• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『サイドカーに犬』
感動度ハート           2007/06/23公開  (公式サイト)
切なさ悲しい
爽快感よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー
満足度星星星星

 
【監督】根岸吉太郎
【脚本】 田中晶子/真辺克彦
【原作】 長嶋有 『サイドカーに犬』 (『猛スピードで母は』所収)
【主題歌】YUI 『Understand』
【時間】94分
【出演】
竹内結子/古田新太/松本花奈/谷山毅/ミムラ/鈴木砂羽/トミーズ雅/山本浩司/寺田農/松永京子/川村陽介/中山弟吾朗/白鳥あかね/岡田幸樹/須貝菜々子/矢野吉彦/温水洋一/伊勢谷友介/樹木希林/椎名桔平


<ストーリー>

不動産会社に勤める薫は、ある朝ふいに1週間の有給休暇をとった。馴染みの釣堀で釣り糸をたらしながら、ふと、父が会社を辞め、母が家を出て行った数日後のことを思い出した。ヨーコさんという女性が家に来るようになった。たばこをスパスパ吸い、自転車を乗り回し、夕食には、「エサ」と言って麦チョコを食べさせる、破天荒な人だった。しかし、子供と対等に向き合って話をしてくれるヨーコさんを薫は好きになっていく…。(goo映画より)

≪予告編≫ 

 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング



          
   

<感想>

『雪に願うこと』の根岸監督に、竹内結子の映画復帰作ということで楽しみにしていました。予告編を見ると時代設定は一昔前のように感じるけどそんなに古臭くないし、竹内結子さんのキャラクターもハマってそう。YUIの主題歌も映画に合っているのか楽しみです。


僕はすごく好きなタイプの作品でした。単館系らしいというか、特に何か事件が起きる訳でもなく穏やかに流れる空気を楽しむ映画でした。感動も笑いも泣きもないので、もの足りないと感じる方もきっと多いかもしれませんね。竹内結子さんのキャラはアクが強いのかな?と思っていたら意外と普通で、いい意味で前に出ていなかったです。なので共感しやすかったですね。


竹内結子さんももちろん良かったのですが、子役の松本花奈ちゃんの表情がすごく良かったです。キョトンとした表情がうまいし、甘えられない姿がいじらしい。表情がリアルだったのでまるで自分がその場にいるかのような感覚になりました。20年前の雰囲気も僕が小学生だった頃と近いものがあって、懐かしい気持ちになりました。うちも小さい頃は炭酸飲料を飲むのは禁止されていたりおかしも好き放題食べれなかったので、コーラを飲むだけでドキドキしたり買い物かごに大量のおかしを買い込むだけでワクワクしたりする気持ちってすごくよく分かります。自動販売機にイタズラしたりもしていたので(笑)、自分の小学生時代を見ているようで懐かしかったです。子供の頃ってあんなに感受性が豊かだったんですよねぇ。

  
「母が家出したと思ったのは帰ってきてからで

 出て行ったときは帰って来ないとしか思わなかった。」


母親が出て行っても子供だったら意外とそんなものかもしれませんね。むしろ数日くらいなら楽しんじゃうかもしれない。やっぱり家庭における母親の存在感ってすごいので、母親がいなくなるだけで日常の生活はガラッと変わります。それが不安にもなるけど少しの間なら開放感もあるんですよね。僕も子供の頃母親が入院して数日帰ってこなかったときは、心のどこかでワクワクしました(笑)。夜遅くまでテレビが見れたりゲームができたしw 子供にとってはちょっとした冒険のような感覚だったのかもしれません。

 
「嫌いなものを好きになるより

 好きなものを嫌いになるほうが難しい」


竹内結子さん演じるヨーコは自分をしっかり持っていて周りにもさりげなく気を使える女性。それに子供を子供扱いせず友達になれる大人。僕、こういう人って大好きで尊敬しちゃいます。子供の頃こんな人に会いたかったなぁ。嫌々じゃなく楽しそうに子供の相手をするって結構大変なんですよね。大人になって気付きました。小さい従兄弟の遊び相手をするとほんとにクタクタになっちゃいますもん(苦笑)。でもそれがこんなにキラキラ輝いた思い出になるんだったら素敵なことですね。今度会ったら思いっきり遊んであげよう♪

