄/中井貴一


<ストーリー>

賢帝歴3048年。大地の東の果てにあるその国では、数十年に及ぶ戦が続き、秩序を失った争いと荒廃だけがすべてを支配していた。そこには、戦国の世を憂う醍醐景光という武将がいた。影光は戦乱の世を治める「力」を手にいれたいと願っていた。そして、自らの野望をかなえるため、やがて生まれてくる我が子を48体の魔物に捧げ、見返りとして巨大なる「力」を手にする。かくして生まれた赤ん坊は、体の部位が無く塊のような姿で生まれ、景光の厳命を受けた母・百合によって捨てられてしまう。20年後…男装をした姑息な盗人・どろろは、ある砂漠の街で一人の男に出会う。
(goo映画より)

≪予告編≫
≪邦画満足度ランキング≫
 
 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング



   
      

<感想>

本作は制作費20億円をかけそうです。予告編を見る限りではなかなか面白そうだったのですが、CGがちょっと微妙だったのが不安と言えば不安でした。原作は手塚治虫の漫画です。僕は読んだことはありません。手塚治虫の漫画で読んだことがあるのは『火の鳥』だけだと思います。小学校の図書館にあったので読みました。でもあれって小学校に置くべきじゃないですね。すっごく深くて頭がおかしくなりそうでしたもん。生と死、時間などあらゆるものがグチャグチャしていて、「今、この瞬間に存在してるってどういうことなんだろう?」とか「実はこの世界は夢なんじゃないの?」とか訳が分からない事ばかり考えて精神的に不安定になりましたよ(苦笑)。生きてるってことがすごく怖かったです。小学生には衝撃が強すぎでした。。

 
そんな訳で手塚治虫作品には多少トラウマもありましたが、この世界観は本当に面白かったし体を取り戻す映像なんかもうまく作られているなと感じました。序盤はもう釘付けでした。舞台は日本じゃなくて無国籍な感じ。広大なロケ地も良かったし、キャストも文句なしでした。ただ、やはり魔物のCGが微妙(苦笑)。。狙ったのかな?すごく安っぽくてB級感が漂っていました。結局、魔物の造形の安っぽさもあって後半はちょっとグダグダです。


イマイチな魔物の中でも特にオオサンショウウオは最悪。仮面ライダーのような特撮系に出てきそうな怪人だから一気に興ざめ(泣)。ヤシガニ蜘蛛とかマイマイオンバとかは独特の世界観の中の住人として受け入れられましたがオオサンショウウオは無理(苦笑)。もっと別の魔物にしたら良かったのに。。あと戦いが速すぎて見えない!どうしてあんなに速かったんだろう?魔物との戦いも楽しみだったのでガッカリでした。

 
妻夫木くんは格好よかったですね〜。こういう役を恥ずかしげもなくやり切ってもらえると見ていてすごく気持ちがいいです。魔物を倒した後のアクションもサマになっているし、こういう役ができるのって妻夫木くんくらいしかいないんじゃないでしょうか。肉体が戻ってくる場面もどの部分を取り返せたのかが気になってワクワクしていました。肉体を取り戻すっていう設定は「キン肉マン」のミートくんを思い出しました(あまり知らないけど)。どろろ役の柴咲さんは最初の方は違和感がありましたけどだんだん慣れました。こういう役って難しいと思いますけど彼女も思いっきりやってくれていたので気持ちが良かったです。

 
瑛太さんは意外と出番が少なかったですね。妻夫木、柴咲、瑛太が揃うと「オレンジデイズ」みたい(笑)。大好きなドラマだったんですよねw 今回はそんなに目立ちませんでしたが死んだ表情は怖くて印象的でした。あと中井貴一さんの百鬼丸との対決のシーンも迫力があって印象的でした。ただ醍醐景光のキャラクターは中途半端だった気がします。いい人なのか悪い人なのか分からずブレてしまっていたので、クライマックスが今ひとつ盛り上がりに欠けました。魔物に子供を売り、妻をあっさり殺し、領民を苦しめているのに、なんだかいい人なので肩透かしをくらいました。

