• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』
感動度ハート          2007/03/03公開  (公式サイト)
泣き度悲しい
壮大さ富士山富士山
満足度星星
 

【監督】澤井信一郎
【脚本】中島丈博
【原作】森村誠一 『地果て海尽きるまで 小説チンギス汗』
【時間】136分
【出演】
反町隆史/菊川怜/若村麻由美/Ara/袴田吉彦/松山ケンイチ/野村祐人/平山祐介/池松壮亮/保阪尚希/苅谷俊介/今井和子/唐渡亮/神保悟志/永澤俊矢/榎木孝明/津川雅彦/松方弘樹


<ストーリー>

部族間の闘争が激化していた12世紀のモンゴル。ボルジギン族の長の妻ホエルンが出産。テムジンと名付けられたその子こそ、後のチンギス・ハーンである。14歳になったテムジン。父親を対立する部族に殺害されると、母親が敵から略奪された身である事を理由に、部下たちから見捨てられてしまう。やがて青年に成長したテムジンはリーダーとしてのカリスマ性を発揮。そしてホルテを妻に迎え、次第に勢力を拡大するのだった。(goo映画より)

≪予告編≫
≪邦画満足度ランキング≫
 
                  人気blogランキング
              ♪まずポチっと1クリック♪
   

<観賞前コメント>

ちらっとブログを覗いただけですが聞こえてくるのは酷評ばかり(苦笑)。30億円をかけた超大作ってことを謳ってますが、やらかしちゃったんでしょうね。。予告編を見ても思いますけど、やっぱりモンゴル人を日本語で演じてるっていうのは違和感がありそうです。ただこれだけ酷評されていると逆に好奇心が湧いてきます(笑)。なるべく違和感を感じないように意識して観てみよーっと。チンギス・ハーンが実は源義経だったというオチじゃないですよね?(笑)


<感想>

観てきました。評判は良くないのでガラガラかな?と思っていましたが、平日にしては観客は多かったです。ほとんどは中高年のご夫婦でした。予告編では日本語でのセリフに違和感を感じたのですが、本編では意外と気にならなかったです(喜)。なので純粋に作品を楽しめると思いワクワクしながら観ていたのですが、ほとんど盛り上がることなく終わってしまいました(苦笑)。構想27年とか大々的に宣伝していますけど、なぜ今、モンゴルの英雄の話を日本人で映画化したかったのだろうというのが気になってしまいます。


酷評されまくってますけど、密かに自分は楽しめるんじゃないかと思っていたんですよね。高校の時も世界史大好きだったし、センター試験の世界史Bも98点だったので(プチ自慢w)。だからあの広大な帝国を作ったチンギス・ハーンってどんな人だったのだろうとすごく興味はありました。中国の歴史の中でもチンギス・ハーン時代の領土って桁外れなんですよね。車や電話もない時代に東は朝鮮半島からイランなど中東を制圧してハンガリーやポーランドなどヨーロッパまで侵攻するってとんでもなくて想像できません。織田信長と豊臣秀吉でこの小さな日本を統一するのに何十年もかかっているのにどれだけの勢いで侵略してるんだって話ですよね。この映画を観てその原動力はちょっと分かったような気がしました。


そんな感じで多少勉強になったのですが、映画としては面白いとは思わなかったです。期待していた戦闘シーンもイマイチでした。CGを使わずに撮影したなんて言ってますけど、それ以前にストーリーが唐突で全くリアリティがないんですよね。終盤でチンギス・ハーンがジャムカ(平山祐介)とトオリル・カン(松方弘樹)の連合軍を破った戦いなんかは全く説得力がない。それまでチンギス・ハーンは圧倒的に負けていて、彼自身死にかけていたのに、敗走した仲間と合流しただけで形勢が逆転する意味が分かりません。それにそれまで勝っていたはずのトオリル・カンは攻められただけでうろたえているし、兵士の士気は低いし。なんだそりゃ、ってポカンとしまいました。。

  
それに期待させた割には圧倒的にスケールが小さな感じがしてしまいます。チンギス・ハーンは戦闘をしていくうちにかなりの大きな集団になっていたと思うんですけど、最後まで小さな部族にしか感じられません。多分トオリル・カン(松方弘樹)との戦いの時なんかは何万・何十万とかのぶつかり合いになっていると思うのですが、見た感じ数百、多くても数千の小競り合いにしか見えません(苦笑)。大地が広大な分スカスカなのが目立つんですよね。そこだけは満足できるかなと思っていたので壮大なスケールを全く感じられずかなりガッカリしてしまいました。これだったらCGを使えば良かったのに。。戦い方も正面からのワンパターンだけで物足りなかったです。


