• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『佐賀のがばいばあちゃん』
感動度ハートハートハートハート      2006/06/03公開  (公式サイト)
笑い度ラッキーラッキーラッキー
泣き度悲しい悲しい
満足度星星星星


【監督】倉内均
【脚本】 山元清多/島田洋七
【原作】島田洋七
【出演】
吉行和子/浅田美代子/鈴木祐真/池田晃信/池田壮磨/岩永明広/緒形拳/三宅裕司/島田紳助/島田洋八/保積ぺぺ/吉守京太/石川あずみ/山本太郎/工藤タ貴


<ストーリー>

戦後間もない広島。原爆症で、早く父親を亡くした明広は、居酒屋で働く母親に育てられる。しかし、夜の仕事をしながらの子育ては難しく、母親は、明広を佐賀の実家に預けることを決意する。自分の家よりも、更に貧乏な“ばあちゃん”の家で、明広は、最初は泣いてばかりいた。だが、このばあちゃんが、戦後、女手ひとつで7人の子供を育て上げたのが自慢の、“がばい”(すごい)ばあちゃんだった。ばあちゃんは貧乏だが、楽しく生きる哲学があった。ばあちゃんのおかげで、明広は逞しい少年へと成長していく。(goo映画より)


                  人気blogランキング
              ♪まずポチっと1クリック♪



            
                           

<感想>

この作品は島田洋七さんの「佐賀のがばいばあちゃん」という同名の小説が原作です。なんでも60万部のベストセラーだとか。知りませんでした。。タイトル通り佐賀県が舞台ということで九州は先行上映です。「がばい」というのは「すごい」という意味の方言です。


昭和30年代の話ということでお年寄りが多かったです。僕以外は60歳以上。杖をついて観に来ているご夫婦も!おばさん達が多かったのですが、やつらは上映中もよくしゃべる(苦笑)。。笑いの場面は誘い笑いでわざと大声で笑うし、地元の方言が出る度に隣のお友達とリピートして笑う。。まあ、その劇場の空気全て含めてこの映画だと思うので、その笑い声も楽しむことにしました。


ストーリーが昔の話なので最初は入り込めませんでした。がばいばあちゃんが好きになれない。大量消費社会で生きている僕は、イライラしっぱなしでした。祖母に言われる小言のようなセリフがたくさん出てきて「ウザイ〜」ってなっちゃいます。。


「失敗したかなぁ」と思っていましたが、いつの間にかストーリーに引き込まれて笑っていました。運動会の弁当のシーンはおもしろかった!先生たちがみんなお腹の調子が悪くなって(笑)。先生たちのやさしさに涙がでました。


小学校高学年の頃の友達の池田君は癒し系でしたね〜。お金持ちの坊ちゃんで声が高くてかわいい♪お気に入りキャラでした。


出演者の中でうまいなぁと思ったのは工藤タ貴さん。広島弁もネイティブに聞こえるくらいうまかった!さすがでした。


そしてがばいばあちゃんは数々の名言を残します。いくつか挙げると


「どんなに辛い話も、昼にしたら辛くないもの」


「ケチは最低!節約は天才!」


「今のうちに貧乏しておけ!金持ちになったら、旅行へ行ったり、寿司食ったり、着物を仕立てたり、忙しか。」



テスト前日の会話も面白かった〜☆


「英語には、私は日本人です。ひらがなとカタカナで生きてきます、って書いとけ!」


「歴史は、私は過去にはこだわりませんって書けばよか」


「勉強したらクセになる。やめとけ。」



かなり笑いましたよ。そんながばいばあちゃんとの別れは感動的でした(涙)。。


笑いあり涙ありのなかなか良い作品だったと思います。あっという間に時間が過ぎて「あれっ、もう終わり?」って感じました。街並みもよく出来てて当時のノスタルジーな雰囲気を感じることができました。ばあちゃんが住んでいた家も素敵だったなぁ。

