• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ』
感動度ハートハート           2007/07/07公開  (公式サイト)
泣き度悲しい
癒し度おはなおはな
満足度星星星

 
【監督】前田哲
【脚本】川嶋澄乃/松本稔/前田哲
【原案】岩貞るみこ 『もういちど宙(そら)へ』(講談社刊)
【時間】105分
【出演】
松山ケンイチ/高畑充希/西山茉希/永作博美/山崎努/池内博之/坂井真紀/利重剛/田中哲司/上間宗男


<ストーリー>

沖縄美ら海水族館に意気揚々と赴任した新米の獣医・植村一也を待っていたのは飼育員の作業。それはイルカのことをよく知らなければ治療はできないと考える館長の方針だった。理想と現実のギャップに思い悩む日々の中で、3頭の子どもを産み育て“ビッグマザー”の異名をとるフジの尾びれが壊死し始める。尾びれを切除し一命はとりとめたものの、フジは泳ぐことをやめてしまう。一也は人工尾びれを作ることを提案する。(goo映画より)

≪予告編≫ 

 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング



   
   

<感想>

美ら海水族館にいるイルカ・フジと獣医師・植田さんの実話をベースに作られた物語。本作では主人公が「植村」さんになっているのでかなり脚色されているということなんでしょうね。フジのことは何度かニュースで見たことがあるし、先日『情熱大陸』で植田さんが取り上げられているのを見たので大体の話は知っています。イルカという動物を扱った作品なのできっと感動物語になっているんだろうなと期待して観てきました。


それなりに楽しめたんですけど、なんだろうこの物足りなさは(苦笑)。ドラマ部分が薄っぺらで期待していた程感動もなかったんですよね。。水族館スタッフの奮闘記としてなら「情熱大陸」の方が面白かったです(爆)。イルカの映像は美しくて癒されたり胸を打つシーンはあったんですけど、それが繋がらずに全て単発でした。僕的にはフジの人工尾びれプロジェクトにまつわる物語が観たかったのですが、途中途中で余計なものが入ってくるから気が抜けて集中しきれなかったです。しかもその余計な部分がさも意味ありげに出て来て、結局何も関係ないという投げっ放しなパターンなのでイラっときました(苦笑)。隣の女の子とおじいのドラマも全く要らなかったですよね。。『蟲師』みたいに幻想的な森の中を歩くシーンなんて無駄でしょ?単に大人の事情が見え隠れして煩わしかったです。それに東京から沖縄に遊びに来た彼女に植村が「明日休みだから案内するよ。」って言ったセリフも、その直後に突然おじいの葬式のシーンに移って、結局あのセリフは何の意味があったのか、彼女とはどうなったのかも分からないままでした。。

 
ドラマ部分はイマイチなのですが、やっぱりイルカの映像には感動させられて何度かウルウルきました。動物ってしゃべれないですからねぇ。注意深く観察してないと急に体調が変わったりするし、どこが痛いかも分からないから元気がなくなると見ているのも辛いんですよね。うちの犬も最近手を切開したんですけど、施術をしてる間体を震わせながらじっと我慢してる姿や元気がなくなった姿を見ると可哀想でしょうがなかったです(泣)。水族館や動物園で働いているスタッフの方もやりがいと共に常に辛い場面に直面してるんでしょうね。

 
水族館のスタッフの過酷な仕事ぶりもすごく伝わってきました。餌などの世話も大変だし、イルカってボールペンなど小さなものが落ちたら食べないようにすぐに飛び込んで取りに行かないといけないくらい細心の注意が必要なんですね。『情熱大陸』では獣医師の植田さんが昼夜関係なく働いていたり、1ヶ月間休みがなく子供達が寂しそうにしていた姿も映されていたので、合わせて見ると過酷な仕事だというのはよりよく分かりました。自分のことよりも動物のこと、という愛情がないと絶対にできないですよね。ほんと尊敬します。