なんだかストーリーに引き付けられなかったんですよね。恐らく最大の原因は主役のチンギス・ハーンに魅力を感じられないこと。思うに脚本が中途半端なんですよね。チンギス・ハーンと息子、妻、母などの家族について描きたいのか、大帝国を築いた偉人として描きたいのか、どっちつかずな感じでした。変に家族ドラマとか入れているから全くカリスマ性を感じないし、すっごく器の小さな男にしか見えません。なんでこんな男の下に人が集まってくるのか不思議でした。巨大な帝国を作るくらいだから冷酷な部分はもちろんあったのでしょうけど、それでも人を惹きつけるものを描いて欲しかったです。


出演者のセリフや演技は全体的に舞台っぽく感じました。リアクションの一つ一つが大きいので白けてしまうところもあります。せっかく松山ケンイチくんの場面でウルウルきてたのにその後の反町さんの大仰な演技で涙が引っ込んじゃいました。反町さんは常に力が入りすぎていて見ていて疲れますね。絞り出すような声を出しているんだけど貫禄がありませんでした。でもイマイチだったのは彼のせいというよりも脚本や演出のせいだと思います。菊川怜さんは何故選ばれたのか分かりません(笑)。そんなに演技をしているのを見たことがないので違和感を感じてしまいます。特別役に合っているとも思いませんでしたし。。どうしても天然っぽさを感じてしまうのですが狙ってるんでしょうか。ボルテの若い頃を演じた女優さんはふと目を止めてしまうような美しさがあったんですけど成長してあららって感じでした(爆)。


若村麻由美さん、松山ケンイチくんは良かったです。若村さんはさすがの演技で貫禄がありました。すごく美しいし文句なしでした。松山ケンイチくんも良かったです。ほんのちょっとしか出番はありませんでしたが、偉大な父との微妙な関係をうまく演じていました。ストーリーはイマイチだったのに彼のシーンではすぐにウルウルさせられました。袴田さんや野村祐人さんも魅力的でした。あと新人のAraさんもいいキャラでしたね。「今は女」というセリフには吹き出しそうになりましたけど(笑)。


でもやっぱり当時の女性の運命って過酷ですね。女性のドラマは見応えがありました。この時代の1000年くらい前の三国志の本にも女性は戦利品や貢物で出てくるんですよ。「英雄、色を好む」と言いますけど、女性を奪うために戦争が起こったり、女性を貢ぐことで戦争が回避されたりっていうのは実際にあるんですよね。でも強い武将の妻になるというのが「大奥」のようにこの時代の女性の生きる術であり立身出世の道でもあったんでしょうね。男は戦争に行かなきゃいけないですけど女性にとっても壮絶な時代だったんだなと改めて思いました。ちなみに、数年前アメリカかどこかの大学か研究所の論文で(かなり曖昧。。)「世界で一番子孫を残した人物はチンギス・ハーン」っていうのが出ていました。・・・「へぇ〜」としか言えないですね(笑)。


酷評ばかりしちゃったので好きだったシーンを挙げると、騎兵の軍勢がぶつかり合うシーンを上から撮ってる画とか好きでした。かなりピンポイントですけど(笑)。三国志とか信長の野望とか好きなのでちょっと嬉しかったです。あと兵法で「土煙があがっているところには伏兵がいる」っていうのがあるんですけど、「本当に騎兵が動くとたくさん土煙があがるんだ〜。」とかマニアックなところで感動していました(;^◇^;)ゝエヘヘ でも戦闘のシーンって馬を倒し過ぎですよね〜。馬って足の骨が折れてうまく治らないと判断されたら安楽死させられちゃうんですよ(泣)。サラブレットみたいに足は細くなさそうでしたけど怪我しなかったかなぁと心配になりました。


日本語に違和感を感じなかった分予想していたより良かったですけど、オススメするほどでもなかったです。評判どおりの作品でした。モンゴルの試写会では称賛されたらしいんですよね。どの辺が良かったんだろう?まぁ、本国の人が満足ならそれはそれで良かったのかな。なんか日本では著作権でモメていてエンドロールの後にそのことがチラッと表示されてましたけどどうなるんでしょうね?


