• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『クィーン』
感動度ハートハート           2007/04/14公開  (公式サイト)
泣き度悲しい
上品さ王冠王冠王冠王冠
満足度星星星星

 
【監督】スティーヴン・フリアーズ
【脚本】ピーター・モーガン
【時間】104分
【出演】
ヘレン・ミレン/マイケル・シーン/ジェームズ・クロムウェル/シルヴィア・シムズ/アレックス・ジェニングス/ヘレン・マックロリー/ロジャー・アラム/ティム・マクマラン


<ストーリー>

1997年8月、パリでダイアナが交通事故に遭い、帰らぬ人になった。王家においてダイアナはいつも頭痛の種で、民間人となっていたダイアナの死は本来関係のないことであった。女王はコメントを避けるが、ダイアナを称える国民の声は次第に高まっていく。やがてダイアナの死を無視し続ける女王に、国民の非難が寄せられるようになる。若き首相ブレアは、国民と王室が離れていくことに危機を感じ、その和解に力を注いでいく。(goo映画より)

≪予告編≫


 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング
   

<感想> 

ひと月前なので細かい所は忘れてますが(汗)、評判のいい作品だったので観てきました。ストーリーはイギリスの皇太子妃だったダイアナの事故死で揺れる王室の様子を描いています。王室の立場から言えば、ダイアナは元皇太子妃とはいえ王室を出て行った一民間人。なので当然、公式のコメントを発表する必要はないと考えます。しかし、国民は人気絶大だったダイアナの死に関して何のコメントもしない王室に不信感を抱いていきます。


なかなか興味深い作品でした。日本はイギリスのように立憲君主制ではないですが、天皇制に通じるものがあるので観ていてすごく面白かったです。まずイギリスの女王をこんな風に描いていいのかというのが驚きでした。日本だったら絶対に有り得ないですよね〜。多分許可がいると思うんだけどそれが下りたというのが、懐の深さというか、とにかくすごいの一言。普段の生活の様子も描かれていて、テレビを見て文句を言ったり、犬の散歩に行ったり、生活感溢れる描き方が新鮮に映りました。

 
ダイアナさんの死については、当時部活で忙しかった頃なのであまり記憶にないんですよね。。ニュースになっているのは知っていますが、結構日本でも騒がれていたみたいですね。今回映画で当時の映像を見ましたけど花束とかすごくてビックリしました。王室暗殺説もあったり今でも騒がれるくらいだから、絶大な人気だったんでしょうね。でもそれだけ衝撃的なニュースなのに、それがパパラッチの規制に繋がらないのかがすごく不思議。あれだけ追っかけまわされたら逃げたくなるのも分かるし、絶対に影響があったと思うんですけどね。王室を責める前にパパラッチを非難すべきじゃないのかなぁ。やはりパパラッチの恩恵を受けて楽しんでいる人が多いからなんでしょうか。以前テレビを見ていたらパパラッチの特集をしていて、ダイアナさんを追っかけていた人もいましたけど、「あんな事件(事故)があってもやはりお金になるからこの仕事はやめられない。」みたいなことを言ってて、全ての元凶はコイツらなんじゃないかと思いました。


日本もそうですけどマスコミの盛り上げ方も問題がありますよね。悲劇なんかは極端に煽って、しかも国民もすぐ乗せられちゃいますから。。今回の映画でも冷静に見ると女王に共感できる部分が多々ありますよね(そういう風に見せてるだけとも言えますが)。パフォーマンスも重要だけど、控えめで品位を重んじる王室の伝統はすごく好感が持てます。確かに時代と合っていないのかもしれませんけど、国民はそれらを理解して敬っていってほしいなと思いました。