 
全体的にストーリーはまとまっているので飽きることなく楽しめました。娯楽作品としては十分満足できると思います。ただ深みがなく軽い印象なので、心に残るものはありませんでした。微妙なCGはDVDで観るとさらに悲しくなりそうなので劇場観賞をオススメします。


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



より詳しい最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村



【満足度アンケート】
『どろろ』が面白かった方→こちらに投票
『どろろ』がイマイチだった方→こちらに投票


    
    
    
    



  • 2010.06.13 Sunday
  • 04:57
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/01/30 10:21 PM, TATSUYA wrote:
達也です。

『レンタル映画レビュー』へのコメ&トラバ、
アリガトです。
もう一つのブログ「シネマコンプレックス」から
こちらにお邪魔しました。

これからも宜しくです。
2007/01/31 2:18 AM, kiyu wrote:
こんばんは^^
諸事情により映画を見に行く時間が取れなくて、すっかりご無沙汰しちゃっています;
結局『鉄コン』も観に行けなかったし(T^T)

そんな訳で、タイムリーに『原作マンガ』を読みましたよ!
「これってありなの???」というエンディングだったので、映画の終わり方が気になったんですけどね☆
原作の方になりますが、感想書きますね(^_-)
2007/01/31 9:15 PM,  wrote:
こーいちさん、こんばんは!
TBありがとうございました(^^)
こーいちさんは、「火の鳥」を読んだことがあるんですね。
この作品、いつか、読まなきゃ!って、思っていたのですが・・・。
「どろろ」も映画を観て、原作を読みたくなりました!
映画、結構ー楽しめましたし・・・★

しばらく更新はできませんが、遊びには来させて頂きますね♪
2007/02/01 1:37 AM, こーいち→TATSUYAさん wrote:
>TATSUYAさん
こんばんは。
もう1つの方にもお邪魔しますね。
これからもヨロシクです♪
2007/02/01 1:51 AM, こーいち→kiyuさん wrote:
>kiyuさん
あら、「鉄コン」観れなかったんですね〜。
忙しかったらなかなか行けないですよね。

「どろろ」の原作の感想楽しみにしてます♪
手塚作品はトラウマがあって多分読まないと思うので。。
2007/02/01 1:56 AM, こーいち→空さん wrote:
>空さん
小さい頃に読んだんですけど、おかげで手塚作品は苦手です(汗)。
あの絵を見ただけで気分が悪くなっちゃって。
だから今回は実写版だったので嬉しかったですw

先ほど空さんの記事読みました。
大変みたいですね。
空さんも体調に気をつけてくださいね。
お母さんも早く治るといいですね。
2007/02/02 6:55 PM, masala wrote:
こんにちは、TBありがとうございます。
「どろろ」、皆さん魔物の評判が悪いですね。
CG&着ぐるみでしたが、私はCGはまぁまぁだと思いましたが、あの着ぐるみし頂けないですね。仮面ライダー風の魔物や、子供の魔物、20億も制作費もあったのですから、もう少し何とかして欲しかったです。
これからも「masalaの辛口映画館」を宜しくお願いします。
2007/02/03 3:19 PM, こーいち→masalaさん wrote:
>masalaさん
こんにちは。
こちらこそTB&コメントありがとうございます!
僕もCGは良かったんですけど着ぐるみでドン引きしました(爆)
全部CGでよかったですよね〜。

またお邪魔させてもらいますね♪
2007/02/05 12:52 AM, ぽっぽ wrote:
はじめまして!kiyuさんのブログからお邪魔しましたぽっぽと申します☆
『どろろ』、確かに妖怪たち、ビミョー(笑)でした。
俳優さんたちには私は特に文句はないのですが、せっかく色々と細部に力を入れているだろうに、何でそこがそんな風になっちゃうの??とちょこちょこつっこみをいれちゃっていました。
結果としては、私は割とほめる方へ回っています^^;

邦画好き、というところと「火の鳥」にショックを受けたことに共感してしまいました☆
またお邪魔させて頂きます〜。
2007/02/05 1:45 AM, こーいち→ぽっぽさん wrote:
はじめまして♪
コメント&TBありがとうございます!

