• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『DAISY デイジー』
感動度ハートハートハート   2006/05/27公開   (公式サイト) 
泣き度悲しい
映像美おはなおはなおはな
満足度星星星


【監督】アンドリュー・ラウ
【脚本】クァク・ジェヨン
【出演】
チョン・ウソン/チョン・ジヒョン/イ・ソンジェ/チョン・ホジン/デヴィッド・チャン


<ストーリー>

ヘヨン(チョン・ジヒョン)は幻に恋していた。どこかで自分を見守りながら、デイジーの花を贈り続けてくれる男性。名前も顔もわからないその人を、彼女は運命の恋の相手だと信じていた。そんなヘヨンの前に現れるひとりの男。シャイなまなざしで自分をみつめる彼を、ヘヨンは、運命の人だと確信する。しかし、彼女はまだ知らなかった。男の正体が、インターポールの刑事であることを。そして、彼の追う暗殺者こそが、本当の幻の恋人であったことを…。
(goo映画より)

                  人気blogランキング
              ♪まずポチっと1クリック♪


             ↓DVD・サントラはこちら↓
    
                           

<鑑賞前コメント>

韓国映画の切ないラブストーリーは大好きです♪『デイジー』も良さそうな感じですね。出演は『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』のチョン・ジヒョン、『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン。どちらも大好きなので楽しみです☆また泣けそうです♪(4/30)


<感想>

公開2日目に観てきました。昨日の『嫌われ松子の一生』の時は客が少なくてビックリしましたが、さすがに『デイジー』はたくさんいますね。久々にチョン・ジヒョンが観れるので楽しみにしてました。

 
この映画は三角関係の話だったんですね。。事前にチョン・ジヒョン、チョン・ウソン、オランダ、暗殺者、画家、デイジーの花、足長おじさん、というような単語でしかこの映画の情報を頭に入れてなかったんですよ。2人の物語だと思ってたからイ・ソンジェをチョン・ウソンだと勘違いしてました(恥)。バカです。。「いくらなんでも顔変わりすぎじゃない??」ってずっと思いながら観てたんですよね(苦笑)。やっぱ本物の(?)ウソンはかっこいい(笑)


ストーリーは切ないラブストーリーでした。この勘違いやすれ違いが切なくてすごくよかったです。かなりドキドキしながら観てました。僕はパクウィ派だったので、「ジョンウ、二度と出てくるな!」とずっと祈ってました。でも暗殺者と結ばれても、、難しいですよねぇ。。

 
舞台となったオランダも良かったですね。デイジーが咲いてる野原も素敵だったし、街並みが画になります。おしゃれで上品な雰囲気でした。ちなみにデイジーの花言葉は、「美人・無邪気・平和」だそうです。


今回、僕の目的はチョン・ジヒョン♪久し振りに見たのですがやっぱりかわいいですねwすごく透明感があって、あのはにかむような笑顔とだるそうな雰囲気が大好きです。後半は声をなくして、笑顔も少なくなったから寂しかったです(涙)。。


チョン・ウソンは格好よかったですけど、ストーカーですね(苦笑)。でもあの不器用な感じも素敵に見えるから不思議です。

 
それにしても銃撃戦はすごかったです。迫力満点でしたね。イ・ソンジェの階段を落ちながらの発砲もかっこよかったです!一度目の銃撃戦でへヨンが声を失った時も衝撃でしたけど、二度目の銃撃戦もああなるとは予想してませんでした。ヘヨンは助からなかったんでしょうか(涙)。そしてパクウィはどうなったのか・・。