               人気blogランキング
               ♪ポチっとお願いします♪


         ↓ベストセラーの原作はこちら↓
  



  • 2010.06.13 Sunday
  • 17:08
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2006/06/07 10:39 PM, ミチ wrote:
こんにちは♪
そっかぁ、最初はがばいばあちゃんが好きになれなかったのね〜。
それこそ世代の差かもしれません。
私はお隣の県まで見に行ったのですが、やはり年配の方が多くて笑い声が大きかったです。
それも盛り上がりの一つとして楽しみましたけどね(笑)
韓流おばさんとはまた別の盛り上がりでした。
2006/06/07 11:04 PM, こーいち→ミチさん wrote:
>ミチさん
最初はダメでしたね〜。親の小言みたいで。
でもいつの間にかハマってました♪
おば様方の笑い声もあの映画の一部ですよね(笑)
方言が似ているのでおば様方は大興奮でしたよ(苦笑)
2006/06/08 12:09 AM, じゆさ wrote:
こんばんは。TBありがとうございます。
がばいばあちゃん、僕も最初は説教くさい映画なのかなと思ってたのですが、全然ばあちゃんは厳しくもなく、いろいろユーモアを交えて説いていく人だなって感じました。
邦画をかなり観てらっしゃるのですね。僕も洋画より邦画好きです。
リンク貼らせて頂きました。よろしくお願いします。
2006/06/08 1:37 AM, こーいち→じゆささん wrote:
>じゆささん
こんばんは。
こちらこそありがとうございます♪
ばあちゃん素敵でしたよね〜
印象的なセリフもたくさんあって楽しめました。

今年からブログを書き始めたのでまだまだ少ないですけど
これから頑張って書いていきます☆
こちらからもリンク貼らせてもらいますね。
よろしくお願いします(^ー゚)ノ
2006/09/29 8:56 PM, けむけむ wrote:
はじめまして。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
ときどき寄ってみてください。
「佐賀のがばいばあちゃん」もとりあげました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611
2006/09/29 10:56 PM, こーいち→けむけむさん wrote:
>けむけむ さん
はじめまして。
TBさせてもらいますね。
2007/01/08 7:15 PM, ケント wrote:
こーいちさんこんばんはケントです
TBさせてください
この映画を観るのがだいぶ遅くなりましたが、
これほどいい映画だとは、それに僕の少年体験が重なって・・・涙涙涙でした。
子供を愛する人が先生に、患者を愛する人が医者になって欲しいとつくづく感じました。
2007/01/08 11:01 PM, こーいち→ケントさん wrote:
>ケントさん
こんばんは。
TB&コメントありがとうございます!
結構地味ですけど心が温かくなる作品ですよね〜。
僕も大好きで昨年のベスト10に入れようか悩んだ作品です。
僕はこの時代を知らないので人情味溢れていて羨ましく感じました。
2007/03/21 4:12 PM, 案山子 wrote:
こーいち様♪はじめまして、案山子です。
マイコ様の「39☆SMASH」よりお邪魔しました。

案山子、号泣でした(笑)

流れてくる野菜をスーパーに例えるあたり、すごい前向きというかセンス感じました♪

しかし、このブログの充実度、スゴイですねぇ…。最近ようやく邦画を観るようになってきた案山子にとってはとっても参考になるブログです☆

お若いのにスゴイですな♪

良ければこれからも仲良くしてくださいね☆

また来ます♪
2007/03/21 9:22 PM, こーいち→案山子さん wrote:
>案山子さん
はじめまして☆よーこそ♪
マイコさんのとこからいらっしゃったんですね('-'*)感謝♪

最初、この作品は年配の方向けだろうなぁと構えて観てたんですけど
ボクも途中から号泣でした(泣)
セリフといいばあちゃんが魅力的でしたよね〜。

褒めて頂けて嬉しいですo(*^▽^*)o
ほぼ邦画だけしか観てないのですが最近は邦画のだけでも
数が多くて追いつけないんですよね(汗)
他のブログの感想を参考にしながら選んでますw
これからは案山子さんの意見も参考にさせてもらいます♪
こちらこそ仲良くしてくださいね!
遊びに行きます☆
2007/07/24 6:13 PM, こんぶ wrote:
先生が腹痛を装ってさりげなく弁当をくれるシーン、豆腐屋さんがわざと指でつぶしてクズ豆腐があったあったとくれるシーン、どちらも主人公の自尊心を気遣うというやさしさにボクはぽろぽろ泣きました。昔はそんな人が普通にそばにたくさんいたっけな(歳がばれちゃうな)。こういった日本人の優しさと繊細さは、きっと世界中で理解されるはずです。近頃「もったいない」という言葉が、著名な外人女性の方からの逆輸入で見直されていますが、日本にはもっともっと誇れる心のありようがあるんですよと胸を張りたくなりました。ボクも美しい日本人であるべく心がけなくてはなと、この映画を見て思いました。
2007/07/25 4:13 PM, こーいち→こんぶさん wrote:
>こんぶさん
こんにちは♪
素敵なシーンがたくさんありますよね。
最初は祖母の小言のようで嫌になりましたが(笑)
いつの間にか世界観に浸ってウルウルしてました。
昔は人情味が溢れてたんですよね。
現代だとプライバシーだとか敏感になりすぎていて
なかなかこういうコミュニケーションが取れなくなってますし。。
なんだか切ないです。
日本の良さというものを見直して大切にしないといけませんね。
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/76