「シネマをぶった斬りっ!!」メビウスさんの記事(こちら)に「アクビしているガキがいた」って書かれていたので探したけど分からなかったです(笑)。だるそうに腕を振っているオジサンは見つけたんですけどねぇ。「ウォーリーを探せ」みたいでちょっと楽しめました♪


    ブログランキングに参加中!ここをクリックしてね♪ 



【満足度アンケート】
『蒼き狼 地果て海尽きるまで』が面白かった方→こちらに投票
『蒼き狼 地果て海尽きるまで』がイマイチだった方→こちらに投票



  • 2010.06.13 Sunday
  • 02:56
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/03/05 6:05 PM, メビウス wrote:
こーいちさんこんばんわ♪

CGに頼らない本格的な所は伺えるのですが、壮大って点では、自分も過剰に期待し過ぎたのかもしれません。反町隆史と松山ケンイチが親子っていう設定も個人的には違和感感じた部分ですが、反町もオヤジ役がハマる年齢になってきたなーと感じるこの頃であります(^^;)
2007/03/06 11:52 AM, こーいち→メビウスさん wrote:
>メビウスさん
こんにちは。
やっと観てきました。
モンゴルの舞台は広大なんですけど話自体はスケールが
小さく感じますよね(苦笑)
若村さんだけはメイクで年をとっていたのに
反町さんや菊川さんはあまり年をとらなかったので
僕も違和感を感じてました。

↑の本文でメビウスさんの記事にリンクさせてもらいましたw
あくびしている子は難易度が高かったです(笑)
2007/03/06 10:45 PM, サラ wrote:
こんばんわ!
先日はコメントありがとうございました。
ワタシも戦闘シーンでは、馬が心配で・・・
そっちの方に気持ちがいってしまって、落ちつかなかったです。
それに、どうして菊川さんなのか?ワタシもわかりません(笑)あのだみ声で、叫ぶシーンは逃げ出したくなります。
ワタシも監督の演出に問題があると思いました。
こーいちさんの意見と全く同じです。
記事を読ませて頂き、安心いたしました。
でも、モンゴルロケは大変だっただろうと思うと、
中高年の方々に見てもらって、プチヒットしてもらいたいと思ってます。

2007/03/07 1:24 AM, masala wrote:
こんにちは、TBありがとうございます。
「蒼き狼」は薄いドラマと迫力の戦闘シーンで非常にバランスが悪い映画でした。きっと角川春樹がヨコから監督に命令をしてあんな風になったと推測します。
所で先日、角川春樹がテレビで喋っていましたが、始めのキャスティングではテムジンにジャッキー・チェン、その妻には薬師丸ひろ子、チンギス・ハーンにはスティーブン・セガールにしたかったそうです。これはこれで面白そうだけどジャッキーやセガールから断られそうな感じがします。
では、またお邪魔します。
2007/03/07 1:46 PM, chikat wrote:
こんにちは
TBありがとうございます。
ストーリーよりも壮大なモンゴルが売りなんじゃないですか?
脚本も役者の演技もどうでもいいのかな?なんて。

長すぎるのにも問題ありですよね。
2007/03/07 7:12 PM, こーいち→サラさん wrote:
>サラさん
こんばんは♪
元気になられたようでなによりです^^

馬は心配になりますよね〜(苦笑)
これでもかったくらい倒れる姿を見せつけられたんで。。
ちょっと可哀想になりました。
キャスティングに疑問がありますよね。
どうしてこの人を選んだんだろう?っていうのが何度かありました。

スタッフの滞在費だけでも7億円かかってるらしいですし
海外でのロケってかなり過酷だったんでしょうね。
でも興行収入は15億くらいなりそうだから制作費の半分くらいしか
元は取れないかも。。
2007/03/07 8:58 PM, こーいち→masalaさん wrote:
>masalaさん
こんばんは♪
コメントありがとうございます!
作り手の好みを感じますよね〜(苦笑)。

そのキャストの作品観てみたいかもw
でもキャストの前に脚本をしっかり作り込んで欲しいです(爆)
2007/03/07 9:02 PM, こーいち→chikatさん wrote:
>chikatさん
こんばんは。
コメントありがとうございました!
ストーリーは売りになりませんよね(苦笑)
ただモンゴルで作ったってことを売りにされても
こちらとしては満足できない。。
制作費と大作って言葉だけが浮いてる作品でした。。
2007/03/07 9:44 PM, JoJo wrote:
こーいちさん、はじめまして!TBをどうもありがとうございました!こちらからもTBさせていただきました、どうぞよろしくお願いいたします。