ストーリーも雰囲気もよくて素敵な映画でした。たまには切ないラブストーリーもいいですね。チョン・ヒョンもかわいかったし満足です。

               人気blogランキング
               ♪ポチっとお願いします♪



         ↓チョン・ジヒョン出演DVDはこちら↓
    


         ↓チョン・ウソン出演DVDはこちら↓
    



  • 2010.06.13 Sunday
  • 00:41
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2006/05/30 9:24 AM, リンゴ wrote:
あたしはウソンさん目当てで見に行きました(笑)
あたしもパクウィ派だったので、「ジョンウ二度と出てくるな〜!」って思いましたよ!(笑)
ウソンさんは男らしくて恋愛には不器用な役が似合いますね★素敵です♪
2006/05/30 10:27 AM, こーいち→リンゴさん wrote:
>リンゴさん
ウソンはやっぱりかっこいいよね〜
ジョンウがまたオランダに帰って来たときは
心の中で大ブーイングしてました(笑)
でもその後、ジョンウもパクウィのことを考えて
潔く身を引いたから「ジョンウいい奴だ〜!」って
感動してました。
あの不器用な感じはウソンじゃなかったら
単なるストーカーに見えたかもしれませんよね☆
2006/05/31 4:09 PM, 猫姫少佐現品限り wrote:
こんにちは!いつもありがとうございます!
いっぱい巻き戻して確認したいところだらけでした。
特に最初のシーン。
これって完全に「無間」なんですよね。
またよろしくお願いしますね。
2006/05/31 8:14 PM,  wrote:
こんばんは!
TBありがとうございました(^^)・・・恐縮デス。
なんだかまた観たくなっています。
私もパクウィ派でしたが、だんだんとジョンウの気持ちも解かり・・・切なくなりました。
自分よりヘヨンを思いやる2人の男性の優しさは、痛くもありましたが・・・。
もどかしい作品でもありました(涙)
2006/05/31 10:11 PM, ミチ wrote:
こーいちさん、こんばんは♪
久しぶりに大満足の韓国映画でした。
ウソンはカッコよく、ジヒョンは儚げでした。
「猟奇的な〜」のイメージが強かったのですが、こういう役もできるのだと感心しました。
2006/05/31 11:03 PM, たましょく wrote:
 TBありがとうございますm(_ _)m

 やっぱり、チョン・ジヒョンはカワ
イイですよね♪今までの芯の強い女性
像もすっごい好きですが、今作の彼女
の役も新境地開拓ってゆー感じで良か
ったです♪

 日本で彼女をCMやイメージキャラ
として起用してくれる企業とか出てき
てくれないかと望んでしまいますw
2006/06/01 4:58 PM, こーいち→猫姫少佐現品限り さん wrote:
>猫姫少佐現品限り さん
こちらこそいつもありがとうございます!
最初の方ぼーっとしてたかもしれないです。。
「無間」ってインファナルのことですか?
その辺全然わからないんですよ(涙)
今度観てみます(汗)
2006/06/01 5:34 PM, こーいち→空さん wrote:
>空さん
こちらこそいつもありがとうございます。
最初はジョンウが騙していたので
あまり好きじゃなかったんですけど、
結構いい奴だったので最期は衝撃でした。
3人の気持ちはそれぞれ理解できるので
切ない映画でしたね(涙)
2006/06/02 12:11 AM, こーいち→ミチさん wrote:
>ミチさん
こんばんは。
こちらこそありがとうございます!
ジヒョンは猟奇的とはイメージ違いましたね。
今回の彼女もかわいくて大好きです♪
2006/06/02 12:16 AM, こーいち→たましょく さん wrote:
>たましょく さん
いつもありがとうございます!

ジヒョンかわいかったですよね♪
やっぱりいいなぁって改めて思いました☆
もっと日本での露出を増やして欲しいですよね〜
2006/06/02 11:42 AM, hi-chan wrote:
こちらにもTBさせて頂きました。
が、私はこの映画ダメでした・・・。
はっきりとした原因が分からないんですが、観ている途中で「面白くないな・・・」と思ってしまって、その後も乗れませんでした(泣)。
世間の評価はいいようなので、また自分の感覚がズレてるわ、と思ってますが(汗)、期待していた分、ちょっとショックでした。
韓国映画なので、香港テイストを期待していたつもりはないのですが、心のどこかで期待してたのかも(笑)。
イ・ソンジェは階段落ちしながら、発砲してましたっけ?あ、なんとなくそんなシーンがあったような・・・忘れてました。チョン・ウソンが背中で滑りながら発砲してたのは覚えてるんですが(汗)。
2006/06/02 12:35 PM, こーいち→hi-chan さん wrote:
>hi-chanさん
こちらもTB&コメントありがとうございます!
あら〜、hi-chanさんはダメでしたか。
僕もかなり面白いと思ったわけではないですが、
チョン・ジヒョンがかわいかったので満足はしました(^▽^;)
イ・ソンジェの階段落ちながらのシーンは最初の
銃撃戦の時にありましたよ。
チョン・ウソンが背中で滑りながらのシーンは・・・
忘れちゃってます( ̄Д ̄;;
2006/06/17 12:58 AM, 「夫婦de雫」事務局 wrote:
はじめまして。「夫婦de雫」というブログで、夫婦やカップルが楽しめる映画を紹介しています。「デイジー」を紹介しているので、トラックバックさせていただきました!
よかったら、エントリーへのトラックバックをお待ちしています。感想や、ほかのオススメ映画などのコメントもいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。
2006/06/17 4:28 AM, こーいち→「夫婦de雫」事務局 さん wrote:
>「夫婦de雫」事務局 さん
はじめまして!ようこそ〜
TBとコメントありがとうございます♪
僕もオススメな映画があったら今後もコメントしますね。
よろしくお願いします(=´ー`)ノ
2006/06/28 1:30 PM, Ageha wrote:
TBがどうやらなおったみたいです。
お騒がせしました。わざわざありがとうございます。

