• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『クワイエットルームにようこそ』
感動度ハートハート     2007/10/20公開  (公式サイト)
切なさ 悲しい悲しい
笑い度ラッキーラッキー
満足度星星星

 
【監督】松尾スズキ
【脚本】松尾スズキ
【原案】松尾スズキ 『クワイエットルームにようこそ』(文藝春秋刊)
【時間】118分
【出演】
内田有紀/宮藤官九郎/蒼井優/りょう/中村優子/高橋真唯/馬渕英俚可/筒井真理子/宍戸美和公/平岩紙/塚本晋也/平田満/徳井優/峯村リエ/武沢宏/箕輪はるか/近藤春菜/庵野秀明/河井克夫/俵万智/しりあがり寿/川勝正幸/しまおまほ/妻夫木聡/大竹しのぶ/伊勢志摩


<ストーリー>

佐倉明日香は28歳のフリーライター。ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり、同棲相手ともすれ違いが続く微妙な状態。そんなある日、明日香は気がついたら、真っ白な部屋のベッドに拘束されていた。やってきたナースに「アルコールと睡眠薬の過剰摂取により、丸2日間昏睡状態だった」と説明されても、記憶があちこち欠如した明日香は戸惑うばかり。だが非日常的な空間で見知らぬ人々と出会ううち、明日香の中で何かが変わり始める…。(goo映画より)

≪予告編≫

 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング
 

          



<感想>

観る前はイカれたキャラが出てるめちゃくちゃな映画なのかなと思っていました。松尾スズキさんだし『インザプール』っぽいか、『ベロニカは死ぬことにした』みたいなちょっと芸術っぽい作品になっているのかなと。でも試写会でご覧になったhi-chanさんからストーリーはしっかりしってるって聞いたので楽しみにしていました。

 
実際に観てみると意外と真面目に作ってるなぁって印象でした。キャラ設定だったりは相変わらずなんですけど、意外と笑うシーンも抑えられていてストーリーを楽しめました。何でも原作は芥川賞候補になったとか。短い小説のようなので原作も読んでみたくなりました。序盤は酔った勢いで薬を過剰摂取し精神病院に閉じ込められた明日香の視点で奇妙な病院の内部が描かれています。でも病院に運ばれた経緯が明日香の記憶とは違っていてだんだんと真実が明らかになっていく。この辺の作りは捻りがあって面白かったです。あと「オモシロイ」側の人間と「オモシロクナイ」側の人間の対比も分かる気がしました。自分に才能がないことを受け入れるって難しいし、向き合うだけでストレスを感じるものですよね。なので自分の「うっとうしさ」や「面白くなさ」を全て受け入れて前に進むラストの明日香の姿は清々しさを感じました。

 
内田有紀さんは良かったですね。体を張っていたし、同じように忙しく働いている女性も共感しやすかったんじゃないのかな。寂しがり屋の弱い部分や割り切って生きて行こうとする強い部分をうまく演じていました。クドカンもいい味が出ていて良かったです。ふざけてるんだけど真面目な部分や優しさもあって、人気放送作家という才能もあって大人の部分も持っている男を好演していたと思います。蒼井優ちゃんもさすがにうまくて存在感がありました。役作りでかなりダイエットしたんでしょうね。一時期すっごい痩せてるなって思っていたんですけどきっとこの撮影だったんだろうなぁ。あとはりょうさんや高橋真唯さんもハマっていたし、妻夫木くんも贅沢な使い方をしていて楽しめました。個人的には大竹しのぶさんの演技は過剰に感じてイマイチでしたけど、他は特に違和感を感じる人はいませんでした。

 
ホント、思ったよりもストーリーがしっかりしていましたね。まぁでも、明日香のように忙しく生きているわけでもなく、のん気に生きてるのでピンポイントで共感はしにくかったかな。理解はできますけど。きっと都会でストレスを抱えて日々生活している方の方が心に響くものはあるんでしょうね。


自分では普通だと思っていてもやっぱりどこか異常がある人々が集まる精神病棟。彼女らなりに一生懸命抜け出そうもがいているのに抜け出せない姿は切なかったです。明日香はあのスパイラルから抜け出せてるといいなぁ。


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



王冠22007年10月公開邦画の満足度ランキングはこちら王冠2
↑↑『クワイエットルームにようこそ』が楽しめた方、投票してね↑↑




より詳しい最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村


   






  • 2010.06.13 Sunday
  • 20:28
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2007/11/03 2:52 PM, たいむ wrote:
こーいちさん、こんにちは。
自覚が有るのかないのか・・・なんとも切ないお話でした。
ジグソーパズルの「無限階段」も、ミキが言う前に分っちゃって「うえ〜」って思いましたモン。

大竹さんの過剰演技も、あそこだからなのでは?あそこにいればあれも然るべき・・そんな異空間な場所な気がしました。
2007/11/03 6:22 PM, hito wrote:
もっともっとコメディタッチの映画だと思っていたのでテーマが重くて意外でした。
でも、やっぱりコミカルな部分もあってバランスよく楽しめました。