 
実物のエリザベス女王を知らないので似ているかどうかは分かりませんでしたが、主演のヘレン・ミレンは貫禄があって素晴らしかったです。さすがアカデミー賞主演女優賞だけありました。「私は誰よりも英国民を知っている」「国民と神に一生を捧げる」という気概とオーラは圧倒的でした。実際に目の前に現れたらとっさに跪いてしまうかもしれないと思うくらいの風格がありました。「リーダーは孤独」なんてよく言いますけど、それが一国の女王ともなればどれ程のものか想像もできないですね。その孤独さというか孤高さをうまく描いていました。マスコミの批判や国民世論の反発を知ったときの女王の苦悩は観ていて胸が痛くなります。

 
そしてマイケル・シーン演じているブレア首相ももう一人の主役とも言えるくらい大活躍でした。当初は反王室の姿勢で臨んでいたブレアでしたが、女王と接するうちに次第に魅入られ、彼女と国民との絆を回復させようと奔走します。どこまで本当なのか分かりませんがかなりおいしい役でしたw それに比べて可哀想だったのがブレア夫人(笑)。彼女はあれで大丈夫だったのかなぁ。実名でしっかり描かれているっていうところが本当に凄いです(⌒▽⌒;)  そうそう、ブレアがニューカッスル・ファンっていうのはサッカー好きにはよく知られているところですけど、しっかりユニフォームを着てましたね(笑)。ちなみにニューカッスルは「GOAL!」でサンティアゴが所属していたチームですw

 
あまり当時を知らないのでストーリー自体にそんなに面白みを感じることはなかったです。それに結局、女王もブレア首相も好感の持てる描き方で終わっているので多少政治的な匂いも感じますし、全て鵜呑みにはできません。ただ、王室内部の生活感を感じさせる描き方はすごく興味深くてかなり魅入ってしまいました。女王という立場の重さと苦労や苦悩も考えさせらるいい機会になったかな。日本にも皇室制度がありますし、皇室と重ねながら観るのも面白いと思います。


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



より詳しい最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村



    



  • 2010.06.13 Sunday
  • 02:54
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/05/29 9:00 AM, hito wrote:
静かなストーリーなんだけれど、女王や首相の心情などがリアルに伝わってきてとても興味深い映画でした。

少女から花束をもらうシーンが感動的でした。
ブレア首相これで人気アップするだろうって位いい役どころでしたね。
2007/05/29 11:20 PM, こーいち→hitoさん wrote:
>hitoさん
こちらもありがとうございます!
すごく興味深いさくひんでしたよね〜。
あまり女王の生活なんて見れないので、こんな生活してるんだぁと
そっちの部分が面白かったですw

少女の場面良かったですよね。
僕もその場面はウルウルきました!
あれだけの信念を持って国民のことを考えているのだから
その想いも理解してあげて欲しいです。
最近ブレア人気は低迷してたからこんな映画を作ったんじゃないか
とか考えてました(笑)
でも退陣するらしいですし関係ないのかなぁ。
2007/06/08 9:58 PM, サラ wrote:
こーいちさん、こんばんは!
TB&コメント、ありがとうございました。
ブレア首相の奥さんは、あんな感じみたいだし、あまり好感はもたれてないようです。
当時の映像を、再現したシーンなどは、よく出来てましたね。
でも、映画の中のヘレン・ミレンさんは、おばあちゃんですが、受賞式のヘレン・ミレンさんは、別人のように若くなってたので、それに一番驚いてしまいました。
やっぱ、女優ってすごいなあ〜と、映画そっちのけで、感動でした(笑)


2007/06/09 2:19 PM, こーいち→サラさん wrote:
>サラさん
こんにちは♪
ブレアの奥さんほんとにあんな感じなんですね(笑)
ヘレン・ミレンさん、若くなってたんですかw
アカデミー賞も見てなかったし。
女優ってやっぱり化けれるんですね〜。
すごい!
2007/06/12 9:43 PM, ななな wrote:
こーいちさん、こんばんわー。
この映画はホントよく作ったなって思いますよね。
許可を取ってでしょうけど絶対下手なことは出来ないですし。
プレッシャーもすごかったでしょうし。
だからこそ徹底的にリサーチしての結果でしょうね!
私は当時のことは全然覚えていないのですがそのために自分の中で勝手に作られていた女王のイメージが相当変わりました。
当たり前ですが女王だって人間なんですよね。
2007/06/13 11:27 PM, こーいち→なななさん wrote:
>なななさん
こんばんは♪
かなりリサーチしてないとこんな映画は作れないですよね。
でもどうやって調べたのかすごく気になります。
ちょっと批判的な部分もあったりしたのに許可するのもすごい。