 
ドラマチックな展開や細かい描写があるわけでもないのですが、薫目線で描かれているので些細な事で一緒にドキドキワクワクしました。きっと薫にとっては大切な「ひと夏の思い出」になるんだろうし、こうやって少しずつ世界が広がっていくんでしょうね。じんわり心に染み渡って、爽やかな心地よい余韻に浸れました。YUIのエンディングも穏やかで良かったです♪


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



→小説感想『サイドカーに犬』 (小説) 長嶋有


より詳しい最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村


【読者満足度ランキング】
『サイドカーに犬』が面白かった方→こちらで投票
『サイドカーに犬』がイマイチだった方→こちらで投票



猛スピードで母は
猛スピードで母は長嶋 有

おすすめ平均 star
star飾りを廃して、淡い心の動きを描き出した
star看板に偽りなし。
star少しは成長できたはず・・・
star芥川賞?
starいい仕事をしている作家だと思う。
Amazonで詳しく見るby G-Tools

My Generation/Understand
My Generation/UnderstandYUI northa+

おすすめ平均 star
starいい曲だと思う
starYUIはいいですね。
starYUIらしい。 ただそんだけ
star個性
star“卒業”への回答
Amazonで詳しく見るby G-Tools


   

   



  • 2010.06.13 Sunday
  • 16:27
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/07/08 5:51 PM, ジョー wrote:
TBありがとうございます。
どんなことでもハイテンションで描くのが映画だと勘違いしている一部の映画制作者たちに見せてあげたい映画です。でも、彼らが納得するにはヒットする必要があるんですよね。なかなかハードルが高いなあ。
2007/07/08 10:41 PM, masako wrote:
TBありがとうございました。
松本花奈ちゃんのキョトンとした表情、本当上手かったですよねぇ。
何が起こるわけでもない、でもこういう余韻の残る作品はいいですよね。
2007/07/08 11:20 PM, 元・副会長 wrote:
まったく受け取り方の違った拙文にトラックバックしていただき、恐縮至極で御座います。ありがとうございました。

根岸監督の代表作は「遠雷」とか「永遠の1/2」だとされていますが、私が好きなのは「俺っちのウェディング」です。ああいう“軽いようで、実は深い”というネタを扱うと、ツボにはまるようです。

それでは、今後とも宜しくお願いします。
2007/07/09 6:22 PM, こーいち→ジョーさん wrote:
こんにちは♪
こちらこそありがとうございます!

そうそう、こういうじんわり心に広がる作品もいいですよね。
こういうのが邦画のいいところだと思います。
でもそういう作品はなかなかヒットはしないんですよね(苦笑)
2007/07/09 6:51 PM, こーいち→masakoさん wrote:
>masakoさん
こんにちは♪
松本花奈ちゃんの表情すごく良かったですよね。
最初は無表情だなぁなんて思っていたんですけど
だんだんあの表情がリアルに感じました。
こういう余韻の素敵な作品はいいですよね〜
2007/07/09 7:30 PM, こーいち→元・副会長さん wrote:
>元・副会長さん
こんにちは♪
コメントありがとうございました!

全体的な受け取り方は違いましたけど
元・副会長さんの仰られていることもよく分かりましたよ。

根岸監督の作品は『雪に願うこと』しか観たことがないので
オススメの「俺っちのウェディング」も観てみます!