見てないのにコメントというのもヘンですが、
コチラ大阪では24日から近くでは1館だけ
「デイジーアナザーバージョン」が公開されてます。
チョン・ウソンの視点から見たもので
韓国でのみ公開されてたものを日本でも・・と
いうことらしいんですが、
そもそも本編見てませんので、アハハ・・・。
消しゴム・・以来、チョン・ウソンの人気が
すごいですからやっぱこれもひと入ってるんでしょうね・・・。
2006/06/30 3:41 PM, こーいち→Agehaさん wrote:
>Agehaさん
できてましたね〜!!
よかったぁC=(^◇^ ; ホッ!
ご迷惑をおかけしました。
これからガンガンTBしてくださいね♪

「アナザーバージョン」やってますね。
チョン・ウソン視点なんだ〜!?
ちょっと気になりますね。
でも観にいく程でもないかなぁ。
映画館はおばさん達でいっぱいでしょうね。
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/77

デイジー / 甘口★映画の森
2006/05/30 9:21 AM
愛は、枯れない。 公式サイト 【ストーリー】 オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨンのもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋
「デイジー」 DAISY / 俺の明日はどっちだ
2006/05/30 12:18 PM
期待感たっぷりのよく出来た予告編と韓国映画ながら監督がご存知香港ノワールの傑作『インファナル・アフェア』三部作のアンドリュー・ラウということで、仕上がりの良さを期待していたのがこの「デイジー」。 自分を見守ってくれている幻の恋人がいつかその姿を現して
「デイジー」 / てんびんthe LIFE
2006/05/30 1:10 PM
「デイジー」よみうりホールで鑑賞 チョン・ジヒョン×チョン・ウソン×アンドリュー・ラウ。この3人のコラボレーションの妙。思っていたようなこてこての韓国恋愛映画とは一味違ったつくりになっていました。そこは、アンドリュー・ラウ監督の作る男の世界に一歩踏
デイジー / 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
2006/05/30 9:47 PM
●『デイジー』2006年5月27日公開。『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が香港、韓国映画スタッフ&キャスト陣で製作した最新作。脚本が『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン。いつもの事だからあっ!と驚くどんでん返しがありそ
2006/05/31 7:15 AM
デイジー ちょっと順番違うんだケド、緊急UP! アンドリュー・ラウ 監督 って、、え?香港映画??チョン・ジヒョン 、チョン・ウソン 、イ・ソンジェ このリンク先、yahooのチョン・ウソン って、ジャンボ尾崎みたいなんだケド、この映画では、時折中村雅俊&
2006/05/31 4:58 PM
韓国映画だけど監督はあのアンドリュー・ラウ、音楽担当はは日本人の梅林茂さんも参加されてるということで、これまでの韓国映画とは一味違うものが観れるんじゃないかと期待してました。脚本がクァク・ジェヨンというところがある意味勝負かもしれない(笑)。 +++ち
デイジー / ネタバレ映画館
2006/05/31 5:20 PM
 「パクウィを探せ」ゲームのようなオープニングだったけど、ラストには「ジョンウを探せ」ゲームもあったのだと気づきました。
『デイジー』鑑賞!♪d(^-^) / ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
2006/05/31 5:38 PM
『デイジー』鑑賞レビュー! 愛は、枯れない。 花に想いを託して。 命がけで愛を貫く....。 花言葉は、『心に秘めた愛』....。 製作年?2005年 原題:::: ??? 製作国?韓国 日本公開?2006年5月27日 全国ロードショー 上映時間?125
2006/05/31 6:43 PM
今までの韓流より随分スタイリッシュな作品と言ってよさそう、5月27日公開『デイジー』。"わたけし"のチョン・ウソンと、『猟奇的な彼女』&"ボクカノ"のチョン・ジヒョンというコンビに、アンドリュー・ラウ監督で全編アムステルダムロケ。なんだかえらいゴージャスゥ
『デイジー』 / ラムの大通り
2006/05/31 6:57 PM
----この映画、監督が香港のアンドリュー・ラウ。 なのに主演は『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンに、 『猟奇的な彼女』「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョン。 しかも脚本はその『猟奇的な彼女』の監督クァク・ジョエン。 そして舞台はオランダで、音楽
