• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『蛇イチゴ』
不気味撃沈撃沈撃沈         2003/09/06公開  (公式サイト)
笑い度ラッキー
切なさ失恋失恋
満足度星星星星

 
【監督】西川美和
【プロデューサー】是枝裕和
【脚本】西川美和
【時間】108分
【出演】
宮迫博之/つみきみほ/平泉成/大谷直子/手塚とおる/絵沢萠子/寺島進/蛍原徹/笑福亭松之助


<ストーリー>

明智家は慎ましくも平穏で幸せな暮らしをしていた。一家の長女・倫子は小学校の教師で、同僚との結婚を控えていた。そんな折、痴呆に冒されていた祖父が死亡。そのお葬式の場に勘当されて音信不通になっていた倫子の兄・周二がひょんなことから姿を現し、家に戻ってくる。時を同じくしてこの一家が抱えていた秘密が次々に明るみに出る。口八丁の兄のことが信じられない倫子は兄を再び追い出そうとするが…。(goo映画より)

 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング



          
  

<感想>

『ゆれる』を観て以来ずっと観たいと思っていましたが、近所のTSUTAYAには置いてなかったんですよね。何度かリクエストしていたら、遂に入荷されてやっと観れました〜。


『ゆれる』の西川美和監督のデビュー作です。DVD観賞ということもあって『ゆれる』ほど衝撃はなかったですが、やはりすごい作品でした。これがデビュー作っていうんだからとんでもないですね。テーマとしては『ゆれる』と近くて「家族」が描かれています。公式サイトの監督のコメントに『なぜ、人は「家」を守るのか。なぜ、人は「家」に還るのか。人は何を「家」に求めて生きるのか。このような私自身の問いかけからこの映画は作られていったのですが、それは同時に、多くの人にとっても永遠のテーマかもしれません。』と書かれています。他人と違って簡単にスパッと切ることができない家族という関係にかなり興味を持っているんですね。そしてこの作品も原案は夢から来ているそうで、一体いつもどんな夢を見てるんだってまた思ってしまいました(笑)。


『ゆれる』→『蛇イチゴ』と観る順番は逆でしたが、相変わらずリアルで生々しくて痛々しい人間の姿を描くのがうまいです。人の醜かったり卑しい部分をえぐり出すように露に映し出しています。全体としては淡々としてるのですが、シニカルな中に時折コミカルな笑いを混じえながら描かれているので、それが余計に不気味さを倍増させていました。雰囲気としては『空中庭園』をよりリアルに無駄なく描いた感じかなぁ。

 
物語全体は冒頭の教室での倫子と生徒とやり取りに集約されています。金魚の世話をサボった男の子が母親が病気だったと弁明をし、その母親が元気な姿を見た生徒がいると、今度はその時は母親は元気で次の日また病気になったと弁解をする。倫子はこの生徒に対してストレートに嘘をついているとは言わないが、遠まわしに嘘はいけないと諭します。


倫子は疑わしい、「限りなく黒に近いグレー」は「白ではない」というスタンスを常に取っていて、それが兄・周治とのラストに繋がっていきます。僕も基本的に倫子の目線で見ていて、絶対にお兄ちゃんは両親を騙そうとしていると思ったので、ラストの展開は衝撃と同時に信じれなかった自分に嫌悪感を感じました。蛇イチゴが本当にあったってことは嘘をついてなかったってことで、お兄ちゃんは家族を騙そうとしてなかったってことなんですよね?(←未だに信じてない 苦笑) 「限りなく黒に近いグレー」は「白ではない」ではなく、「白かもしれない」と思わせるラストは見事でした。こういう救いのある余韻を残させるラストって『ゆれる』と似てますね。厭らしい部分を描く監督ですけど本当はやさしい人なのかな(笑)。

 
宮迫さんは怪しい雰囲気をすごくよく出してました。家族を助けようとしてるのか騙そうとしているのか結局分からなかったです。独特の空気があるし役者としても結構好きです。『下妻物語』の宮迫さんも可笑しかったですよね。つみきみほさんは生真面目な役がすごくハマってました。あの声がすごく好きでしたw

 
両親役の平泉成さんと大谷直子さんもすっごく良かったです。「あんな人いるわぁ」とかなりイライラさせられました(笑)。自分が大変なことになってるのにまるで他人事のように開き直って、必死に心配しているこっちがバカみたいに感じることありますよね。親切でしてるのに悪い事してるように恨み言を言われたり嫌な顔をされて、「なんでここまでしてあげないといけないんだろう?」って思ったり。。かと言ってほっとけないし、すごくやり場のない怒りを感じるんですよね。おじいちゃんが死んだあとの両親の変貌ぶりは狂ってるようで怖かったです。


