• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『神童』
感動度ハート            2007/04/21公開  (公式サイト)
上品さ かどまつかどまつかどまつ 
満足度星星星  

【監督】萩生田宏治
【脚本】向井康介
【原作】さそうあきら 『神童』(双葉社刊)
【時間】103分
【出演】
成海璃子/松山ケンイチ/手塚理美/甲本雅裕/西島秀俊/貫地谷しほり/串田和美/浅野和之/キムラ緑子/岡田慶太/佐藤和也/安藤玉恵/柳英里沙/賀来賢人/相築あきこ/頭師佳孝/竹本泰蔵/モーガン・フィッシャー/三浦友理枝/吉田日出子/柄本明


<ストーリー>

音大を目指して浪人中のワオこと菊名和音と、神童と呼ばれて育った13歳の天才ピアニスト・成瀬うたが出会う。このところ母親の目を盗んではレッスンをさぼってばかりのうたは、愚直なまでにピアノに打ち込むワオを気に入り、彼の実家である青果店に入り浸るようになる。うたの応援もあり、翌春、ワオは首席で合格し、今は亡きうたの父で音楽家だった光一郎を知る御子柴教授のレッスンを受けることになる。(goo映画より)

≪予告編≫


    
   

 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング

   

<感想>

原作はコミックだそうです。僕は全く知りませんでしたが結構ファンの方は多いみたいです。「のだめ」効果でクラシックブームですし映画化のタイミングとしては良かったでしょうね。実際、僕も「のだめ」を見ていなければこの映画はスルーしていたかも。出演が松山ケンイチくんと成海璃子さんということで興味はありますけど。特にまだ14歳なのに大人びた表情をする成海璃子さんが気になってました。まだ彼女の作品って見たことがないんですよね。昔「トリック」で山田奈緒子(仲間由紀恵)の幼少時代を演じていたんですけどあの頃まだまだ小さかったですし。あの子がこんなに大きくなって、と思うとちょっとビックリです。


クラシック音楽の映画ですけど、僕は音楽に関してはかなり疎いです。正直、うまい下手もよく分かりません。ピアノなんか全く弾けないので両手の指が別々に動かせるってだけで尊敬しちゃいます(笑)。劇中で「アリとムカデ」の話がありましたけど、ほんとどうやって指を動かしているのだろう?と不思議でしょうがないです。高校の時、美術・書道・音楽から選択して受ける授業があったんですけど、なぜか第3希望の音楽にさせられていてかなり苦労した思い出も(泣)。ピアノのテストもあったんですけど、「ちょうちょ」が両手で弾けませんでした(^▽^;) 同じ指が一緒に動くし意外と鍵盤って重くて左手の小指がつっちゃうし、かなりスローで弾いてました。そんなわけでこの映画を観ていても誰がどのくらいうまいとか、音と演技のリズムがズレてるとか専門的なことは全く分かりませんでした。

 
ストーリーは天才少女うたとピアノが大好きだけどそんなにうまくないワオが出会ってからの2人の姿が描かれています。「のだめ」はコメディでしたけど、本作は真面目で全体的に静か。格調の高さを感じる作品でした。娯楽作品ではないので同じクラシックという題材を扱ってはいるものの全くの別物です。さすがに「日本初本格クラシック映画」というだけあってたくさんの演奏は聴けるし、実際に吹き替えで弾いている方もすごい人らしいです。うたの吹き替えは12歳の本物の神童・和久井冬麦さん、ワオの吹き替えは「のだめ」で千秋の吹き替えを担当した清塚信也さんだそうです。なので詳しい方にはその辺も見所だと思います。


描かれている雰囲気は好きだったのですが、ストーリー自体は物足りなかったです。結局何を描きたかったのかイマイチよく分からず、どういう方向に向かっているのか見えないままでした。わざとセリフを少なくしたり抑えた演出をしたのだと思いますが、説明不足だしまとまっていないのでしっくりきませんでした。あと少しなんだけどかゆい所に手が届かない感じで、なんだかもどかしかったです。もしかしたらこれが原作の空気なのかもしれませんが、主役の2人もそうだし周りの人々をもっと掘り下げても良かったんじゃないかなぁと思いました。この映画の核はうたとワオの距離感だったり関係性だと思うのですが、描写不足でそこがイマイチ伝わって来ないんですよね。いつもワオの家に遊びに来たりお互い大切な存在であることは確かなんだけど、もっと2人の結びつきを感じさせるエピソードが欲しかったです。


