• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『そのときは彼によろしく』
感動度ハートハート         2007/06/02公開  (公式サイト)
泣き度悲しい悲しい
空想度きのこグリーンきのこグリーンきのこグリーンきのこグリーン
満足度星星星


 
【監督】平川雄一朗
【脚本】いずみ吉紘/石井薫
【原作】市川拓司 『そのときは彼によろしく』(小学館刊)
【時間】114分
【出演】
長澤まさみ/山田孝之/塚本高史/国仲涼子/北川景子/黄川田将也/本多力/黒田凛/深澤嵐/桑代貴明/和久井映見/小日向文世

<ストーリー>

幼い頃、親友二人との約束だったアクアプランツの店「トラッシュ」を開店した智史。ある日、店に若い女性が現れる。彼女は自己紹介もなく、この店で働かせてと頼み込む。翌日、得意客から彼女が人気モデルの森川鈴音だと知らされる。そして、幼馴染みの花梨であることに気付く。再会を喜ぶ智史だが、花梨は秘密を抱えていた。ある日、もう一人の親友、佑司の居所を知った二人は会いに行くが、佑司は事故に遭い昏睡状態だった。
(goo映画より)


 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング



    
 
(注意)
毎度のことですが感想はネタバレです。この作品は結末を知らない方が楽しめると思うので、これからご覧になる方は観賞後に読んで方がいいですよ♪ 


<感想> 

『いま、会いにゆきます』や『ただ、君を愛してる』の市川拓司の同名小説が原作です。ということでまた泣かせるファンタジーなのだということは予想していました。個人的にベタな展開も嫌いじゃないので細かいところは突っ込まないように意識して観ました。

 
突っ込まないように意識してましたが、やっぱり突っ込んじゃいました(笑)。子供の頃にあれだけ仲が良ければ会ってすぐに気付くだろ!とか花梨の眠ったら起きられない病気って何?とか引っ越す時に両親と別で移動するのは不自然!だとかちょっとご都合主義に走ってるところは目についてしまいました。それに智史の周りがあまりにも病気や事故で死んだり重症だっていうのはやりすぎな感じもしちゃいます。まぁ気になるところは多々ありましたが、致命傷って程でもないのでそれなりに楽しめたんですけどね。号泣はなかったですが、多少ウルウルするシーンはありました。


特に子供の頃のシーンはすごく印象的でした。子役3人の演技も良くてこの作品をかなり支えてます。花梨の誕生会のシーンもグッとくるものがありましたし、3人の固い絆に胸を打たれました。秘密基地の映像も幻想的で美しかったです。森の中の湖は神秘的で『ただ君』を思い出しました。

 
リアリティのない展開だったので、「どうせだったらヒロインが目を覚ましてハッピーエンドで終わって欲しいなぁ」なんて思ってたら本当にその通りになりました(笑)。でもとことんファンタジーにしてくれたのは個人的にかなり好印象。ハッピーエンドは大好きですw お父さんが夢の中に出てきて帰り道を教えてくれて「花梨ちゃん、きっと智史に会えるだろうから、そのときは智史によろしく伝えて欲しいって。」というのもグッときました。先日『パプリカ』を観たばかりなのでこのファンタジーな展開は全く違和感なし(笑)。

 
長澤まさみちゃんは今回は大人っぽい役に挑戦みたいなことが言われてましたけど、別にそんなに大人っぽくもなかったです。服装は確かに大人っぽいんですけど、やっぱり可愛らしい演技でした。厳しいことを言うと、いつも同じに見えるのがちょっと残念だったかな。山田孝之さんはハマっていたと思います。あんまり好きじゃないので特に印象に残ってないけど(苦笑)。塚本くんはかなり出番が少なかったです(泣)。トリプル主演だとか言ってたのに10分も登場してないかも。。なので塚本くん目当てで行くとかなりガッカリすると思いますよ。

 
他ではやはり子役の演技が抜群に良かったです。3人とも良かったんですけど特に塚本くんの子供時代を演じた桑代貴明くんが印象的でした。顔もなんとなく似てるし、役が切なくて感情移入して観ていました。別れの場面も涙を誘われるし、3人の少年時代の描写はキラキラ輝いてましたよね。「あの頃の思い出を胸にここまで生きてこれたの。」っていう花梨の気持ちも分かる気がしました。なかなかどのキャラにも感情移入しにくいですけど、やっぱり花梨の立場に立って想像してみると切なさと不安でグッとくるものがありました。

