• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『河童のクゥと夏休み』
感動度ハートハート          2007/07/28公開  (公式サイト)
笑い度ラッキー
泣き度悲しい悲しい
切なさ失恋失恋
満足度星星星

 
【監督】原恵一
【脚本】原恵一
【原作】木暮正夫
【時間】138分
【出演】
冨沢風斗/横川貴大/田中直樹/西田尚美/なぎら健壱/ゴリ/松元環季/
植松夏希


<ストーリー>

夏休み前のある日、康一は学校の帰り道で大きな石を見つける。石を持ち帰り水で洗うと、中からなんと河童の子供が!人間の言葉を話し、何百年も地中に閉じこめられていた河童を、康一は鳴き声から「クゥ」と命名。最初は驚いた両親や妹もクゥを受け入れ、家族だけの秘密にして一緒に暮らし始める。だがそんなある日、クゥが突然「仲間のところへ帰る」と言いだす。康一はクゥを連れ、河童伝説の残る岩手県・遠野へ向かうが…。
(goo映画より)

≪予告編≫ 

 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング



    
  

<感想>

アニメはジブリやコナンくらいしか観ないのですが、時間があったので観てきました。「子供向け映画だろうなぁ」くらいの印象しかなかったのですが、観てみるとなかなか面白かったです。帰ってネットで調べてみるとかなり評判のいい作品のようですね。監督は劇場版「クレヨンしんちゃん」などを手がけた原恵一監督です。

 
子供よりももしかしたら付き添ってきたお父さんの方が楽しめるかも。田舎の風景が懐かしいし、脚本がしっかりしてるので飽きることなく観賞できました。物語は河童のクゥが生まれた江戸時代から始まります。いきなりショッキングなオープニングなので戸惑ったんですけど、それが最後まで効いていました。クゥは単にカワイイだけじゃなくて、しゃべれて知能もある妖怪。なので客観的に人間社会を見つめています。クゥの視点で見ると何も考えずに生活している僕たちの社会も環境、イジメ、報道など人間の愚かな部分がクッキリ浮き彫りになってきます。でもその描き方は決して難解でも説教臭くもなく、自然に受けとれるので心に響いてくるんですよね。去年観た『ブレイブストーリー』とは正反対(笑)。

  
いろんなエピソードがあるんですけど、一番グッときたのは犬のオッサンのエピソード。康一の家に来たのには理由があってそれがまた泣けるんですよね(ノω・、) ウゥ・・・ 「人間不信にならずに良かったなぁ」だとか「康一たちがしっかり愛情を持って育てたんだろうなぁ」だとか思いながらウルウルしてたら、衝撃的な出来事に涙腺の緩みもピークに(泣)。・・・でもそれ以降は個人的にはダメでした。。うちも犬を飼っているのでどうしてもクゥよりもオッサン寄りで見ちゃうんですよね。だから轢かれたオッサンをほったらかしにしてクゥを追っていく家族の姿を見て一気に興ざめ。。だってオッサンも大事な家族なのに。。なんだかガッカリしてしまい、その後の展開も共感できなくなりました(汗)。

 
ということで満足度は星3つだったんですけどかなりの良作だと思います。子供にも大人にも是非観てもらいたいですね。程よく笑えて、感動できて、癒されて、かなり楽しめる作品です。正直、画がそんなに可愛くないので最初は気になりますけど、そのうち慣れて可愛く見えます(笑)。観て損はないと思うので、興味がある方はどうぞ♪ 意外な掘り出し物になるかも。


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



より詳しい最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村


【これ好き!満足度アンケート!!】
本作が面白かった方&アンケート結果→こちら
本作がイマイチだった方&アンケート結果→こちら



  • 2010.06.13 Sunday
  • 02:58
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/08/01 12:20 PM, hito wrote:
私もこれ最初は観るつもりなかったのですが、とても評判がいいようなので観ました。
良かったですよね〜大人も十分楽しめる親子で見るのにお勧め映画でした。

私はオッサンを置いてクゥに行った場面特別ひっかかりませんでしたが、やはり犬好きの人は「あれってどうよ」と書いていました。
オッサンの死の場面は泣けました〜

観終わってとても爽やかで温かい気持ちになれますね。
2007/08/02 2:03 AM, こーいち→hitoさん wrote:
>hitoさん
ね〜、なかなかいい作品でした!
ちょっと画で食わず嫌いしてしまいそうですけど(笑)
意外な掘り出し物でしたね。

