• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『パッチギ!LOVE&PEACE』
感動度ハート           2007/05/19公開  (公式サイト)
泣き度悲しい
満足度星星星
 

【監督】井筒和幸
【脚本】羽原大介/井筒和幸
【時間】127分
【出演】
井坂俊哉/中村ゆり/西島秀俊/藤井隆/風間杜夫/キムラ緑子/手塚理美/キム・ウンス/今井悠貴/米倉斉加年/馬渕晴子/村田雄浩/ラサール石井/杉本哲太/麿赤兒/でんでん/寺島進/国生さゆり/田口浩正/すほうれいこ/宮川大輔/山本浩司/松尾貴史/清水優/桐谷健太/粟野史浩/土平ドンペイ/田中要次/徳山昌守/浜田学/菅原大吉/堀江慶/長原成樹/田中哲司/日向丈/愛染恭子/木下ほうか/金田敦/並樹史朗/竹下明子/鎌田愛/吉田千晃/久ヶ沢徹/川村亜紀/松永京子/ソン・チャンウィ/ちすん/パク・ソヒ/新屋英子/中村有志/温水洋一/木村祐一


<ストーリー>

1974年。京都で大暴れしていたアンソンは、病にかかった息子チャンスの治療のために、一家を引き連れ東京に引っ越してきた。アンソンはある日、駅のホームで宿敵近藤と遭遇し大乱闘に巻き込まれるが、気のいい国鉄職員の佐藤に助けられる。佐藤はアンソンの家族とも親しくなり妹キョンジャにほのかな思いを抱く。キョンジャはふとしたきっかけで芸能プロダクションからスカウトを受け、芸能界で頑張ろうと決意する……。(goo映画より)

≪予告編≫



    
   

 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング



<観賞前コメント>

前作は大好きですごく楽しみにしていたのですが、どうも評価は割れてるみたいですね。yahoo!のユーザーレビューもすごいことになってます(笑)。でも一般ブロガーでも好みが分かれているのでちょっと不安。今回は前回にも増して暴力描写が多いみたいだし、あまりにも極端に反日が描かれていれば楽しめないかもしれないなぁ。。なるべく楽しめるように期待を抑えて観に行きます。


<感想>

前作が素晴らしかったのは、単に日本人の悪い所を描いたのではなく、お互い理解し合って前に進んでいくという希望を感じさせる作りだったからだと思うんです。塩谷瞬くん演じる康介の視点を通して、自分がいかに在日の方々について無知や無関心だったかを知り、もっと理解していかなければいけないと痛感させられました。在日というデリケートな問題をしっかり描いていたからこそストレートに心に響く傑作でした。


↑のコメントで書いてある通り、続編もかなり期待していたのですが、前評判が微妙だったのであまり期待せずに観てきました。設定は前作のアンソン、キョンジャ兄妹の6年後。ストーリーとしてはキョンジャが入った芸能界の在日差別の話とアンソンの息子チャンスの病気の話の2つを軸に描かれていました。率直な感想としては前作ほど心に響くものはなかったですね。言いたいことは分かるんですけど、誰に対して伝えたいのかよく分かりませんでした。芸能界の在日差別は興味深いのですが特殊な世界って感じがして「へぇ〜、そうなんだ。」で終わっちゃいます(苦笑)。チャンスの病気も在日だからどうこうという話でもないので、可哀想だとは思いましたけど後から考えさせられるようなメッセージは感じませんでした。