こちらこそ今後ともヨロシクお願いします☆
2007/07/17 10:14 PM, 水仙 wrote:
 こんにちは。とても納得できて、共感できるレビューで、うなずきながら読んでしまいました。
 私も超久しぶりに再開しましたので、また寄っていってくださいね。
2007/07/17 10:38 PM, こーいち→水仙さん wrote:
>水仙さん
こんにちは♪
ささやかなエピソードが多くてなかなか文章にするのが
難しかったのですがそう言ってもらえると嬉しいですw
後ほどお邪魔しますね〜☆
2007/07/19 4:17 PM, こんぶ wrote:
どこかのテレビでやってたサワリ紹介で、松本花奈ちゃんの演技を見たのが劇場まで足を運んだきっかけでした。凄い宝石が発掘されたなと、見終わった後も花奈ちゃんの名演に余韻に浸っています。お母さんが出て行っても格別悲しむ風でもないあたりは、演出の良さと相まって、子供時代ってそうだよなと、自分に投影してましたが、総じてそういう心持ちにさせてくれる秀作だと思います。多分別れになるであろう時、お父さんのお腹に何度も頭突きするシーンに、ボクはぐっと来て涙がこぼれました。あの演技は凄い!映画を見た後で原作を読みました。これもまた凄い切れ味。映画と原作をここまで思い切りよく別策に仕上げた所に、クリエーターとしての冴えを感じさせます。今年必見の1作です。
2007/07/20 1:15 AM, こーいち→こんぶさん wrote:
>こんぶさん
こんばんは♪
コメントありがとうございます!

松本花奈ちゃん良かったですね〜。
表情が絶妙でかなり感情移入できました。
ほんと頭突きのシーンも印象的でしたね。
このまま素敵な女優さんになってほしいです。

原作も読まれたんですか!?
僕もすごく読みたいんですよね〜!
明日2度目の観賞に行ってくるんで帰りに原作も探してみますw
2007/07/25 9:54 AM, hito wrote:
こんにちは♪
チラシ館より、画像お借りしました。ありがとうございます。

これ良かったですね〜とても好きなタイプの映画でした。竹内結子さんのヨーコがとても自然ですごく良かったです。子供に対しても媚びたり押し付けがましかったり上から見下ろしたりとかいうことが全然なくてすごく自然なんですよね。

松本花奈ちゃんも良かったですね〜。
2007/07/25 4:37 PM, こーいち→hitoさん wrote:
>hitoさん
こんにちは♪
おっ、画像使ってくれたんですね〜
どんどん使っちゃってください☆

何か起こるわけでもないしあっさりしてる作品ですけど
すごくいい映画ですよね。
僕、2回観ましたw
ヨーコはさばさばしてるけど優しくて大好きでした。
子どもを子ども扱いせず真剣に向き合えるって素敵ですよね。
松本花奈ちゃんも表情が抜群に良くて好印象でした。
2008/01/29 3:30 PM, hi-chan wrote:
見ました〜。こーいちさんと同じで、竹内さんのキャラはもっと濃いのかと思ってました。意外とアッサリしてて拍子抜け。でもこのストーリーには合ってましたね。
子役の子、上手かったですよね。原作は、なんか賞取りましたっけ?タイトルを聞いたことがあるような気がします。
自分でもレビューを書いたら、また麦チョコが食べたくなってきました(笑)。
2008/01/30 11:30 AM, こーいち→hi-chan さん wrote:
>hi-chan さん
ご覧になったんですね〜。
竹内さんはもっと弾けてると思ったんですけど
意外に普通でしたよね。
なので僕的には子役の子の方が印象に残りました。

原作は文学界新人賞で、同時収録されている「猛スピードで母は」が
芥川賞取ってるらしいです。

麦チョコ食べたくなりますよね〜。
夏休みの公園でコーラも懐かしかったです。
2011/04/01 6:11 PM, MATO wrote:

いつまでも何かを待ってるだけで未来は変わらんだろjk。今のままの人生に満足してるのか?

ちょっとは行動してみる気、ある?
QOL(Quality of Life)上げたいなら試してみれば
http://su1iq0u.nippon.charitie.info/su1iq0u/
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/309