 
終盤までなんだか微妙だなと思っていましたが、ハッピーエンドだったので個人的には気持ちよく終われました。とことんファンタジーに徹してくれたのでスッキリです。眠ったまま終わったらどうしようって不安だったんですよね(苦笑)。リアリティを求める人は合わないでしょうけど、純愛モノが大好きな人にはオススメです。映像もすごく綺麗でした。


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



より詳しい最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村


【満足度ランキング】
『そのときは彼によろしく』面白かった方→こちらに投票
『そのときは彼によろしく』イマイチだった方→こちらに投票


【関連記事】
『ただ、君を愛してる』



そのときは彼によろしく
そのときは彼によろしく市川 拓司

おすすめ平均 star
starふしぎな力
starそんなにいいですか・・・?
starこんなお父さんいいな!!
star世界観……?
starそのときは彼によろしく
Amazonで詳しく見るby G-Tools

そのときは彼によろしく
そのときは彼によろしくサントラ



Amazonで詳しく見るby G-Tools


ただ、君を愛してる プレミアム・エディション
ただ、君を愛してる プレミアム・エディション玉木宏 市川拓司 新城毅彦

おすすめ平均 starstar間違いない作品
star珠玉の純愛をあなたにも☆
starただ、涙があふれる
starよかった
star言葉一つ一つに意味があるのがよかった
Amazonで詳しく見るby G-Tools

いま、会いにゆきます DVD-BOX 〈初回限定生産〉
いま、会いにゆきます DVD-BOX 〈初回限定生産〉竹内結子 土井裕泰 中村獅童

おすすめ平均 star
star本当に良い映画です
star絶えまない鼻を啜る音
star独特の空気感
star優しい気持ち
star.....................
Amazonで詳しく見るby G-Tools





  • 2010.06.13 Sunday
  • 00:55
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/06/06 8:59 PM, サラ wrote:
こーいちさん、こんばんは!
子役の3人が、よかったですよね!
彼らのおかげで、想像してた以上に楽しめました。
秘密基地の思い出は、うらやましかったです。
2007/06/07 12:27 PM, kiyu wrote:
こんにちは♪
原作レビューを下書きしたまま、ちょっと止まっちゃっています。結局公開に間に合わなかった;(笑( ̄▽ ̄)
一応現代小説というか、普通の日常の中で展開していく様になっていますが、市川作品はどれも”まんまファンタジー”ですからね☆
一度「どんだけー」と思っちゃうと展開辛いかも・・^^;
こーいちさんのレビューを拝見する限り、原作はもうちょいちゃんとしていると思うので、文庫になってますしオススメの一冊ですよ(ファンタジーではありますが笑)!

塚っちがそんなに出ていないのなら、DVD待っちゃおうかな(笑)。
2007/06/07 11:26 PM, こーいち→サラさん wrote:
>サラさん
こんばんは♪
ほんと少年時代の描写が良かったですよね〜。
僕もその部分でかなり感情移入できた気がします。
そちらがメインの方が楽しめたかもw
2007/06/08 12:09 AM, こーいち→kiyuさん wrote:
>kiyuさん
こんばんは♪
原作読まれてるんですね〜。
今日、本屋に行った時ちょっと悩んでいたんですけど
kiyuさんのオススメなら読んでみますw
映画を観て、原作の方が面白そうな気がしてました。
ファンタジーどだというのは理解してたんですけど
あからさま過ぎて「どんだけ〜」ってなっちゃったんですよ(笑)
「ただ、君を愛してる」の時は気にならなかったので
演出の問題だと思います。
映像はすごくキレイだったし少年時代の描写は良かったんですけど
DVDでもいいかもしれません(笑)

塚本くんは終盤まで寝たきりだったんです(泣)。
でも塚本くんの少年時代を演じた子は
ちょっと似てて可愛らしかったです☆
2007/06/09 4:08 PM, Ageha wrote:
本を売る立場で、今店でコーナー組みまでして
ものすごく宣伝してるんですけど
・・・読んでなくて。(ノ*゚▽゚)ノ
「プリズム色の場所」という別バージョンの
文庫も出てますよ。

映画と結末は違うそうですが、
そっちだったら納得できるのかな。

塚本くんのファンは怒るだろうな、あの扱いでは。

こんだけ「よろしく」をたたみかけられると
なんか引いちゃいました・・ええとこなのに。
ひたすらみんなが智史にむかって
愛情注いでるっていう映画だったみたいで。
2007/06/11 2:31 PM, こーいち→Agehaさん wrote:
>Agehaさん
こんにちは♪
僕も文庫本を買いましたよ〜。
でも別バージョンが出てるとは知りませんでした。
映画と違う結末ってことは寝たままなのかなぁ?