僕も勝手にイメージしてる部分があったのですがこの作品で
イメージが変わりました。
そう、女王とは言え同じ人間なんですよね〜。
大変だろうなぁと思いました。
2007/06/14 1:27 AM, カオリ wrote:
TBどうもです。こんな映画が作られるっていうのも凄いですよね。
ブレアは今回退陣するけど、女王は退陣は許されない。圧倒的な孤独と、凄いオーラですね。
2007/06/15 1:00 AM, こーいち→カオリさん wrote:
>カオリさん
こんばんは♪
こちらこそコメントありがとうございます!
ほんとこんな映画が作られることにビックリでした!
女王って職業じゃないし、一生付いて回るものですもんね。
孤独も凄いでしょうね〜。
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/292

映画「クィーン」 / 日々のつぶやき
2007/05/29 8:55 AM
監督: スティーヴン・フリアーズ?  出演: ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェイムズ・クロムウェル 『世界中が泣いたその日、たった一人涙を見せなかった人がいた。』 ものすごいインパクトのあるコピー・・ダイアナ妃が亡くなった日、1997年8月31日
「クィーン」映画感想 / Wilderlandwandar
2007/05/29 9:13 PM
今年のアカデミー賞で(記事)ヘレン・ミレンさんが主演女優賞を獲得した時から気にな
【2007-63】クィーン(THE QUEEN) / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/05/31 10:34 PM
ショッキングなニュースが世界中を震撼させた 1997年8月31日 ダイアナ元妃 突然の死 世界中が泣いたその日、 たった一人涙を見せなかった人がいた 世界中が注目したひとりの女王 その時─ 英国王室に何が起こったのか あれから10年 今、真実
真・映画日記『クィーン』 /           
2007/06/01 2:15 AM
4月19日(木)◆416日目◆ 終業後、三田線で日比谷へ。 シャンテ・シネで『クィーン』を見る。 6割ほどの入り。 女性客、会社帰りのリーマンが客層の中心。 ボクの右隣は外国人の野郎二人組。 1997年8月に起きたダイアナ元皇太子姫の自動車事故→急逝。
クィーン / 愛猫レオンとシネマな毎日
2007/06/08 9:39 PM
主人公、エリザベス女王を演じたヘレン・ミレンがアカデミー賞の最優秀主演女優賞を 受賞した作品です。 ダイアナ元皇太子妃が、パリで恋人と共に、交通事故でこの世を去ってから、もう10年なんですね。 この作品は、事故直後の7日間のお話です。 ロイヤルファ
クィーン / ★YUKAの気ままな有閑日記★
2007/06/11 11:22 PM
アカデミー賞主演女優賞受賞のヘレン・ミレンを観に劇場へ―【story】1997年8月31日。ダイアナ元皇太子妃がパリで自動車事故によって急逝した―事故直後、英国国民の関心は一斉にエリザベス女王(ヘレン・ミレン)に向けられ、好奇心の対象となった。民間人となったダイ
クィーン 60点(100点満点中) / (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
2007/06/12 12:09 AM
謎の東洋人X 公式サイト ダイアナ妃事故死の前後、英国王室にて繰り広げられた顛末を、女王・エリザベス二世とブレア首相の二人の視点をメインとし、事実に創作を交えて再構成したノンフィクション風映画。 エリザベス女王を演じるヘレン・ミレンは、物静かさと
クィーン / そーれりぽーと
2007/06/12 12:37 AM
世界中から愛された元プリンセス・ダイアナと、彼女の死によって必要以上に悪役のレッテルを貼られてしまった女王の苦悩を描いた映画『クィーン』。 ご本人存命の内にこんなプロットの映画が製作出来たというのは驚き。 オスカーでも評価されるなと興味深く公開を待って
