• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『檸檬のころ』
感動度ハートハートハート          2007/03/31公開  (公式サイト)
切なさ 悲しい
青春度よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー
満足度星星星星  


【監督】岩田ユキ
【脚本】岩田ユキ
【原作】豊島ミホ 『檸檬のころ』(幻冬舎刊)
【時間】115分
【出演】
榮倉奈々/谷村美月/柄本佑/石田法嗣/林直次郎/浜崎貴司/石井正則/織本順吉/大地康雄


<ストーリー>

成績優秀で、吹奏楽部で指揮者を務める加代子は高校を卒業したら東京の大学に進学したいと思っている。そんな加代子に思いを寄せる巧はなかなか気持ちを伝えられない。そんな彼に同じ野球部の富蔵が無邪気に、佐代子が好きだと告白する。次第に近づいていく加代子と富蔵の距離…。加代子のクラスメイトの恵は、将来音楽ライターになりたいと思っている。偶然掃除当番が一緒になった軽音楽部の一也と音楽談義で盛り上がり…。
(goo映画より)


≪予告編≫


    
   

 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング

   

<感想>

やっと地元で公開されたので観てきました。原作はネット小説で人気の豊島ミホ(24歳)の同名短編小説。その中の2編を組み合わせて作られています。監督は本作で長編デビューの岩田ゆり。彼女の作品は「ヘアスタイル」という短編映画で観たことがありますけど、同じようにノスタルジーを感じさせる作品でした。こういう雰囲気の作品が好きなんでしょうね。


この作品が観たかった理由は榮倉奈々ちゃんが出ていたからw 世間では散々酷評されまくった『僕は妹に恋をする』でハマっちゃいました(笑)。それまでは別に好きな女優さんでもなかったんですけど、無邪気な笑顔にグッと心を掴まれたんですよね〜。本当に楽しそうな表情がうまくて常々感心させられます。月9の「プロポーズ大作戦」も見てますけど、長澤まさみちゃんよりも奈々ちゃん目当てです(笑)。

 
そんなわけで榮倉奈々ちゃん目的で観に行ったのですが、その点ではちょっと残念な作品でした。今回は優等生で表情の乏しい役だったので魅力は半減してましたね。ただその代わりに谷村美月ちゃんが輝いてました。彼女の作品は見たことがなくて印象に残ってるのは「海賊版撲滅キャンペーン」の黒い涙を流してるCMだけ。顔だけ見たら大人っぽく見えたのですが、小さくて可愛らしい女の子でした。今回初めて演技をする姿を観ましたけど、不思議な魅力のある子ですね。まだ垢抜けてない感じで、動きや佇まいに味があります。あれは演技だったのかなぁ?もっと他の作品も観てみたいと思いました。


物語は榮倉奈々ちゃん演じる秋元加代子と谷村美月ちゃん演じる白田恵の2つの話が同時進行で進んでいきます。田舎の高校3年生の一時期を切り取っただけのような、特にドラマチックな展開があるわけでもない淡々とした描写になっています。単館系らしい作品でした。ちょっとしたきっかけで好きになったり、好きな人の一言で落ち込んだり、たわいもないことで一喜一憂する高校生の姿をわざとらしくなく等身大で描いています。女子高生の青春映画ということで『リンダリンダリンダ』に近いような気もしますけど、「リンダ〜」のように何かに向かって突き進む爆発力のようなものはないですね。爽やかというより悶々とした甘酸っぱい青春を描いた作品なので、退屈だし物足りないと感じる人も多いかもしれません。


役割的に加代子の話が「静」で青春の甘酸っぱさを、白田の話が「動」で夢に向かう姿を感動的に描いてます。なのでやっぱり白田のエピソードの方がストレートに心に響きました。文化祭のシーンは淡々とした映画の中で唯一青春映画らしい疾走感。白田の歌詞が歌われていた時は鳥肌が立って涙が溢れてきました(ノД`;) 林直次郎くんの歌はさすがに力があってグッときます。曲が終わったら生徒と一緒に拍手したくなりました。それにしても彼が平川地一丁目の弟だなんてビックリしました。すごく大きくなってますね〜。クールで普通にかっこよくなってました。本職じゃないので演技はまだまだですけど、その初々しさが人柄の良さを感じさせてむしろ好感が持てました。


加代子のエピソードは等身大のリアルな姿を描けていたんじゃないかなと思います。僕は上京してないし遠距離恋愛もないので実体験と重なるところは少なかったですが、地方から東京に出てきた人はかなり共感できるのかもしれません。