僕お父さんの「よろしく」の方がジーンと来ましたw
智史だけじゃなくもっと周りの人にもスポットを当てても良かったですよね。
2007/06/13 9:23 AM, hito wrote:
こんにちは!

リアリティーはないのですが、でもそれなりにすんなり入り込んで見れました。
私も山田孝之さん、ちょっと苦手だったのですが、今回はハマっていましたね。

ラストの花梨が伝えたお父さんの言葉に涙・・でした。
2007/06/14 3:06 PM, こーいち→hitoさん wrote:
>hitoさん
こんにちは♪
TB&コメントありがとうございました!
ちょっとファンタジー色が強くてイマイチかな?と
思ってたんですけどラストは僕も涙でした。
2007/07/12 7:41 AM, 輪くん wrote:
山田孝之さんが絵本を開くようにみてください…とコメントしてありましたが…親子の関わりの表現が好きです…泣かされました…原作の方は繰り返し同じ様な状況設定があって強く違和感を感じました 映画の評価としては☆☆かな?
2007/07/12 11:31 AM, こーいち→輪くんさん wrote:
>輪くんさん
こんにちは♪
コメントありがとうございました!

確かに、絵本のような映画だったかも。
やさしいファンタジーでしたもんね。

輪くんさんは原作がイマイチだったんですか〜
原作のほうが面白いですって感想もあったので
文庫本を買っているんですけどまだ読んでないんですよね(汗)
早く読まないと。

僕も終盤まで「☆☆かな?」と思っていたんですけど
ハッピーエンド大好きなんでラストで「☆☆☆☆でもいいかも?」
なんて思ってしまいました(笑)
2007/07/14 10:44 AM, 輪クン wrote:
山田さんはこの映画はリアリティが出たらお終いだからファンタジーっぽく演じるのが難しかったとインタビューで答ていましたよ あの純粋で培養で育った智史の表情は良かったです☆☆☆智史が死の床につくお父さんに家庭も持たずに安心させてやれなくて…ごめん…のシーンが好きです そしてお父さんの答が…そういう風に育てたつもりだ…の言葉に泣きました☆☆☆原作の花梨の姉のエピソードはエーッって流石に引きました それ以外は原作の方が細やかにストーリーが流れていて智史と花梨はもう少し大人の付き合いですね
ただ私は原作読んでたら智史の顔がどうしても作者の市川さんになっちゃってまいりました(笑)
2007/07/14 12:53 PM, こーいち→輪クンさん wrote:
>輪クンさん
智史の顔が市川さんになっちゃうって可笑しいですね(笑)

リアリティを出さないようにしないといけないから
演技は大変だったんでしょうね。
原作と映画はそれぞれいい部分があるんですね。
読みたくなってきましたw
2007/07/20 11:42 PM,  wrote:
こんばんわ!こっちの作品レビューにもおじゃましちゃいます。こーいちさんの>「個人的にベタな展開も嫌いじゃないので細かいところは突っ込まないように意識して観ました」という感想にニコニコしています。優しい方ですね。最近のボクは、意識しなくても作り手思惑通りに笑ったり泣いたりしています。昔だったら目を三角にして批評眼を光らせてたのに、どうしたんだろと、時々自分が信じられなくなっています(笑)。それにつれてハリウッド映画はよほどのことがない限りみたいと思わなくなってしまいました。同時に邦画が大好きになっちゃいました。この映画は原作を読んでから見に行きました。原作は少し村上春樹的な表現を意識しすぎて表面だけ真似している風なもんで、時々こそばゆい出来でしたが、読み進めている内にあり得ない話なりに引き込まれて、それで映画も見てみる気になりました。結果、まったく違う手法と目的意識に仕上がっているのが楽しめました。原作のこみいった部分(文字でしか説明描写が出来ない部分)をどうするかが楽しみでしたが、上手に乗り切っていました。あざとさもなくて、いい塩梅です。だから結構感情移入が出来、楽しめました。真実のある人間関係というモノへの憧れと信頼を取り戻しつつ映画館を後に出来たと思います。そういう意味でも見る価値のある作品だと思います。ただ、原作では知的で鷹揚なお父さんがキーパースンになっているし、タイトルの決めセリフもお父さんの言葉だから意外性が生まれて印象深かったと思うのですが、その点の人物像が描き切れていないのが唯一不満です。役者もしっくり来ていない。お父さんが医者であるのが、原作から入った自分にとってはご都合主義的に見えて、ファンタジーとはいえ少し興ざめした部分です。泣いている花梨ににじり寄って背中をなぜるシーンは、なんだかエロ映画っぽくて嫌悪感がありました。でも、全体的に楽しめる作品でした。あの池のある場所に行ってみたいな。CGが使われたらしいけど、それでも訪ねる旅をしてみたい。電車にも乗りたい。横須賀のソレイユの丘の療養所にも行ってみたい。ある意味ご当地の風景を上手く使った寅さん映画にも通じるサービス精神も魅力のひとつかもしれませんね。ちょい違うか(笑)。ではでは。またこーいちさんの評論を楽しみにしています。
2007/07/22 1:59 AM, こーいち→こんぶさん wrote:
>こんぶさん
こんにちは♪
文章的にこんぶさんかな?と思ったんですけど
違ったらごめんなさいm(__)m
たまに名前が消えることがあって、、失礼しました。

