• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『眉山 -びざん-』
感動度ハートハート           2007/05/12公開  (公式サイト)
泣き度悲しい
満足度星星 

【監督】犬童一心
【脚本】山室有紀子
【原作】さだまさし 『眉山 -BIZAN-』(幻冬舎刊)
【時間】120分
【出演】
松嶋菜々子/大沢たかお/宮本信子/円城寺あや/山田辰夫/黒瀬真奈美/永島敏行/中原丈雄/金子賢/本田博太郎/夏八木勲


<ストーリー>

東京で働く咲子は、母の入院の知らせを受け、久しぶりに徳島に帰郷する。母子家庭で育った咲子は、気が強く何でも一人で決めてしまう母に寂しさを感じていた。咲子は医師、寺澤から母が献体を希望していることを知り、いらだちは募る。ある日、母の友人から箱を手渡される。中には、死んだと聞かされていた父から毎年届いていた手紙の束が入っていた。隠された母の恋を知った咲子は、東京に戻り、両親の思い出の場所を訪ね歩き…。
(goo映画より)

≪予告編≫
   

 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング

   

<感想>

さだまさしの同名小説が原作です。「解夏」や「精霊流し」も映画化されてますし彼の小説は評判がいいんでしょうね。ちょっと読んでみたい気もします。ちなみに僕は映画もまだ観たことがありません。本作は徳島を舞台とした母と娘の物語。「東京タワー」を意識してるのかな?と思いつつ(笑)、なかなか評判がいいようなので観てきました。


確かに宮本信子さんの演技は圧巻だったし多少ウルウル来ましたけど、面白くなかったです(苦笑)。妙に間延びした展開で眠くなるし、心に響くものは何もなかったんですよね。僕が合わなかっただけなのかなと思いながらエンドロールを迎えたのですが、レミオロメンの曲が流れた瞬間お客さんが一斉に帰ったのでみんな同じ気持ちだったみたい(笑)。僕はできるだけ最後まで観ることにしてるので半分くらい終わったところで席を立ったのですが、周りを見回すと誰一人残っていませんでした。。

 
観れないほどではないですが、なんだかつまらなかったです。大したことない話を延々と延ばされた感じでした。別に「泣ける映画」を求めているわけでもないですけど、もっと魅力的に作れなかったのかなぁと思ってしまいます。母と娘の関係ももっと掘り下げて欲しかったし全体的に表面的で深みがなかったです。設定もちょっと引っかかるところもありました。まず松山賢一(山田辰夫)と大谷啓子(円城寺あや)が誰か分からなかったんですよね。説明ありましたっけ?すっごい親しげに話してるから親戚だと思っていて、「龍子は江戸っ子なのになんで徳島に親戚がいるんだろう?」って疑問だったんですよ。帰って調べてみたら単なる知り合いでした。


あと大沢たかお演じる小児科医も暇すぎだろ?ってツッコミたくなるし(笑)。全国的に小児科医は数が足りていなくて忙しいのに、デート行ったり担当じゃない患者に付き添っていたり、恋愛させるために都合よく置かれただけのキャラだというのが見え見え。別に小児科医じゃなくても良かったのに。きっと子供と遊ぶシーンが欲しかっただけなんでしょうね。献体のエピソードもなんだか中途半端でしたよね。医者に恋をしたことで深く医学のことも分かっていたというので献体が使われてたのに、いつの間にかラストはそれがテーマのようになっていて「あれっ?」って感じでした。軸がブレていて全体を通して何が言いたいのかよく分かりませんでした。

 
宮本信子さん演じる龍子が全く魅力的に感じなかったのも痛かったですね。確かに貫禄もあるしカッコイイ江戸っ子なんだけど、意地悪で頑固なお婆さんにしか見えなかった(苦笑)。病院でのエピソードも看護婦をいじめてる悪質クレーマーです。まぁ医者と看護婦の会話は明らかに配慮に欠けてますけど、その前の看護婦の叱り方も可哀想でしたし聞き流してあげるくらいの度量があった方が魅力的に見えたと思います。叱り方も芝居がかっていてイヤミだったので全く好感が持てませんでした。