細かい描写が少ないので深みがなくリアリティも薄くなって、全体的にファンタジーっぽくなってたんですよね。なのでうたの「神童」らしさに説得力を感じませんでした。あらゆる人がうたのピアノに惹かれて高く評価しているだけで何が凄いのかよくわかりません。どんなに才能があっても輝いている人はやっぱり努力をしてると思うんです。原作のうたは努力をしているのかもしれないけど、映画では一生懸命に練習する姿は描かれていなかったので、コンサートが成功しても心のどこかで「それはありえねぇだろ」って思ってしまいます。もっとうたの演奏のシーンを工夫したり、天才ゆえの苦悩をしっかり描いていれば説得力が増したと思うんですけどね。せっかく成海璃子ちゃんという素材にめぐり合ったのに、脚本と演出がもったなかったです。

 
うたを演じた成海璃子ちゃんは本当にうまく表現していたと思います。天才という独特の雰囲気が醸し出されていました。天才でありかつ13歳という微妙な年齢の繊細さや危うさのようなものを、佇まいや動きから感じることができました。こういう天才役って難しいと思うのですがイヤミもなく自然に演じていてすごいです。うたとは才能が違いますけど彼女自身も神童の1人と言えるかもしれませんね。インタビューを見ましたけどあんな落ち着いた14歳を初めてみました。受け答えもしっかりしていて考え方も大人びてマセてる感じです。僕は逆に可愛げがないなと思ってしまいましたが(笑)、天性のものを感じますしこれからどんな女優に育つのか楽しみですね。

 
松山ケンイチくんはピアノが大好きなんだけど平凡な才能しか持っていない浪人生の役。音楽に限らずですけど、こういう才能をダイレクトに反映する世界って残酷ですね。どんなに好きで頑張っても決して越えられない壁もあるし、ごまかしが利かないから自分の限界を痛感させられます。でもワオは自分の限界を感じつつも、どんな時も音楽に対してまっすぐ。そしてうたの才能に対しても惹かれているけど決してその才能だけを見ているのではなく、うたという人間にまっすぐ向かい合い特別扱いしません。そんなところにうたも惹かれたんでしょうね。松山くんはLもハマり役でしたけど、こういう素朴な役もハマってます。

 
豪華な脇役陣の中で特に驚かされたのが貫地谷しほりちゃん。彼女が出てるなんて知らなかった〜。でも今回の出演は失敗だったかも(爆)。貫地谷しほりちゃんを使っている割にはあまり意味のない役で、無駄に目立つだけだった気がします。彼女を使うんだったらもっと役に意味を持たせないと。それに口パクが酷すぎたなぁ(失笑)。「のだめ」の上原美佐さんの時は全く違和感を感じなかったけど今回は笑ってしまいました。うまく編集してあげないとあれじゃ役者が可哀想ですよね。。

 
うたがリヒテンシュタインの代役でオーケストラの演奏するシーンなど演奏自体に感動したのですが、ストーリーとしては心に響きませんでした。あと全体的に真面目すぎてちょっと息苦しさを感じました。劇中でワオの演奏を評して「呼吸する場が〜」とか言ってたのですが、僕はこの作品に全く同じ印象を持ちました(苦笑)。無駄な部分がなかったとも言えるかもしれませんが、もっと息抜きする場があっても良かったと思いました。


でも作品の雰囲気とか空気感はすごく好きでした。連弾するシーンなど印象的でしたし、成海璃子ちゃんの存在もあって上品で透明感がありました。結構評判もいいようなのでクラシック好きな方は是非ご覧になってみてください。もしかしたら原作を読んでおいた方が頭で補完できていいのかもしれません。