僕も映画は好きだったのですがそれだけに妖怪が
目についちゃいました。
あそこがちゃんとしていれば大満足だったのに(泣)
ちょっと酷評記事になってますけど普通に楽しめましたよw

邦画好き&「火の鳥」ショック仲間ですね(笑)
あれ、ちっちゃい頃に見ると衝撃ですよね〜。
小学校以来手塚作品は見れないです(泣)

僕もお邪魔させてもらいます☆
2007/02/08 7:36 AM, じゆさ wrote:
2人の俳優の演技は見事でしたね。手塚治虫の原作もきっとすごい世界観の話だと思います。それなのにちょっとストーリーに入り込めなかったのが残念な印象でした。
2007/02/09 11:27 PM, こーいち→じゆささん wrote:
>じゆささん
面白いんだけど何かが物足りないんですよね〜。
主演の2人はさすがでしたw
2007/02/12 9:14 PM, ケント wrote:
こんばんはTBお邪魔します
柴咲コウは、まさにぴったしでしたね。
ニュージーランドロケより、魔物の造りこみが、かなり甘かったですね。あの制作費は何に使ったのでしょうか。
2007/02/12 10:37 PM, こーいち→ケントさん wrote:
>ケントさん
こんばんは。
TB&コメントありがとうございます!
制作費をもっと映像に回して欲しかったですよね〜。
もっと丁寧に作られていたらともったいなく感じました。
2007/02/20 9:29 PM, any wrote:
こーいちさん、こんばんは☆
TBさせていただきました!

『どろろ』⇒ 制作費20億円に見合う魔物を造って欲しかったですね...
それでも娯楽としては十分楽しめました(^^)
微妙な魔物達も、見慣れてくると愛着が出てきて笑えたし〜
文句言いつつ 実はもう1回観たいくらいです(笑)
(もちろん、劇場で!)

また遊びにきま〜す♪
2007/02/21 3:24 AM, こーいち→anyさん wrote:
>anyさん
こんばんは♪
また遊びに来ていただいてありがとうございます!
20億円は何に使ったんでしょうね〜?
CGもそんなにすごいと思わなかったし。。
魔物が良ければかなり満足だったのに。
僕は次はDVDですね(笑)。
もう1回行くなら『幸福の食卓』に行きますw
2007/03/03 10:26 PM, MANAMI wrote:
TBありがとうございます。

改めて手塚治虫は天才だと思い知らされました。これだけ、突っ込みどころ満載の作りになっていて、それでも、観られるというのは、やはり、プロットの見事さのお陰。実写にすべき作品ではなかったのかもしれませんね。
2007/03/03 11:48 PM, こーいち→MANAMIさん wrote:
>MANAMIさん
こちらもありがとうございます!

手塚治虫は天才ですよね〜。
やはりこの世界観は凄かったです。
個人的には手塚治虫の絵は苦手なので実写版で助かりましたw
2007/08/01 5:20 PM, hi-chan wrote:
CGは意外とだいじょぶでした(笑)。DVDだったせいもあるでしょうね〜。
いつもは文句言うくせに、今回はほとんど気になりませんでした。こういうもんだ、と思ってみてたような。
が、おっしゃる通り、深みがあまりないので、すでにストーリーを忘れかけています(汗)。
麻生久美子ちゃんってどこに出てきましたっけ???レビューを書こうと調べていて、麻生久美子ちゃんの名前を見つけて、「・・・・・・?」となってしまいました(笑)。
2007/08/02 2:19 AM, こーいち→hi-chanさん wrote:
>hi-chanさん
DVDで観ると余計にちゃちく感じるかなと思ったんですけど
画面が小さくなると気にならなくなるかもですね。
僕もDVDで観れば良かったぁ。

