• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『さくらん』
感動度ハート          2007/02/24公開  (公式サイト)
映像美かわいいかわいいかわいいかわいいかわいい
満足度星星星
 

【監督】蜷川実花
【脚本】タナダユキ
【原作】安野モヨコ 『さくらん』(講談社刊)
【時間】111分
【映倫】PG-12
【出演】
土屋アンナ/椎名桔平/成宮寛貴/木村佳乃/菅野美穂/永瀬正敏/美波/山本浩司/遠藤憲一/小池彩夢/山口愛/小泉今日子/石橋蓮司/夏木マリ/市川左團次/安藤政信/蜷川みほ/近野成美/星野晶子/翁華栄/津田寛治/長塚圭史/SABU/丸山智己/小栗旬/会田誠/庵野秀明/忌野清志郎/大森南朋/ゴリ/古厩智之/村松利史/渋川清彦


<ストーリー>

お蘭によって吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳の少女。きよ葉と名付けられた彼女は、高級花魁・粧ひに面倒を見られることになった。玉菊屋から脱走を図り続けるきよ葉だったが、粧ひに導かれ吉原一の花魁を目指す事を決意する。やがて17歳となったきよ葉は、美貌と鼻っ柱の強さで一躍江戸中の注目を集める存在に。そんなきよ葉は、お客として来たうぶな青年・惣次郎と初めての恋に落ちるのだが…。(goo映画より)

≪予告編≫
≪邦画満足度ランキング≫
 
                  人気blogランキング
              ♪まずポチっと1クリック♪


    
    

<観賞前コメント>

巷の評判はチェックしていないので分からないのですが、予告編を見る限り映像は見応えありそうですね。椎名林檎さんの歌も合ってそうです。ただストーリー的にちょっと不安。まあ映像だけでも十分楽しめそうですけど。これってR指定なんですね!言われてみれば花魁の話だから当然か(笑)。



<感想>

すごい鮮やかな作品で楽しめました♪ 蜷川監督ってフォトグラファーだったんですね。道理で映像のインパクトがあるわけだ。ド派手で刺激的な色彩で彩られた映像と椎名林檎の音楽で独特の世界観が作り上げられていました。原作は安野モヨコさん同名漫画。正直ストーリーに新鮮味は感じませんでしたがエンターテインメントとして満足できる作品でした。


花魁の話なので設定なんかは『SAYURI』に似ている気がしました。小さい頃に身売りされて逃げ出したいと思いながらも吉原で成功していく現代風な花魁のサクセスストーリーです。自由のない遊郭の世界で媚びずに気ままに振舞うきよ葉は外見も生き方も痛快でかっこいい女性。それに裏では弱さや可愛らしさも持ってて特に女性には支持されそうなキャラでした。

 
でもやはりみどころは豪華な映像です。衣装やセットなどセンスが良くて映画というより芸術作品を観ているように眺めて楽しめました。花魁の世界を象徴する存在として金魚が出てきましたけど、この金魚もいろんなところに出てきて綺麗でした。大門の上なんかに置いてたら世話が大変だと思いますけど(笑)、でも空を飛んでいるようで艶やかでしたね。ボクが観た劇場に美波さんの衣装が展示されていたのですが、どの方か分かりませんでした(苦笑)。

 
主演の土屋アンナさんはハマってましたね。人気が出て売れるという設定にはイマイチ説得力がありませんでしたが、キャラは合っていたと思います。彼女って素があんな感じっぽいですよね。サバサバしてて媚びなさそうなので役としても入りやすかったのかもしれません。気ままを貫く力強さがありました。


土屋アンナさん以外は誰が出るのか知らなかったのですが、木村佳乃さんと菅野美穂さんも出てたんですね。しかもかなり大胆な濡れ場もあって予想外のラッキーw 演技はさすがに貫禄もあって土屋アンナさんと比べると色気を感じます。一人は玉の輿、もう一人は壮絶な最期という対照的な役でしたがどちらも存在感がありました。もっと絡みがあるのかと思っていたのに出番が少なくてちょっと残念。女性が作った作品なのであまりエロさは感じませんでしたが、PG-12で大丈夫かな?って感じでしたね。芸術性が高いと大丈夫なのかな。女湯でのドアップもあるし中学生は興奮しそう(笑)。

