• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『BIG RIVER』
風景美おはなおはなおはなおはな    2006/05/27公開  (公式サイト)(壁紙あり)
物語度スペード
満足度星星星星


 
【監督】舩橋淳
【脚本】舩橋淳
【出演】
オダギリジョー/カヴィ・ラズ/クロエ・スナイダー

<ストーリー>

米アリゾナ。4日間の出会い。それは人生を変える“旅”だった。
アリゾナの砂漠のど真ん中、日本人バックパッカーの哲平(オダギリジョー)は立ち往生した車に乗っていたパキスタン人のアリ(カヴィ・ラズ)と出会う。アリは消息の途絶えた妻を捜すためにアメリカへ来たのだった。車の修理を手伝ったお礼にアリの車に同乗した哲平だったが、しばらく走ると2人を乗せた車が完全に壊れて動かなくなってしまう。偶然遭遇した若いアメリカ人女性のサラ(クロエ・スナイダー)に助けられた2人は、その夜サラの家に泊めてもらうことに。アル中の祖父とともに、移動式トレーラーで暮らしているサラは、自由気ままに世界中を旅する哲平に惹かれはじめる…。
つかの間の出会いが強い結びつきとなり、3人の4日間の旅は始まった一。 (CINEMA TOPICS ONLINEより)

 人気ブログランキング参加中♪
ラブポチッとして頂けると嬉しいですラブ
 →日本映画ランキング




        ↓オダギリジョー関連の書籍はこちら♪↓
   
   
<感想>

やっと観てきました!すごく観たかったけど、なかなか観る機会がなかったんですよね。だけど今週一杯で上映終了だったので慌てて鑑賞してきました。


観にいった日は福岡がすごい豪雨の日でした。風も強かったので傘を差していても駅から映画館までの間に全身ビショビショ(涙)。川のようになった道路を歩きながら「なんでこんな時に映画を観にいってるんだろう??」と心が折れかけてました。客はいないだろうと思っていましたが、20人くらいロビーで待っていてビックリ!皆さん同様に苦労してやってきたようで、共に戦った戦友のような微笑で迎えてくれました(笑)。タオルを貸してくれたりしてちょっと仲間意識が芽生えました♪


服とズボンはビチョビチョだったので映画に集中できるかかなり心配でした。その前に別の映画館で『カーズ』を観たんですけど、W杯での寝不足が祟ってかなりウトウトしました(mー_ー)m.zZZZ とても楽しい映画だったんですけどね。


だからこの映画はかなり不安でしたが、全く問題なかったです!すごく惹き込まれてあっという間に終わった感じでした。個人的にはかなり好みな作品でした。どこが好きかと言われると答えにくいですけど、雰囲気というか不思議な魅力がある映画でした。ただ、終始ダラダラでストーリーもあってないようなものなので、刺激的な映画が好きな方には退屈で眠い映画だと思います。好みはかなり分かれるでしょうね。

 
アリゾナの砂漠で偶然出会った、日本人バックパッカーの哲平と妻を捜しにやってきたパキスタン人のアリ、アメリカ人女性のサラの3人の旅のお話。9.11直後に起こった事件(イスラム教徒でもないのに、ただターバンを巻いていただけで銃殺された)がきっかけで企画が生まれたそうです。


解説がパンフレットの監督インタビューにあったので抜粋しますね。
「同時テロ後のアメリカを題材にした作品は多くありますが、人種間の差別、文化間の摩擦を、ぎすぎすした穏やかでない空気と、その衝突=暴力や戦争とともに描くというものが殆どでした。それに対し、現実に起きた事件の再現ではなく、現実の延長のようでどこか現実離れしている仮想状態としての映画があっても良いのではないか、と。人種、言語、信条(宗教)の異なるキャラクターがその違いを超え、ある純粋な関係を見つめ直す時間を描いてみようと思った。」
ということです。現実の延長だからこんなにゆったりとした映画になったんでしょうね。リアリティがあるというか等身大な感じがしました。