クドカンはいいですね〜お尻触って落ち着く〜のシーンにはかなり笑ってしまいました。
蒼井優ちゃんもはやっぱりすごい存在感でしたね。
2007/11/03 6:36 PM, ジョー wrote:
こんばんは。
大竹しのぶって、森田芳光の「黒い家」とか石井隆の「GONIN」とか、キレたキャラばかりやっていますが、今後はあのキャラでいくんでしょうかね。
内田有紀は、いままででいちばんいい役だったかもしれません。
2007/11/03 7:19 PM, こーいち→たいむさん wrote:
>たいむさん
こんにちは♪
ヘビーな話をコミカルに描いてるんですけど
やっぱり切ないですよね〜。
なかなか「普通」に戻ることって難しいんでしょうね。。

大竹さんの演技っていつも同じに見えちゃって。。
なんだか違和感を感じちゃいました。
2007/11/03 7:33 PM, こーいち→hitoさん wrote:
>hitoさん
こんにちは♪
僕ももっとコミカルだと思っていました。
所々クスって笑う程度でしっかり作られてましたね。

クドカンのお尻のシーン可笑しかったですよね〜
でもなんとなくあの気持ちわかるようなw
赤ちゃんの綺麗なお尻とか触りたくなるし(笑)
蒼井優ちゃんもさすがの存在感でしたね!
2007/11/03 7:36 PM, こーいち→ジョーさん wrote:
>ジョーさん
こんにちは♪
僕も大竹さんの作品はたくさん見てる訳ではないんですけど
なんだかいつも同じに見えるんですよね。。
内田有紀さんは吹っ切れた演技で素敵でした。
2007/11/07 2:09 PM, hi-chan wrote:
私は結構好きな映画でした。
原作も読んでみたくなったので、今、図書館で予約してます。
私も内田有紀さん、今迄で一番良かったかな〜あんまり見たことないですが。
2007/11/08 1:46 AM, こーいち→hi-chanさん wrote:
>hi-chanさん
なかなか面白かったです!
でも意外とまともだったので観終わった後に
なんとなく物足りなさを感じたんですよね。
松尾スズキってことで勝手に想像してた部分もあるんですけど(汗)
内田有紀さんって等身大の役もしっかりできるんだなって
感心しました。
なんとなく昔の元気なイメージが残っていたので。
すごく良かったですよね。
2007/11/19 5:53 PM, kiyu wrote:
お久しぶりです、こんにちは^^
近所では今週末までのところが殆どなので、劇場鑑賞も今更かな〜;・・・なんて思ってたんだけど、やっぱり観に行こうかな(^_-)

原作は意外にさらっとしていて短い小説です。例によって確か映画に合わせて文庫化してるはず☆
でも冒頭部分は結構エグいので、あの辺りどう映像にしたのか・・・まんまだと引っかかると思うんだけど・・・(笑);
大竹さんの役は原作でもヒトリだけ特に過剰です。逆にハマってるのかもしれませんよ〜(笑(∂v∂;)
2007/11/21 10:41 PM, こーいち→kiyuさん wrote:
>kiyuさん
こんにちは♪
色んなブログを覗いた感じだと特に女性に評判がいいみたいですよ〜
時間があったらご覧になってみてくださいw

冒頭部分のエグいところってなんとなく心当たりが(笑)
でもそんなに酷くはなかったですけど。
大竹さんのキャラって原作でも過剰なんですね〜。
なるほど〜、じゃあハマってるのかも☆
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/359