「クィーン」 / てんびんthe LIFE
2007/06/12 1:19 AM
「クィーン」シャンテシネで鑑賞 何かと話題のこの作品がどうして製作されたのか、どう受け止めて良いのか、考えがまとまらないまま劇場へ。作品としては面白いと思いました。ダイアナ妃が亡くなって10年、何故いまこの作品が作られたのか。やっぱりわからない。初
クィーン / とんとん亭
2007/06/12 3:10 AM
「The Queen/クィーン」 2007年 英/仏/伊 ★★★★ 1997年8月31日、ダイアナ元妃の突然の死。 あれから、10年“人民のプリンセス”ダイアナのお姿は今もなお人々の 脳裏に焼きついている。 ダイアナ元妃の訃報直後の、ロイヤル・ファ
クィーン / ネタバレ映画館
2007/06/12 7:03 AM
ホモだからといってエルトン・ジョンを馬鹿にするな!あんただってスカート穿いてるゾッ!
2007/06/12 7:26 AM
英国王室のダイアナ元皇太子妃が、パリで交通事故に遭い、逝去してからの王室での一週間を描いた作品です。
クイーン / シャーロットの涙
2007/06/12 7:40 AM
エリザベス女王の苦悩
クィーン / UkiUkiれいんぼーデイ
2007/06/12 9:02 AM
女王陛下と言えども・・・一人の人間 先日鑑賞した『太陽』もそうでしたが、一般ピーポーが立ち入れない領域って覗いてみたくなります。 時は1997年 新しい首相を選ぶ選挙真っ只中 エリザベス2世女王陛下(ヘレン・ミレン)は、肖像画を描いている画家
クィーン(映画館) / ひるめし。
2007/06/12 9:28 AM
世界中が泣いたその日、たった一人涙を見せなかった人がいた
2007/06/12 11:19 AM
ヘレン・ミレンのオスカー受賞で一躍話題作へと躍り出たこの作品。シャンテ・シネで上映が決まりチラシが出まわり始めた頃はほとんど無風状態だったのに、アカデミー賞後の評判の高さにビックリしちゃいますね。やっぱりアカデミー賞効果ってスゴイんでしょうね。私とし
クィーン / 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
2007/06/12 8:22 PM
1977年8月、パリでダイアナ元皇太子妃が交通事故で亡くなります。すでに、民間人となっていたダイアナは、本来、イギリス王室とは無関係な存在。エリザベス女王は、ダイアナの死について公式なコメントを出すことを控えますが、やがて、そのために国民に非難されるよう
クィーン・・・・・評価額1550円 / ノラネコの呑んで観るシネマ
2007/06/12 8:43 PM
「ゲゲゲの鬼太郎」が日本のコスプレショーなら、「クイーン」は由緒正しい大英帝国的コスプレショー。 ダイアナ妃の突然の事故死から一週間の英国王室と政府の混乱と葛藤を、エリザベス女王と当時就任したばかりのブレア首相を
クイーン / 映画を観たよ
2007/06/12 9:40 PM
知られざる女王の姿。
『クイーン』 / めでぃあみっくす
2007/06/12 9:50 PM
元イギリス皇太子妃ダイアナさんがパリでパパラッチの追跡により事故死したことを知ってから、エリザベス女王が公式に追悼の意を述べるまでを描いたこの作品。とても静かな映画でしたので、見る人によっては眠気が誘う映画かも知れません。でもいい映画でした。 この
クィーン / 映画鑑賞★日記・・・
2007/06/12 10:30 PM
【THE QUEEN:2007/04/14】04/21製作国:イギリス/フランス/イタリア監督:スティーヴン・フリアーズ出演:ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェームズ・クロムウェル、シルヴィア・シムズ、アレックス・ジェニングス、ヘレン・マックロリー、ロジャー・アラム、テ