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村


【満足度ランキング】
『神童』が面白かった方→こちらに投票
『神童』がイマイチだった方→こちらに投票



神童 (1)
神童 (1)さそう あきら
おすすめ平均
stars絵柄は好みが別れるかもしれないですが…
starsあまり多くを語りたくない漫画
starsうた、おと、ひびき
stars有名曲に逃げないところがよい。
starsだいぶ遅れて読みました
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「神童」オリジナル・サウンドトラック
「神童」オリジナル・サウンドトラックサントラ 和久井冬麦 清塚信也 Amazonで詳しく見る by G-Tools


神童―小説
神童―小説萩生田 宏治 さそう あきら 向井 康介 Amazonで詳しく見る by G-Tools


   
   

   



  • 2010.06.13 Sunday
  • 02:58
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/05/09 2:19 PM, hi-chan wrote:
原作は人気があるようですね。私は未読です。
映画は、私もうたが天才に見えなかったんですよね・・・そこがどうしても引っかかりました。
つまらなくはなかったですが、凄く感動したかと聞かれるとうーん・・・(苦笑)
ラストの二人のピアノ演奏シーンは良かったです。
2007/05/09 6:48 PM, こーいち→hi-chanさん wrote:
こんにちは♪
hi-chanさんもご覧になってたんですね!

うたの天才さにリアリティがなかったですよね。
映画の中では大絶賛されているけどイマイチ凄さが
伝わってこなくて。
音楽のことが分からないからかもしれませんけど(笑)
つまらなくはないし嫌いじゃないけど心に響かないんですよね。
ラストのピアノシーンは好きでしたw
2007/05/10 3:39 PM, かのん wrote:
こんにちわ。
原作はマンガだけあって、毒気もありでけっこう笑えるとこもいっぱいのお話なんですよね。うたは小学生の野球少女でエースだったりしますし、うたのお母さんはもっとインテリ風でキャラ濃いです(笑)。
そういう意味では映画は青少年にも受け入れられるようにそつなくまとめてしまったという印象があるのですが、それでも高まった音楽性にうっとりしちゃいました。
2007/05/10 9:48 PM, ゆりゆり wrote:
はじめまして!
ゆりゆりと申します〜(^▽^)

TBありがとうござました。

私もクラッシックというか、音楽は聞くばっかりなのでワオやうたがうまいとか下手とか、あまりわからなかったです(^▽^;)

貫地谷しほりさんの歌声にはびっくりでした(^^;)
べ、別人すぎでは?思ってしまいましたが。

では、また遊びにきますね♪
2007/05/10 10:25 PM, たいむ wrote:
映画を観てから原作を読みましたが、
映画は、キャスト勝ちですね〜。
私もピアノの良し悪しはイマイチ分りませんが、雰囲気としてこの作品が気に入ってます。
なんにせよ、音楽っていいですよね。
2007/05/11 2:53 PM, こーいち→かのんさん wrote:
>かのんさん
こんにちは♪
なんか原作すごく面白そう(笑)
うたが野球少女なんて想像できないし、お母さんのキャラも
見てみたいですw
じゃあ映画は毒気を抜いてきれいにまとめてたんですね〜。
やっぱり音楽は聴くと全然違いますからその世界観に
浸って実際に聴けると感動的ですよね。
2007/05/11 3:53 PM, こーいち→ゆりゆりさん wrote:
>ゆりゆりさん
はじめまして♪
こちらこそコメントありがとうございました!
僕もうまい下手が良く分からないのでその辺で伝わらなかった
ものもあるのかなぁと思いました。
でも貫地谷しほりさんのところはよく分かりました(笑)
あれは酷すぎましたよね〜。
僕もまたお邪魔させてもらいますね☆
2007/05/11 4:21 PM, こーいち→たいむさん wrote:
>たいむさん
原作ものってキャストが大事ですよね〜。
そういった意味では成功している映画なんですね。