2006/05/16 12:08 AM
----これってタレントの島田洋七の自伝なんでしょ? けっこう売れたんだよね。 「うん。昭和33年、広島から佐賀の田舎に預けられた8歳の明広。 彼がそこで一緒に過ごした、おばあちゃんの話なんだね。 彼の父親は原爆症で他界。 居酒屋で働く母親(工藤由貴)は息子の教
『 佐賀のがばいばあちゃん 』 / やっぱり邦画好き…
2006/05/17 11:37 AM
 公式サイト 映画 『 佐賀のがばいばあちゃん  』 [試写会鑑賞] 2006年:日本 【6月3日ロードショー】[上映劇場 ] 監 督:倉内均 脚 本:山元清多、島田洋七   原 作:島田洋七 [ キャスト ]   吉行和子 浅田美
【劇場鑑賞59】佐賀のがばいばあちゃん / ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2006/06/05 8:16 PM
人がこけたら笑え。 自分がこけたらもっと笑え。 人間は死ぬまで夢を持て! その夢が叶わなくても、 しょせん夢だから。 笑顔で生きんしゃい。
「佐賀のがばいばあちゃん」 日本版「おばあちゃんの家」? / のらりくらりと・・・あくせくと・・・
2006/06/05 11:11 PM
突然の邦画ですが、先日島田洋七の講演を聞いてきた主人に家族全員連れられて、「佐賀のがばいばあちゃん」を見てきました。まぁ、あの時私が「おばあちゃんの家」を見て、無理やり家族に見せたかったように、主人もこれが見せたくなったんでしょうね。懐かしい昭和の時
2006/06/07 9:48 PM
この映画って私が知らないだけで人気あるんですねぇ?土曜、日曜とSOLD OUT連発でしたよ。原作がよっぽど評判だったんでしょうか?島田洋七さん原作のベストセラー小説の映画化作品だそうです。そーいえば芸人さん達の間でも話題になってたらしいですよね。誰が言ってた
2006/06/07 10:36 PM
映画館にて「佐賀のがばいばあちゃん」 漫才ブームで一時期を築いたB&Bの島田洋七の自伝小説の映画化。 わざわざお隣の県まで見に行った甲斐があった、笑いと涙の104分! 昭和32年広島に住む明広少年は、母の元を離れて佐賀の祖母(吉行和子)の家で暮らすことにな
2006/06/07 11:08 PM
佐賀のがばいばあちゃん(九州先行上映)観に行きました。 島田洋七の自叙伝、佐賀のがばいばあちゃんより、幼少の頃から中学を卒業するまでを描いたものです。 早く原爆症で父親を亡くし、母親一人で育てていたがそれも限界に達し、広島から佐賀のばあちゃんのところへ
2006/06/07 11:43 PM
笑顔で生きんしゃい! ■監督 倉田均■脚本・原作 島田洋七■キャスト 吉行和子、工藤夕貴、三宅裕司、山本太郎、緒方 拳、浅田美代子、鈴木祐真、池田晃信、池田壮麿 □オフィシャルサイト  『佐賀のがばいばあちゃん』 昭和32年広島。 原爆症で、早く父
「佐賀のがばいばあちゃん」レビュー / 映画レビュー トラックバックセンター
2006/06/08 7:14 AM
「佐賀のがばいばあちゃん」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:吉行和子、浅田美代子、緒形拳、三宅裕司、島田紳助、島田洋八、山本太郎、工藤夕貴、他 *原作:島田洋七 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバッ
佐賀のがばいばあちゃん / シネマ de ぽん!
2006/06/09 10:35 AM
佐賀のがばいばあちゃん公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総合評価
佐賀のがばいばあちゃん / ネタバレ映画館
2006/06/11 10:55 AM
 公開2週目に土曜日だけレイトショーがあるとわかり、隣県まで・・・節約ですよ!節約!ケチだからじゃありません。
佐賀のがばいばあちゃん / きょうのあしあと
2006/06/11 10:09 PM
「笑顔で生きんしゃい!」 監督:倉内均 原作:島田洋七 出演:吉行和子、浅田美代子、緒形拳、三宅裕司、島田紳助、島田洋八、山本太郎、工藤夕貴、保積ペペ、吉守京太、石川あずみ、鈴木祐真、池田晃信、池田壮磨、他 公式HP:http://www.gabai-baachan.com 鑑賞
佐賀のがばいばあちゃん / 映画評論家人生
2006/06/12 11:37 PM
梅田ブルク7 邦画を製作する会社は主に2社(直営館をもつ)になった。東宝と東映である。松竹はいまや配給に徹し「釣りバカ日誌」のみを封切している。 この10年、東宝は「若い人にうける話題の映画」を作り