 記事拝読いたしました!そうですね、芸術性を重んじる方、歴史に詳しい方がご覧になったら、かっく〜んとくる作品なのかもしれません。わたしの場合、何にも考えず、しかも歴史にも疎いため、けっこう楽しんでしまいました!演技が舞台風なのは、大共感ですけれど(笑)皆さんモンゴル人なのに、どうしても日本の武士に見えたり・・・。でも興入1位でしたね!なんだかんだ言って、お客さん入っているということでしょうか。

 また伺わせていただきます、よろしくお願いいたします〜!
2007/03/07 10:21 PM, 亀さん wrote:
コメント、有難うございます。
松山ケンイチ君はいい味を出していましたね。でも、映画全体はなんとなく…という感じ?
亀さんたちは同じ高校の同期生という縁で、ブログを共同運営する、団塊世代、還暦オトコ3人組です。
時々尋ねてきてください。
2007/03/08 12:53 AM, あかん隊 wrote:
TBとコメントをありがとうございました。ほぼ同感の記事でしたので、そう!そう! と改めて頷いているところです。某映画評論家のレビューによれば、これは春樹氏自身の体験と重なっている部分があるらしく、どうしても取り組みたいストーリーだったようです。>家族間のどろどろ(?) とはいえ、松山くん、やっぱり良かったですね。はい、かなり気に入っています。(^^;)
2007/03/08 1:30 PM, ケント wrote:
こーいちさんこんにちは
だいぶ酷評のようですね。
確かに、ジェムカ・トオリル連合軍との戦いの結末には、僕もポカンとしました。
僕は編集カットされたのだと思い込んでいます。いずれにしても、2〜3時間でまとめられるテーマではないので、無理はありますね。
僕が角川戦略だと書いているのは、半分は皮肉なのですよ。
ただ角川映画には余り期待していないので、思っていたよりも面白く感じたことも確かです。
2007/03/08 2:06 PM, hi-chan wrote:
私もジェムカ・トオリル連合軍との戦いにはぽかーんとしてしまいました。そりゃないだろうと(笑)。
そこ、重要な所じゃないのかな・・・これで統一できるのに。

果たしてこの映画ヒットするのか、今後の動向が楽しみです(笑)。
2007/03/08 4:48 PM, たいむ wrote:
こーいちさん、こんばんは。
もう少し全体的に昂揚するようなものを期待していたのですが、残念なことでした。
けど、松山君の最期のところはぐぐっときました。私もw
2007/03/08 9:06 PM, ゆんた☆ wrote:
こんばんは。TBありがとうございました!
こーいちさんの記事を読んで、
「おんなじ!」って思いました。

歴史物は結構好きなので、ちょっと期待してたんですけど・・・ 残念。
主人公に魅力を感じなかったし、盛り上がりに欠けてたし。
それが敗因かなぁと思いました。
でも、松山ケンイチさんはよかったですよね♪
出番は少なかったですけど、最期のシーンには
うるうるしました。
2007/03/08 10:18 PM, 小六 wrote:
こんばんは、TBありがとうございました。
スケールの大きな映画でしたねー
観る前は、みなさんの散々なレビューを読んで、「どれだけヤバイんだ?」と不安になりましたが、実際観てみたら、面白かったですよ。
ただ、菊川怜の何となくワンテンポ遅れた演技に違和感あり(^^)
では、また〜

2007/03/09 12:16 AM, こーいち→JoJoさん wrote:
>JoJoさん
はじめまして♪
歴史に詳しくはないんですけどリアリティを求めてしまいました。。
そんなに気にしなければ楽しめたのかな?と少々反省してます。
お客さんは結構入ってるみたいですね。
一般的にはウケてるのかもしれません。
30億の元は取れるのかってところに注目してます(笑)
2007/03/09 12:18 AM, こーいち→亀さんさん wrote:
>亀さんさん
こんばんは。
コメントありがとうございました!
松山くんの出番は少なかったですけど光ってましたねw
これからが楽しみな俳優さんです!
2007/03/09 12:34 AM, こーいち→あかん隊 さん wrote:
>あかん隊さん
自分の体験と重なっているんですか!
どこが重なったのか気になりますね(笑)
雑誌でインタビューをみたんですけど彼はチンギス・ハーンの
生まれ変わりみたいなことも言ってて「この人大丈夫か?」と思いました(笑)
かなり強気みたいですけどどうなるんでしょうね?
世界で公開されるみたいだし採算はとれるのかな。
2007/03/09 12:44 AM, こーいち→ケントさん wrote:
>ケントさん
こんばんは。
酷評記事は筆がよく進むんですよね(笑)
僕もかなりの酷評に全く期待してなかったんですけど
予想していたよりも普通だったんで粗を探してしまいました。。