 
盛り上がりに欠けましたが最後まで飽きることはなかったです。それにストーリーが稚拙な分、ビジュアルに集中して楽しむことができました。細部まで繊細さを感じるセットや小道具、衣装は必見の価値があると思います。それにワンポイントでゲストが出てくるのも面白かったです。


    ブログランキングに参加中!ここをクリックしてね♪ 


【満足度アンケート】
『さくらん』が面白かった方→こちらに投票
『さくらん』がイマイチだった方→こちらに投票


さくらん
さくらん安野 モヨコ
講談社 2003-11
売り上げランキング : 668
おすすめ平均star
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さくらん写真集
さくらん写真集蜷川 実花
講談社 2007-02
売り上げランキング : 602

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『さくらん』オフィシャルガイドブック
『さくらん』オフィシャルガイドブック1週間編集部
講談社 2007-02-09
売り上げランキング : 12172

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



    



  • 2010.06.13 Sunday
  • 22:56
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/03/13 2:27 PM, hi-chan wrote:
ラストがあまり気に入らないのですが、安藤くんは久々にオイシイ役なので、意外と満足しました(笑)。
一番印象に残ったのは、菅野美穂ちゃんでしたね〜
花魁道中も正直、アンナちゃんより菅野美穂ちゃんの方がステキでした。やっぱり色気は菅野美穂ちゃんの方があるもんね・・・(笑)
映像は綺麗でしたが、私にはどうも作られた綺麗さという感じがして、どちらかというと、自然な映像美の方が好みなのかもしれません。中野裕之監督が撮る感じの・・・(イメージ湧きます?)

ちなみに監督が撮る写真はやっぱり赤が基調になっている事が多いですよ。
2007/03/15 4:17 AM, こーいち→hi-chanさん wrote:
>hi-chanさん
ラストはなんだか物足りないですよね〜。
あれだけアクの強い生き方をしてきたのに肩透かしを食らいました。
まぁ、序盤から展開は読めますけど。

安藤くんはオイシイ役でしたね。
アンナちゃんの花魁道中はうしろで真面目な顔してた安藤くんが
なんだか可笑しくてずっとそっちばっかり見てたんですよ〜(笑)

蜷川監督の写真って普段からこんな感じなんですね〜。
こういう映像美も好きですけど、ボクも自然な方が好きです。
でも中野裕之監督は分かんない(汗)。。
ボクは岩井俊二監督のような綺麗な映像が大好物ですw
2007/03/16 4:48 PM, hi-chan wrote:
中野監督は、水(川の流れとかね)を撮らせたら日本一だと思いますよ(笑)
「RED SHADOW 赤影」でも出てきます。映画自体は世間的に不評ですが(爆)、私は大好きな映画です。
岩井監督の映像も綺麗ですよね。ストーリーがイマイチわかりにくいんですけど(苦笑)。
実は安藤くんに一番出てもらいたい映画の監督さんです。
2007/03/17 3:52 PM, こーいち→hi-chanさん wrote:
>hi-chanさん
へ〜、そうなんですか!
どんな作品なのか観てみたいですね〜。

岩井監督分かりづらいのありますよね(苦笑)
リリイ・シュシュとか一部の人には評価が高いですけど
ボク、全く分かりませんでした。。
でも「花とアリス」とか映像が綺麗でしたよね〜。
安藤くんが出たらどういう風に使われるのか見てみたいですw
2007/04/13 5:19 PM, ミチ wrote:
こんにちは♪
なんといっても映像の魅力に尽きると思います。
この前に見たコッポラ監督の「マリー・アントワネット」のテイストに似た物を感じました。
内容は薄いですが、音楽と映像と人物の魅力で見せたという感じです。
2007/04/14 12:09 AM, こーいち→ミチさん wrote:
>ミチさん
こんばんは。
映像はほんとに素敵でしたよね〜。
こういうド派手な映像はなかなかないので刺激的でした。
たまにはこんな作品もいいですね♪
2007/09/27 11:29 AM, hito wrote:
こんにちは♪
豪華でしたね〜DVDではなく劇場鑑賞だったら尚映像美を堪能できたのでしょうね。