『クィーン』 / ラムの大通り
2007/06/12 10:37 PM
----ヘレン・ミレン、よかったニャあ。 さすがにアカデミー主演女優賞を取っただけあるや。 「そうだね。 どこまでリアルなのかは分からないけど、 人間エリザベスの苦悩が シンパシーを持って感じられたものね」 ----それとは逆にあのダイアナが もう、それほど魅力的
★「クィーン」 / ひらりん的映画ブログ
2007/06/13 1:29 AM
クィーンといえば、英国のエリザベス女王。 ダイアナ元妃の事故死事件時の王室を描いた作品・・って、よく作ったねぇ。 主演のヘレン・ミレンがオスカーの主演女優賞に輝いた作品。
映画〜クィーン / きららのきらきら生活
2007/06/13 9:12 AM
 「クィーン」公式サイト本年度アカデミー賞主演女優賞受賞作品1997年8月31日に交通事故で他界したダイアナ元妃をめぐって、揺れ動く英国王室の内実を描いた衝撃のドラマ。1997年8月31日、“英国の薔薇”ともうたわれた英国王室のダイアナ元皇太子妃が、パリで交通事故
映画 【クィーン】 / ミチの雑記帳
2007/06/13 10:13 PM
映画館にて「クィーン」 1997年8月31日に交通事故で他界したダイアナ元妃をめぐって、揺れ動く英国王室の内実を描いたドラマ。 ダイアナ元妃が交通事故で亡くなったというニュースが世界を駆け巡ったのは10年前の夏休み最後の日。ダイアナ元妃は世界的アイドルであり
クィーン / パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2007/06/14 12:51 AM
世界中が泣いたその日、たった一人涙を見せなかった人がいた。1997年8月、パリでダイアナが交通事故に遭い、帰らぬ人になった。あの事故から10年、今まで決して語られることのなかった、事故直後のロイヤル・ファミリーの混乱。首相になったばかりの若きブレアの行
クイーン @試写会 / シュフのきまぐれシネマ
2007/06/14 1:13 AM
THE QUEEN  4月10日@朝日ホール 監督:スティーヴン・フリアーズ 脚本:ピーター・モーガン 出演:ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェイムズ・クロムウェル 他 配給:エイベックス・エンタテイメント ダイアナ元皇太子妃没後10年追悼コンサー
2007/06/14 1:25 AM
あの日、彼女が涙を流さなかった理由。 ダイアナ元皇太子妃がパリで交通事故で亡くなってから葬儀までの1週間を中心に、クィーン・エリザベス2世の心の内に迫った作品。ヘレン・ミレンは本作品でアカデミー主演女優賞を獲得。 一般の上流階級を思わせる居住空間。
クィ−ン THE QUEEN / シネクリシェ
2007/06/19 7:15 AM
 1997年にダイアナ妃が不慮の死を遂げた事故を採りあげた作品。とはいっても、その謎の死を追及しようという主旨ではありません。  彼女の急逝に対する英国王室の冷淡にみえる対応ぶりと、こういう態度に対す
クィーン / ☆彡映画鑑賞日記☆彡
2007/07/08 7:09 AM
 『1997年8月31日、ダイアナ元妃の突然の死。 その時、王室に何が起こったのか。 世界中が泣いたその日、 たった一人涙を見せなかった人がいた』  コチラの「クィーン」は、ダイアナ元皇太子妃の事故直後の7日間のイギリス王室とブレア政権を描いた4/14公開にな
クィーン(原題:The Queen)の予告編で映画を勉強しよう / 映画の予告編で英語を勉強しよう!
2007/07/31 11:53 PM
YOMIURI ONLINEのG+英語館のポッドキャストをダウンロードして見ました。 パソコンで再生するにはこちら 今回のG+英語館の題材は、「クィーン」の予告編でした。 クィーン(原題:The Queen)の解説 クイーン(原題:The Queen) 英語にdrama queenという面白い