でもやはりこの話を2時間にまとめるというのが無理でしたね。
2007/03/09 12:51 AM, こーいち→hi-chanさん wrote:
>hi-chanさん
あの戦闘のシーンはムチャクチャでしたよね〜。
敗北してそこからどう這い上がってくるんだろうと思っていたら
あっさり勝利って。。
飛ばし過ぎです。
作り手側はかなり強気みたいですがどうなるんでしょうね(笑)
2007/03/09 12:54 AM, こーいち→たいむさん wrote:
>たいむさん
こんばんは。
松山くん良かったですよね〜。
ちょこっとしか出てきませんけどウルウルきました。
もっと出番が見たかったです。
2007/03/09 1:10 AM, こーいち→ゆんた☆ さん wrote:
>ゆんた☆ さん
こんばんは。
コメントありがとうございます!
共感してもらえて嬉しいです♪

脚本が微妙だったんでしょうね〜。
盛り上がりもなく魅力も感じませんでしたね。。
物足りなかったです。

その中でも松山くんは光ってましたねw
僕もウルウルでした〜(泣)。
2007/03/09 1:53 AM, こーいち→小六 さん wrote:
>小六さん
コメントありがとうございました!
小六さんは楽しめたんですね〜、羨ましいです。
僕も予想していたよりは見れたのですがそれでもダメでした。。
もっと惹きつけられるものがほしかったです(泣)
2007/12/11 10:32 PM, ほんやら堂 wrote:
こーいち様
TB有り難うございました.

この映画如何にも角川映画,その悪いところはぜーんぶ出ていたという感じでした.

>終盤でチンギス・ハーンがジャムカ(平山祐介)とトオリル・カン(松方弘樹)の連合軍を破った戦いなんかは全く説得力がない。

全くその通りです.モンゴル統一の歴史的決戦の割には,訳もなく終わってしまいました.

松山ケンイチ君がさすがに良かったけど,すぐ死んじゃうし.今度はもっと良い映画でお会いしましょう.
2007/12/12 1:05 AM, こーいち→ほんやら堂 さん wrote:
>ほんやら堂さん
こんにちは♪
こちらこそTB&コメントありがとうございました!

角川映画の悪いところ出てますよね〜(苦笑)
というか角川春樹さんは前面に出ないほうがいいような。。

スケールの大きな話なのに壮大さを感じないし
イマイチ魅力が伝わらなかったです。
松山くんは良かったんですけどね〜
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/256