 
哲平とサラの淡くて歯がゆいラブストーリーも結構好きでした。出会った直後からサラの哲平を見つめる表情が印象的だったので、気になっていたんですよね。モーテルで2人きりになってキスするシーンはかなりドキドキしましたw美男美女だからすごく画になりますね〜。一夜を共にした後のサラの幸せそうな表情も印象的でした。「しばらく一緒に旅行したい」というサラに素っ気なく曖昧な返事しかしない哲平。「オダギリジョーも実際はこんな奴っぽいなぁ」なんて勝手な想像をしながら観てました(*`∧´)/ コラー 

 
哲平をオダギリジョー本人として見てしまうくらい自然な役だったんですよね。全く背景が分からなくて、何を考えているか分からない雰囲気を持つ青年。この映画の日本人の役はオダギリジョーじゃないとだめだろうなと思いました。私生活が想像できなくて、固定されたイメージのない彼だからこそ何の違和感もなく観れたのかなと思います。キャラとしては「哲平という個人」である前に「日本人の青年」に重心が置かれているのはすごく感じました。サラに対してはっきり意思表示しないのは日本人らしい(笑)

 
サラ役のクロエ・スナイダーさんは初めて見たのですが、モデルもしているだけあってすごくキレイ!ずっと釘付けでしたよw個人的には彼女とオダギリジョーをボンヤリ眺めているだけで満足でした(*^.^*)エヘッ


ラストのシーンは結局どうなったんだろう?追いつきそうで追いつけないような微妙な感じ。僕個人としては彼らがその後も一緒に旅を続けて欲しいと思ったので、哲平がサラを追いかけた時は嬉しかったです。でも映画の面白さを考えると、哲平が追いかけなかった方が切ない余韻が残って良かったかもと思いました。

 
3人それぞれには留まるべき居場所がなかったんですよね。何かが足りなくて、理想を探し求めたり現実から逃げ出したりしている。そんな3人だからこそお互いが補い合って絶妙ななバランスが取れていたように見えました。

アリゾナの風景映像もすごく美しくて印象的でした。穏やかで優しくて、お気に入りの映画になりました☆


予告で『ゆれる』と『パビリオン山椒魚』を観ました。『ゆれる』はかなり面白そうだけど『パビリオン山椒魚』はどうなんだろう??かなり笑えるか意味不明かって感じ(笑)。どっちにしても楽しみではありますけどね♪


☆参考になったり共感できた方 
ラブココをポチッとお願いしますラブ



より詳しい最新映画・芸能情報、人気ブロガーの感想は
人気ブログランキング or にほんブログ村


☆オダギリジョー・ランキング☆


【関連記事】
 ・オダギリジョー最新情報・壁紙・動画はこちら



             ↓オダギリジョー関連商品はこちら↓
    



  • 2010.06.13 Sunday
  • 03:06
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2006/07/08 12:15 AM, madoka wrote:
はじめまして。
トラックバック、ありがとうございました。
広大な景色が素敵で旅に出たくなるような映画でしたねっ!!!
オダジョーさんの山椒魚・・・の前評判が良いので、楽しみでしょうがないです!!!
2006/07/08 12:56 AM, かのん wrote:
TBコメントありがとうございました。
パンフを買っておかなかったこと、ちょっと後悔です。掴み所が難しいんですが、風景と登場人物がとても心に残りました。

「ゆれる」はかなり評判高そうですね。「パビリオン山椒魚」は予告編が気に入りました、どちらも楽しみです。
2006/07/08 1:59 AM, こーいち→madokaさん wrote:
>madokaさん
はじめまして♪
こちらこそコメントありがとうございました!
ほんと景色が素敵で憧れますよね〜
「山椒魚」評判がいいんですね!
「ゆれる」もあるし楽しみですね☆
2006/07/08 2:04 AM, こーいち→かのんさん wrote:
>かのんさん
こちらこそありがとうございます♪

パンフを買わないと分からない部分も
あったので買って良かったです。
かのんさんがブログで仰られていた西部劇の部分も
少しパンフレットに言及されてましたよ。
僕はイマイチ理解できませんでしたが(苦笑)
2006/07/08 2:29 AM, まいこ wrote:
トラックバックありがとうございました。

すごくたくさん映画をご覧になっているんですねぇ。
これからも見に来ます!