 
前作は康介を通じて日本人と在日の双方向の視点で描かれていましたが、今回はひたすら一方通行だったのでちょっと共感しにくい部分もありました。それにむしろ在日の人々を悪く描いているんじゃないかと思えるシーンもあってどう捉えていいのか分からなかったです。病院でのシーンは僕的に医師は誠意を持って対応しているように見えたんですよ。なのでアンソンの理不尽なキレ方や母親がヒステリックに泣きわめく姿を見てドン引きでした。それにいくら子供の医療費を手に入れるためとはいえ平気で犯罪を犯すところも共感できなかったです。だってヤクザにお金がまわることで誰かが傷つくかもしれないでしょ。自分が良ければ他はどうでもいいのかと思ってしまいました。キョンジャの舞台挨拶も全く感動できなかったです。前もって脚本も読んでるわけだから嫌だったら断われば良かったと思うんですよ。内容を分かって仕事を受けたのに舞台挨拶であんなこと言うのはプロとしてどうなんだと思ってしまいます。自分のすることでどれだけ迷惑がかかるか分かってないのかなぁと怒りすら覚えました。どんなに自分の主義主張に反していても仕事を受けたからには抑えるべきですよね。なんだか在日の人のモラルがないように描かれていて、その意図がよく分かりませんでした。

  
回想シーンは繋がってないし死んだ父親の視点で描かれているので最初は分かりにくかったです。ラストで劇中映画と対比させるのは見事でしたが、「死にに行くより、ボロボロになっても生きて帰ってくる」というメッセージは僕的には目新しくないというか現代としては普通な気がするんですよね。何でこのメッセージを伝えたかったのだろう?というのが疑問でした。『花よりもなほ』も同じテーマでしたけど、あれは江戸時代という舞台だから面白かったんだと思うんです。まぁでも今公開されてる石原慎太郎の映画はそういう内容っぽい(見てないけど)のでかなり皮肉がこめられているんでしょうね(笑)。慎太郎も出てきたしw でも意識しすぎで、なんか慎太郎に向けた映画のように感じちゃいます。よっぽど嫌いなんでしょうけど。。

 
キャストは変更されてましたけど違和感はなかったです。そんなに続編って感じもないですし別のストーリーとして観ていました。役にもうまくハマってましたよ。中村ゆりさんも芸能界に入りたての初々しい雰囲気をうまく出してました。沢尻エリカちゃんだったらきっと初々しさはないはず(笑)。アンソンの井坂さんもうまかったですね。藤井隆さんも優しい日本人を好演してます。ただ、一緒に行動するだけで前作の康介のように日本人の視点が描かれていなかったのは残念でした。他の在日を演じた方達も本当に朝鮮人じゃないかってくらいハマっていましたし、セットもしっかり作りこまれていたので、映画の中にすんなり入ることができました。暴力シーンは思っていたほどありませんでしたが、後半のやつは必要なかったですね。お決まりだからやった感じで強引でした。

 
映画を観終わって思ったのは、これは前作みたいに在日の問題だけを描いた作品じゃないんじゃないかも?ということ。キョンジャの芸能界での差別もありますけどそこはおまけみたいなもので、それも含めてその時代に一生懸命生きる人々を描きたかったように感じました。だから、(なぜ入れたのか分かりませんけど、)キョンジャの

「何でうちら朝鮮人なん?」

というセリフも怒りの矛先が違う気がして浮いてるんですよね。視点が一方的なので、何が差別で何が被害妄想なのかよく分からなくなりました。どうしても「パッチギ!」となると在日色が先行してしまうのですが、いっそそれを意識しない方が楽しめたかもしれません。前作のようなものを期待すると肩透かしを喰らいます。これからご覧になる方は前作をあまり意識せず、70年代という時代と家族を描いた作品だと思って観ることをオススメします。あと慎太郎映画とのハシゴが一番面白いかもw


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



より詳しい最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村


【満足度ランキング】
『パッチギ! LOVE&PEACE』面白かった方→こちらに投票
『パッチギ! LOVE&PEACE』イマイチだった方→こちらに投票



パッチギ! (特別価格版)
パッチギ! (特別価格版)塩谷瞬 松山猛 井筒和幸
おすすめ平均 star
star希望はあった40年前。
star若き在日の溢れるパワー爆発!
star痛快青春劇☆
star傑作!!
starつまらない
Amazonで詳しく見る
by G-Tools




  • 2010.06.13 Sunday
  • 02:56
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/05/22 12:25 PM, hito wrote:
こんにちは。

やっぱり期待しすぎちゃったんでしょうか〜。私もあれれ?という感じでした(>_<)