蒼き狼 地果て海尽きるまで(評価:○) / シネマをぶった斬りっ!!
2007/03/05 6:05 PM
【監督】澤井信一郎 【出演】反町隆史/菊川怜/若村麻由美/袴田吉彦/松山ケンイチ/Ara/津川雅彦/松方弘樹/他 【公開日】2007/3.3 【製作】日本、モンゴル 【ストーリー】 12世紀末のモンゴル。モンゴル部族の長の
蒼き狼 地果て海尽きるまで / ネタバレ映画館
2007/03/05 10:06 PM
「ジャムカ、お前の勝ちやな・・・チッチキチー」
蒼き狼 / 愛猫レオンとシネマな毎日
2007/03/06 10:23 PM
モンゴル建国800年記念作品です。 モンゴル政府の全面協力により、モンゴル軍兵士五千名が、騎馬隊として参加してます。 だから、一人一人の動きを見ても、迫力がありました。 そして、ポスターでも使われている即位式のシーン。 なんと5万人のエキストラだそう
2007/03/07 1:00 AM
 16日、丸の内の東商ホールにて「蒼き狼 地果て海尽きるまで」を鑑賞した。 客入りは上々で満席。客層は学生服の男子から年配のお客さんまで幅広い年齢層。上映前に司会の黒宮千香子さんからスポンサーと映画の説明がありの上映。  映画の話 部族間の闘争が激化
2007/03/07 1:23 AM
大作だけど、楽しくなーい。『蒼き狼 地果て海尽きるまで』3月3日公開。蒼き狼の血を引く者として生まれたテムジン。出生に悲劇を持ち、また自らの息子も同じ運命に翻弄されながらもモンゴル統一を目指し、ついにはチンギス・ハーンとして大帝国を築いてゆく。 蒼き狼
2007/03/07 2:50 AM
映画 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」 を観ました。
2007/03/07 5:27 AM
「蒼き狼地果て海尽きるまで」を鑑賞してきましたモンゴル帝国を築いたチンギス・ハーンの激動の半生を映画化。「男たちの大和/YAMATO」で銀幕に帰還した角川春樹が、総製作費30億円を投じ、4ヶ月にわたるオールモンゴルロケを敢行。ストーリーは・・・モンゴル部族
2007/03/07 6:30 AM
先日、映画「蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜」を鑑賞してきました。 この映画は歴史上に実在する人物・チンギス・ハーンの波乱万丈な人生を映画化したストーリー。
蒼き狼 地果て海尽きるまで / Good job M
2007/03/07 6:46 AM
公開日 2007/3/3原作:森村誠一監督:澤井信一郎 「Wの悲劇」出演:反町隆史/菊川怜/若村麻由美/Ara/袴田吉彦/松山ケンイチ/保阪尚希/平山祐介/松方弘樹 他【あらすじ】部族間の闘争が激化していた12世紀のモンゴル。モンゴル部族ボルジギン氏族の長の妻ホエルンが
2007/03/07 6:55 AM
12世紀末のモンゴル。モンゴル部族の族長・イェスゲイの息子・テムジンは、モンゴル統一という夢を抱いていた。しかし彼が14歳になったある日、父が毒殺された事をきっかけにして、部族はバラバラになってしまう。そして7年後、成長したテムジンはモンゴル統一に
「蒼き狼 地果て海尽きるまで」 / みんなシネマいいのに!
2007/03/07 6:57 AM
 チンギス・ハーンの運命を追った壮大な物語で、モンゴル建国800年記念作品らし
2007/03/07 7:11 AM
どこまでも続く草原。その果てに見えるは、雄々しく聳え立つ数々の霊峰。青く澄み渡る空に、悠然と翔る鷹。 悠久を思わせる大自然の中で、我が部族が王たらんと、争いに明け暮れる戦士達。圧巻のスペクタクルで、覇権を得るための戦いが繰り広げられる! でも、結局
2007/03/07 12:20 PM
角川春樹事務所製作の超大作ですね、モンゴル建国の英雄にして世界史上最大の帝国を
『蒼き狼 地果て海尽きるまで』を見ました! / 団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)
2007/03/07 12:35 PM
―壮大なモンゴルと親子愛に感動はしたが…― きのう(4日)、亀さんは夫婦でワーナー・マイカル・シネマズ浦和美園に話題の『蒼き狼地果て海尽きるまで』を見に行きました。二人とも、若い頃、井上靖の小説を読み、映画『蒼き狼』(多分、市川染五郎の主演だった?)
2007/03/07 12:56 PM
蒼き狼 地果て海尽きるまで  ワールド・プレミア試写会 @国際フォーラム 念願のナマの松山ケンイチくんを観てきました〜♪ って、少6の娘が大好きなので一目でいいからナマで見せてあげたかった 2F席だったから、ちょっと遠かったんで(泣) 今度こう
蒼き狼 地果て海尽きるまで(5/10) / 自分を信じて生き抜くだけ
2007/03/07 3:02 PM
 初っ端のシーンから映画に入り込めない違和感。  序盤の重要性をなんと心得ているのかと問いたい。    エキストラの人数や、馬の話は聞き及んでの通り。  あのCG、VFXでない群集の迫力は是非とも大画面で堪能してほしい。  モンゴルの壮大な景色はや