「動物を出せば視聴率は取れる」と言われるくらい一般ウケしやすい分野なので、フジなどのイルカが映ってるだけでそれなりに楽しめるんですけどなんだかもったいない印象は残りました。でも監督が『陽気なギャングが地球を回す』の前田哲さんだと知ってちょっと納得(苦笑)。あの作品もそれなりに楽しめたんですけど、素材がいいだけにもっと面白くできそうな印象があったんですよね。。ブリジストンに協力をお願いに行ったり、試行錯誤しながらスタッフと衝突する部分は面白かったので、僕としてはもうちょっと深く詳しく描いてくれた方が良かったと思いました。無駄なドラマに時間が割かれてドキュメンタリーの部分も中途半端になっていましたね。まぁ、子供も楽しめる家族向けの作品としては、無難に楽しめる映画だと思います。


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



より詳しい最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村


【読者満足度ランキング】
『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ』が面白かった方→こちらで投票
『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ』がイマイチだった方→こちらで投票


もういちど宙(そら)へ―沖縄美ら海水族館人工尾びれをつけたイルカフジの物語
もういちど宙(そら)へ―沖縄美ら海水族館人工尾びれをつけたイルカフジの物語岩貞 るみこ

おすすめ平均 star
star泣けます;;
star結果ではなく課程が楽しめる、心温まるノンフィクション
star読んだあと元気になります
starテレビでは教えてくれなかった
star人間ドラマ
Amazonで詳しく見るby G-Tools

小説 ドルフィンブルー ~フジ、もういちど宙へ~
小説 ドルフィンブルー ~フジ、もういちど宙へ~萩原 はるな 岩貞 るみこ ドルフィンブルー製作委員会



Amazonで詳しく見るby G-Tools

『ドルフィンブルー~フジ、もういちど宙へ~』『ちゅらうみ~沖縄美ら海水族館への招待~』Original Sound Track
『ドルフィンブルー~フジ、もういちど宙へ~』『ちゅらうみ~沖縄美ら海水族館への招待~』Original Sound Trackサントラ



Amazonで詳しく見るby G-Tools




  • 2010.06.13 Sunday
  • 18:56
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/07/12 9:23 PM, any wrote:
こーいちさん、こんばんは♪
私も殆んど、こーいちさんと同じ感想を持ちました。
ドキュメンタリーを見ていなければ、もっと素直に楽しめたのかな?
少女のエピソードは、やはりホリプロ絡みでしょうか...
プロジェクトに関わる話にもっと時間を費やして欲しかったですね〜
それでも、フジの可愛らしさや
水族館の人達の熱意が伝わる温かい映画でした。

以前、お花の中に写ってたワンちゃんが手術したんですか?
大変でしたね!お大事に...
2007/07/13 1:14 PM, こーいち→anyさん wrote:
>anyさん
こんにちは♪
ほんとだ、ほとんど同じ感想だ(笑)
でもあれだとこんな感想になりますよね〜

あの女の子はホリプロ絡みでしょうね。。
無理やり登場させてる感がありましたもん。
あからさま過ぎて逆効果な気もしますけどね(苦笑)

僕ももっとドキュメンタリー部分を強くして欲しかったです。
それなりに感動したけどもっと熱いものが見たかったなぁ。

あ、花の方じゃなくて後から写真を追加した方でした。
http://andy-cinema.jugem.jp/?eid=266#sequel
まぁ、手術って言ってもちょっと切る程度なんですよ(笑)。
手にトゲが刺さって化膿してたんで切開して洗浄したんですけど
麻酔なしだったんで可哀想でした。。
病院ではかなり弱ってたので心配してましたが
帰ると元気になって包帯したまま飛び跳ねてました(汗)。
犬ってあまり痛みを感じないのかなぁとビックリでした。
もう傷は治ったんですけど傷口を舐めるのでエリマキトカゲみたいな
カラーをつけてます(笑)
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/311