僕も詳しいことはよく分からなかったけどなんだか
この作品は好きでした。
やっぱり音楽の力かもしれませんね。
2007/05/11 11:14 PM, JoJo wrote:
こーいちさん、こんばんは!わたしは原作を既読だったので、ある程度は楽しむことができました。ですが、こーいちさんが物足りないとおっしゃる意味はよくわかります。わたし自身も物足りなさを感じました。これでは、うたの神童ぶりが表現できていないと思いました。結末も、原作は素晴らしい深い内容でしたが、それも映画はカットしたのが残念です。

それでも音楽への熱い思いは感じることができた作品だったので観てよかったと思います!
2007/05/12 11:36 AM, こーいち→JoJoさん wrote:
>JoJoさん
こんにちは♪
TB&コメントありがとうございました!
映画全体が控えめな抑えた演出だったので、
うたの天才っぷりも薄くしか感じられなかったんですよね。
そこが残念でしたけどそういう演出は嫌いじゃないので
結構好みの映画ではあったんですけどね。
音楽も素敵な作品でしたw
2007/05/15 3:32 PM, カオリ wrote:
TBどうもでした!
私もマンガは未読ですが、なにやら「のだめ」よりも「神童」の方がクラシック音楽マンガとしては先だったとか。

「神童」は極力言葉を抑えてるように感じました。でも、主人公に共感できない(神童に共感するって難しいのかもしれないけれど)感もあり、ストーリーも中途半端な気がして残念です。
2007/05/15 10:25 PM, こーいち→カオリさん wrote:
>カオリさん
こちらこそありがとうございます!
結構原作は古い作品みたいですね。
「のだめ」も大好きで集めてるんですけど「神童」も
読んでみたいですw

セリフはなるべく減らしてる感じでしたよね。
でもちょっと言葉たらずで理解しにくい部分もありました。
原作を読んでいたら補完できたんでしょうけど。。
2007/05/16 1:32 PM, ミチ wrote:
こーいちさん、こんにちは♪
映画を見てから原作を読みました。
うたのイメージが違っていてビックリです。
よく成海璃子ちゃんをキャスティングしたな〜と思いました。
彼女はキラキラしていますよね。
彼女のテレビドラマは見たことが無いんですが、映画で活躍して欲しいと思います。
松山君は何をやらせてもちゃんとやってくれるので安心(笑)
なんにせよ音楽は人の心を打ちますね。
2007/05/16 10:30 PM, こーいち→ミチさん wrote:
>ミチさん
なんか原作はかなり違うみたいですね。
うたは野球少女だとか。
それはそれで興味が出てくるんですけど。
僕も成海ちゃんは見たことがなかったんですけど
なんかオーラのある子ですね。
たくさん映画も公開するみたいだし楽しみですw
松ケンはなにやらせてもできるから凄いですよね〜。
松ケンも大好きなんです♪
2007/05/17 7:08 PM, あんぱんち wrote:
ども\( ̄ー ̄ ) (  ̄ー ̄)/ども
雰囲気は良かったけど、何ヶ所か突っ込まざる得ない所が(爆)
せっかく経験者なんだから璃子ちゃんのピアノもっと見たかったなぁ・・・
2本目は飛ばして3本は観に行こうかな?
松山ケンイチの良さはわからずw
2007/05/18 2:42 AM, こーいち→あんぱんちさん wrote:
>あんぱんち さん
こんばんは♪
雰囲気は良かったんですけどね〜。
僕、成海璃子ちゃんがピアノを弾けるって知らなかったので
オケとのシーンはサプライズで鳥肌が立ちましたw
だから逆に狙ってたのかなぁなんて思ったりしたんですけどね。

僕は両方観に行きそうです♪
2007/05/19 10:34 PM, サラ wrote:
こんばんは!
映画は、真面目でしたね。
ワタシも息抜きする場があっても良かったと思います。こーいちさんと同意見です。

話は変わりますが、「眉山」を見ようか迷ってたんですが、こーいちさんの記事を読んで、やめる事にしました。好みが似てるので、参考になります。

あと「ただ君を愛してる」と「虹の女神」のDVDを買いました。こーいちさんのDVDの特典情報は助かってます。
「キャツアイ」は通常版を買いますね。こちらの情報もありがとう!