「ゆれる」、もう始まったんですね。
「ゆれる」の予告編でも
「うわぁぁぁぁーーーーーーっ」って叫ぶシーンがあって、
(この人いつもキレてるなぁ)って冷静に思ってしまいました。笑
でもオダジョーの大ファンなので次の2本も楽しみです♪


2006/07/08 10:38 AM, NICO wrote:
はじめまして。この度はトラックバックありがとうございました。勝手ながらこちらからもさせていただきました…。
邦画をたくさんご覧になっているんですね。いろいろと感想を拝見し、楽しませていただきました。BIG RIVERは観た時は「退屈すぎる!」と思ったんですが、1ヶ月近くたって妙にいろいろな場面を思い出すことがあります。時間をかけてじわじわと来るものがある映画だなと…それもまた映画の楽しみのヒトツかなと思ってます。
またお邪魔させていただくつもりです(今日から「ゆれる」ですし)。どうぞよろしくお願い致します。
2006/07/08 10:08 PM, ちか wrote:
こんにちは、いつもTBありがとうございます。

私もこの映画、気に入っています。サラと哲平の微妙な関係も、見ていてずっとやきもきしました。
哲平はオープンなようでいて、自分の内側に入られるのは苦手なのだろうなあと、感じてしまいました。
それにしても凄い日に観に行かれたのですね。
観客さん同士が戦友のように思えるというのも、なんかいいですねー。
他人と繋がりたく思えるような映画でしたしね♪
2006/07/09 12:00 AM, こーいち→まいこさん wrote:
>まいこさん
こちらこそコメントありがとうございます!
また是非遊びに来てくださいね〜♪

「ゆれる」はちょうど今日から公開してますよ。
確かにいつも狂ったように叫んでますよね(笑)
僕もすごく楽しみにしています!

こちらからTBさせて頂いたんですけど、
どちらのまいこさんか分からなくて(ノд・。) グスン
次回、コメントにURLを残していただけると
僕もまいこさんのブログに遊びに行きます☆
2006/07/09 12:43 AM, こーいち→NICOさん wrote:
>NICOさん
はじめまして♪
いえいえ、TB&コメント本当にありがとうございます!!
僕はなぜかツボだったんで惹き込まれましたけど
普通に観たら退屈な映画でしたよね。
でも仰るとおり後からじわじわくる余韻があって
良かったと思いました。

また遊びにいらして下さいね☆
2006/07/09 1:20 AM, こーいち→ ちかさん wrote:
>ちかさん
ほんとすごい日に行ったんですよね(苦笑)
靴もビショビショだったんで映画館では裸足でした。。
でも他のお客さんと心が一つになれましたw

>自分の内側に入られるのは苦手
ほんとそうでしたよね。
だからサラのお父さんが言った
「俺のバーガーは、お前のバーガーだ」
ってセリフがすごく印象的でした。
日本人と違ってオープンだなと。
2006/07/09 12:05 PM, satty wrote:
こんにちは!
そう、オダギリジョーってこんな感じの人かもー
私もそういう気がしましたよ
このなんかつかみどころのない青年
うんうん、確かに日本人らしいかもしれないですねー

「ゆれる」は絶対観ますよー!楽しみです♪

2006/07/10 9:54 PM, pudding wrote:
こーいちさん、はじめまして。
遅ればせながらトラックバック、
ありがとうございます!

最近のオダギリさんは、個性的な
役柄を積極的に演じていますね〜。
そう考えると“BIG RIVER”の哲平役は、
正統派な役どころだったような印象もします。

“ゆれる”は、ワタシも個人的に
楽しな作品です♪
“東京タワー”の主人公も演じるということで、
これからますます、彼の活躍を楽しみに
しています☆
2006/07/11 12:43 PM, こーいち→satty さん wrote:
>satty さん
演技じゃなくて素に観えてくるんですよね〜
ちょっとイカれた感じも似てるかもなんて(笑)
実際のオダギリさんは知らないですけど。。

「ゆれる」楽しみですね〜
僕の地元はまだ公開が先みたいなので
すごく待ち遠しいです(TmT)
2006/07/12 2:40 AM, こーいち→pudding さん wrote:
>pudding さん
こちらこそありがとうございました!
そうですね、確かに今回は正統派でしたね。
だから役と本人がかぶって見えたんでしょうね。
こういう普通のオダギリさんも大好きです☆