オッサンの物語でかなり感情移入してただけに
ほったらかしにされているのを見て「えぇぇぇ!?ありえん!」
って過剰に反応してしまいました(汗)
あの場面で康一家族とオッサンのちょっとしたドラマが
あれば大満足だったんですけど。。
犬好きは引っかかるかもしれないですね。

でも冷静に見たら本当に爽やかで素敵な映画だったと思います。
オススメ作品ですねw
2007/08/11 3:43 PM, たいむ wrote:
こーいちさん、こんにちは。
クゥの純粋さ。。というか、ものわかりのよさがやや出来すぎではありましたが、とても優しい作品。
良い作品であり、今年のアニメの代表作になりそうな気がしています。
2007/08/12 1:48 PM, こーいち→たいむさん wrote:
>たいむさん
こんにちは♪
いい作品でしたね〜。
去年の『時をかける少女』のように評価が高い作品ですよね。
2007/08/13 10:07 PM, メビウス wrote:
こーいちさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

やはりオッサンの轢かれたシーンの落ち度は大きいです。オッサンが上原家に来る前の辛い過去で自分も目頭熱くなる寸前までいったのに、そのオッサンに涙を流さない康一やパパ、瞳が妙に不自然でなりませんでした。
クゥを主軸として描きたかったのかもしれませんが、オッサンも上原家の家族の一員なので、不自然さを納得させる出来にして欲しかったのもありますね。

でも正直オッサン死ぬとは微塵も思っていませんでした・・(−−;)
2007/08/13 10:24 PM, サラ wrote:
こーいちさん、こんばんは!
この映画、いろいろ考えさせられました。
大人の方が、堪えそうです。

ワタシもおっさんのシーンでは、腹がたった程です。普通はお母さんがおっさんの側に残りますよね。
どこまでも家族4人で追っかけるのは、見てておかしいと思いました。
でもワタシが許せたのは、おっさんのお骨が入ったた壷があったので、きちんと火葬してあげたみたいだったから・・・

不快な点もあったけど、それ以上に魅力のある作品でした。
2007/08/14 1:04 AM, こーいち→メビウスさん wrote:
>メビウスさん
こんばんは♪
内容が良かっただけに、余計にオッサンのシーンは残念でした。。
クゥと同じ重さで描いて欲しかったです(泣)
2007/08/14 1:15 AM, こーいち→サラ さん wrote:
>サラさん
こんばんは♪
TB&コメントありがとうございます!
子供も楽しめるんでしょうけど
多分大人向けのアニメでしょうね。
内容的にもそうだし時間も長いですもん。

やっぱりあのシーンは引っかかっちゃいますよね。
骨壷とかもあったんですけど、なんだかもうダメでした。。
でもその他は素晴らしかったのでいい映画だと思います。
2007/08/14 11:18 AM, にゃむばなな wrote:
こんにちわ。TBありがとうございました。

私もかつて犬を飼っていたので、オッサンの亡骸に誰も寄り添わずにみんなでクゥのところへ行くくだりには怒りを覚えましたね。
いい映画だっただけに、よりあのシーンが許せませんでしたよ、
2007/08/15 10:53 PM, こーいち→にゃむばななさん wrote:
>にゃむばななさん
こんにちは♪
こちらこそコメントありがとうございます!
犬を飼っているとあのシーンが気になりますよね。。
ほんといい映画だっただけにあそこはなんとかならなかったのか
と残念です。
2008/04/24 9:09 PM, ジャージャービンクス wrote:
はじめまして
私が一番感動したのは「父ちゃん、ごめん 俺人間の友達ができたよ」というシーンです。その後、風が川面を吹きます。これは僕の推測なのですが、この風はきっとクゥのお父さんが吹かせたのではないかと思います(龍を呼んだ時と同じように)。「謝ることなんか無いんだよ。 人間の友達ができてよかったね」という意味を込めて。そう信じたいです。