一番は、舞台挨拶でのカミングアウト。納得しての仕事なんだから、周りに迷惑かけてもあの場で話すというのは・・と思うと私はあのシーン感動できず引いてしまいました。

ちょっと全体に焦点がぼけちゃったような〜残念でした。
2007/05/23 1:32 AM, こーいち→hitoさん wrote:
>hitoさん
こんばんは♪
やっぱりダメでしたよね〜。
カミングアウトとか共感できなったし。
前作のようなものを期待してたんですけど
イマイチ何が言いたいのか分かりにくかったです。。
2007/05/24 12:05 AM, ジグソー wrote:
どうも!
僕も1の方が好きでしたね。
家族愛が好きな方には2は結構好評みたいですが。

でも変に続編って感じじゃなく、まったくの違う話になってたのは良かったかも。

とにかくスケールの大きさが半端なかったですよね!
それだけに詰め込み感があったんですよね。

でも嫌いな映画では無かったです!
2007/05/24 6:21 PM, こーいち→ジグソーさん wrote:
>ジグソーさん
こんにちは♪
僕も嫌いじゃなかったんですけど予想と違って
ちょっと戸惑いました。
詰め込みすぎたんでしょうね〜。
そのせいで全体的に何が言いたかったのかボヤけてる
感じでした。
やっぱり1の方がいいですよね。
2007/05/26 6:05 PM, ミチ wrote:
こんにちは♪
井筒監督の思いは伝わるのですが、どうも焦点がぼやけたような気がします。
個人的には「1」が好きですね〜。
「1」は歌がとてもメッセージ性を持っていてグッときました。
2007/05/26 6:29 PM, 案山子 wrote:
こーいち様♪

お久しぶりですね♪

やっぱりイマイチでしたかぁ…そんな気はしてました(笑)

まず個人的に続編は同じキャストでやってほしいんですよね。個人的意見ですけど…。

前作が素晴らしすぎるとねぇ、どうしてもこうなりますね。前作のメッセージ性といったら、そりゃぁスゴかったですもんね。歌も心に響いたし♪

まぁ井筒のオッチャンも名作連発ってわけにはいかんようですね(笑)
2007/05/26 6:39 PM, テクテク wrote:
こんにちは(^^)
TBありがとうございました!

>「何でうちら朝鮮人なん?」
>というセリフも怒りの矛先が違う気がして浮いてるんですよね。

これには、私も全く同感です!!
まるで、自分たちの思い通りにならない事は、
何でもかんでも人種差別のせいにしているように感じられて、
私はとても腹立たしく思えました。

息子が難病なんて題材は、
本当に必要だったのかも疑問に思います。

結局、最後まで酷い人種差別のエピソードを
散々見せ付けられただけで終わってしまったような気がして、
なんだかなーといった感じでした。
2007/05/26 8:25 PM, ななな wrote:
こーいちさん、こんばんわ〜。
いろいろTB&コメントありがとうございます。
goo専用のブログを作られて・・・大丈夫でしょうか?こうやってまたTBいただけるのは嬉しいですがムリしないでくださいね♪

さて、この映画はやっぱり前作をこえられませんでしたね。
作るって聞いたときからそんな気はしていましたが・・・あまりにも一方的な描き方が多かったので何だかな〜って感じでした。
2007/05/27 12:21 AM, こーいち→ミチさん wrote:
>ミチさん
こんばんは♪
僕も1の方が好きでした!
イムジン河良かったですよね〜。
今回はたくさん詰めすぎてゴチャゴチャしてました。
もっと絞った方がスッキリしたでしょうね。
2007/05/27 12:49 AM, こーいち→案山子さん wrote:
>案山子さん
お久しぶりです♪
結構楽しみにしていたんですけどダメでした(苦笑)
色んなところにパッチギかまそうとしてどれも決定打に
ならなかったです。
前回みたいにピンポイントでかまして欲しかったなぁ。
話題の海賊映画もそうだし続編って難しいですね。。
2007/05/27 1:00 AM, こーいち→テクテクさん wrote:
>テクテクさん
こんばんは♪
コメントありがとうございます!
なんか理不尽に怒ってる場面が多々あってあれじゃ逆効果なんじゃと
戸惑ってしまいました。
息子の病気も意図がよく分からなかったですよね。
なんか一方的過ぎてそんなに差別されてるように見えなかったです。
これも狙ってるのかなぁ。
2007/05/27 2:21 AM, こーいち→なななさん wrote:
>なななさん
こんばんは♪
そうなんですよ、goo専用ブログを作りました(笑)
忙しいときはTBだけでお邪魔させてもらってるので
TBできないとかなり辛くて(苦笑)
お邪魔したいけどいつもコメントできないし、そうなると
gooの方のところになかなか遊びに行けなくなっちゃって。。
新しいブログはコピペだけで2分くらいでできるので
こっちの方が楽なんです♪
ということでまたTBでお邪魔しますねw