僕も基本的には何も考えずに作り手の思惑通りに感情を
揺さぶられるんですけど、期待しちゃうとダメなんですよね。
なので期待値をあまり上げないようには心がけてますw
結構臨み方で満足度が変わっちゃうので(汗)。
やっぱり映画は楽しんでなんぼですよね。

でもご都合主義はどうしても感じちゃいます(笑)
実はタイトルがお父さんのセリフだったってところは
僕も意外で感動したんですけど描き方は中途半端でしたよね。
その辺がしっかりしていたらかなり違ったと思うんですけど。

この作品のロケ地巡りは楽しそう♪
風景などの映像はかなり素晴らしかったのでそこは
見所でした。
近場だったら行ってみたかったです。
僕の地元でもロケやらないかなぁ。

マイペースで感想を書いていくんでこれからもよろしく
お願いしますw
こんぶさんのコメントも待ってます☆
2007/07/22 6:27 PM, 輪 wrote:
こんぶさん?とこーいちさん まったくこの映画の感想同感ですね 背中をなでて慰めるにはあのお父さん妙に生臭くて演出ミスですよね もっと子供たちの成長パーツを増やした方が良い映画になった気がします ハリウッド映画にかんしては同感です だってトランスフォーマーですよ(泣)
2007/07/23 1:27 AM, こんぶ wrote:
こーいちさん、輪さん、失礼しました。お察しの通りこんぶでございました。支離滅裂な文章にレスいただきありがとうございました。またおじゃまいたします。今度は青春こけっこーを観に行こうと思っております。
2007/07/23 11:17 AM, こーいち→輪さん wrote:
>輪さん
こんにちは♪
子供たちの場面は良かったですよね〜。
僕ももっと子供たちのシーンを増やして欲しかったです。

ハリウッド映画はたまに見たくなるんですけど大味なので
いつも見たくはないかなぁ。
最近は邦画の単館系のようなじんわり心に染み渡るような
作品が好きになりましたw
2007/07/23 11:27 AM, こーいち→こんぶさん wrote:
こんにちは♪
やっぱりこんぶさんだったんですね〜(^◇^ ; ホッ!
こちらこそまた顔を出してもらってありがとうございます!

僕もその作品すっごく楽しみにしてますw
脚本が「ジョゼ」と「メゾンドヒミコ」の方なんですよね。
癒し系な香りがします☆
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/296