2007/05/20 4:19 AM, こーいち→サラさん wrote:
>サラさん
嬉しすぎるコメントありがとうございます(涙)。
いや〜、そんな細かいところまで読んで頂いてるなんて。
ウルウルきちゃいました(/□≦、)

DVDってよっぽど好きじゃないとなかなか買いにくいから
感想とか情報とか参考になることを伝えられるといいなぁと
思って書いてました。
なのですごく嬉しいです♪
「ただ君」や「虹の女神」はどっちも素敵でしたよね〜。
「ただ君」は特典も良かったしw
「キャッツ」は通常版がお買い得です(笑)
次は「幸福な食卓」を購入予定なんですけど間が空いてるので
持ってるDVDの感想も書こうかな^^

好みは本当に似てますよね。
僕もサラさんの感想に共感することが多いです。
これからも参考にさせてもらいますね!
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/281

「神童」映画感想 / Wilderlandwandar
2007/05/09 6:43 PM
クラシック音楽映画鑑賞キャンペーン中、という訳でもないけど、天才ピアニストと音楽
2007/05/09 11:36 PM
最近あまりコミックを読んでいない私なんですが、奇遇にもこの原作は持っているんですヨ、原作ファンなんです。連載が始まったのは10年くらい前だし何で今頃になって映画化?とビックリでしたけど、やっぱり「のだめ」あたりのクラシックブームの流れとかあるのかな?企
[ 神童 ]音楽と愛情にあふれた映画 / アロハ坊主の日がな一日
2007/05/10 8:24 AM
[ 神童 ]をシネマライズで鑑賞。 この映画は、ピアノを習っているお子様やそのご父兄に 注目されているようだ。朝早くの渋谷にもかかわらず、お上品そうなお子ちゃまと手塚理美が演じたうたのオカンのようなスノッブなお母様、そして娘と妻のために朝メシをコンビ
映画『神童』 / ちょこっとはっぴい♪
2007/05/10 9:27 PM
はしごしちゃいました。 『神童』(公式サイト:http://www.shindo
「神童」みた。 / たいむのひとりごと
2007/05/10 10:22 PM
漫画が原作だとは、見終わって帰ってきてから知ったのだけど、個人的に 大絶賛のドラマ『のだめカンタービレ』とはまた違う、コメディじゃないけどシリアス過ぎでもない、”本格クラッシック音楽映画”として、すごく素敵な雰囲気の作品だった。原作は全4巻
【2007-58】神童 / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/05/10 11:52 PM
「神童」と呼ばれた うた十三歳 落ちこぼれの音大生 ワオ十九歳 恋人でもない 兄妹でもない 音によって 心を通わせるふたり 言葉はいらない 魂が響きあうから 彼女の指先から 奇跡が生まれる やがて世界は 音楽で満たされる 『大丈夫
「神童」★★★★ / JoJo気分で映画三昧!+α
2007/05/11 11:08 PM
07年製作、主演成海璃子さん、共演松山ケンイチさん 、手塚理美さん 、西島秀俊さん、柄本明さん他によるクラシック音楽ドラマ。ただいま公開中!  天才ピアニストながら...
神童 / ライターへの道〜私の観るもの、感じる事を伝えたい!〜
2007/05/13 4:38 PM
              神童(2007年、ビターズ・エンド) http://www.shindo-movie.jp/ 監督:萩生田宏治  原作:さそうあきら 出演:成海璃子、松山ケンイチ、手塚理美、甲本雅裕、西島秀俊、他          ピアノの才能に恵まれた少女うた
神童 40点(100点満点中)07-110 / (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
2007/05/14 1:09 PM
マツケン小唄 公式サイト 漫画アクションに連載された、さそうあきらの同名漫画を実写映画化。 音大を目指す浪人生・ワオ(松山ケンイチ)と天才少女・うた(成海璃子)の、年齢も境遇も才能も全く異なる二人のピアニストの出会いと交流、成長を描いた作品。