 
「東京に行ったら忘れちゃう?」

「・・うん」


っていうセリフが好きでした。佐々木(柄本祐)のことが好きだけど、現実的に考えるとこうなるんだろうなという答え。彼氏のことは好きだけど将来に対する希望もあって、やっぱり前に進むためには置いていかなければいけないものもあります。こういうところは女性の方が割り切れるのかもしれませんね。でもこうやって大人になって行くんだなぁとしみじみしちゃいました。西(石田法嗣)との回想シーンもなんだか良かったです。あの頃って彼女のリップを塗ってもらうだけでドキッとしちゃうんですよね(笑)。リップの香りから付けられた「檸檬のころ」っていうタイトルもセンスがあって素敵です。

 
加代子の話に絡んでくる柄本くんと石田くんはうまかったんですけど、配役的には微妙な感じがしました。僕的には柄本くんはフラれる役のイメージしかないんですよ(笑)。だから付き合うことになったら「えぇぇぇぇぇ!」って予想外でした。デートしてるところも違和感感じちゃうし。石田くんの柄本くんの役が逆だった方がスッキリ楽しめた気がしますね。

 
別になんでもないストーリーなんだけど結構好きな作品でした。ただ退屈に感じる人も多いと思うので万人にはオススメできないかな。監督も長編デビュー作ということで多少粗も目立ちますし。なので静かな青春映画が大好きな人じゃないとハマらないかもしれませんのでご注意を。あと、榮倉奈々ちゃんは魅力を発揮してるとは言えないのでそれ目的の人はガッカリしますよ(笑)。それよりも谷村美月ちゃんの魅力が満載なのでそちらを堪能してください♪


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村


【満足度ランキング】
『檸檬のころ』面白かった方→こちらに投票
『檸檬のころ』イマイチだった方→こちらに投票



檸檬のころ
檸檬のころ豊島 ミホ

おすすめ平均
starsささやかな、でもかけがえのないドラマ
stars快適な気分にしてくれる清清しさ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


hikari(初回生産限定盤)(DVD付)
hikari(初回生産限定盤)(DVD付)林直次郎 白田恵 藤井丈司

おすすめ平均
stars平川地一丁目、弟の直次郎さんの初ソロ・シングル。歌詞への思いやりと丁寧さ。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



   
   



  • 2010.06.13 Sunday
  • 02:07
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/05/27 12:24 PM, ジョー wrote:
TBありがとうございます。
わざわざgooのブロガーのためだけに別ページをつくっていただき、ほんとに恐縮です。これからもよろしくお願いします。
「檸檬のころ」はとてもいい映画なのにひっそりと公開されてしまったのが残念です。ひとりでも多くの人に観てもらいたいと思います。
2007/05/27 9:35 PM, こーいち→ジョーさん wrote:
>ジョーさん
こんばんは♪
こちらこそコメントありがとうございます!
そう、ひっそりと公開してるんですよね〜。
僕の地方も一週間しかやってなくて危うく見逃すところでした。。
いわゆる単館系の地味な作品ですけどこういうのを
多くの人に見てもらいたいですねw
2007/07/31 4:30 AM, サラ wrote:
こーいちさん、こんばんは!いや、おはようの時間ですね(笑)
別になんでもないストーリーでしたが、ワタシも楽しめました。
でも、「そこで行け!」とイラつくところもあって、登場人物より熱くなってたかも・・・
歌の歌詞には感動でした!
2007/07/31 6:14 PM, こーいち→サラさん wrote:
>サラさん
こんにちは♪
この普通っぽさが良かったですよね。
僕もイライラした場面もありましたけど(笑)
でもこの甘酸っぱさがリアルに感じましたw
谷村美月ちゃんが作った歌詞は感動でしたね!
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/288