伝えたいことは分かるんですけど詰め込みすぎで
強引なところも多々ありましたよね。
ラストに希望もないのでなんだかなぁと思ってしまいました。
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/287

【2007-69】パッチギ! LOVE&PEACE(ラブ&ピース) / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/05/21 7:57 PM
生きぬくんだ、 どんなことがあっても。 世界を 変えられるのは やっぱり 愛だと信じたい。
2007/05/22 12:20 PM
監督:井筒和幸 出演:井坂俊哉、藤井孝、風間杜夫、手塚理美、中村ゆり、西島秀俊、国生さゆり、 「1974年、アンソン一家は、難病にかかってしまった息子チャンスの為に東京に移住してきていた。ある日の喧嘩で知り合った日本人の佐藤も家族ぐるみで仲良くなり、キ
「パッチギ!LOVE&PEACE」 / ジグソーのオレデミーアワード日記
2007/05/23 11:46 PM
「パッチギ!LOVE&PEACE」(2007) 《生きぬくんだ、どんなことがあっても。 世界を変えられるのは、やっぱり愛だと信じたい。》 5/19新宿バルト9・シアター8にて観賞 introduction 監督・脚本:井筒和幸 cast 井坂俊哉 、 西島秀俊 、 中村ゆり 、 藤
2007/05/24 4:32 PM
前作ほどのインパクトはなくても, 確かな家族愛は,気持ち良い後味を残す。
パッチギ! LOVE&PEACE / 八ちゃんの日常空間
2007/05/24 10:51 PM
ちょっと微妙だなぁ〜。まぁ、面白かったけど…
パッチギ!LOVE&PEACE 12点(100点満点中) / (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
2007/05/25 1:12 AM
スリーが苗字だよね 公式サイト 井筒和幸監督による2005年の映画『パッチギ!』の続編。時代は68年から74年へ、舞台は京都から東京へと移り変わり、前作と同じく、当時実在の人物や事件をモチーフとした、在日朝鮮人のドラマが描かれている。(序盤の電車乱闘などが
パッチギ!LOVE&PEACE / いいかげん社長の日記
2007/05/25 6:35 AM
あまり自分の趣味ではない感じではあるんだけど、他に見たいものがなかったのと、井筒監督作品に興味があったので。 でも、テレビでやってた「パッチギ」を観て、またちょっと観たい気分が減退^^; ま、いいか。 「UCとしまえん 」では、中くらいのスクリーン
2007/05/25 7:39 AM
監督:井筒和幸 CAST:井坂俊哉、中村ゆり 他 STORY:1974年。アンソン(井坂俊哉)と妹のキョンジャ(中村ゆり)と母親は、アンソンの息子、チャンスの難病治療のために上京していた・・・第1段『パッチギ!』から3年。この度はその後のアンソン一家が描かれてま
2007/05/25 10:45 PM
監督:井筒和幸出演:井坂俊哉、西島秀俊、中村ゆり、藤井隆、風間杜夫、キムラ緑子、手塚理美、キム・ウンス、今井悠貴今回LOVEをこめて辛口でいきます。悪い予感が当たった。面白くない。「想い」が前面に出すぎている。話の構成をたぶんわざと前作と同じ(喧嘩→ドラ
2007/05/26 9:31 AM
前作が素晴らしかっただけに井筒監督のプレッシャーもかなりのものだったんじゃないのかな?でも日頃、人の作品を辛口トークでぶった斬ってる方だけにきっと何かやってくれるんじゃないかとても楽しみにしてました。前作は日本人の高校生の目線で在日朝鮮人の社会を描い
映画「パッチギ!LOVE&PEACE」 / 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
2007/05/26 1:26 PM