佐賀のがばいばあちゃん / 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
2006/06/20 12:31 AM
「がばい」とは佐賀弁で「すごい」という意味だそうです。そして、この作品では、本当に「すごい」おばあちゃんが描かれています。 昭和32年の広島、女手一つで兄と明広を育てている母でしたが、一人では、二人の子どもの生活を支えきれず、明広を佐賀の祖母に託しま
佐賀のがばいばあちゃん / ドリアンいいたい放題
2006/06/20 12:49 AM
木曜日仕事前に鑑賞 評価はものすごく高い! 高かっただけになかなか書けなかった・・・・ 基本的に備忘録として書いているが この作品の良さをたくさんの人に伝えたい!! みんなに見て欲しい!! 独りよがりの感想しかいつも書いていないが、 できれば、
2006/06/22 2:49 PM
映画の感想です。 原作を書いた島田洋七といえばB&B。もみじまんじゅう〜。 洋八さんが出てたらしいけど、まったく気づきませんでした(笑) 原爆症で父親を亡くし、居酒屋で働く母の元を一人離れ 佐賀のおば
佐賀のがばいばあちゃん / メディアショップ駿河屋 なぜベス!
2006/06/29 12:05 AM
わてが丁稚の定吉だす。 期間限定公開の「佐賀のがばいばあちゃん」を観て来ました。 島田洋七を育てた古き良き日本のおばあちゃんの話。 このばあちゃんの凄さって、原作シリーズの2作目の巻末でオマケとして明かされることですが、普段からリズムに乗せた言葉を作って
2006/07/02 3:02 PM
{{{   ***STORY***                2006年   日本 戦後まもない広島で、原爆症の父を亡くし、居酒屋で懸命に働く母に育てられていた少年、明広。ある日彼は、母のもとを一人離れ、佐賀にある祖母の家で暮らすことに。ばあちゃんと2
2006/07/07 11:41 AM
[ 佐賀のがばいばぁちゃん ]@銀座で鑑賞 本作は、B&Bの島田洋七自身が、少年時代に佐賀の祖母の 家へあずけられた経験をもとに書き下ろした同名自伝小 説の映画化。 “がばい”とは佐賀弁で“すごい”という意味。 昭和30年代、高度経済成長が始まろう
佐賀のがばいばあちゃん 島田洋七 / "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
2006/07/10 6:11 PM
佐賀のがばいばあちゃん ■やぎっちょコメント あぁーー。これはよき本なり。 広島のお母さんから佐賀のおばあちゃんに預けられて育った昭広の少年時代。お母さんは預けて、お父さんは戦争で死んで、おばあちゃんは激貧乏。「超」じゃなくて「激」。 普通なら暗〜い
「佐賀のがばいばあちゃん」 / ば○こう○ちの納得いかないコーナー
2006/07/11 3:06 AM
漫才コンビB&Bの島田洋七氏は、その喋くりの上手さから好きな芸人の一人なのだが、以前「徹子の部屋」に出演した際に自身の幼き頃の話をされていて、その内容が正に抱腹絶倒だった。 ***************************** 生まれる前に父親
真・映画日記『佐賀のがばいばあちゃん』 / CHEAP THRILL
2006/07/15 3:41 PM
8時に起きる。 マッサージ・チェアーでマッサージ。 始めは珍しいこともあって気持ちイイような気がしたが…… 変に背中をローラーでゴロゴロするのでいまひとつ効果がない。 目の前のパソコンで日記を更新。 10時50分に店を出る。 丸ノ内線に乗り銀座へ。 11
映画「佐賀のがばいばあちゃん」 / 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
2006/08/27 6:19 PM
ぼっけぇばあちゃんと周囲の人々の人情に泣かされる。B&Bの漫才そのままにギャグ満載の映画・・ではなくて、悲しくて可哀想で、泣ける映画だ・・ 明るい貧乏を自称する佐賀のばあちゃん、弁当には梅干しと生姜という貧乏な割に、古いけれども大きな家に住み
2006/08/31 7:03 PM
先日、映画『佐賀のがばいばあちゃん』を観て来ました。いや~、観たかったんですよ。なかなか観に行く機会がなかったんですが、8/18から全国拡大ロードショーとなり、ちょいと近場でも上映するということでやっとこさ観に行けました。 お笑い芸人の島田洋七さん原作に
佐賀のがばいばあちゃん / シネクリシェ
2006/09/19 6:00 AM
 最近の日本映画は四極化しているようです。  『日本沈没』や「海猿」「踊る大捜査線」両シリーズのようなエンターティメント大作。  『嫌われ松