2007/05/26 9:36 AM
原作は豊島ミホさんの同名小説。未読なんですけどこの青春映画はワタシ的には見逃せません。もしハズレだったとしてもこれからの邦画を盛り上げてくれそうな若い俳優たちの作品としてしっかり観なくちゃと思っていたんですが、これが見事に気持ちいいくらいに私のハート
映画 「檸檬のころ」 / ようこそMr.G
2007/05/26 6:11 PM
映画 「檸檬のころ」 を観ました。
「檸檬のころ」:お台場海浜公園駅バス停付近の会話 / 【映画がはねたら、都バスに乗って】
2007/05/27 12:07 PM
{/hiyo_en2/}まあ、かわいい猫のオブジェ。 {/kaeru_en4/}ここには猫グッズの店があるんだぜ。 {/hiyo_en2/}中高生の女の子が喜びそうな感じね。 {/kaeru_en4/}榮倉奈々とか谷村美月とかか? {/hiyo_en2/}あら、よくそんな若手俳優の名前を知ってるわね。案外、女子高
「檸檬のころ」レビュー / 映画レビュー トラックバックセンター
2007/05/27 2:17 PM
映画「檸檬のころ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:榮倉奈々、谷村美月、柄本佑、石田法嗣、林直次郎、浜崎貴司、石井正則、中村麻美、織本順吉、大地康雄、他 *監督:岩田ユキ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのト
センチュリー・シリーズ1 檸檬のころ / しぇんて的風来坊ブログ
2007/06/01 12:31 AM
檸檬のころ この映画は良かったですね。 地方のある程度進学高(つまり東京の大学に行ってしまったり地元に残ったりで卒業後別々に離れていく)という前提と、うまく仲良く周りに溶け込むちょっと優等生タイプがいれば、ちょっと変わってて周りと浮くというかダサイと
2007/06/01 3:59 PM
あー、もう淡酸っぱすぎよ! 『檸檬のころ』3月31日公開。ロケ地の栃木県では本日より先行公開(原作の設定は著者の地元・秋田というウワサ…)。高校3年生の秋元加代子。秋元と同じ中学の西。西と同じ野球部の佐々木。秋本と同じクラスの白田恵と辻本一也。5人の淡い
【2007-90】檸檬のころ(れもんのころ) / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/07/03 12:04 AM
人気ブログランキングの順位は? すべてが、きらめいていた。 誰しもが通り過ぎてきた、甘くて痛いあの時間── 卒業まで半年間。 それぞれの日々。 すごい。世界ってこんなにも熱いものだったん。 そして、みんな、大人になってゆく──
檸檬のころ 66点(100点満点中) / (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
2007/07/08 6:40 PM
京都の丸善に置いてある 公式サイト とある地方校を舞台に、章ごとに焦点を当てる生徒を変えて書き綴られた、豊島ミホの同名連作小説を映画化。 映画化に際して、原作から『ラブソング』および『雪の降る街、春に散る花』の2エピソードを二本柱とし、それが交互
檸檬のころ / 愛猫レオンとシネマな毎日
2007/07/31 4:18 AM
豊島ミホさんの同名小説の映画化です。 原作を24歳の女性が書き、34歳の女性監督、岩田ユキさんが撮った作品です。 長編映画としてはデビュー作だし、脚本まで書かれてます。 最近の女性監督は、自分で書く人ばかりですね。 主人公、加代を榮倉奈々が演じてま
2007/08/10 11:15 PM
 とにかく驚いてしまいました。おめでとうございます!来年度のNHK朝の連続テレビ
2007/09/30 3:28 PM
檸檬はすっきりとさわやかな味だけど、心の擦り傷にはしみて、ちょっと痛い。 高校三
檸檬のころ / ダイターンクラッシュ!!
2007/10/01 7:31 PM
4月15日(日) 16:10〜 CINEAMUSE WEST 料金:0円(シネカノン会員更新時付与1000ポイント使用) パンフ:700円 檸檬のころ公式サイト くだらない事に一喜一憂した、今から考えると恥ずかしいことばかりだった、あの頃の映画。一喜一憂の中でも最も恥ずかしい
2007/12/21 1:36 AM
新鋭女流作家の豊島ミホによる同名ロングセラー小説を原作に、高校生たちの揺れ動く多感な心情を描いた青春ドラマ。監督と脚本は、本作が初の長編映画となる岩田ユキ。『僕は妹に恋をする』の榮倉奈々と『カナリア』の谷村美月を主演に迎え、共演は映画やテレビでの活躍
2008/01/11 4:41 PM
初めての通学電車。初めての片思い。初めての告白。初めての仲間。初めての恋。 大人になったら味わえない。味わわずには大人になれない。...
『檸檬のころ』'07・日 / 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
2008/04/27 7:43 PM
あらすじ吹奏楽部の指揮者で成績優秀な加代子(榮倉奈々)は中学時代から思いを寄せられている野球部の西(石田法嗣)の気持ちにこたえられずにいた。一方、音楽ライターを目指す恵(谷村美月)は軽音楽部の辻本(林直次郎)と出会い、音楽談義に花が咲く。高校最後の文
2009/02/16 4:11 PM
「徹底サーチ」では、あなたが入力したキーワード「谷村奈々」に関する最新情報をインターネットから徹底検索しています。 「谷村奈々」:最新情報 「谷村奈々」関連商品を探す アマゾン 楽天市場 楽天ダウンロード bidders TSUTAYA ス
『檸檬のころ』 / cinema-days 映画な日々
2015/02/15 12:55 AM
檸檬のころ 田舎の高校を舞台に、 5人の高校生の淡い恋愛模様を描く。 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:豊島ミホ  読後の感想
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.