LOVE&PEACEになっても、結局始まりは暴力シーンなんだよねぇ・・アリランもいいけど、前作での"イムジン河"がとっても良かっただけに熱唱なくて残念・・ 舞台は1968年の京都から、1974年の東京に移る。アンソン(井坂俊哉)は息子チャンス(今井悠
2007/05/26 2:13 PM
今日は某レンタルショップのウェブサイトで当選した 『パッチギ!LOVE&PEACE』の試写会に行っ
パッチギ!LOVE&PEACE / Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
2007/05/26 5:03 PM
                              評価:★9点(満点10点) 2007年 127min 監督:井筒和幸 出演:井坂俊哉 、中村ゆり 、西島秀俊 、藤井隆 、
2007/05/26 6:03 PM
映画館にて「パッチギ!LOVE&PEACE」 大ヒット作『パッチギ!』の続編は、キャストを一新。舞台を東京に移し、前作から6年後のアンソン兄妹が描かれる。アンソンの妻・桃子はすでに亡き人となっており、一人息子チャンスの病気を治すために何とかしようと奮闘するアン
2007/05/26 6:19 PM
2005年1月に劇場公開された「パッチギ!」の続編です。
パッチギ LOVE&PEACE / 映画を観たよ
2007/05/26 8:22 PM
なぜに続編?
『パッチギ LOVE&PEACE』 / 試写会帰りに
2007/05/26 9:26 PM
『パッチギ LOVE&PEACE』主人公の名前や設定だけ引き継いでの新しいオリジナルストーリーだと思って観ていました。途中、前作のアンソンの彼女・桃子(楊原京子)の写真から、あれあれ!? となって、前作と同じ登場人物の、その後の話なのだとやっと気づきました(^_^;)
2007/05/26 9:30 PM
4月4日(水)@新宿バルト9 完成披露試写会 監督:井筒和幸 出演:井坂俊哉. 西島秀俊. 中村ゆり. 藤井隆 他 配給:シネカノン アメブロさんからのご招待で一足お先に鑑賞させていただきました プレス向けの試写は初体験なので緊張感いっぱいの一日 仕
2007/05/26 10:43 PM
この映画の登場人物は、どうして短気で怒りっぽく、思慮深さがないんだろう?なんでキレてケンカしたり、激昂するのか分からなくて、誰にも共感できなかった。当時の流行ものを羅列して、加藤和彦さんの素敵な歌でまとめ上げて、作りも安直な感じ。今回も、公平さに欠け
『パッチギ! LOVE / まりむら
2007/05/26 11:22 PM
『パッチギ! LOVE
パッチギ! LOVE & PEACE / 映画、言いたい放題!
2007/05/27 4:39 AM
前作品「パッチギ! 」は物凄く評判が良かったですよね。 その続編のこの作品の完成披露試写会にアメーバブログさんから ブロガーとして招待して頂きました、バンザイ!\(^0^)/ 会場は悪天候にもかかわらず、大勢のマスコミや関係者で大賑わい。 ロビーでは楽団
パッチギ! LOVE&PEACE / タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
2007/05/27 4:59 AM
製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 127分 監督 井筒和幸 原作 − 脚本 羽原大介 、井筒和幸 音楽 加藤和彦 出演 井坂俊哉 、中村ゆり 、西島秀俊 、藤井隆 、 風間杜夫 、キムラ緑子 、手塚理美 、キム・ウンス 、今井悠貴 、 米倉斉加年 、馬
パッチギ! LOVE&PEACE / ネタバレ映画館
2007/05/27 7:45 AM
アル・パチーノは朝鮮人だった!!
2007/05/27 11:07 AM
