• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『黄色い涙』
笑い度ラッキーラッキー           2007/04/14公開  (公式サイト)
感動度ハート
泣き度悲しい
満足度星星星  


【監督】犬童一心
【脚本】市川森一
【原作】永島慎二 (黄色い涙シリーズ『若者たち』より)
【時間】128分
【出演】
二宮和也/相葉雅紀/大野智/櫻井翔/松本潤/香椎由宇/韓英恵/高橋真唯/菅井きん/志賀廣太郎/本田博太郎/田畑智子/松原智恵子


<ストーリー>

東京は阿佐ヶ谷で暮らす漫画家の村岡栄介、歌手の井上章一、画家の下川圭、小説家の向井竜三の4人は、ひょんなことから知り合い、栄介の母親を入院させるために一芝居を打つことになる。その後一度は離れ離れになった彼らだったが、やがて栄介のアパートで共同生活を送ることになる。そんな彼らを見守る近所の米屋の勤労青年・勝間田祐二と、章一に思いを寄せる食堂の娘・時江。そんな彼らのひと夏の物語。(goo映画より)

≪予告編≫
   

 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング

   

<感想>

永島慎二のコミックが原作で、1974年にNHK銀河テレビ小説で放映されたドラマが基になっているそうです。嵐の5人が主演ということでベタな青春を描いたアイドル映画なのかと思ったら、意外にしっかり作られていました。今流行りの昭和30年代が舞台となっていて、セットもよくできています。アイドル映画にしておくのはもったいないですが、かと言って嵐ファン以外にオススメできるほどじゃないんですよね。やっぱり嵐全員が出てくると違和感を感じるのでストーリーだけを楽しむのは無理かも。

 
たまたま時間が合ったので観たのですが、意外と楽しめました。単に嵐が出てきてワイワイする作品だと思っていたのですが(笑)、ただのサクセスストーリーではなく若者の苦悩を描いています。ストーリーは二宮くんが漫画家、相葉くんが歌手、櫻井くんが小説家、大野くんが画家という夢を持っている4人が同居することになり、夢と現実の間でもがきながら生きていくというお話。二宮くん以外の3人は本当にヘタレでイライラさせられるんですが、演じているのが相葉くんとや大野くんなのでほのぼの温かい気持ちになっちゃうんです。映画的にそれが良かったのかは微妙ですけど嵐ファンには良かったでしょうね。


全体を通して普通の青春映画のような疾走感はなくテンポは悪いです。でもこれが原作の空気というか、リアルに青春が描かれているんじゃないかなと思いました。このもがいてももがいてもうまくいかない停滞感が現実ですよね。理想や夢だけじゃ生きられない。どこで諦めて現実と折り合いをつけていくかというのがうまく描けていたと思います。嵐の仲の良さが伝わってくるので緊張感やシリアスさはあまり感じないのが痛かったですけど。


演技は二宮くんはさすがにうまいと思いましたけど、他は微妙です(笑)。櫻井くんも「ハチクロ」や「木更津キャッツアイ」とは違って関西弁の役だったから難しかったでしょうね。相葉くんや大野くんは演技をしてるって感じでもなくバラエティと同じに見えました。松潤は原作にはいないオリジナルキャラで、他の4人に比べてかなり出番が少なかったです。ドラマか映画の撮影とカブっていたのかもしれませんね。東北から出てきた真面目で純粋な役だったんですけど、松潤の目がキラキラしてて結構ハマってます。でもラストでまさか香椎由宇ちゃんと結婚してるとは思いませんでした。確かそれまで全く関わってなかったですよね(苦笑)。やっぱり地道にやってる人が報われるっていうメッセージなのかな?

 
嵐が出演するということしか知らなかったのですが、意外と豪華なキャストでビックリしました。香椎由宇ちゃんは嬉しいサプライズ♪ 昭和の世界に合ってるような合ってないような顔立ちですけどやっぱり綺麗ですね。たまにドキッとさせられました。それに意外と胸が大きいことも発見できて由宇ちゃんファンは要チェックかも(笑)。他にも本田博太郎さんや田畑智子さんなど実力派俳優が脇を固めているので安心して観ていられます。


この前の「情熱大陸」で二宮くん特集を見てたのでちょっと嵐に興味があったんですよね。確か大野くんがリーダーって言われていたと思うんだけど、松潤がリーダーシップ取っててウケました(笑)。僕のイメージでは、二宮くんは才能があって、相葉くんと大野くんはいい人で、櫻井くんは知的、個性的でなかなか面白いグループですよね。すっごく仲もいいみたいだし。そんなわけで嵐ファンではないのですが意外と楽しめた作品でした。櫻井くんのおしりも見れるのでファンは必見です(@'ω'@)


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



より詳しい最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村


【満足度ランキング】
『黄色い涙』面白かった方→こちらに投票
『黄色い涙』イマイチだった方→こちらに投票



  • 2010.06.13 Sunday
  • 01:56
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/08/01 10:56 PM, サラ wrote:
こーいちさん、こんばんは!
TBありがとうございました。
松潤の目がキラキラしてて、ヨカッタです〜
ワタシも、まさか香椎由宇ちゃんと結婚してるとは思いませんでした。
その上、子持ち・・・一番地道にやっていた者の願いが叶うなんて、いいラストでした。