[ クイーン ]母性に目覚めた女王 / アロハ坊主の日がな一日
2007/08/01 1:31 PM
[ クイーン ]を新宿武蔵野館で鑑賞。 格調高い作品な気がして、どうも僕向きではないと観る前は思っていたが・・・・これが、予想外に面白かった。 1997年8月におきたダイアナ元皇太子妃の事故死によるロイヤルファミリーの混乱や女王とダイアナとの確執など、
クィーン / とにかく、映画好きなもので。
2007/08/27 11:24 PM
 今から約10年前、パリでダイアナ皇太子妃が亡くなったニュースが駆け巡った時、その影響力の大きさに凄まじいものを感じた事がある。  私人として活動し、自分の自由なスタイルで協力を惜しまなかった人物像というイメージがある一方で、スキャ
クィーン / 銀の森のゴブリン
2007/11/07 1:23 AM
2006年 英・仏・伊 2007年4月公開 評価:★★★★☆ 監督:スティーヴ
『クィーン』'06・英・仏・伊 / 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
2008/01/08 9:47 PM
あらすじ1997年8月30日深夜、ダイアナ元妃はパパラッチとの激しいカーチェイスの末帰らぬ人となった。民間人となった彼女の死に対して、エリザベス女王はコメントを避け続けたが、絶大な人気を誇るダイアナの死を無視することは、結果的に国民を無視することとな
クィーン / 映画、言いたい放題!
2008/01/14 2:10 AM
ヘレン・ミレンが女王にそっくり! アカデミー賞主演女優賞を受賞しましたね。 DVDで鑑賞。 1997年8月、 ダイアナ元皇太子妃がパリで交通事故に遭い、帰らぬ人になった。 イギリス王室においてダイアナはいつも頭痛の種で、 離婚し既に民間人に戻っていた彼女の
2008/03/04 11:39 PM
〜 西洋文化よりも日本文化に近い気質か!? 〜 ダイアナ妃の事故死により、英国ロイヤルファミリーに降りかかる国民の非難の声と、それに対する女王の本音と苦悩、そして品格を描いたこの作品『クィーン』(2007年/イギリス=フランス=イタリア/ドラマ)。 2007
2008/04/19 2:11 PM
『クィーン』1997年8月、パリでダイアナが交通事故に遭い、帰らぬ人になった。王家においてダイアナはいつも頭痛の種で、民間人となっていたダイアナの死は本来、関係のないことであった。エリザベス女王(ヘレン・ミレン)はコメントを避けるが、ダイアナを称える国民
『クィーン 』を観たぞ〜! / おきらく楽天 映画生活
2008/05/17 10:51 PM
世界中が泣いた日、たった一人涙を見せなかった人がいた。現英国王室の内幕をここまで掘り下げて映画にしちゃうっていう姿勢に驚きました。英国王室というと、常
2008/07/05 9:44 AM
31.クィーン■原題:TheQueen■製作年・国:2006年、イギリス・フランス・イタリア■上映時間:104分■鑑賞日:4月22日、新宿武蔵野館(新宿)□監督:スティーヴン・フリアーズ□脚本:ピーター・モーガン□製作:アンディ・ハリース、クリスティーン・ラン
「クィーン」 / ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋
2009/05/19 4:07 PM
「クィーン」     【公開年】2006年  【制作国】英・仏・伊  【時間】104分  【監督】スティーヴン・フリアーズ    【...
クィーン / Addict allcinema おすすめ映画レビュー
2010/01/26 3:16 PM
1997年8月31日、ダイアナ元妃の突然の死。その時、王室に何が起こったのか。世界中が泣いたその日、たった一人涙を見せなかった人がいた
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.