ラストで「娘、咲子が私の命でした」と言ってるけどそれも全く伝わってきません。娘に相談せずに何でも一人で決めるし、徹底的に嘘をつき続けるし、それで「私の命でした」と言われても感動も共感もできませんでした。それに30年も徳島に住んでいて阿波踊りが大好きで地元を愛してるようだけど全く徳島弁はしゃべりません。なので馴染むことを拒絶しているただの頑固者に思えて、「周りから信頼されている」とかいう設定も説得力がないんですよね。演技は秀逸なのにキャラ設定が微妙なので本当にもったいなかったです。

 
松嶋菜々子さんは綺麗ですけど印象に残るシーンはなかったかな。唯一父親の病院で対面するシーンは気迫が伝わってきて良かったです。彼女ってどちらかというと「花より男子」みたいなコメディの方が合ってるんですよね。そっちの方で頑張った方がいいと思うんだけどなぁ。話が変わりますけど、友達に松嶋菜々子さんにも似てるし、竹内結子さんにも似てるって言われてる子がいるんですよ。僕的には松嶋さんと竹内さんが似てると思ったことがなかったので、どこが共通してるんだろう?と疑問だったのですが↑の写真見たらやっぱり竹内結子さんにちょっと似てる気がするw あと他の出演者では、「ラフ」でデビューした黒瀬真奈美ちゃんが力のこもった演技を見せてくれてました。


阿波踊りのシーンは迫力があって見応えがあります。本物の祭りとロケのシーンがあるようですけど、かなり多くのエキストラを使っているので全然違和感がありません。今まで阿波踊りを観たことがなかったので結構楽しめました。でもせっかく徳島を舞台にしてるんだったら徳島弁をもっと使って欲しかったですね。徳島弁って関西弁に近いけどちょっと違って特徴的なんですよ。友達に徳島人がいたんですけど、「〜するでぇ」とか「〜するわだぁ」とか個性的で好きでした。もっとそういう方言が聞きたかったです。


僕はイマイチだったのですが評価は高いですしいい話だったと思います。どちらかというと女性の方が共感しやすいみたい。興味がある方は是非ご覧になってみてください。


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



より詳しい最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村


【満足度ランキング】
『眉山 -びざん-』面白かった方→こちらに投票
『眉山 -びざん-』イマイチだった方→こちらに投票



  • 2010.06.13 Sunday
  • 22:26
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/05/19 11:13 AM, hito wrote:
もっと母と娘感動的作なのかと思っていたのですが・・結構微妙でしたね。
面白くないわけじゃないんですが、仰る通り軸がぶれていたように思います。

山田辰夫さん円城寺さんの関係本当にわからなかったですよね。映画では弟さんご夫婦なのかと思っていたら・・原作読んだら全然違っていてビックリでした。盛り込みすぎていて伝わらなくなってる部分が多いのでしょうか?

私は宮本信子さんと松嶋菜々子さんの母娘がどうもしっくりこなくて・・それぞれはいいのに、どうもこの映画には馴染まなかったような気がしました。
2007/05/20 3:00 AM, こーいち→hitoさん wrote:
>hitoさん
こんばんは♪
TB&コメントありがとうございます!
やっぱりそうですよね〜。
淡々とした作品は好きなんですけど今回はハマりませんでした(苦笑)