土屋アンナさんよりも、菅野美穂さんと木村佳乃さんの美しさに惹きこまれました。本当に絡みも出番も少なく残念でしたね〜

チョイ役での小栗旬くんの登場が予想外で嬉しかったです!!
2007/09/28 11:59 PM, こーいち→hitoさん wrote:
>hitoさん
こんにちは♪
すっごい鮮やかな映像でしたよね。
映画館の方がやっぱりインパクトはあるかなぁ。
あんなド派手な映像は初めてで刺激的でしたw

僕もアンナさんより他の2人の方が印象に残りました。
もっと出番があっても良かったですよね。

色んな方がチョイ役で出てましたよね。
見落としていてエンドロールで知った人も数人いましたw
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/255

映画「さくらん」 / 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
2007/03/03 2:43 PM
思わず「SAYURI」と「大奥」と川島なお美の「失楽園」と昔懐かしい「時間ですよ」を連想してしまう・・なんだか錯乱してしまいそうな金魚と桜と遊郭の世界 8歳にして吉原遊郭は玉菊屋へと売られてきた少女きよ葉、女将(夏木マリ)の元で花魁粧ひの付き
2007/03/08 11:27 PM
 フォトグラファー蜷川(にながわ)実花が演出する色彩豊かな映像世界にふさわしいロ...
【2007-32】さくらん / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/03/11 7:53 PM
男と女の求めるすべてがあった吉原遊郭に、 後に伝説となる一人の花魁がいた・・・ なめんじゃねぇ〜よ。 てめぇの人生、てめぇで咲かす!
さくらん / タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
2007/03/17 3:46 AM
製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 111分 監督 蜷川実花 製作 豊島雅郎、宇田充、藤田義則 原作 安野モヨコ 脚本 タナダユキ 音楽 椎名林檎 出演 土屋アンナ 、椎名桔平 、成宮寛貴 、木村佳乃 、 菅野美穂 、永瀬正敏 、美波 、山本浩司 、
『さくらん』 / Sweet* Days
2007/03/17 7:13 AM
監督:蜷川実花 音楽:椎名林檎 CAST:土屋アンナ、安藤正信、夏木マリ 他 STORY:江戸時代。吉原の遊郭「玉菊屋」に8歳で売られてきた少女は「きよ葉」と名付けられ、その破天荒振りで周りの者も手を焼いていた。そんなきよ葉(土屋アンナ)はいつしか売れっ
さくらん / いいかげん社長の日記
2007/03/17 7:44 AM
土曜日は、寒い中、レイトショーで「さくらん 」。 寒いし、それほど評判の映画も公開されないし、と思っていたら、「UCとしまえん 」が意外に混んでてびっくり。 「さくらん 」も、大きめのスクリーンで5割程度だったかな? 時は江戸、華や
さくらん / 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
2007/03/17 7:47 AM
8歳の時に、吉原の玉菊屋に売られてきた少女は、きよ葉と名付けられ、花魁、粧ひに面倒を見られるようになります。脱走を図るなど問題児だったきよ葉ですが、やがて、吉原一の花魁を目指すようになります。17歳になり、遊女としてデビューしたきよ葉は、注目を集める存
『さくらん』 / 唐揚げ大好き!
2007/03/17 7:57 AM
  『さくらん』   江戸・吉原遊郭、玉菊屋。 そこには男と女の求める全てが存在した。   さくら×花魁で『さくらん』でありんすぅ。 吉原遊郭を舞台にした映画は久しぶり、でも幼い頃に吉原大門をくぐり、出るときは身請けされ生きて出るか、病気や刃傷沙汰で
さくらん☆独り言 / 黒猫のうたた寝
2007/03/17 9:34 AM
蜷川実花フォトグラファー・・・そっか、だからこの画的な構図になるんだなぁ〜吉原遊郭を舞台に、遊女達の生活が描かれる。吉原の入口の大門には・・・金魚が泳ぐ・・・お稲荷さんの櫻は・・・まだ咲かないけれど櫻が咲いたら・・・ここを出てってやる!!『さくらん』