麻生久美子ちゃんどこ出てましたっけ??(笑)
hi-chanさんでさえ覚えてないのに僕なんてスッカリですよ〜。
子供を捨てた(燃えた?)夫婦とかじゃなかったですっけ?
そんな人がいたような。。
うーん、分かりません(苦笑)
2007/08/02 2:23 AM, こーいち→hi-chanさん wrote:
全然違ってました(笑)
公式サイトで調べてみたらどろろの母だそうです。
いや〜、スッカリ忘れてましたw
2007/08/02 4:11 PM, hi-chan wrote:
思い出しました!!そうそう、どろろの母役でしたね。
ほんのちょっとのシーンでしたよね(笑)。
2007/08/02 4:19 PM, こーいち→hi-chanさん wrote:
>hi-chanさん
ちょっとのシーンだったかどうかも定かじゃないです(笑)
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/236

2007/01/27 7:39 PM
2007/01/27公開、映画『どろろ』制作費:20億超ロケ地:ニュージーランドクライストチャーチ近郊フロックヒル近辺、東宝スタジオ、千葉県鋸南町、茨城県ワープステーション江戸ほかロケ期間:2006/01/02〜2006/04/02観劇日:初日1
2007/01/30 10:17 PM
原作が有名な手塚治虫作品なのはもちろん知ってますけど、ちゃんと読んだことはありません。子供の頃ちらっと見たことはあるけど時代劇だし劇画っぽくておどろおどろしくて大人の漫画って感じがして私が読むもんじゃないかなぁって。だからこうして実写化されなかったら
『どろろ』を試写会で観る。 / TATSUYAのシネマコンプレックス
2007/01/30 10:18 PM
  フェイクにも、五分の魂。 『どろろ』を試写会で観てきました。場所は新大阪のメルパルク・ホール。 手塚治虫の原作・アニメを知っているだけに、昨年末から気になって、公式ホームで チェックして期待が高か
どろろ / Kinetic Vision
2007/01/30 11:55 PM
暗い過去を背負った孤独な二人が出会い、旅の道連れとなり、危機を切り抜けていく。殺気を漂わせ無口な百鬼丸(妻夫木聡)と小太鼓を打ち鳴らし騒騒しいどろろ(柴咲コウ)という組み合わせも悪くない。百鬼丸が魔物を倒し体を取り戻し
「どろろ」完成披露試写会 / てんびんthe LIFE
2007/01/31 12:27 AM
「どろろ」完成披露試写会 東京国際フォーラムホールCで鑑賞 舞台挨拶の登壇者は塩田監督、アクション監督程小東(チン・シウトン)、妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、土屋アンナ。司会はTBSの久保田アナ。質問と応えの掛け合いが微妙に下手で面白かった。たぶん、質
映画 「どろろ」 を見ました / THE有頂天ブログ
2007/01/31 12:31 AM
1月27日より公開されている映画「どろろ」を見てきました。 ■「どろろ」パンフレット (600円) ■DVD:どろろ (出演 妻夫木聡、柴咲コウ) ■DVD:どろろ Complete BOX 映像化不可能といわれた手塚治虫の漫画を実写映像化した作品。 妻夫木聡&柴咲コウ
『どろろ』 / 試写会帰りに
2007/01/31 12:36 AM
魔神に奪われた体の48箇所と呼応する48の魔物がいて、それを倒すことによって体の部分を一つずつ取り戻して行くという奇想天外なストーリーがとても印象的。その取り戻し方の描写がまた凄い。百鬼丸がまるで産みの苦しみのようなを痛みを感じながら、仮の体から本物の目
どろろ / 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
2007/01/31 1:31 AM
 日本  アドベンチャー&アクション&ファンタジー  監督:塩田明彦  出演:妻夫木聡      柴咲コウ      中井貴一      瑛太 とある時代のとある国。戦乱が続き荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光は国を 治める力を手に入れるため生まれてく
2007/01/31 1:44 AM