なんか設定がしっくりこなくて入り込めなかったですよね。
原作とは違ってる部分があるんですね〜!?
さだまさしさんの原作を読んでみようかな。

僕も主演2人が映画に馴染んでない感じがしました。
宮本さんも貫禄の演技なんだけどなんだか浮いてるんですよね。
しっくりこなかったです(苦笑)
2007/05/23 12:14 AM, ぽっぽ wrote:
こんばんは☆
まんまと泣いてしまったぽっぽです(笑)
泣きのツボに入ってしまったのか、何なのか。
お母さんに対して、イラッとしてしまうところとか、ちょこちょこ共感できて。
女性だからか、何かのスイッチが入ったのかは分かりませんが。
まっちゃんたちとの関係は確かに最後まで微妙なままでしたね。
金子賢も最後もう一回出るかと思ったのに。
ラストの母のメッセージはボールペンの字が細くてちょっと目の悪い私は一瞬見逃しそうになりました^^;
2007/05/23 1:43 AM, こーいち→ぽっぽさん wrote:
>ぽっぽさん
こんばんは♪
やっぱり泣けたんですね〜(笑)
僕も結構泣けるタイプなんだけどなんでだろうなぁ。
でも女性の方が共感しやすい作品ではあるみたいですね。
原作は読んでみたいなぁって思ってますw
2007/05/27 7:25 AM, テクテク wrote:
こんにちは(^^)
TB&コメントありがとうございました!

けっこう、ツッコミ所の多い映画でしたよね。

私は女性目線で観ているからこそ、
かえって共感出来なかった面がありました(^^;

特に、龍子の若い頃の恋愛話には、
相手の男性の事が既婚者であった程度にしか分からなかったので…。

リスクを背負うほど愛した恋愛相手だったにしては、
「献身的な妻をこれ以上、裏切れない」
なんて言葉を手紙に書かれちゃったりして。

だったら、最初から献身的な妻を裏切るような事をするなよ!
龍子の事は裏切ってもイイのかよ!
こんな事を思ってしまいました(^^;

>ラストで「娘、咲子が私の命でした」
>と言ってるけどそれも全く伝わってきません。

これにも同感です!!
娘の為に献体したならば、話は別ですけど、
どう考えても、そうではありませんよね…(^^;
2007/05/27 9:28 PM, こーいち→テクテクさん wrote:
>テクテクさん
こんばんは♪
こちらこそありがとうございます!
なんか薄っぺらくてノレなかったです(苦笑)
1つ1つのエピソードの積み重ねがなかったような
気がするんですよね。。
軸がなくてあまり心に響かなかったです。
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/285