「サイドカーに犬」 / 古今東西座
2007/07/08 3:53 PM
この映画を観る前にハタと思った。 根岸吉太郎監督の映画観るの、いったいいつ以来? ・・・『探偵物語』!? あまりにも昔に遡らなくてはならず、驚いてしまった。『狂った果実』『遠雷』『キャバレー日記』…その辺りの作品は面白かったのに、大手の会社で撮るようにな
サイドカーに犬 / シネマと!
2007/07/08 4:02 PM
少女時代のひと夏の出来事を回想する物語。 母が家出したあと、突然やってきたヨーコさん。 神経質な母とは正反対の豪快なヨーコさんに 薫は最初は戸惑うけど、次第に惹かれていく。 「そんなことしたらお母さんに叱られる」 が口癖で、大人に気を使う薫は、
2007/07/08 4:40 PM
ひとりの女性が20年前の夏休みを回想する物語です。
「サイドカーに犬」:森下五丁目バス停付近の会話 / 【映画がはねたら、都バスに乗って】
2007/07/08 5:39 PM
{/hiyo_en2/}ここの高校は、自動車学科もあるんだって。 {/kaeru_en4/}じゃあ、ここを卒業すればサイドカーとかつくれるかな。俺のバイクにもサイドカーをつけたいんだけど。 {/hiyo_en2/}うーん、それはどうかな。 {/kaeru_en4/}でも、「サイドカーに犬」みたいな映画
2007/07/08 5:44 PM
映画 「サイドカーに犬」 を観ました。
「サイドカーに犬」 / みんなシネマいいのに!
2007/07/08 5:45 PM
 自分の中でサイドカーといえば、キカイダーか第二次世界大戦のドイツ兵が乗るもの
サイドカーに犬 / Kinetic Vision
2007/07/08 6:32 PM
サイドカーと自転車、二つの乗り物が薫(松本花奈)にとって重要な乗り物として登場する。 小学生にとって両親の存在は絶対だから、親がふらふらしていると子供はどこに立っていたらいいのか分からない。薫はしっかりしてい
サイドカーに犬 / Schicksal
2007/07/08 7:12 PM
シネスイッチ銀座で、サイドカーに犬を見てきた。 近藤誠(古田新太)。怪しげな中古車販売会社の社長。争いごとを好まず、ただみんなが幸せに暮らせることを願っている。 近藤
★ 『サイドカーに犬』 / 映画の感想文日記
2007/07/08 7:38 PM
2007年。「サイドカーに犬」フィルム・パートナーズ。   根岸吉太郎監督。長嶋有原作。  竹内結子、古田新太、松本花奈、その他出演。  ひとりの女性が、20年前のひと夏に
2007/07/08 9:45 PM
竹内結子さんにとっては2年ぶりになる映画出演。ワタシ的には清純なお姫さまの竹内結子さんより予告編で見せているようなはっちゃっけた威勢のいいキャラのほうが合うんじゃないかなぁと思っていたのでわりと楽しみにしていた作品です。予告編はかなりノリが良くて痛快
サイドカーに犬 / 八ちゃんの日常空間
2007/07/08 9:50 PM
犬をチャリンコのかごに乗せてる人はいるけど、サイドカーに犬を乗せてツーリングなんてかっこいいですよ!それも海岸線と並行して走る道路ですよ! やってみたいっ!
『サイドカーに犬』 / 映像と音は言葉にできないけれど
2007/07/08 10:08 PM
竹内結子といえば、僕にはNHKの「あすか」です。そうですか、あれから8年近く経つんですね。いや....実はこの映画...微妙なタイトルで観たくなりました。
『サイドカーに犬』 試写会鑑賞 / 映画な日々。読書な日々。
2007/07/08 10:43 PM
不動産会社に勤める薫は、ある朝ふいに1週間の有給休暇をとった。馴染みの釣堀で釣り糸をたらしながら、ふと、父が会社を辞め、母が家を出て行った数日後のことを思い出した。ヨーコさんという女性が家に来るようになった。たばこをスパスパ吸い、自転車を乗り回し、夕
「サイドカーに犬」 / 元・副会長のCinema Days
2007/07/08 11:16 PM
 怪しげな中古車ディーラーを営む中年男(古田新太)の愛人となった奔放な若い女に扮する竹内結子の演技が評判らしいが、私はまったく良いとは思わない。柄にもなく蓮っ葉に振る舞い、全編これ“アタシって、こういう演技もできるのよ”といった気取った雰囲気が全開
サイドカーに犬 / Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