2007/11/03 7:29 AM
静粛に ただいま人間 改造中   とりあえず、内田有紀殿、お久し振りでございます。いろいろおありになったかとは存じますが、素晴らしき世界の中で、もがき楽しみ活躍するよな好抜擢な役柄を思う存分演じなされたこと、惜しみなく拍手を贈らさせて頂きとうござ
2007/11/03 2:58 PM
さすがは松尾スズキで、やっぱり松尾スズキだなーという作品。ヤヤお下品な会話と吐しゃ物やらズルズルな流動食はお約束か。あの手のものがちょっと苦手な私には「はやく顔を洗ってくれ・・」と、明日香のアップに
2007/11/03 5:14 PM
{/hiyo_en2/}この白い通路は? {/kaeru_en4/}東京駅の地下にできた「グラン・スタ」っていう駅ナカ飲食店街に続く通路だ。 {/hiyo_en2/}この白っぽさは、なんだかクワイエットルームを連想させるわね。 {/kaeru_en4/}おいおい、物騒なことを言うなよ。クワイエットルー
2007/11/03 6:18 PM
監督:松尾スズキ 出演:内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、大竹しのぶ、妻夫木聡 「フリーライターの明日香。締め切りに追われるある日、目が覚めたら見知らぬ白い部屋の中にいた。手足を縛られた状態で、何があったか思い出そうとしていると入ってきたのは
2007/11/04 9:37 AM
10月21日(日)◆600日目◆ 渋谷シネマライズで松尾スズキ監督の『クワイエットルームにようこそ』を見る。 前作『恋の門』と比べて映画らしくなっているが、 作品の出来はいまいち。 フリーライター佐倉明日香(内田有紀)は睡眠薬の過剰接種でオーバードー
【2007-150】クワイエットルームにようこそ Welcome to The Quiet Room / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007/11/04 3:45 PM
人気ブログランキングの順位は? 佐倉明日香 28歳・ライター・バツイチ めくるめく 再生の14日間 わたしは ここ で 生まれ変わるのだ
2007/11/08 11:32 PM
ドタバタのコメディだと思ったのですが・・・
2007/11/10 1:56 AM
公開中 松尾スズキ監督 内田有紀主演     出演 工藤官九郎、蒼井優、大竹しのぶ、     りょう、高橋真唯、妻夫木聡 満足度 5.0 宿泊地近くの川崎で鑑賞。 他に見たい候補は有ったのですが、 地元の劇場はコンサバな作品しか上映しないので、 この作品
2007/11/11 1:58 AM
≪ストーリー≫ 佐倉明日香は28歳のフリーライター。ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり、同棲相手ともすれ違いが続く微妙な状態。そんなある日、明日香は気がついたら、真っ白な部屋のベッドに拘束されていた。やってきたナースに「アルコールと睡眠薬の過
2007/11/14 3:25 PM
■状況 109シネマズ佐野にて無料鑑賞券で観賞 ■動機 松尾スズキと平岩紙と主題歌 ■感想 満足。 ■あらすじ 仕事も恋愛も微妙な28歳のフリーライター明日香(内田有紀)は、ある日目が覚めると見知らぬ白い部屋にいた。そこは“クワイエットルーム”と呼ばれ
2007/11/25 10:06 AM
「クワイエットルームにようこそ」★★★ 内田有紀主演、大竹しのぶ 、蒼井優 、りょう 、宮藤官九郎 出演 松尾スズキ 監督、2007年 自殺のつもりなんてないのに、 睡眠薬をビールで大量摂取して そのまま寝たのか、昏睡したのか 同居の男性によって 精神
クワイエットルームへようこそ / ダイターンクラッシュ!!
2007/11/29 10:29 PM
11月25日(日) 18:30〜 シネカノン有楽町1丁目 料金:1300円(会員料金) パンフ:700円 『クワイエットルームへようこそ』公式サイト 一人の女性の再生の映画。舞台は精神病院なんだが。 各界の色々な人たちが、なんか楽しく演技している。 シニカルなコメ
クワイエットルームへようこそ / ソレはソレ。 コレはコレ。 (仮)
2007/12/01 11:50 PM
脚本・監督は平成の鬼才・松尾スズキ。 同名自著の実写化。 佐倉明日香(内田有紀)は28歳の駆け出しフリーライター。 でも、フリーライターと言ってもやっとこ手にした、たった800字のコラムに行き詰まり、記事の督促に追われる身。 そんな行き詰った彼
「クワイエットルームにようこそ」 異常で悪いか? / 明日へのヒント by シキシマ博士
2007/12/08 5:47 PM
正常と異常。病院の中にいる者と外にいる者。どれほどの差があると言うんだろう…? 社会適応力がある。ただそれだけで、正常だと言い切れるんでしょうか?
2007/12/11 11:14 AM
  Welcome to The Quiet Room ようこそ、この世界の果てのワンダーランドへ   10月30日、MOVX京都にて鑑賞。あの「大人計画」の主宰者、松尾スズキが、原作・脚本・監督を手がけた作品「クワイエットルームにようこそ」、主役には9年ぶりの長編映画
2008/03/31 1:06 AM
─ 人は未完成、そして未完成だから面白い ─ 劇作家、俳優、コラムニスト、小説家などマルチに活動、劇団「大人計画」を主催することでも有名な松尾スズキが、原作・脚本・監督を務めるこの作品。小説は芥川賞候補にもなった珠玉の一作です。 通常、一般の目に触
2008/05/16 10:29 AM
DVDが出たら、即、鑑賞させていただきます。 あれから、随分日にちがたちましたけど、ゆっくり鑑賞させていただきました… 仕事も恋愛も微妙な28歳のフリーライター明日香(内田有紀)は、ある日、目が覚めると見知らぬ部屋にいた。そこは“クワイエットルー
『クワイエットルームにようこそ』'07・日 / 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
2008/11/11 10:20 PM
あらすじ佐倉明日香は28歳のフリーライター。ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり同棲相手ともすれ違いが続く微妙な状態。そんなある日、明日香は気がついたら真っ白な部屋のベッドに拘束されていた。アルコールと睡眠薬の過剰摂取により丸2日間昏睡状態だ
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.