【2007-98】ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/07/11 8:26 PM
人気ブログランキングの順位は? 『フジを助けたいんです。もう一度泳がせてあげたいんです!』 世界初の 人口尾びれプロジェクトに賭けた、 イルカのフジと僕たちの 一番熱い夏が始まった─ きっとまた跳べる。
2007/07/12 8:39 PM
監督    ≪ 前田哲 脚本    ≪ 川嶋澄乃 製作年度 ≪ 2007年 日本公開 ≪ 2007年7月7日 上映時間 ≪ 1時間45分 製作国   ≪ 日本 配給    ≪ 松竹 CAST   ≪ 松山ケンイチ / 高畑充希 / 西山茉希 / 永作博美 /
2007/07/15 8:48 AM
≪ストーリー≫ 沖縄美ら海水族館に意気揚々と赴任した新米の獣医・植村一也を待っていたのは飼育員の作業。それはイルカのことをよく知らなければ治療はできないと考える館長の方針だった。理想と現実のギャップに思い悩む日々の中で、3頭の子どもを産み育て“ビッグ
2007/07/18 12:45 PM
□オフィシャルサイト 『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ』□監督 前田哲 □原案 岩貞るみこ(「もういちど宙へ」講談社刊) □脚本 川嶋澄乃、松本 稔□キャスト 松山ケンイチ、高畑充希、永作博美、山崎 努、池内博之、坂井真紀、田中哲司、利重
2007/07/22 2:17 PM
 実話をもとに作られたお話、ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へを観てきました。
ドルフィン ブルー / シュフのきまぐれシネマ
2007/07/29 10:54 AM
ドルフィン ブルー フジ、もう一度宙へ 7/14(土)@アミューズCQN 監督:前田 哲 出演:松山ケンイチ、、高畑充希 、西山茉希 、永作博美 、山崎努 、池内博之 配給:松竹 沖縄美ら海水族館 のビックマザーと呼ばれているバンドウイルカのフジは芸
2007/07/30 2:14 AM
イルカムービーいうたら 目がないAgehaさんは、「海のトリトン」から「ACRI」まで キャ♪って見ちゃうひとでして。 おまけに松ケン(けして松平さんではない)だし。f(´−`;) 世界最大級の沖縄美(ちゅ)ら海水族館で実際に起きた出来事を基に、 世界初となる“人
ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ 19点(100点満点中) / (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
2007/07/31 10:39 PM
スパーク! 海へ 公式サイト 沖縄美ら海水族館に実在するイルカ、フジをめぐる実話を綴った、岩貞るみこ著のノンフィクション本、『もういちど宙へ』を原案とし、創作の人物、エピソードを追加して映画化された本作。 だが、その創作人物やエピソードのほとんど
2007/07/31 10:50 PM
映画 「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ」 を観ました。
2007/07/31 11:50 PM
 イルカといえば、昔「フィンピーとぼく」って漫画あったよなあ。(遠い目) 上映
2007/08/01 12:35 AM
上の★4つは参考にはしないでください、しちゃダメです。映画としてはなんだか雑な作りにちょっとイラっともするんですけど、実話をベースした上での動物と子供と子供みたいな青年(笑)のピュアピュアパワーにやられちゃいましたヨ。まさかまさかで泣かされましたァ。
2007/08/01 6:49 AM
原因不明の病気のために尾びれを失ったバンドウイルカのフジ。新米獣医の植村は、フジが再び泳げるようになる事を願って、世界初の「人口尾びれ開発プロジェクト」を立ち上げる。はたしてフジは再び泳ぐ力を取り戻し、大空へジャンプする事が出来るようになるのか。
2007/08/14 10:48 AM
あ、そういえばオンライン試写会今日だったなぁ〜っと思い出したのは、試写会が終わる10分前^^;まっさか当たってると思わなかったので・・・チェック甘かった〜〜〜大丈夫かな?っとアクセスすると、ちゃんと観れたので・・・ついつい104分真夜中のオンライン試写会
イルカの夢 / Akira's VOICE
2007/12/11 3:39 PM
「ドルフィンブルー,フジ,もういちど宙へ」 「パプリカ」
2008/02/21 10:01 AM
監督:前田哲 出演:松山ケンイチ、坂井真紀、池内博之、永作博美、山崎努、高畑充希 「沖縄の水族館に獣医としてやってきた一也は、いきなり飼育係のような仕事をさせられる。そのことに不満を言うと、イルカのことを知らなくてどうやって関わっていけるんだ!と怒
『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ』'07・日 / 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
2008/09/08 8:31 AM
あらすじ沖縄美ら海水族館に、意気揚々と赴任した新米の獣医植村一也を待っていたのは、飼育員の作業。それはイルカのことを、よく知らなければ治療はできないと考える館長の方針だった。理想と現実のギャップに思い悩む日々の中で3頭の子どもを産み育て“ビッグマザー
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.