な、なにこれ…。これはマズイだろーなー、な衝撃作とあいなりました『どろろ』1月27日公開。それでも客は入るんだろーなー。 どろろ 話は面白いよやっぱ。原作知らんけどサ。でもとにかくね、映像表現が、、、モノ足りな、、か、、、、った。。いやー、出てくるあ
『どろろ』 / 唐揚げ大好き!
2007/01/31 7:18 AM
  『どろろ』   父の野望のために体を奪われし者――。時の権力に両親を奪われし者――。 失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め。   昔漫画を読んだこともあり、アニメも微かに記憶あり(再放送だと思うけど・・・)、でももう忘れてるけどね・・
どろろ / Akira's VOICE
2007/01/31 11:02 AM
自分探しは永遠に終わらない!
どろろ / 映画鑑賞★日記・・・
2007/01/31 12:58 PM
公開:2007/01/27(01/27鑑賞)PG-12監督:塩田明彦アクション監督:チン・シウトン出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、中井貴一醍醐の動く城?・・・なんか動きそうだ。あの城の中にはしゃべる炎の魔物とかいそう。でも耐震構造にチェッ
【どろろ】 / 空の「一期一会」
2007/01/31 9:16 PM
★原作は、全く知りません。なので、何の予備知識もなく、観てきました! 結構、私
どろろ / カリスマ映画論
2007/02/01 1:42 AM
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 巻き舌スパーク!どるろろろろろろろろろっ! 
「どろろ」レビュー / 映画レビュー トラックバックセンター
2007/02/01 8:15 PM
映画「どろろ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太、原田美枝子、土屋アンナ、劇団ひとり、杉本哲太、麻生久美子、他 *監督:塩田明彦 *原作:手塚治虫 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログ
どろろどろろー / ネヤガワ・デイドリーム
2007/02/01 8:31 PM
いつの間にか2月じゃないかー1日なので映画の日だ。1000円。 大日のマイカルへ行ってきた。何気にオープンしてから初めてだった。チャリンコで30分もかからない。安かったので靴を買った。映画館はガラガラだった。大阪とか心斎橋とかと違って、この手のシネコン
2007/02/02 6:10 PM
公式サイトはコチラ。→http://www.dororo.jp/ キャー、もうキャーキャーキャー♪♪♪ なんてカッコいいんざんしょ。 ブッキーのブッキーによるブッキーのための映画で もうファンの方はぜ~~~ったい見て見て見てといいたいくらい 惚れ惚れでございました。 どっち
映画「どろろ」を試写会にて鑑賞。 / masalaの辛口映画館
2007/02/02 6:49 PM
 昨日、新宿の明治安田生命ホールにて、角川グループ連合試写会「どろろ」を鑑賞した。日曜日の昼の2時開場という事で少し早めの15分前に到着したが大して列は出来ていない、最終的に20代位の女性を中心に8割くらいの客入り。 さて映画の話、昭和42年「週刊少年
【2007-13】どろろ / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/02/02 8:34 PM
ある戦乱の世─ 魔物に奪われし体の四十八箇所を取り戻す旅をする者がいた そして、その左腕に仕込まれた刀を盗もうと旅を追うもの 運命をぶった斬れ 二人でひとつ 物語が、動き出す。
どろろ / 八ちゃんの日常空間
2007/02/02 9:35 PM
架空世界で、アクション監督にチン・シウトンを招き入れているのであるのならば、もっと香港映画っぽくしても面白いのではないかと思います。日本の特撮世界と香港のマーシャルアーツが融合すれば、きっと凄い世界観を産めると思うんですけどねぇ…。
2007/02/02 9:53 PM