「蒼き狼 地果て海尽きるまで」試写会レビュー 永く大いなる歴史 / 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
2007/03/07 4:11 PM
近ごろ純粋に映画のおもしろさの評価ができなくなってきている。この映画が現在の日本映画界に存在することそのものが偉大で、恐怖すら感じられてしまうのだ。
2007/03/07 4:30 PM
蒼き狼 地果て海尽きるまで(イイノホール) 「私は蒼き狼として死ねるでしょうか」 そういえば主演の反町隆史さんのドラマは見たことあるけど映画はないなあ。やたらと力の入った前宣伝と予告でした。どっちかっていうと松ケン目当て。 モンゴルを題材にした
2007/03/07 6:20 PM
突っ込んだらアカン,ツッコんだらあかん!
2007/03/07 9:38 PM
本日公開したモンゴル帝国の創始者チンギス・ハーンの生涯を描いたモンゴル建国800周年記念超大作。原作森村誠一さん、製作総指揮角川春樹さん、主演反町隆史(チンギス・...
2007/03/08 12:15 AM
今日、チネチッタに行ったら観客動員4年連続日本一達成記念で1000円均一になってましたよ。新作が6本上映されてるだけにちょっと美味しいカモ。それより嬉しかったのが「善き人のためのソナタ」のチネチッタ公開が決まったこと。さすがフットワークがいいですね。シネ
2007/03/08 12:26 AM
「蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜」は12〜13世紀にかけて世界最大の帝国を築き上げる基礎を作ったモンゴル帝国の王チンギス・ハーンの半生が描かれた作品である。歴史書的には謎の多い人物ではあるものの、ゆえに世界最大の帝国を作り上げた人物像を知りたくなる作品
2007/03/08 12:54 AM
おおよその予想に違わぬ作品。 主人公とその妻のキャストを知っただけで、観る気持ち
『蒼き狼 地果て海尽きるまで』・試写会 / しましまシネマライフ!
2007/03/08 10:03 AM
今日は某出版社で当選した『蒼き狼 地果て海尽きるまで』の ワールド・プレミア試写会に行ってきた。 [
蒼き狼 地果て海尽きるまで / ケントのたそがれ劇場
2007/03/08 1:32 PM
★★★☆  序盤では、モンゴル人が日本語で喋ることに違和感があったが、中盤以降は全く気にならなくなった。逆にモンゴル版大河ドラマという乗りで、返って判り易くて好かったかもしれない。        製作費30億円、全国425スクリーン確保と、いずれも邦画
2007/03/08 4:46 PM
「史上空前のエンタテインメント超大作」としては、最初っから期待していなかったけれど時間だけは超大作(辛) 『モンゴルの大自然は広大だわ』という感じではあったけれど、なんともホコリっぽい壮大さだったなぁ(笑)(以下、若干ネタに触れます)
2007/03/08 8:49 PM
「蒼き狼 地果て海尽きるまで」製作:2006年、日本=モンゴル 136分 監督:
2007/03/08 8:59 PM
チンギス・ハーンの半生を描いた映画、 「蒼き狼 地果て海尽きるまで」のワールドプ
蒼き狼 地果て海尽きるまで / 小六のB級A画館
2007/03/08 10:15 PM
■蒼き狼 地果て海尽きるまで 2006年・日本/モンゴル ■監督 澤井信一郎 ■製作 千葉龍平 ■プロデューサー 岡田裕、徳留義明、大杉明彦、海老原実 ■製作総指揮 角川春樹 ■原作 森村誠一 ■脚本 中島丈博、丸山昇一 ■音楽 岩代太郎 ■キャス
2007/03/09 1:26 AM
部族間の闘争が激化していた12世紀のモンゴル。ボルジギン族の長の妻ホエルンが出産。テムジンと名付けられたその子こそ、後のチンギス・ハーンである。14歳になったテムジン。父親を対立する部族に殺害されると、母親が敵から略奪された身である事を理由に、部下たちか
蒼き狼 地果て海尽きるまで / パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2007/03/09 2:05 AM
史上最大の帝国を築いた男、チンギス・ハーン!人は彼を“蒼き狼”と呼んだ_ モンゴル部族の長であるイェスゲイ(保阪尚希)と妻ホエルン(若村麻由美)の間に、男の子が生まれテムジンと名づけられた。後にチンギス・ハーン(反町隆史)となるその子どもは、鋭い
2007/03/09 7:54 PM
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  その英雄、蒼き狼の血と共にあらん  
2007/03/11 6:14 PM
いわゆる日本の大作映画という感じですね。 オールモンゴルロケということで、それこ
【2007-34】蒼き狼 地果て海尽きるまで / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/03/16 8:14 PM