お父さんを人間に殺されたクゥが「人間の友達ができたよ」と言ってくれて本当に嬉しかったです。
2008/06/15 12:52 PM, ジャージャービンクス wrote:
返信お願いします
2008/08/09 10:25 PM, こーいち→ジャージャービンクスさん wrote:
はじめまして♪
返信が遅くなってごめんなさい(。≧Д≦。)

ラストは良かったですよね〜。
僕も感動しましたw
お互いがいがみ合うのではなく仲良くなるところは
心が温かくなりました。
現実でも大切なことですよね。
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/316

『河童のクゥと夏休み』 / ラムの大通り
2007/08/01 12:29 AM
----あれっ、これ携帯の写真だよね。 映画のシーンとは違う。どういうこと? 「うん。この前観た『河童のクゥと夏休み』が あまりにも素晴らしくて ちょっとロケ探訪してきたってわけ。 ここはこの映画の 重要な舞台となる黒目川」 ----へぇ〜っ。でも確かそれってア
映画「河童のクゥと夏休み」 / 日々のつぶやき
2007/08/01 12:16 PM
予告では、このちょっと不気味な感じの河童ってどうよ?とちょっと引き気味だったのですが・・ でもストーリーは感動っぽいし、評判も良さそうなので徐々に観る気満々になり。 行ってきました。 入場の際に「きゅうりのキューちゃん」を手渡されました。 特典?変
「河童のクゥと夏休み」を観る / 紫@試写会マニア
2007/08/01 8:05 PM
世のお母様方が、「絶ぇ対ぃぃに見せたくありません!」とお怒りになる筆頭与力(ぁ、ついオヤジギャグ。)・TVアニメは=「クレヨンしんちゃん」。ですが、映画のしんちゃんは映画になると、文化庁の大賞を受賞するほど感動作になるらしい。 その監督さんだった原恵
2007/08/01 10:45 PM
【河童のクゥと夏休み】 7月28日(土)公開 監督 : 原恵一 出演 : 冨沢風斗/横川貴大/ 
河童のクゥと夏休み [映画] / mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々
2007/08/02 2:48 AM
★★★★★★★★★☆ http://www.kappa-coo.com/ (河
2007/08/02 4:09 PM
河童のクゥと夏休み 試写会(ヤクルトホール) 「しばらくお世話になります」 なんだかアゴヒゲアザラシのタマちゃん騒動を思い出しました。ベースはジ○リのタヌキ映画、かな。 康一と妹のひとみ、両親と飼い犬の「おっさん」は家にやってきた河童のクゥと仲間
【2007-108】河童のクゥと夏休み / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/08/02 11:30 PM
人気ブログランキングの順位は? 何百年もの時を超え 康一の家にてやってきた ちいさな訪問者 名前はクゥ 人間の世界に迷い込んだ、河童のクゥと 少年・康一が贈る感動の物語 人間の友達ができちまった。
「河童のクゥと夏休み」:池袋駅東口バス停付近の会話 / 【映画がはねたら、都バスに乗って】
2007/08/04 3:13 PM
{/kaeru_en4/}池袋って西武線の始発駅なんだよな。 {/hiyo_en2/}じゃあ、ここから電車に乗れば東久留米まで行ける? {/kaeru_en4/}ああ、行けるけど、それが何か? {/hiyo_en2/}東久留米って、「河童のクゥと夏休み」の舞台になった町なのよ。 {/kaeru_en4/}じゃあ、黒
2007/08/05 10:02 PM
これ、子供向けですか・・? 勿体ない、オトナも十分満足できますよ! レビュー評価があまりにも高いので気になったが、 「河童のクゥと男の子の友情感動物語」くらいに思っていたら、 予想外、感動だけじゃないよ、なんでこんなに頷けるんだろう、 そしていろ
2007/08/06 12:34 AM
「河童のクーと夏休み」★★★★オススメ 原恵一 監督、脚本 まだ名古屋駅の前にミッドランドスクエアもなく、 松竹座というせりだした二階席を持つ 試写会以外満席になったのを 見たことが無い映画館があった。 アニメの優先順位が低いので 自分がク
河童のクゥと夏休み / Akira's VOICE
2007/08/08 11:54 AM
笑顔と涙いっぱい。
2007/08/09 2:49 PM
監督自身への愛情は感じるものの、子供や社会への愛情は感じられない。 監督の浅い考えが露呈した、独りよがりな駄作映画。 『河童のクゥと夏休み』 『河童のクゥと夏休み』 ウィキペディア(Wikipedia) 監督・脚本:
「河童のクゥと夏休み」みた。 / たいむのひとりごと
2007/08/11 3:39 PM
これといって不満はないけれど、とびっきりご機嫌でもない毎日。なんとなく同じペースで生き、同じものからはみ出さないように暮らす。そんな日常に舞い込んだ非日常。同じものから違うものへ、立場が変って初めて
『河童のクゥと夏休み』 試写会鑑賞 / 映画な日々。読書な日々。
2007/08/12 1:08 AM
夏休み前のある日、康一は学校の帰り道で大きな石を見つける。石を持ち帰り水で洗うと、中からなんと河童の子供が!人間の言葉を話し、何百年も地中に閉じこめられていた河童を、康一は鳴き声から「クゥ」と命名。最初は驚いた両親や妹もクゥを受け入れ、家族だけの秘密
河童のクゥと夏休み(評価:☆) / シネマをぶった斬りっ!!
2007/08/13 9:59 PM
【監督】原恵一 【声の出演】田中直樹/西田尚美/なぎら健壱/ゴリ/冨沢風斗/横川貴大/他 【公開日】2007/7.28 【製作】日本 【ストーリー】 夏休み前のある日、康一は学校の帰りに拾った大きな石を家に持って帰り、それ
河童のクゥと夏休み / 愛猫レオンとシネマな毎日
2007/08/13 10:25 PM
木暮正夫の児童文学を元に、映画化された作品です。 監督は、映画クレヨンしんちゃんシリーズの「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」を 手掛けた原恵一。 原監督自らが企画し、脚本も書かれたそうです。 ストーリーは、河童のクゥが小学生の康一、そしてその家
2007/08/13 10:47 PM
夏休み東西アニメ決戦の大穴!? 『河童のクゥと夏休み』7月28日公開。上原康一は夏休み前のある日、河原で化石のような石を拾う。なんとそこには河童の子が! 康一はクゥと名付け、上原家での河童同居生活がはじまった。共に理解を深める中の、河童の仲間を探す旅、マ
河童のクゥと夏休み / 八ちゃんの日常空間
2007/08/13 11:10 PM
きっちり作ってきましたね〜。日本のアニメは世界に誇れるといいますが、この作品、技術的なことだけではなく内容もいいです。数年に一度の作品ではないでしょうか。
河童のクゥと夏休み 87点(100点満点中) / (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
2007/08/13 11:43 PM
遠い海から来たCoo 公式サイト 木暮正夫の児童文学『かっぱ大さわぎ』を着想に、藤子アニメおよび『クレヨンしんちゃん』の監督で知られる原恵一によって作られた、家族向けアニメ映画。 原恵一と言えば、クレしん映画『オトナ帝国の逆襲』『戦国大合戦』にて、
2007/08/13 11:48 PM
突然、現代に現われた河童と、それを取り巻く周囲の人間たちの物語です。
河童のクゥと夏休み / Kinetic Vision
2007/08/14 9:28 AM
河童のクゥを追い込んでいくのは大物の悪役ではなく、平凡な一般人たちの小さな悪意だ。最初に出てくる侍にしても、小さな悪事が露見することを恐れる小心者だ。クゥとおっさんが街中を逃げ回るとき、彼らを追いつめていくのはカメ
河童のクゥと夏休み / めでぃあみっくす
2007/08/14 11:14 AM
あの原恵一監督の最新作、そして初日の初回上映では「きゅうりのQちゃん」がもらえるということもあって早速見てきましたが、またしても原監督はやってくれましたね。 アニメーションとしては『時をかける少女』のマッドハウスや『ブレイブストーリー』のGONZOと比べ
「河童のクゥと夏休み」 / みんなシネマいいのに!
2007/08/15 9:22 PM
 ポスターを見ると「『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国
河童のクゥと夏休み・・・・・評価額1600円 / ノラネコの呑んで観るシネマ
2007/08/16 1:12 AM
この夏、数少ない非シリーズ物のファミリー映画。 今は初めからシリーズ化を前提とした作品が多くて、途中から観ると訳が判らずに苦痛しか感じられない作品が多いが、これは文字通りのファミリー映画として、老若男女全
河童のクゥと夏休み / そーれりぽーと
2007/08/16 1:36 AM