【デイジー】 / 空の「一期一会」
2006/05/31 8:15 PM
★「古惑仔」「インファナル・アフェア」シリーズのアンドリュー・ラウ監督、最新作
映画「デイジー」 / ミチの雑記帳
2006/05/31 10:06 PM
映画館にて「デイジー」 『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、全編オランダ・ロケで臨んだラブストーリー。 アムステルダムで暮らす画家ヘヨン(チョン・ジヒョン)と、インターポールの刑事ジョンウ(イ・ソンジェ)と腕利きのスナイパー
DAISY/デイジー / 何を書くんだろー
2006/05/31 11:04 PM
「DAISY」 評価 ★★★★★ (4.7) 『あらすじ』  異国の地オランダで祖父の経営する骨董店の手伝いをしながら画家を目指すヘヨン。午後4時 15分になると店の前に届けられるデイジーの植木鉢。それは、彼女にとって、ある忘れられない
デイジー / シネマでキッチュ
2006/06/01 12:14 AM
観ちゃった。韓国映画「デイジー」。 香港映画でひさしぶりに私がぐっさりやられた、あの「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ監督だから、やっぱり気になってね〜。 「デイジー」。 アンドリュー・ラウ監督だったわ、やっぱり。 「インファナル・アフェア
★「デイジー」 / ひらりん的映画ブログ
2006/06/01 2:36 AM
ひらりんのフェイバリット女優さんのひとり・・・チョン・ジヒョン主演。 今回の「彼女」は、しっとりしてる・・・って噂だけど・・・。 共演は、チョン・ウソン。
2006/06/01 10:30 AM
『デイジー』(2006年公開)*試写会 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ジヒョン チョン・ウソン 公式HP 『デイジー』を試写会で観ました。 『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ監督作品なので、期待してみまし
【劇場映画】 デイジー / ナマケモノの穴
2006/06/01 7:47 PM
≪ストーリー≫ オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨンのもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人だと信じるヘヨンは、肖像画の客として
デイジー / Movies!!
2006/06/02 11:34 AM
チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィット・チャン出演。アンドリュー・ラウ監督作品。 オランダ、アムステルダム。画家の卵、ヘヨンは、名前も顔も知らないある一人の男性を想い続けていた。それは彼女が絵を描くため山間の村に滞
デイジー / 花ごよみ
2006/06/03 7:05 AM
(試写会にて) 監督は『インファナル・アフェア』三部作シリーズの アンドリュー・ラウ。 刑事、殺し屋2人の男に愛されるヒロインに、 『猟奇的な彼女』、『僕の彼女を紹介します』のチョン・ジヒョン。   相手役には『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンと、
映画「デイジー」 / 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
2006/06/03 9:25 PM
原題:Daisy 25歳にして、純粋培養無垢でうぶな、恋に恋する女性の、勘違いに始まる悲劇のラブストーリー、無償の愛にハッピーエンドは訪れるのか・・。 なぜかあまり意味があるとは思えないオランダ、そこでおじいさんの骨董店を手伝いながら、広場で肖像
デイジー / シネマ de ぽん!
2006/06/04 4:35 PM
デイジー公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総合評価  ☆☆☆☆☆
2006/06/04 9:34 PM
気になっていた韓国映画”DAISY・デイジー”を見てきました。 新宿のスカラ座。 ちょっと古ぼけた映画館で客層があまり良くなく・・・ 鑑賞の環境としては最悪・・・ --- ”DAISY・デイジー”は、インファナル・アフェアの監督アンドリュー・ラウの最新作。 主演男優
『デイジー』 / 京の昼寝〜♪
2006/06/04 11:45 PM