映画 「神童」 / ようこそMr.G
2007/05/14 3:28 PM
映画 「神童」 を観ました。
神童 / タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
2007/05/14 6:10 PM
製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 120分 監督 萩生田宏治 原作 さそうあきら 脚本 向井康介 音楽 ハトリ・ミホ 出演 成海璃子 、松山ケンイチ 、手塚理美 、甲本雅裕 、 西島秀俊 、貫地谷しほり 、串田和美 、浅野和之 、吉田日出子 、柄本明
2007/05/14 6:27 PM
21日から始まった神童を観て来ましたが、ピアノや音楽をしている人にとっては音楽
神童 / そーれりぽーと
2007/05/14 7:49 PM
『のだめカンタービレ』『ピアノの森』など、近頃やたらとピアノの上手い主人公が出てくる漫画が話題になってクラッシックが流行り、映画やドラマにもなって広がりをみせているのは誰もが知るところ。 そんな漫画の先駆けとも言われている漫画『神童』(未読)が、おい
「神童」:日本科学未来館前バス停付近の会話 / 【映画がはねたら、都バスに乗って】
2007/05/14 9:29 PM
{/kaeru_en4/}日本科学未来館て、宇宙飛行士の毛利衛さんが館長なんだってな。 {/hiyo_en2/}そうそう。ここで科学にふれた子どもたちが未来の日本を背負っていくのよ。 {/kaeru_en4/}あそこの入口付近にたむろしている中学生たちの中にも将来宇宙飛行士になるやつが出
神童 @試写会 / シュフのきまぐれシネマ
2007/05/14 9:36 PM
神童  3/15(木)@ニッショーホール 監督:萩生田宏治 原作:さそうあきら 配給:ビターズ・エンド 出演:成海璃子、松山ケンイチ、手塚理美、西島秀俊、吉田日出子、柄本明 他 触れたら壊れてしまいそな思春期の女の子 そんなガラスの
『神童』 / 映画大陸
2007/05/14 9:43 PM
 もしもピアノが弾けたなら  思いのすべてを歌にして  きみに伝えることだろう・・・♪  ピアノですか。勿論僕は楽器なんて弾けるはずもなく、まして楽譜なぞおたまじゃくしの羅列にしか見えません。クラシック音楽を聴くような高尚な趣味も持ち合わせていない
神童 / 八ちゃんの日常空間
2007/05/15 6:15 AM
428クーポンで1000円で観れたぞ!マツケンがキュートな落ちこぼれを華麗に演じます(過大評価)
神童 / 5125年映画の旅
2007/05/15 6:46 AM
音大入学を目指すワオは日夜ピアノの特訓に励んでいたが、なかなか上達しない事に悩んでいた。そんな時ワオは天才中学生ピアニスト・うたと出会う。うたとの特訓によってワオは音大に合格する事が出来た。しかしうた自身もある悩みを抱えていた。 ピアノに青春を捧
神童(06・日) / no movie no life
2007/05/15 3:36 PM
「松ケンが好きだ!」と言ったら「サンバ」のほうの松ケンと勘違いされましたが・・・松山ケンイチくんですよ。「デスノート」のL役で一挙にファンです。 さて、松ケン演ずる菊名ワオは音大・ピアノ科に入学すべく奮闘中の浪人生19歳。毎日毎日小さな商店を営む実家
『神童』 / 唐揚げ大好き!
2007/05/16 4:08 AM
  『神童』   響きあう。奏であう。 ふたつの心がひとつになって、 音楽が溢れだす。   ツンデレ映画やぁ〜 :*:・( ̄∀ ̄)・:*: エヘエヘッ 成海璃子の威力は凄いです。 映画が始まって5分でやられてしまいました。 (ノ´▽`)ノ マイッター! もう撃
映画 【神童】 / ミチの雑記帳
2007/05/16 1:29 PM
映画館にて「神童」 さそうあきらの同名コミックの映画化。 音大を目指し浪人中のワオ(松山ケンイチ)はピアノの才能に恵まれた13歳の少女うた(成海璃子)と出会う。 神に魅入られた者というのは幸せなのか、不幸なのか。『バッテリー』の原田巧もそうだったけれど