「どろろ」(PG-12指定)は手塚治虫原作の映画で体の48箇所を魔物に獲られて、その体を取り戻す為の48の魔物を倒す旅をしているストーリーである。手塚作品は過去アニメ化や映画化されたが、その中でも制作規模の違う作品として注目されている。
どろろ / タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
2007/02/02 10:05 PM
製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 138分 監督 塩田明彦 製作総指揮 − 原作 手塚治虫 脚本 NAKA雅MURA 、塩田明彦 音楽 安川午朗 、福岡ユタカ 出演 妻夫木聡 、柴咲コウ 、瑛太 、原田美枝子 、杉本哲太 、 麻生久美子 、土屋アンナ 、劇
「どろろ」と手塚治虫 / 映画雑記・COLOR of CINEMA
2007/02/02 10:29 PM
手塚治虫原作の「どろろ」を塩田明彦監督(「カナリア」「黄泉がえり」)が映画化。原作の戦国時代とは違う場所と時代設定(何処かの国の賢帝歴3048年、いわゆるAnother Day Another Pla
どろろ〜続編希望♪♪ / シネマでキッチュ
2007/02/02 11:04 PM
(札幌シネマフロンティアにて鑑賞) おもしろかった〜。 映画が終わるともぉPART2を期待している自分がいたりして。 充実したエンターテイメントよ♪ 感動しました! なかなかどうして深いんですものねえ〜。さすが手塚治虫原作。 天下を取るという欲望にとり憑かれ
どろろ・・・・・評価額800円 / ノラネコの呑んで観るシネマ
2007/02/03 12:30 AM
アア、ヤッチマッタァ・・・・・ 実の父の賭けた呪いのため、生れながらに体の四十八ヶ所を魔物に奪われた剣士・百鬼丸の冒険を描いた「どろろ」は、手塚治虫の代表作の一つだ。 原作発表後間もない1969年に、杉井ギザブロー
2007/02/03 11:14 AM
手塚治虫原作の怪奇漫画を実写映画化したアクション時代劇です。
2007/02/03 5:26 PM
早く観たいと思っていた映画だったのですが、ややもの足りない感じがしました。 期待
どろろ / UkiUkiれいんぼーデイ
2007/02/04 7:34 AM
醍醐の城って ハウルの城以上に、微妙なバランスで建ってた! 今から40年前に手塚治虫氏は、すでに現代の人々へ向けての警鐘とも取れるようなメッセージを含めてこんな作品を書き上げておられたのですね。 自身の欲のままに、我が子を魔物に差し出す父親・
2007/02/04 10:12 AM
「どろろ」★★★ 妻夫木聡、柴咲コウ主演 塩田明彦監督 見終えて素直に面白かった。 CGで動く魔物たちの完全作り物感や、、 主人公の背負った苦難な感じが あまりにサラリとしている部分など 気にはなったが、 一番心配していた、 安っぽさはあまり感
どろろ / ★試写会中毒★
2007/02/04 4:57 PM
満 足 度:★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:塩田明彦 キャスト:妻夫木聡       柴咲コウ       瑛太       原田美枝子       杉本哲太       麻生久美子       中井貴一      
「どろろ」映画感想 / Wilderlandwandar
2007/02/04 5:36 PM
映画の日に頑張って色々見たオマケで、ポイントが貯まって只券をゲットしたので見てき
「ウエディング・クラッシャーズ」 / ひらりん的映画ブログ
2007/02/05 12:39 AM
オーウェン・ウィルソンとヴィンス・ヴォーンの共演。 この2人ってことは、間違いなく、おバカコメディ。
映画を観る→『どろろ』 / ぽっぽのまいにち
2007/02/05 12:42 AM
身体の48箇所を魔物に奪われた過去を持つ百鬼丸。 人間離れした姿となってしまっ
映画「どろろ」 / しょうちゃんの映画ブログ
2007/02/05 1:25 PM
2007年8本目の劇場鑑賞です。「黄泉がえり」「この胸いっぱいの愛を」の塩田明彦監督作品。手塚治虫の同名漫画を映画化した冒険活劇大作。失われた元の体を取り戻すため魔物との闘いを繰り返す百鬼丸とそんな百鬼丸をつけ回す盗人・どろろが繰り広げる旅の行方を壮大な