「パッチギ!LOVE&PEACE」は2005年1月に公開された「パッチギ!」の続編で6年後の1974年を舞台に描かれており、在日韓国人の家族が東京に移り住み、そこで小さな子供が病気になり、その病気を治したいと奔走する家族の姿が描かれている。父の世代の戦争での出
「パッチギ! LOVE&PEACE」:兜町バス停付近の会話 / 【映画がはねたら、都バスに乗って】
2007/05/27 12:05 PM
{/kaeru_en4/}東京証券証券取引所かあ・・・。 {/hiyo_en2/}戦後日本経済の心臓部ね。 {/kaeru_en4/}でも、日本の高度成長の中で取り残されてきた人々もいるんだぜ。 {/hiyo_en2/}例えば? {/kaeru_en4/}例えば、在日朝鮮人の人々とか。 {/hiyo_en2/}井筒和幸監督の「
「パッチギ!LOVE / みんなシネマいいのに!
2007/05/29 1:12 AM
 「キネマ旬報」の2005年日本映画ベストテンの1位は「ALWAYS三丁目の夕
パッチギ! LOVE&PEACE / 映画君の毎日
2007/06/01 11:11 AM
前作は、たまたま公開日の翌日に、 目当ての映画が混雑しているから代替に観たら大感動。 そしていつのまにかクチコミで広まって大ヒット。 そういう映画のパート2を作るという噂の時点で、 無かったはずの
2007/06/01 3:58 PM
元YURIMARI、いいじゃない!『パッチギ!LOVE&PEACE』5月19日公開。アンソンは息子の病気を治すため、病院めぐりの果てに東京にやってきた。キョンジャは在日であることを隠し、芸能界へ。そして2人の父親の知られざる物語も明らかにされる。逆風の中、アンソン一家はど
2007/06/03 10:30 PM
舞台挨拶に行けなかった映画って、基本的にレンタル待ちか最悪見ないんだけど、これは観た(爆)乱闘のシーンのエキストラ、徹夜じゃなかったら参加したかも(笑)『パッチギ!LOVE & PEACE』チェック:大ヒット作『パッチギ!』のキャストを一新し、さらにパワーア
2007/06/09 11:08 PM
「パッチギ!LOVE & PEACE」★★★ 井坂俊哉 西島秀俊 中村ゆり 藤井隆 出演 井筒和幸 監督、127分 前作「パッチギ」は在日という重いテーマながら 全体に「生きる」という前のめりな情熱に溢れた作品で 「GO」と同様、かなり好きな映画だった。 さて、
「パッチギ!LOVE&PEACE」 / やまたくの音吐朗々Diary
2007/06/10 11:08 AM
公開中の映画「パッチギ!LOVE&PEACE」を観賞。井筒和幸監督作品。2004年に公開された「パッチギ!」の第2弾。出演は井坂俊哉、西島秀俊、中村ゆり、藤井隆、今井悠貴、風間杜夫、手塚理美、キムラ緑子ほか。1974年。前作で京都にいた在日朝鮮人のアンソン(井坂俊
2007/06/22 3:53 PM
前作「パッチギ!」から2年、ついに待望の第二章が!   実は前作の「パッチギ!」は未見です。キャストがほとんど変わっているんですね。舞台は、1968年の京都から、74年の東京へと移ります。主人公アンソン(井坂俊哉)の父親の代のエピソードを交えなが
2007/07/21 1:16 PM
監督:井筒和幸 出演:井坂俊哉、中村ゆり、今井悠貴、藤井隆、清水優、でんでん、西島秀俊、手塚理美、風間杜夫 評価:70点 公式サイト お前らさあ。 いいかげんもうちょっと仲良くしろよ。 暴れりゃいいってもんと違うだろうが、このバカタレっ! と
2007/11/06 1:46 PM
解説: 大ヒット作『パッチギ!』のキャストを一新し、さらにパワーアップした、涙と笑いの感動作第二弾。今回は舞台を京都から東京に移し、三世代に渡り受け継がれる壮大な家族史と命の輝きを描く。2200人を超えるオーディションで見事主役に抜てきされた『GO』の井
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.