神童 / 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
2007/05/16 11:25 PM
雰囲気は、それなりに作られているのだけど、あまり、多くを語らない作品だったと思います。 音大を目指して浪人中のワオこと菊名和音と、神童と評されてきた13歳の天才ピアニスト、成瀬うたが、ある日、偶然に出会います。ピアニストとして成功させることを夢見て熱
『神童』舞台挨拶@シネ・リーブル池袋 / |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2007/05/17 7:19 PM
今回の舞台挨拶レポートは、マンガ原作の日本初の本格クラシック映画『神童』。あの『のだめカンタービレ』よりも先に撮影してたから、こちらがホントのクラシックブームのさきがけ午前中は仕事だったので松山ケンイチらオールキャストは見られず、萩生田宏治監督と成海
神童 / 愛猫レオンとシネマな毎日
2007/05/19 10:18 PM
原作は、さそうあきらのロングセラーコミックです。 言葉を覚える前に、ピアノが弾けたうた。 ピアノの才能に恵まれ「神童」と呼ばれて育った13歳の少女。 大好きだったピアニストの父は、幼い頃、事故死してしまい、今は母と二人。 娘の才能の為に全てを捧げる母
神童 感想 / Ondul Blog ver.2.07
2007/05/23 9:28 AM
天才は天才ゆえに苦しみ、凡人は凡人ゆえに苦しむ。 久しぶりにコミックが原作の映画で「ユーちゃんと原作読んできた?」(=「原作を読んでないと話についていけませんよ」の意wブルーさんより借用w)じゃないものを見た気がします。一応この漫画は読んだことはあるけ
神童 / Happy days***
2007/05/28 6:34 AM
言葉を覚える前にピアノが弾けた13歳のうた。 音大を目指して浪人中、19歳の落ちこぼれヮオ。 二人の心が響きあったとき、 世界は音楽で満たされる。。。。
2008/03/09 4:58 PM
人気漫画家さそうあきらの同名傑作コミックを原作に、才能をもてあます天才ピアノ少女と、音大浪人生の心の交流をさわやかに描いた感動作。脚本は『リンダ リンダ リンダ』の向井康介、監督は『帰郷』の萩生田宏治が務める。主演はドラマ「瑠璃の島」などで圧倒的な存在
『神童』 / cinema days 『映画な日々』
2008/04/20 11:16 PM
神童posted with amazlet at 08.04.20VAP,INC(VAP)(D) (2007-11-21)売り上げランキング: 9131Amazon.co.jp で詳細を見る   さそうあきらの同名コミックを成海璃子&松...
映画『神童』 / 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
2008/04/26 2:11 AM
父親から譲り受けた宿命を背負い、「熱情」や「春の歌」そして竹本泰蔵が指揮するダイナミックな「ピアノ協奏曲第20番」などクラシックの珠玉の名曲たち・・ 水辺にたたずむ成瀬うた(成海璃子)、ボートに寝そべる菊名和音(松山ケンイチ)、女性のヒステリ−
2008/05/03 8:45 PM
神童は先月にWOWOWでしてて本日の午後から鑑賞したのだけども 全体的に映像が暗く鑑賞する前に思ってたよりも少しガッカリだったね 内容は成海&松山がを通して交流が始まって互いに成長し展開されて 俺は原作の方を読んで無い状態で神童を鑑賞したけども満足
2008/05/20 12:26 AM
─ 純粋で壊れやすい年代の気高さ ─ 一躍人気のドラマとなった『のだめカンタービレ』と同様、クラシック音楽をテーマとして扱った漫画を実写映画化したこの作品『神童』(2007年/日本/ドラマ)。 アニメ映画『ピアノの森』『名探偵コナン』の最新作も含め、音
2009/10/19 6:09 PM
神童 監督: 萩生田宏治 出演: 成海璃子、松山ケンイチ、手塚理美、甲本雅裕、貫地谷しほり、柄本明 公開: 2007年4月 チャンネルNEC...
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.