どろろ(1月27日公開) / オレメデア
2007/02/07 1:35 PM
手塚治虫原作の「どろろ」が,ついにスクリーンに登場した 日本の,そして世界の漫画・アニメの歴史を作った人の作品というだけあって,ストーリーの斬新さはなかなか. でも,原作が「戦国時代」なのに対して,この映画では舞台が「神話的な世界」になっていて,それが原作
どろろ / りらの感想日記♪
2007/02/07 7:27 PM
【どろろ】 ★★★★☆ 2007/02/03 ストーリー とある時代のとある国。戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光(中井 貴一)は
「どろろ」 / Tokyo Sea Side
2007/02/07 11:13 PM
もともと興味も観る気もなかったのですが、何となく足が向いたので観に行きました。…しかし、やはり直感は大事ですね。私はこの映画、ダメでした。 原作は読んだコトないので、そのギャップがどうこうというのはありませんでしたが、そもそもどろろに好感が持てません
どろろ / じゆさの冒険記
2007/02/08 7:34 AM
手塚治虫原作の漫画を映画化。 体の四十八ヶ所を奪われた百鬼丸が、魔物を1体倒すごとに体の部位が戻ることを知る。魔物退治の旅にでるなか、盗人のどろろに出会う。 百鬼丸(妻夫木聡)とどろろ(柴咲コウ)がともにいい演技でよかった。女でありながら気持ちは男と
どろろ 観た!! / せるふぉん☆こだわりの日記
2007/02/08 9:22 PM
ワーナーのレディースデイで映画を見てきました。 公開直後から評判がイマイチな感
2007/02/09 4:27 PM
どろろ ナビゲートDVD〜序章〜 監督:塩田明彦 アクション:チン・シウトン 出演:妻夫木聡 柴崎コウ 瑛太!   製作:2007年 日本 公式HP 試写会第3弾は、どろろでした♪ アニメの録画を見せてもらったことがありましたが、「誕
どろろ / □■Honey March■□
2007/02/11 8:58 PM
{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}       監督:塩田明彦 アクション監督:チン・シウトン 出演:妻夫木聡/柴咲コウ/瑛太/原田美枝子/杉本哲太/麻生久美子他 戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その
「どろろ」 / かいコ。の気ままに生活
2007/02/12 8:29 PM
本日 2月2日は「夫婦(ふうふ)の日」だそうで。しかし 今日から主人は上海です・・てことで またのびのび 「どろろ」観てきました!どろろ公式サイトあらすじ:武士の醍醐景光が 天下取りの代償として自分の子を48体の魔神に差し出す。赤ん坊は体の48箇所を欠損
どろろ / CINEMA DEPOT's BLOG
2007/02/12 8:50 PM
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2007年1月27日 配給:東宝 監督:塩田明彦 出演:妻夫木聡,柴咲コウ,瑛太 鑑賞日:2007年2月3日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 賢帝歴3048年。大地の東の果てにあるその国では、数十年に及ぶ
どろろ / ケントのたそがれ劇場
2007/02/12 9:13 PM
★★★  なぜ今『どろろ』なんだろう。手塚治虫の原作といえ、もう40年前の少年マンガである。一体誰が観るのだろうか。そう考えながらも、結局何んとなく気になって観てしまった。 ロケ地は、あのロード・オブ・ザ・リングでお馴染みのニュージーランド。出演者の
どろろ / 愛猫レオンとシネマな毎日
2007/02/12 10:42 PM
原作は手塚治虫の同名コミックです。 魔物に奪われた身体の四十八ヶ所を取り戻す旅をする百鬼丸が、ひとりずつ妖怪を倒し、奪われた体の一部分を取り戻す。 この着想が新鮮で、惹かれました。 実は、この映画、公開日に見たんです。 でも気がついたら、二週間も過
2007/02/13 1:23 AM
「日本映画の歴史を変える!」 と大々的に宣伝してる「どろろ」見てきました。 うー