2007/03/17 10:18 AM
写真家蜷川実花さんの初監督映画です。 蜷川さんの写真はきちんと見たことがないので
「さくらん」 / てんびんthe LIFE
2007/03/17 10:31 AM
「さくらん」ブロガー試写会 アスミックエース試写室で鑑賞 ぶっ飛び!面白かった!特別なご贔屓さんが出てるわけでもないのに終わった瞬間もう一度みようと思いました。こんなのは久しぶり。ご贔屓さんがいれば2回でも3回でもみにいきますが、もちろんいい男たく
さくらん/土屋アンナ / カノンな日々
2007/03/17 10:40 AM
原作・安野モヨコ、監督・蜷川実花、音楽・椎名林檎 、主演・土屋アンナ。この顔ぶれを見ただけど、何かスゴイことをやってくれるんじゃないかという期待感がフツフツと沸いてきちゃいました。何となくだけど、このメンバーなら特に細かい説明を必要とすることなく感覚
『さくらん』 / 試写会帰りに
2007/03/17 10:53 AM
星空を金魚が泳ぐ大門の向こうには、男と女が求める全てのとびきりのものがあった。真実の愛以外は。 江戸の遊郭、吉原に売られた8歳の少女はきよ葉と名付けられ、花魁・粧ひから男をあやつる手練手管を学び取っていく。いつかてめえの足で吉原を出ることを夢見ながら年
『さくらん』 / かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
2007/03/17 11:05 AM
ビューティフルでありんす。 幼少の頃に吉原の遊郭、玉菊屋へ売られたきよ葉は、やがてトップの花魁になる。72年生まれの女性フォトグラファーが江戸時代の遊郭の花魁を映画にした。 その要素だけで期待は膨らむ。私が普段、時代劇というものに惹かれないのは、多く
2007/03/17 12:26 PM
お待たせしまひたガールズ花魁ムービー『さくらん』2月24日公開! 8歳にして吉原遊郭へ連れてこられたきよ葉。鼻っ柱の強い性格であちこちで衝突しまくるも、やがて美しく成長し、日暮と名を改め花魁デビウ。カリソメの愛を売り物にする世界で燃やした恋慕は果たして夢
さくらん / 八ちゃんの日常空間
2007/03/17 3:09 PM
基本的にはドタバタ青春コメディなので、アッと驚く展開がなく淡泊な事、ラストがドラマチックでないこと…。 ん〜、でもそれらをさっぴても大満足です。それに…
さくらん @試写会 / シュフのきまぐれシネマ
2007/03/17 3:19 PM
さくらん  2月21日(水)@よみうりホール(試写会) 監督:蜷川実花 脚本:タナダユキ 原作:安野モヨコ 主演:土屋アンナ 音楽監督:椎名林檎 配給:アスミック・エース たのしみにしてた「さくらん」観てきました なにがたのしみって そりゃ音楽
2007/03/17 6:48 PM
監督 : 蜷川実花出演 : 土屋アンナ /ロビン・ウィリアムズ/カーラ・グギーノ原作 : 安野モヨコ『さくらん』(講談社刊)/ 音楽監督 : 椎名林檎公式HP  || 「 さくらん (2007) 」歌わないミュージカルのような映画。っというより、観て楽しむビュー
2007/03/17 10:13 PM
極彩色の花魁絵巻見ての通り、ものすっごい色彩です。ケバケバしいというか、上品さを感じさせない奇をてらったまでの色とイロといろの洪水。女郎・花魁の世界を描いたこの作品、かなり内容的にも、エロは入っているんだけど、椎名林檎のロックをBGMに、土屋アンナの目
さくらん / あきすとぜねこ
2007/03/18 1:26 AM
    製作:2007 監督:蜷川実花 原作:安野モヨコ 出演:土屋アンナ、安藤政信、木村佳乃、菅野美穂、椎名桔平、成宮寛貴、 ?  ?  永瀬正敏、遠藤憲一、石橋蓮司、夏木マリ、市川左團次[4代目]                         **
「さくらん」レビュー / 映画レビュー トラックバックセンター
2007/03/18 1:57 PM
「さくらん」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、市川左團次、石橋蓮司、夏木マリ、安藤政信、永瀬正敏、美波、山本浩司、小池彩夢、山口愛、遠藤憲一、他 *監督:蜷川実花 *原作:安野
さくらん / ライターへの道〜私の観るもの、感じる事を伝えたい!〜
2007/03/19 11:40 AM