子供の頃に読んだ絵本に出てきた化石状態のクゥの姿が印象的で、予告編に出てきたその場面を観た瞬間に懐かしさが込み上げてきた『河童のクゥと夏休み』 せっかくなので、甥っ子と二人で観てきました。 ★★★★ 実はあの少年は俺だったのか? 幼い頃に別れたクゥ、忘
2007/08/16 4:53 PM
(07年7月鑑賞)試写会(エルガーラホール) 「河童と少年のひと夏の交流・・・と聞いて子供だまし映画だと思ったらいけませ...
河童のクゥと夏休み / パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2007/08/18 8:39 PM
都会に姿を見せた河童のクゥ、少年との触れ合いが、大切なことを思い出させてくれる。 夏休み前のある日、康一は学校の帰り道で大きな石を見つける。石を持ち帰り水で洗うと、中からなんと河童の子供が!人間の言葉を話し、何百年も地中に閉じこめられていた河童を
『河童のクゥと夏休み』 / 京の昼寝〜♪
2007/08/23 12:30 PM
□作品オフィシャルサイト 「河童のクゥと夏休み」□監督・脚本 原恵一 □原作 木暮正夫(「かっぱ大さわぎ」「かっぱびっくり旅」)□キャスト(声) 田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリ、冨沢風斗、横川貴大、植松夏希■鑑賞日 8月19日(日)■劇場 TO
2007/08/23 11:14 PM
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 普通の家庭に突然 河童が入り込んで生活する様が丁寧にリアルに描かれる。 それがとても楽しい。特に妹のリアクションなんかホント微笑ましい。 この映画にはアニメーション的な飛躍もエモーショナルな動きも無いんだけど 全然いいですよ
河童のクゥと夏休み / 映画、言いたい放題!
2007/08/31 2:01 PM
アニメは好きだけれど、 テレビの宣伝で見るこの映画の絵に全く興味が沸かなかった。 しかし、 私の大好きな作品「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 」の監督、 原恵一氏の新作というならば話は別だ。 しかもこの映画は、 私が子供の頃
2007/09/09 3:00 PM
カッパだの、竜だの、ぬかすな! 有りがちな子供向けの映画で、見たらとっつぁんに上
「河童のクゥと夏休み」 / やまたくの音吐朗々Diary
2007/09/13 3:58 PM
公開中のアニメ映画「河童のクゥと夏休み」を観賞。 監督・脚本・製作:原恵一 原作:木暮正夫 音楽:若草恵 主題歌:大山百合香 美術:中村隆 声優:冨澤風斗、横川貴大、植松夏希、田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリほか 上映時間:138分 配給:2007日
2007/10/01 10:25 PM
監督:原恵一 声の出演:冨沢風斗、横川貴大、田中直樹、西田尚美、松元環季、植松夏希、なぎら健壱、ゴリ 評価:80点 公式サイト 決してかわいいとはいえないクゥのビジュアル。その他の登場人物たちについても、ジブリの絵を見ているときのような感動は
河童のクゥと夏休み / シネマ通知表
2007/11/28 10:18 AM
2007年製作の日本映画。 木暮正夫の同名児童文学を「クレヨンしんちゃん」劇場版シリーズを手がけた原恵一監督が映画化した感動ファミリー・アニメーション。不思議な力を秘めた河童のクゥと出会った少年のひと夏の冒険を、家族の絆や友情の大切さを織り込みつつさわや
河童のクゥと夏休み / タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
2007/12/29 5:09 PM
製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 138分 監督 原恵一 原作 木暮正夫 脚本 原恵一 音楽 若草恵 声の出演 田中直樹 、西田尚美 、なぎら健壱 、 ゴリ 、冨沢風斗 、横川貴大 、松元環季 、植松夏希 解説: 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶア
河童のクゥと夏休み / 悩み事解決コラム
2008/08/05 3:30 PM
   アニメ映画『河童のクゥと夏休み』 我が第二のふるさと東久留米市が舞台ということもあり、 ついつい細部の景色まで気を配ってみてしまいました。 見事に東久留米を再現している
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.