愛は、枯れない。花に想いを託して。 命がけで愛を貫く ■監督 アンドリュー・ラウ■脚本 クァク・ジョエン ■キャスト チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ□オフィシャルサイト  『デイジー』 オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン
映画:デイジー / 駒吉の日記
2006/06/05 3:00 PM
デイジー@渋谷シネフロント デイジーの花言葉は『心に秘めた愛』・・・ ■予告 UDON:ぶっかけうどん、食べたくなりました。 着信アリFinal、オーメン:ひい〜どっちも怖っ ゲド戦記:かなり映像が出てきましたが、声はテルーの手島葵さんのみ。 日本沈没:
デイジー / めざせイイ女!
2006/06/05 7:37 PM
韓国映画舞台は オランダ 街角で似顔絵を描く女性ヘヨンが二人の男性に愛されるラブストーリーなのに ハッピーエンドで終わらない。おしゃれなイメージでの始まりなの...
2006/06/06 10:03 PM
オランダを舞台に、数奇な運命を辿る男女3人の物語です。
「デイジー」 / 雑板屋
2006/06/08 3:25 AM
‘ゴッホのひまわり わたしのデイジー’ オランダ・アムステルダムを舞台に画家の卵とインターポールの刑事と暗殺者の3人の男女の恋愛模様とそれぞれの生き様を描く。 コレはたまらんかった。久しぶりにどっぷりその世界観に浸れた。 劇場鑑賞のきっかけは1度だ
2006/06/09 12:54 AM
「デイジー」★★★ チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ主演 アンドリュー・ラウ監督、2005年、韓国 出会った事も無い人の優しさを 唯一の「愛」として大切に心にしまい込んだ主人公。 心を動かすことは無いと思って生きて来たが、 偶然の出会い
デイジー / まつさんの映画伝道師
2006/06/11 2:26 PM
第467回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  人との出会いは「偶然」でありながら「必然」であるといわれる。  その出会いが「男女」によるものであれば、それは時に「運命の出会い」として「恋愛劇」を転がしてゆく要素
2006/06/12 2:13 AM
 僕の彼女を紹介します、私の頭の中の消しゴムに続く、感動作(と言われている)デイジーを見てきました。
映画〜デイジー / きららのきらきら生活
2006/06/13 10:12 PM
 「デイジー」公式サイト オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人だと信
2006/06/17 12:56 AM
こんにちは、「夫婦de雫」キャンペーン事務局です。 「映画館のサービス、利用して...
DAISY・デイジー / シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記
2006/06/27 2:20 PM
 『猟奇的な彼女』『ラブストーリー』『僕の彼女を紹介します』の脚本家クァク・ジョエンの作品。韓国純愛ドラマにはただの一度もはまりませんでしたが、私はこの脚本家の書くラブストーリーが大好き。チラシなんかを読んで、大体こういうお話だろうと想像して行くと、
2006/06/28 3:02 PM
先に日本で公開された韓国映画、『デイジー』と同じストーリーをチョン・ウソン演じる暗殺者の目線から描いた作品です。
デイジー−(映画:2006年94本目)− / デコ親父はいつも減量中
2006/07/15 9:49 PM
監督 アンドリュー・ラウ 出演 チョン・ジヒョン 、チョン・ウソン 、イ・ソンジェ 評価:86点 公式サイト (ネタバレあります) オランダを舞台に繰り広げられる、ハードボイルドと恋愛物語の見事な調和。 ありえない展開だが、これくら
デイジー[テイジ] / よむよむ★ハングル
2006/09/14 1:50 AM
オランダ・ロケの映像も美しく、それぞれの思いを交錯させる3人の甘く切なく、突き刺すような痛みすら感じさせる演出と演技は、スタイリッシュでなかなか良かったけど、僕が観たのが、何と香港版のDVDだったので、字幕は英語か中国語(広東語)というシロモノでした(^
天使と花 / Akira's VOICE
2006/11/14 11:59 AM
「アンジェラ」 「デイジー」
DAISY【韓国映画】 / Kio -朔北- De nuevo
2008/03/09 12:36 PM
DAISY(2006年) 見ました。 原題:デイジー 데이지 邦題:DAISY デイジー <超概略のあらすじ> 1人の女性を同...
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.