地上最大の帝国を築いた男、チンギス・ハーン 人は彼を、”蒼き狼”と呼んだ 今、初めて明かされる歴史に隠された英雄の素顔と苦悩 壮絶な戦いの果てに、男が見たものとは・・・
蒼き狼 地果て海尽きるまで / タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
2007/03/17 3:45 AM
製作年度 2006年 製作国 日本/モンゴル 上映時間 136分 監督 澤井信一郎 製作総指揮 角川春樹 原作 森村誠一 脚本 中島丈博 、丸山昇一 音楽 岩代太郎 出演 反町隆史 、菊川怜 、若村麻由美 、Ara 、 袴田吉彦 、松山ケンイチ 、野村祐人 、平山
『蒼き狼』鑑賞! / ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
2007/03/17 5:26 AM
『蒼き狼』鑑賞レビュー! 地果て海尽きるまで モンゴル建国800年記念作品 角川春樹事務所創立10周年記念作品 蒼き狼の末裔チンギス・ハーン 歴史に秘められた英雄の素顔が、今解き明かされる! ハーンが抱いた野望の根源に迫ろうとする 人間味
★「蒼き狼 地果て海尽きるまで」 / ひらりん的映画ブログ
2007/03/18 11:48 PM
今週は見たいものがいろいろあったのでシネコン2軒はしご。 こちらは2本目で、「川崎チネチッタ」に移動。 いやー、2時間半の映画を続けて2本は、きついなーーーっ。
2007/03/19 9:40 PM
時は12世紀末から13世紀。 西はペルシャ湾から東は中国に至る“史上最大の帝国”を築き上げたモンゴル建国の英雄チンギス・ハーン。 だが、彼の生涯には多くの伝説と謎が残されている。 自らの出生の秘密にまつわる苦悩、友との対立と裏切り、掠奪された妻そして息子
2007/03/25 6:57 PM
蒼き狼 地果て海尽きるまでを観て来ました。 【story】 部族間の闘争が激化していた12世紀のモンゴル。 ボルジギン族の長の妻ホエルン(若村麻由美)が出産。 テムジン(反町隆史)と名付けられたその子こそ、後のチンギス・ハーンである。 14歳になったテムジ
2007/04/01 9:44 PM
毎月1日は映画の日 1本1000円 こんな割引デーを逃さず3本(笑) 蒼き狼 地果て海尽きるまで  ?- http://www.aoki-ookami.com/ Yahoo!ブログ - 蒼き狼 地果て海尽きるまで  ?- http://blogs.yahoo.co.jp/aokiookami2007/ Yahoo!映画 - 蒼き狼 地果て海尽
《映画》 蒼き狼 地果て海尽きるまで / 古谷千秋の食い倒れ日記
2007/04/02 4:58 PM
今さらながらという感じだが『蒼き狼 地果て海尽きるまで』を見てきた。あまり評判は良くないが、モンゴルの広大な平原での撮影ということで、映画館で観ておくべき作品だと思ってのこと。
2007/04/04 5:23 AM
●蒼き狼 地果て海尽きるまで● ●監督;澤井信一郎 ●製作総指揮;角川春樹 ●原作;森村誠一 ●脚本;中島丈博/丸山昇一 ●出演;反町隆史/菊川怜/若村麻由美/Ara/袴田吉彦/松山ケンイチ/野村祐人/     平山祐介 /池松壮亮 /保阪尚希 /榎木孝明 /
2007/04/04 1:53 PM
蒼き狼 地果て海尽きるまで 2007年   澤井信一郎 監督  原田徹 セカンドユニット監督  角川春樹 制作総指揮  森村誠一 原作反町隆史 菊川怜 若村麻由美 袴田吉彦 松山ケンイチ Ara 野村祐人 保阪尚希 榎木孝明 津川雅彦 松方弘樹 コーエ
蒼き狼 / いろいろと
2007/04/10 10:16 PM
蒼き狼 地果て海尽きるまで 出演 反町隆史、菊川怜、若村麻由美ほか エキストラの
蒼き狼 地果て海尽きるまで / 八ちゃんの日常空間
2007/04/18 11:20 PM
本当に壮大だけど、良くも悪くも角川映画の流れを汲んでいるなぁ
蒼き狼 地果て海尽きるまで / ★試写会中毒★
2007/05/06 9:44 PM
満 足 度:★★★  (★×10=満点)  監  督:澤井信一郎 キャスト:反町隆史       菊川怜       若村麻由美       Ara       袴田吉彦       松山ケンイチ 、他 ■ストーリー■ 部族間の闘争が激化
2007/11/18 10:54 AM
監督:澤井信一郎 出演:反町隆史、菊川怜、松山ケンイチ、Ara、袴田吉彦、野村祐人、平山祐介、池松壮亮、保阪尚希、若村麻由美、松方弘樹 評価:50点 壮大なモンゴルの大自然の映像に40点。 CGを使わず、本物の人と馬で撮影したという迫力のある戦闘シー
2007/12/08 11:32 PM
日記:2007年12月某日 映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」を見る. 2006年.監督:澤井信一郎. 反町隆史,菊川怜,若村麻由美,Ara,松山ケンイチ,保坂尚希. 若き日のチンギス・ハンがモンゴル
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.