2006/11/18 10:16 PM
 佐賀県内各地と福岡県柳川市等でのロケによりカタチづくられる本作の舞台、昭和30...
佐賀のがばいばあちゃん (DVD) / 映画と本と音楽にあふれた英語塾
2006/11/29 12:09 AM
佐賀のがばいばあちゃん 2006年6月3日 全国公開 公式サイト: http://www.gabai-baachan.com/ ゴウ先生総合評価: B   画質(ビスタ): B-   音質(ドルビーサラウンド): B+   
フジテレビ系の「佐賀のがばいばあちゃん」もみなければ / 僕のつぶやき。 ネットの窓から。
2007/01/04 4:59 PM
愛蔵版 佐賀のがばいばあちゃん徳間書店このアイテムの詳細を見る 原作は島田洋七さんの自伝小説でウィキペディアによればは1993年の出版以来、2006年現在までに180万部を売り上げたらしい。 集英社から漫画もでている。 映画は吉行和子さん主演で島田洋七さ
佐賀のがばいばあちゃん / ケントのたそがれ劇場
2007/01/08 7:14 PM
★★★★☆  久しぶりに本当に良い映画を観た。これほど人の優しさを感じたのは、一体何十年振りであろうか。心が熱くて熱くて堪らない。終始涙が止まらないのだ。声をあげて大声で泣いた、泣いた、泣いた。  そう戦後の日本は、皆んな貧しかった。それでも皆明日を夢
2007/01/11 11:48 PM
監督:倉内均 出演:吉行和子、浅田美代子、鈴木祐真、池田晃信、池田壮磨、岩永明広、緒形拳、三宅裕司、島田紳助、島田洋八、保積ぺぺ、山本太郎、工藤タ貴 評価:89点 公式サイト (ネタバレあります) 島田洋七が本を書いたと知ったとき
2007/02/18 5:49 PM
広島から佐賀のばあちゃんの元へ預けられて早二年。ばあちゃんが提唱する明るい貧乏生活にも慣れ、スクスクと育っている昭広ですが、やはり、恋しいのは、広島のかあちゃんです。昭和30年代を舞台に、天才漫才師・島田洋七が綴った自伝的小説のコミックス化第二弾! 
2007/03/05 12:31 PM
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2005年 製作国 : 日本 時間 : 144分 公開日 : 2006-06-03〜 監督 : 倉内均 出演 : 吉行和子 浅田美代子 鈴木祐真 緒形拳 三宅裕司 島田紳助 島田洋八 山本太郎 工藤夕貴 戦後、早くに父親を亡くした明広は、母
佐賀のがばいばあちゃん / 案山子の足跡
2007/03/21 4:05 PM
佐賀のがばいばあちゃん 倉田均監督 吉行和子 工藤夕貴 鈴木祐真 池田晃信 池田壮麿 保積ぺぺ 浅田美代子 山本太郎 三宅裕司 ジャンル:ドラマ あらすじ  戦後間もない広島。原爆症で、早く父親を亡くした明広(池田壮麿)は、居酒屋で働く母親
「佐賀のがばいばあちゃん」 / ひらりん的映画ブログ
2007/05/08 3:55 AM
こないだテレビ見てたら、「メレンゲの気持ち」に島田洋七が出演してた。 この映画の原作者でもって、漫才師のB&B。 漫才ブームが去ってもしぶとく生き抜いてるのは、 この本の体験からなのか・・・
2007/11/26 6:49 AM
「がばい」は、佐賀の方言で「凄い」だったのですね。「がばい」 = 「やばい」 かと思っていました。
『佐賀のがばいばあちゃん』'06・日 / 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
2007/12/01 11:23 PM
佐賀のがばいばあちゃんあらすじ戦後間もない広島に住む明広は、母の元を離れ佐賀にある祖母(吉行和子)の家で暮らすことになった。感想島田洋七のベストセラーの映画化。明るい貧乏のススメあの時代に比べ、今は豊かになったがそれと引き換えに失った心の豊かさを気付
2008/09/30 5:28 PM
  佐賀のがばいばあちゃん・・・評価 4.5   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→...
佐賀のがばい姉ちゃんインフルエンザになる (T_T)/~~~ / 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
2011/12/02 8:29 PM
 鹿島建設へ派遣会社から現場監督として東邦テナックス三島事業所内にある研究棟:サクラの新設工事をしてる時に、佐賀県出身の嫁:智んころ姉ちゃんがインフルエンザにかかってしまった。 【佐賀のがばい...
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.