         さくらん(2007年、アスミック・エース) http://www.sakuran-themovie.com/ 監督:蜷川実加  原作:安野モヨコ 出演:土屋アンナ、成宮寛貴、菅野美穂、木村佳乃、他          8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女・き
2007/03/19 6:29 PM
さくらん完成披露試写会(ユナイテッド・シネマ豊洲) 「どこもおんなじ、それがわかっただけでももうけもんだ」 ■舞台挨拶 完成披露試写会ということで、司会エリカワクロさん、蜷川実花監督、主演土屋アンナさんの舞台挨拶がありました。 土屋アンナさんはア
さくらん(07・日) / no movie no life
2007/03/19 11:17 PM
「てめえの人生、てめえで咲かす」このキャッチに心掴まれ、観て来ました。 江戸時代の吉原遊郭、玉菊屋に身売りされたある少女。気が強く、吉原にある「稲荷の桜」が咲いたら自分の足でここを出て行ってやると思い続けて数年。とうとうナンバー1の花魁・日暮となる
2007/03/20 9:16 AM
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ はみだし花魁・青春派 
2007/03/20 5:23 PM
 監督:蜷川実花×原作:安野モヨコ×脚本:タナダユキ×音楽:椎名林檎×主演:土屋アンナという顔ぶれ女性たちだけで作った映画「さくらん」を先日、京都シネマにて鑑賞。何ヶ月前から、チラシでの宣伝この色の鮮やかさに、目を見張るものがあり、そして若き女性たち
さくらん / ネタバレ映画館
2007/03/23 7:21 AM
刺されたと思った永瀬正敏。秘剣“鬼の爪”で返り討ちじゃ!
『さくらん』・試写会 / しましまシネマライフ!
2007/03/24 12:41 PM
今日はcinemacafe.netで当選した 『さくらん』の完成披露試写会に行ってきた。 [お土産に
さくらん / とにかく、映画好きなもので。
2007/04/01 11:42 PM
 確かに、スクリーンに映る絵は綺麗かもしれない。蜷川実花が描く吉原の縮図は一つ一つのショットをイメージ通りに撮る事に、執念を感じてしまい少し引いてしまう。  吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳の少女は、きよ葉と名付けられ、高級花魁・
さくらん / 明け方シネマ
2007/04/05 6:24 AM
 遊郭という遠い時代の一世界を舞台にしながら、描かれているのは恋に身をやつし、愛憎の間で揺れる男女の普遍的なドラマと思う。主役の土屋アンナにおいてはメロドラマ、その顛末は少女マンガ!(恋に恋するタイプの)になっていたけど、それでも本作には魅力を感じた
映画 【さくらん】 / ミチの雑記帳
2007/04/13 5:17 PM
映画館にて「さくらん」 フォトグラファーの蜷川実花の監督デビュー作。安野モヨコの同名コミックを映画化。 江戸時代の吉原遊郭。8歳で玉菊屋に連れてこられた少女・きよ葉(土屋アンナ)は何度も脱走を重ねるが失敗。完璧な高級花魁・粧ひ(菅野美穂)に花魁として
[cdb] #118 さくらん / 色とりどりの日々
2007/04/19 1:01 AM
先週、マイラジを始めたのは良いが、 深夜放送に向けて仮眠をとろうと、 床に転がってうたた寝、 そしたら、あら、なんだか喉が痛いじゃない、 結果、風邪をひいた模様。 おかげで映画の予定がいっぱい詰まった週末を、 ベッドの中で過ごす羽目に。 トホホ、マイ
さくらん / シネクリシェ
2007/04/27 10:48 PM
 遊郭ものといえば一昔前は五社英雄、そのはるか以前は溝口健二のお家芸でしたが、最近はあまり見かけなくなりました。たまに『SAYURI』のような作品が出現すること
さくらん / ★試写会中毒★
2007/05/08 12:17 AM
満 足 度:★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:蜷川実花 キャスト:土屋アンナ       椎名桔平       成宮寛貴       菅野美穂       瀬正敏 、他 第57回ベルリン国際映画祭正式出品《特
さくらん−(映画:2007年81本目)− / デコ親父はいつも減量中