TAKE 57「そのときは彼によろしく」 / 映画回顧録〜揺さぶられる心〜
2007/06/02 10:43 PM
第57回目は「そのときは彼によろしく」です。 この映画は今日が公開初日です。 待ちきれず、仕事の帰りに観てしまいました。 この作品は「いま会いにゆきます」と同じく市川拓司さん原作の作品です。 この映画については原作を読んでませんがコ
【2007-75】そのときは彼によろしく / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/06/04 8:56 PM
13年─ 突然現れた幼なじみの花梨 あなたの未来に、私はいないから・・・ どんなに別れを繰り返しても あなたに伝えたいことがあった─ どんなに離れていてもひかれあう強い力── 僕らはそれだけを信じていた。
2007/06/06 4:40 PM
人を思う気持ちは,命となる。
そのときは彼によろしく / 愛猫レオンとシネマな毎日
2007/06/06 8:54 PM
「いま、会いにゆきます」の原作者、市川拓司が2004年に発表した恋愛小説の映画化です。原作は知らないのですが、小説とは違ったラストシーンが用意されているそうです。 幼なじみの3人が、13年ぶりに再会をするのですが・・・ それは、死に直面した時に、不
2007/06/06 9:48 PM
special_bp();    どんなに離れていてもひかれあう強い力── 僕らはそれだけを信じていた。 この世界には、物理学の教科書にも載ってない強い力がひとつある。
2007/06/08 4:57 PM
監督: 出演:長澤まさみ 山田孝之     公開:2007年 日本 公式HP 試写会第11弾は、『そのときは彼によろしく』でした♪ 応募迷ったんですが、「舞台挨拶ないかな!?」と淡い期待を描きながら応募。 ◇原作
2007/06/09 10:52 AM
さすが、感動的なファンタジーにしあがっていました。
そのときは彼によろしく [映画] / mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々
2007/06/09 6:49 PM
http://www.sonokare.com/ (そのときは彼によろしく 公
そのときは彼によろしく / Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
2007/06/10 9:44 AM
"この世界には、物理学の教科書にも載ってない強い力がひとつある”と市川監督は言う、、、。ボクは信じます、この強い力を!                               評価:
2007/06/11 10:12 AM
「今、会いにゆきます。」「ただ、君を愛してる」がすごく好きだったので 今回もものすごく期待して見に行きました。 ...
2007/06/11 11:23 PM
「いま、会いにゆきます」の原作者である市川拓司の恋愛小説を映画化した作品です。
2007/06/13 9:45 AM
監督:平川雄一朗 出演:長澤まさみ、山田孝之、塚本高史、小日向文世、和久井映見、国仲涼子 原作 も読みました。原作は素敵な雰囲気のあるファンタジー。 なんで?と思ったのは三人の年齢が大きく違っているのこと。どうして原作と同じ29歳くらいのキャストに
2007/06/13 10:34 PM
期待値: 58%  『いま、会いにゆきます』の市川拓司原作。 長澤まさみ、山田孝之、塚本高史、国仲涼
2007/06/13 11:42 PM
誰よりも好演の花梨のファンの役者さんと、佑司の子供時代の子役さんの素晴らしさを延々と語るのもいいが(笑)、美しく生い茂る水草に、清く透き通った水、アクアプランツに身をゆだねてみるのもいいだろう。
そのときは彼によろしく 38点(100点満点中) / (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
2007/06/14 10:33 PM
そんなときそんな日は、ふるえるこの手で押さえても 公式サイト 『いま、会いにいきます』『ただ、君を愛してる』と同じく、市川拓司の小説を映画化。これまでTBSのTVドラマにて長澤まさみや綾瀬はるかなどアイドル主演作品を担当し、今回が初劇場映画となる平川雄
2007/06/15 12:34 AM
原作は市川裕司さんとはいえこのキャスティングはアイドル映画になってるかもしれないとちょっと警戒してたんだけど、それが返ってヨカッタかもしれなません。意外にも心地良く泣けた一方で中途半端さにモヤモヤ感も残る不思議な映画でした。ワタシ的には許容範囲(笑)。
2007/06/15 12:58 AM
映画「そのときは彼によろしく」を鑑賞してきました。
2007/06/15 2:00 AM
映画 「そのときは彼によろしく」 を観ました。
「そのときは彼によろしく」 / めいのハマリモノ
2007/06/15 5:25 AM
試写会が当たったので、大喜びで観に行きました。↓原作が文庫化されました
2007/06/15 6:40 AM
「そのときは彼によろしく」は市川拓司原作の映画で幼なじみの3人が13年後に運命の再会をするが、3人に残された時間はわずかの中でそれぞれの思いを告げる両想いの作品である。市川拓司という事でストーリーに期待した部分もあったが・・・総合的には首を捻る事にな