映画「眉山」 / 日々のつぶやき
2007/05/19 11:07 AM
監督:犬童一心 出演:松嶋菜々子、宮本信子、大沢たかお 「東京の広告代理店で働く咲子のもとに、故郷の徳島から電話がかかってきた。 離れて暮らしている母龍子が入院したという。駆けつける咲子に、医者から告げられたのは末期ガン。もう手術もできない病状でそ
団塊世代 さだまさしの小説眉山 / 団塊世代 さだまさしの小説眉山
2007/05/20 8:52 PM
さだまさし 小説眉山(徳島の山) 映画化され、皇后が試写をご覧になったという、さだまさしの小説初めて読みました。さだまさしがほかにも小説を書いているのかは知りませんが、文庫本で、1時間ちょっとで読み終わりました。感想彼の音楽(歌)...
「眉山」映画館レビュー アホが飛んでいる / 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
2007/05/21 12:15 AM
久しぶりに映画館で映画を観た。やはり映画館で映画を観ることには意義がある。そんな意義に、この映画は気付かせてくれた。
【2007-68】眉山−びざん−(BIZAN) / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/05/21 12:15 AM
娘だから、聞けなかった。 母だから、言えなかった。 ふたつの恋が重なったとき、 娘は、 母の思いにたどり着く。 『あたし、お母さんがだ〜い好きよ。』
2007/05/23 9:35 PM
「眉山」★★★☆オススメ 松島菜々子、宮本信子主演 犬童一心 監督 どんな話しなのか予備知識ゼロで劇場へ。 東京でひとり働く主人公に 母親が入院したと知らせが届く、 故郷、徳島へ戻ると医者から余命3カ月と告げられる。 ストーリーは予測がつく
眉山 7点(100点満点中) / (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
2007/05/25 1:15 AM
三田村邦彦を探せ 公式サイト 『精霊流し』『解夏』に続き、さだまさし原作の同名小説を映画化。なのだが、原作を含め特に面白くもないこれらの作品が、何故作り続けられるのかは大いに謎だ。 東京でバリバリ働く主人公(松嶋菜々子)は、故郷の徳島に住む母(宮
眉山 びざん(映画館) / ひるめし。
2007/05/25 2:55 PM
母だから、言えなかった。娘だから、聞けなかった。
眉山 -BIZAN-/松嶋菜々子 / カノンな日々
2007/05/26 9:32 AM
特に観たかったというわけではないんだけど宮本信子さんの演技が好評らしく、せっかくの母の日なので素敵な親子の物語もいいかなぁと観に行ってきました。舞台となった徳島にもちょっと興味アリなんですよね。 出演はその他に、大沢たかお、宮本信子、円城寺あや、山
『眉山 ーびざんー』・試写会 / しましまシネマライフ!
2007/05/26 2:05 PM
今日は某新聞で当選した『眉山 ーびざんー』の試写会に行った。 《私のお気に入り度:★★★☆☆》 あれ
映画「眉山-びざん-」 / 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
2007/05/26 5:17 PM
さだまさしの小説「精霊流し」「解夏」に続く「眉山」の映画化、"故郷の山に向かいて言う事なし故郷の山は有り難きかな"、故郷の山は不思議と落ち着く・・・ 東京の旅行社に勤める河野咲子(松嶋菜々子)は、河野龍子(宮本信子)の入院の知らせを受
プロモーションビデオ?『眉山』 / 水曜日のシネマ日記
2007/05/27 7:29 AM
徳島を舞台に描かれた母と娘の物語です。
眉山 −びざん− / ネタバレ映画館
2007/05/27 7:40 AM
旅行代理店でバリバリ働いていたのに・・・解雇されそう・・・
眉山 / シネクリシェ
2007/05/27 10:15 AM
 今月最大の期待作は、蜘蛛映画でも海賊映画でもなく、名匠犬童一心のこの新作を置いて他にはありません。そしてほぼ期待通りの出来栄えでした。  ストーリー自体はそれほどひねりはありませんが、犬童一心の手に
眉山−びざん− / 夫婦でシネマ
2007/06/12 5:55 PM
咲子の母・龍子を演じる宮本信子が上手い。文楽を愛するちゃきちゃきの江戸っ子といった役柄を好演しています。
眉山 [監督:犬童一心] / 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
2007/06/13 12:41 AM
【個人的評価 ■□□□□□】(6段階評価 ■□□□□□:最悪、■■■■■■:最高) 誰か言ってあげてください。 「松嶋さん、踊りの邪魔です。どいてください」・・・と。
2007/06/14 2:54 AM
 僕の好きなさだまさしが原作の映画、眉山を観てきました。
『眉山−びざん−』'07・日 / 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
2008/05/31 10:15 AM
あらすじ東京で働く咲子(松嶋菜々子)は、故郷の徳島で暮らす母親の龍子(宮本信子)が入院したと聞いて久しぶりに帰郷するが、母が末期ガンだと知って、がく然とする・・・。感想日本映画専門チャンネルで観ました。原作は、さだまさしなのに主題歌は、レミオロメンや
眉山−(映画:2008年59本目)− / デコ親父はいつも減量中
2008/10/31 11:04 PM
監督:犬童一心 出演:松嶋菜々子、大沢たかお、円城寺あや、山田辰夫、永島敏行、夏八木勳、宮本信子 評価:77点 母と娘の静かな愛情を描いた美しい作品だった。 正直なところ押し寄せるほどの感動もなく、ひとり自室で涙する機会は私には訪れなかった。
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.