2007/07/22 8:36 PM
監督:蜷川実花 出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、永瀬正敏 、安藤政信、小泉今日子、石橋蓮司、夏木マリ 評価:74点 公式サイト (ネタバレあります) 綺麗でおしゃれな映画で、面白かった。 原色バリバリの映像美と、土屋ア
さくらん / ☆彡映画鑑賞日記☆彡
2007/07/28 9:52 PM
 『てめぇの人生、てめぇで咲かす 花魁をなめんじゃねぇよ』  コチラの「さくらん」は、2/24公開になった安野モヨコさんの同名コミックの映画化で、演出家の蜷川幸雄さんの長女でフォトグラファーの蜷川実花さんの初監督作品なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪
さくらん / Screen saver☆
2007/08/11 2:39 PM
正直コレみてぇ〜というのがなかったんで なんも考えず手にとってみました 角川エンタテインメント さくらん 特別版 妖艶なのは当然なんですが全体に流れる椎名林檎が さらに雰囲気盛り上げてて 大変なことになってました(*´д`*) ↑意味
2007/09/09 11:46 AM
〜 現代にも通じるリアルな女性像と品格 〜 安野もよこ原作の漫画を実写映画化したこの作品『さくらん』(2007年/日本:ヒューマン)。公開時も気にはなっていた作品ですが、レンタル化されたのでDVDで鑑賞。 監督は奇才の演出家として知られる蜷川幸雄の娘で、
DVD「さくらん」 / 日々のつぶやき
2007/09/27 11:33 AM
監督:蜷川実花 出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂 安野モヨコさん原作の同名コミックの映画化。 原作は以前読んだのですが、そんなに好みじゃなかったです。映画はどうでしょう〜 「8歳で吉原の遊郭に売られて、先輩花魁に付ききよ葉
『さくらん』 / chaos(カオス)
2007/10/13 10:52 PM
『さくらん』 おーっ! ドぎついまでの赤の演出。強烈できれい。 金魚、そして着物、さくら、屏風・・ 蜷川実花の作品だけあるね。 女の世界、意地とプライド、ほれたはれたと人情と。 けっこう、おもしろい。 あと、、、もまれてる。。 写真家としても
『さくらん』 / cinema days 『映画な日々』
2007/12/26 2:21 AM
さくらん 特別版posted with amazlet on 07.12.24角川エンタテインメント (2007/08/03)売り上げランキング: 965Amazon.co.jp で詳細を見る  安野モヨコのコミックを映像化  写真家蜷川実花の監督作品 個人評価 ★★
『さくらん』'07・日 / 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
2008/04/06 10:22 PM
あらすじ8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女きよ葉は何度も脱走を図るがあえなく失敗。気位が高い花魁・粧ひ(菅野美穂)は、そんなきよ葉に花魁としての生き方を教える。やがて17歳になったきよ葉(土屋アンナ)は、玉菊屋にやって来た青年・惣次郎(成宮寛
2008/04/12 12:09 PM
『さくらん』8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女、きよ葉は、何度も脱走を図るがあえなく失敗。気位が高く、絶世の美しさと知性を兼ね備えた、完璧な高級花魁、粧ひ(菅野美穂)は、そんなきよ葉に、花魁としての生き方を教える。やがて17歳になったきよ葉(土
(映画)さくらん / ゼロから
2008/05/12 10:11 PM
粧ひのお色気も然ることながらきよ葉もお色気満点です。こんな映画をお子様が見る時間に遣っていいものかと物議を醸しそうですが、金魚の映像と椎名林檎の音楽がよく合っています。
さくらん / Addict allcinema 映画レビュー
2009/06/14 2:47 PM
花魁をなめんじゃねぇよ
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.