アイドル映画を越えてたと思います。
2007/08/02 5:44 PM, こーいち→サラさん wrote:
>サラさん
こんにちは♪
松潤の目がキラキラしてましたよね〜。
香椎由宇ちゃんとの結婚はビックリでした(笑)
ちょっと気がある程度の描写があっても良かったのに
そんな素振りは全くなかったし。

アイドル映画にしておくのはもったいない出来でしたw
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/286

黄色い涙 / そーれりぽーと
2007/05/20 11:42 AM
SAKEROCKの音楽に惹かれて『黄色い涙』を観てきました。 ★★ SAKEROCKの音楽だけが良かった。 アルバム『Songs of Instrumental』に入ってた星野源ボーカルの『スーダラ節』なんかも流れて、いろんな意味で曲が心にしみた。 サントラも買ってたんだけど、映画を観てか
【2007-59】黄色い涙 / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/05/21 12:18 AM
あの頃の僕らは いつも いつでも 笑ってた 涙がこぼれないように
黄色い涙 65点(100点満点中) / (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
2007/05/25 1:16 AM
君のゆく道は果てしなく遠い 公式サイト 60年代から70年代にかけて、"自己表現としての漫画"を発表し続けた孤高の天才漫画家・永島慎二の『若者たち』を実写映画化。監督は青春映画を得意とする犬童一心。 今回の『黄色い涙』というタイトルは、1972年に同原作が
黄色い涙/嵐 / カノンな日々
2007/05/26 9:34 AM
ジャニーズの「嵐」主演による青春映画と聞けば、アイドル映画?と思わなくもないんだけど、嵐といえば「硫黄島からの手紙」の二宮和也くん「ハチミツとクローバー」の櫻井翔くん「僕は妹に恋をする」の松本潤くんといったソロの俳優活動でも活躍しているメンバーがいる
「黄色い涙」 / みんなシネマいいのに!
2007/05/26 9:59 PM
 東京オリンピックを翌年に控えた1963年の東京を舞台に、漫画家、歌手、絵描き
黄色い涙 / *Diary*
2007/05/27 6:13 PM
GW嵐堪能期間最終日。 ↑漢字並び過ぎ(笑) みなとみらいのワーナーで観賞。 全国公開されたばかりなのに、1日2回しか上映されてなくて、 スクリーンも小さく、狭い…+レディースデーなのもあり、取れた席は3列目。 始まってみると、満席だった{/ase/} 映画は、私は良
黄色い涙 / シネクリシェ
2007/05/30 4:30 AM
 現在『眉山』が公開中の犬童一心監督ですが、ほぼ同時期に別作品が公開されました。  出演者が嵐のメンバーということもあり、『メゾン・ド・ヒミコ』の監督がアイドル映画を、それも今流行の昭和ものを撮るとい
「黄色い涙」 トキワ荘でないとこの青春 / 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記
2007/05/31 9:24 PM
はたして、“嵐”全員で主演ということにこだわる必要があったんか? 製作のジェイ・ストームは、“嵐”のプライベートレーベルやからしゃあないけど、松潤なぁ〜。 「忙しい人やから出番少なめにしといてね」とマネージャーが言うたかどうか知らんけど、“嵐”全員にこ
黄色い涙 / 夫婦でシネマ
2007/06/07 5:53 PM
嵐のメンバー5人が全員出演しているので、アイドルの青春映画になってやしないかちょっと心配だったのですが、全然そんなことはなく、観終わった後、心温まる良い映画でした。
黄色い涙 / あきすとぜねこ
2007/06/09 2:55 PM
?      製作:2007 原作:永島慎二 監督:犬童一心 脚本:市川森一 出演:二宮和也、相葉雅紀、大野智、櫻井翔、松本潤、香椎由宇、韓英恵、    高橋真唯、菅井きん、志賀廣太郎、本田博太郎、田畑智子、松原智恵子?     永島慎二の青春漫画が
[ 黄色い涙 ]夢って何だろうね / アロハ坊主の日がな一日
2007/07/08 3:49 PM
[ 黄色い涙 ]を恵比寿ガーデンシネマで鑑賞。 昭和49年、テレビドラマとして放映された漫画家・永島慎二の同名作。脚本は市川森一、監督は手がけるフィールドが幅広い器用なディレクター、犬童一心。 しかしなあ、恵比寿ガーデンシネマも昔は高尚なものや作家性
黄色い涙 / 愛猫レオンとシネマな毎日
2007/08/01 10:45 PM
漫画家、永島慎二の同名コミックの映画化です。 この「黄色い涙」は、昭和49年、NHK銀河テレビ小説で、ドラマ化されました。 当時14歳だった犬童一心監督は、そのドラマに強く惹きつけられたそうです。 そして、嵐の5人と出会い、監督の心からずっと消えるこ
黄色い涙 / お萌えば遠くに来たもんだ!
2007/08/18 10:27 PM
観てきました。 <新宿ガーデンシネマ> 監督:犬童一心 原作:永島慎二 (黄色い涙シリーズ『若者たち』より) 脚本:市川森一 1963年、阿佐ヶ谷。売れない漫画家の村岡栄介は、暇そうで金のなさそうな3人の若者に声を掛け、病気の母を東京で入院させるための芝居
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.