2007/07/09 12:14 AM
竹内結子、2年ぶりのスクリーン登場!!ヨーコさんの登場と共に、刺激的な夏休みが始まる!                               評価:★6点(10点満点) 2007年
2007/07/11 1:19 AM
自分自身をもう一度反芻する、夏。 薫(松本花奈)が小学4年生の夏休みに入った日、母が家を出て行った。代わりに、ヨーコ(竹内結子)がやってきた。性格は大雑把、豪快に笑い、涙も流すヨーコに惹かれてゆく薫。1980年代グッズ満載の映画。 最近の邦画では、メ
映画:サイドカーに犬 / 駒吉の日記
2007/07/14 12:44 PM
サイドカーに犬(シネスイッチ銀座) 「ハードボイルドなオンナだなあ、カオルは」 なんだかものすごくノスタルジックな気分に浸ってしまいました。(ちょっと「おもひでぽろぽろ」を連想)自転車に乗るのに苦労したり、コーラは歯が溶けるとか、言われたり。ヤマ
2007/07/15 7:05 PM
竹内結子復活! 『サイドカーに犬』6月23日公開。不動産屋で働く薫・30歳。小学校4年の時、母が家出をし、突然ヨーコという女が家に入り浸るように。彼女は父の愛人。薫の人生でもっとも刺激的だった夏休みがはじまった。 映画[サイドカーに犬]オフィシャルサイト〜あ
2007/07/16 12:15 PM
 僕が自転車に乗れるようになったのは多分、小学生になるかならないかの頃だったと思う。  親に買ってもらったピカピカの補助輪付き自転車。そこには何故か「鉄腕アトム」の絵柄が描かれていた。別段「鉄腕アトム」のファンでもなかったし、アニメを熱心に観た記憶す
2007/07/16 11:59 PM
[ サイドカーに犬 ]を銀座シネスイッチで鑑賞。 人の思いを大切にするあまり自分を素直に出せない薫と自由奔放な女性、ヨーコさんとのひと夏の思い出を描いた作品です。最近、これでもかこれでもか主張する大作映画が多い中、本作は心にじわりとしみこむように伝わっ
サイドカーに犬 / 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
2007/07/17 8:51 PM
不動産会社に勤める薫は、ある朝、ふいに有給休暇を取り、馴染みの釣堀を訪ねます。そこで、釣り糸をたらしながら、父が会社を辞め母が家出をした小学校4年生の夏休みを思い出します。母が家を出た数日後、突然やってきたヨーコさんとの日々は、薫にとって実に画期的な
『サイドカーに犬』 / 京の昼寝〜♪
2007/07/19 12:07 PM
□作品オフィシャルサイト 『サイドカーに犬』□監督 根岸吉太郎 □原作 長嶋 有(「猛スピードで母は(サイドカーに犬)」文芸春秋刊) □脚本 田中晶子、真辺克彦 □キャスト 竹内結子、吉田新太、松本花奈、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、山本浩司、温水洋一、
【2007-105】サイドカーに犬 / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/07/25 12:19 AM
人気ブログランキングの順位は? 母が家出してから数日、その人は突然現れた・・・ 性格 豪快、大ざっぱ、大胆、でも時々涙 あの夏、ヨーコさんが教えてくれたこと コーラと清志郎と思い切り笑うこと あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。
映画「サイドカーに犬」 / 日々のつぶやき
2007/07/25 9:53 AM
監督:根岸吉太郎 出演:竹内結子、古田新太、松本花奈、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、椎名吉平、樹木希林 「不動産会社に勤める薫は有給休暇を取り自転車でいつもの釣堀にいた。そこで、20年前薫10歳の頃、母が家出をした時に家事を手伝いに来てくれていたヨーコ
サイドカーに犬 / bibouroku
2007/07/26 10:59 PM
竹内結子が今までにない役を演じたと話題の 出産後の復帰作、サイドカーに犬 を観て来ました。 復帰作というから大作か?と思ったら単館系でした。 あらすじは・・・ 不動産会社に勤める30歳の薫は、久々に再会した弟から結婚披露宴の招待状を受け取る。離婚
2007/07/31 6:16 PM