西川監督の映画って言葉にするのが難しいですね。ストーリーとしてはそんなに大した話でもない気はするんですけど、飽きることなく釘付けにさせられました。微妙で繊細な心の動きを描くのがうまい監督だなぁと改めて感じさせられます。『ゆれる』を観ているのでインパクトは弱く感じますが、それでも唸らされる作品でした。


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



より詳しい最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村


【関連記事】
『ゆれる』


蛇イチゴ
蛇イチゴ宮迫博之 西川美和 つみきみほ

おすすめ平均 star
star西川美和一作目
starカリフラワーズのライブが入ってます
star確かにおもしろい・・・のですが
star本音と建前を使い分ける人間の醜さ
star蛇とイチゴ、嘘と真
Amazonで詳しく見るby G-Tools

ゆれる
ゆれるオダギリジョー 西川美和 香川照之

おすすめ平均 star
star面白いかと言われれば・・・・・・??
star皆さんの解釈が気になる
star壊れかけた板でつながっている
star兄弟の絆を考えさせられます。(当方、一人っ子ですが)
star香川照之の怪演(あえてこう言わせてもらいます)が見事。
Amazonで詳しく見るby G-Tools

ゆれる
ゆれる西川 美和

おすすめ平均 star
starすごい逸材が現われたものだ。
star映画ありきの小説だが、しっかりしこりの残る読後感。
star映画と相互に補完し合ってひとつの世界を創り上げている
star心理描写を描く上手さ。でも、何のための小説かわからなかった
star引き込まれる
Amazonで詳しく見るby G-Tools


   



  • 2010.06.13 Sunday
  • 02:58
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/07/05 12:15 AM, サラ wrote:
こーいちさん、こんばんは!
この作品のレビューを見て、うれしくてTBさせて頂きました。
あの当時は、いい作品なのに、陽が当たらなくて、悔しかったのですが、「ゆれる」のヒットで、たくさんの方に見てもらえるだろうな〜と思ってました。
2007/07/06 12:34 AM, こーいち→サラさん wrote:
>サラさん
いや〜、ほんとにすごい映画でした。
先に「ゆれる」で西川監督の凄さを分かっていたので
衝撃という面では弱かったのですが「ゆれる」の前に
観ていたらかなり驚かされただろうなと思いました。

「ゆれる」効果でご覧になった方も多いでしょうね〜
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/307

蛇イチゴ その1 / 愛猫レオンとシネマな毎日
2007/07/04 11:55 PM
今、映画「ゆれる」が話題になっていますよね。 ワタシの住む街では公開はまだちょっと先です。 西川美和監督の第1作「蛇イチゴ」は、2年前、劇場でワタシは見ました。監督のトークショーもあったので印象深い作品です。 写真はその時の文庫本のようなパンフレット
「蛇イチゴ 」その2 / 愛猫レオンとシネマな毎日
2007/07/05 12:03 AM
この映画は2004年の1月に見ました。1日2回の上映だったし、たった1週間だけの上映でした。 ワタシ的に一言で表現すると「毒のあるホームドラマ」でしょうか。 スゴク面白かったです。演出が唸る位、上手かったし、作品として完成されてました。 役者たちの演
蛇イチゴ / タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
2007/07/16 11:28 AM
製作年度 2003年 製作国 日本 上映時間 108分 監督 西川美和 原作 − 脚本 西川美和 音楽 中村俊 出演 宮迫博之 、つみきみほ 、平泉成 、大谷直子 、 手塚とおる 、絵沢萠子 、寺島進(allcinema ONLINE) 解説: 明智家の娘・倫子は、幼い頃か
損と嘘 / MESCALINE DRIVE
2008/08/14 6:50 AM
「蛇イチゴ」を観た。 明智家の朝食。その席で倫子は父親に念を押す。今晩は交際相手を家に招くので残業せずに早く帰ってくるように、と。 芳郎と倫子が出た後、食卓に残ったのは認知症の症状を見せる京蔵と、今日も舅の世話に明け暮れる章子だ。 倫子は小学校の教師
蛇イチゴ / Addict allcinema おすすめ映画レビュー
2010/01/11 2:43 PM
家がお終いになっちゃう前に、お兄ちゃんに出てってもらおうよ。
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.