2007/06/15 7:49 AM
原作は『いま、会いにゆきます』の 市川拓司の同名の恋愛小説の映画化。 長澤まさみ、山田孝之、塚本高史の 3人が主人公。 幼馴染の3人。 その3人の13年目の再会、 彼らの友情と恋愛。 別れがおりなす奇跡。   3人には遠山智史(山田孝之)、 トップモデルの
そのときは彼によろしく / ライターへの道〜私の観るもの、感じる事を伝えたい!〜
2007/06/15 11:19 AM
         そのときは彼によろしく(2007年、東宝) http://www.sonokare.com/ 監督:平川雄一朗  原作:市川拓司 出演:長澤まさみ、山田孝之、塚本高史、他          ささやかながらも美しい水草の店を経営している遠山智史の前に、
2007/06/15 2:25 PM
『いま、会いにゆきます』『ただ、君を愛してる』に続いて今回公開された『そのときは彼によろしく』市川拓司原作のこの3作切ない系純愛シリーズ第3弾は眠りの森の美女風味そして・・・また三角形なのね^^;『天国は待ってくれる』もちょっと近いものがあるかもアクア
2007/06/17 10:15 AM
市川拓司原作の、同名小説を映画化。13年ぶりに再会した3人の幼なじみの、運命と絆の強さを描く物語。 ファンタジックな雰囲気と美しい映像、50年間眠り続けるオニバスの種に込められたエピソードは感動的だった。 リアリティやアイデンティティを求める人には不
2007/06/19 9:33 PM
出演 長澤まさみ、山田孝之、塚本高史、国仲涼子ほか 6月2日より公開中 幼馴染み
GOAL!2 / ネタバレ映画館
2007/06/20 8:17 AM
やったぞ!スーパーサブのサンティ!しかも愛車はスーパーカブではなく、ランボルギーニなのだ。
そのときは彼によろしく / ネタバレ映画館
2007/06/20 8:18 AM
ちょっとうたた寝してしまいましたが、夢の中に丹波哲郎(なぜ?)が現れて、「映画鑑賞に戻りなさい」と教えてくれました。
2007/06/24 10:49 AM
新宿の映画館で「そのときは彼によろしく」を見てきました 上京して初めての,スクリーンでの映画. 何だか,地元の映画館に似た雰囲気がありました. 「深く眠ると起きられない」という病気をもつ女性を長澤まさみが演じ,山田孝之演じる主人公や,彼らの昔の出来事と現在
2007/06/26 12:23 PM
□作品オフィシャルサイト 『そのときは彼によろしく』□監督 平川雄一朗 □原作 市川拓司 (「そのときは彼によろしく」小学館刊)□脚本 いずみ吉絋、石井薫 □キャスト 長澤まさみ、山田孝之、塚本高史、国仲涼子、北川景子、黄川田将也、和久井映見、小日向文
2007/06/30 2:40 PM
残されたわずかな時間――― その一言を伝えたかった。
そのときは彼によろしく / 夫婦でシネマ
2007/06/30 10:38 PM
市川拓司のベストセラー小説の映画化。長澤まさみ演じる花梨の寝顔は、まるで眠り姫のように美しかったです。
長澤まさみ『そのときは彼によろしく』! / ラスタ・パスタのレレ日記
2007/07/05 5:59 PM
『その時は彼によろしく』『いま、会いにいきます』の原作者、市川拓司が書いた、もうひとつの純愛物語? それがこの映画を見に行った理由のひとつだ。映画『いま、会いにいきます』という題名の意味が、映画の最後のほうでわかったその時の感動はとても忘れがたく、同
そのときは彼によろしく / ☆彡映画鑑賞日記☆彡
2007/07/08 7:06 AM
 『どんなに離れていても ひかれあう強い力― 僕らはそれだけを信じていた。』  コチラの「そのときは彼によろしく」は、6/2公開になる"プリズム・ラブストーリー"?ラブ・ファンタジーなのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ〜♪  「いま、会いにゆきます
『そのときは彼によろしく』'07・日 / 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
2008/07/08 11:37 AM
あらすじ幼い頃、親友二人との約束だったアクアプランツの店「トラッシュ」を開店した智史。ある日、店に若い女性が現れ、彼女は自己紹介もなくこの店で働かせてと居ついてしまった。翌日、彼女が人気モデルの森川鈴音だと知る・・・。感想『いま、会いにゆきます』の市
そのときは彼によろしく / Addict allcinema おすすめ映画レビュー
2009/10/30 10:28 AM
どんなに離れていてもひかれあう強い力──僕らはそれだけを信じていた。
そのときは彼によろしく : ファンタジーだなぁ / こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
2012/11/01 5:18 PM
 埼玉県警で、公判日を忘れ被告護送せず中止になったとのこと。何をやっているんだというよりも、こんな不思議なこともあるんだなと、逆に感心してしまいました。本日紹介する作
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.