どろろ / シネクリシェ
2007/02/13 3:15 AM
 予告編の感じから、往年の角川映画のような(悪い意味で)派手な作品になるかと思いきや、それほどのことはありませんでした。  『黄泉がえり』の
「どろろ」試写会レビュー 心のエンターテイメント / 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
2007/02/14 3:01 PM
エンターテイメントという響き、映画好きでは嫌いな方も多いと思います。でもこの作品についてはどうでしょう。急降下して墜落しするのか、急上昇して宇宙に行くのか、力強く世界へ羽ばたいた日本映画。
【どろろ】 / +++ Candy Cinema +++
2007/02/20 9:15 PM
◆監 督  ・・・ 塩田明彦 ◆脚 本  ・・・ NAKA雅MURA/塩田明彦 ◆原 作  ・・・ 手塚治虫 ◆主題歌  ・・・ Mr.Chirdren 「フェイク」 ◆CAST  ・・・ 妻夫木聡/柴崎コウ/瑛太/原田美枝子/中井貴一/原田
『どろろ』 / 京の昼寝〜♪
2007/02/22 12:45 PM
失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め   ■監督 塩田明彦■原作 手塚治虫 ■キャスト 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、原田芳雄、中村嘉葎雄、原田美枝子、瑛太、杉本哲太、土屋アンナ、劇団ひとり □オフィシャルサイト  『どろろ』  戦乱
2007/03/03 2:54 AM
「PG−12」だけあって いきなり首チョンパで血まみれ〜〜子供が怖がる様な場面多々有り。が、とっても手塚ちっくな話で面白かった一緒に観に行った旦那は 妻夫木君がこんなにカッコいいヤツとは知らなんだと、えらく褒めていた。 「どろろ」 ってタイトルやけど
どろろ / 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
2007/03/03 10:27 PM
手塚治虫の同名漫画を映画化した作品です。 戦乱の世、天下統一の野望を抱く醍醐景光は、48体の魔物に強力な力を与えられますが、その代償として、生まれてくる息子の体の48箇所を魔物に捧げます。生まれてきた子どもは捨てられますが、呪医師、寿海に拾われ、寿海の
どろろ / Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
2007/03/20 8:57 PM
  いま世界の才能が、 あの隠された傑作を 蘇らせる。         評価:★9点(満点10点) 2007年 138min 監督:塩田明彦    「どろろ」公式サイト 出演:妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 瑛太 杉本
どろろ / 映画、言いたい放題!
2007/09/27 2:36 AM
手塚治虫の同名の漫画の映画化。 原作は読んでいないのですが、興味あり。 DVDで鑑賞。 賢帝歴3048年、大地の東の果てにある国。 争いが絶えず、血で血を洗う地獄の日々が続いていた。 天下統一を目指す武将・醍醐景光は、 我が子の体48ヶ所を魔物に差し出す代
どろろ&有閑倶楽部 / 別館ヒガシ日記
2007/12/20 8:25 PM
有閑倶楽部は大臣が学園の土地を奪うため色々と作戦を実行したが 有閑倶楽部に邪魔され逮捕され最終回は終わったけども微妙だったし 横山と香椎は良いけど他がイマイチと言うか全体的に微妙だった どろろはキサラギ同様に公開された時に劇場に行こうか迷ったが観賞
テレビ映画:どろろ / よしなしごと
2009/04/20 3:31 AM
 映画館で観ようか観まいか迷っているうちに終わってしまった作品が、もうだいぶ前ですがテレビでやっていたのでそれを観ました。そう、「映像不可能」と言われていた手塚治虫原作のどろろです。
どろろ / Addict allcinema おすすめ映画レビュー
2009/09/13 9:18 PM
物語が、動き出す。
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.