「サイドカーに犬」、原作者・長嶋有は1972年生まれ。小説「サイドカーに犬」でデビュー、文学界」2002年6月号に掲載され、第92回文学界新人賞を受賞し、2002年に「猛スピードで母は」で第126回芥川賞を受賞。この2編をあわせた「猛スピードで母は」(文藝春秋刊)は、
サイドカーに犬 / 愛猫レオンとシネマな毎日
2007/08/13 10:04 PM
「雪に願うこと」の根岸吉太郎監督の最新作です。 原作は芥川賞作家、長嶋有さんの「猛スピードて母は」の中に収められている 「サイドカーに犬」 サラっとしてて、チョッピリユーモアもあって、爽やかな映画でした。 ワタシ的には、こうゆうマッタリ系は好きです
女の頭突きと涙。「サイドカーに犬」。 / mountain77 D.Reverse side 映画のムコウ
2007/08/14 8:00 AM
 今年最大の期待作品。  やっぱり竹内結子は映画女優だ。
2007/08/15 5:36 PM
あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。   7月24日、京都みなみ会館にて鑑賞。竹内結子、二年ぶりのスクリーン登場となった作品だ何か一段と綺麗になった気がする。出産したとは思えないくらい、体形も崩れていないよね。だ!!   《物語》たまっていた
サイドカーに犬−(映画:2007年89本目)− / デコ親父はいつも減量中
2007/08/20 11:48 PM
監督:根岸吉太郎 出演:竹内結子、古田新太、松本花奈、谷山毅、ミムラ、鈴木砂羽、トミーズ雅、山本浩司、温水洋一、伊勢谷友介、樹木希林、椎名桔平 評価:84点 公式サイト (ネタバレあります) 1980年頃が舞台。 ううむ、微妙だった。 あと5年くら
2007/09/16 12:10 AM
  今朝は、早く目が覚めたので、 映画の日・・・自分にとっての?! まず、封切られてしばらく経ちますが、楽しみにしていた 「サイドカーに犬 〜あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。〜」を見る。 ミムラ扮する不動産会社の事務員をしている女性、薫・・・ 物
『サイドカーに犬』'07・日 / 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
2008/02/19 8:47 PM
あらすじ小4の夏休みのはじめ、父と喧嘩が絶えなかった母が家を出た。その数日後に薫の家に突然やって来たヨーコさんは神経質な母親とは対照的な大らかな人。煙草をスパスパ吸い、性格はサバサバ、大らかで気が強い。感想山路ふみ子映画賞 女優賞日刊スポーツ映画大賞
2008/02/25 2:53 PM
芥川賞作家、長嶋有のデビュー作を映画化した、心温まるヒューマンドラマ。『雪に願うこと』の根岸吉太郎監督が1980年代の夏を舞台に、内気な少女と破天荒な女性の心の交流を優しくつづる。2年ぶりの映画出演となる竹内結子がヒロインを好演し、さばさばした勝ち気な女
【DVD】サイドカーに犬 / 新!やさぐれ日記
2008/07/07 11:11 PM
■動機 竹内結子がメインじゃないみたいだったから ■感想 竹内結子のくせにいいじゃんこれ ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 不動産会社勤務の薫(ミムラ)は、ある日、有給をとって釣堀に出かける。彼女は少女にエサをつけてあげながら、20年前
サイドカーに犬 DVD / 観たよ〜ん〜
2008/10/19 7:51 AM
「サイドカーに犬」のDVDを見ました〜♪ ある夏、薫の前に現れたヨーコ、子供だった薫が大人の世界に一歩踏み出す、そんなきっかけを作ってくれた。そんな出会いを綴った映画ですねぇ〜♪ でも、設定がちょっとおかしくない?山口百恵が引退したのって1980年だ
『サイドカーに犬』 / 『映画な日々』 cinema-days
2008/12/16 1:25 AM
サイドカーに犬 長嶋有のデビュー短篇小説の映画化 父の愛人ヨーコと過ごした 薫の10歳の夏休み。 個人評価 ★★ (自宅鑑賞)
無料出会い掲示板 / 無料出会い掲示板
2010/11/09 8:12 AM
無料出会い掲示板の口コミサイトです。
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.