「ゆれる」も楽しみですし「東京タワー」も楽しみ♪
これからもまだまだ楽しませてくれますね!
2006/07/12 8:22 PM, クリス wrote:
アリゾナの雄大な景色が、スクリーンいっぱいに観れ感動!粗筋もアッサリ系でくどくなく、透明感ある映画で好みが分かれるところでしょうが、とても良かったです〜ただ、オダギリの演技をジックリ観たい方には全編英語と言う以外には台詞も少なめで、少し物足りなかったかも知れません。(それが哲平らしさなのかも知れませんが…)何れにしろ、そう言う事も含め、心に残る良い映画でした!
監督曰く、テーマが米国のテロ以降の異民族間の人と人との交流を画きたかったらしい〜のですが…それが、さり気無くですが表されていたと思いました。特に警官の訊問のシーンから〜ですが…
2006/07/12 11:28 PM, こーいち→クリス さん wrote:
>クリス さん
こんばんは。
コメントありがとうございます!
あの大自然は凄かったですよね〜
スケールが大きくて、やっぱり日本じゃ撮れないですね。

確かにオダギリさんファンには物足りないかもしれないw
単独主演って感じじゃないですもんね。
僕も雰囲気など大好きな映画でした☆

警官のシーンは異民族のことを描いている感じでしたけど、
そこまで強烈に描いてはなかったですよね。
僕的にはそのくらいがちょうど良かったですけど。
2006/07/16 8:41 PM, クリス wrote:
こーいちさん、早速のご返信ありがとうございます〜
>僕的にはそのくらいがちょうど良かったですけど。

私もテーマをその様にさり気無く、伝えているのがとても好感持てました。やはり日本人の監督が画くとこうなるのか?!とも…
例えて言うなら、洋食の脂っこいしつこさよりも和食のアッサリ系…と言う感じですかね〜

食事や西部劇の場面といい、そのさり気無い演出こそが心に残るものなのかなぁ…とも感じています。

そういう意味で私もパンフ買っといて良かったと思いました。
いろいろな象徴的なシーンを巧く組合せている〜と感じましたし…

兎に角、終った後もいろいろ思い出され、印象深い良い映画でした。

2006/07/17 12:14 AM, こーいち→クリスさん wrote:
>クリスさん
こちらこそお返事いただいてありがとうございます!

ほんと仰るとおりです!
和食のアッサリ系いいですよね〜。
僕はこのアッサリ感が大好きで邦画ばっかり観ちゃうんです。

僕も今回はパンフ大活躍でしたよ。
すごく理解を深めてくれました。
パンフ見ないと分からないところはありましたね。
深層を理解したらまた観たくなりましたw
2007/06/09 10:19 PM, misato wrote:
こーいちさん、こんにちは。
最近、『ビッグ・リバー』見ました。
私も以外にも引き込まれて見ていました。
乾いた感じとか、オダジョーのそっけない感じとか、ほんのり3人が仲良くなるところとか。
でも、なかなか文章に表しにくくって、そうそう!と頷きながらこーいちさんのレビュー読ませていただきました。
3人で並んでボンネットに座っているシーンが好きですね。
ぜひパンフなどでもっと深めてみたいものです。
TBよろしくおねがいします。
2007/06/11 2:40 PM, こーいち→misatoさん wrote:
>misatoさん
こんにちは♪
TB&コメントありがとうございます!
淡々としてるんだけどその乾いた感じが心地良かったりしますよね〜。
僕も3人でボンネットに座るシーン好きですw
というかサラと哲平が美男美女だから画になってて見惚れてしまいます。
パンフに載ってた監督のコメントなんかも興味深かったので
是非読まれてみてください☆
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/80

2006/06/13 12:22 AM
映画[ BIG RIVER ビック・リバー ]@新宿で鑑賞 事件が起きるわけでもなく、人が死ぬわけでもなく。石や 岩、砂だけしかない、アメリカ・アリゾナ州の荒野で淡々 と時間だけがすぎていく。しかし偶然出会った国籍の違う 3人の気持ちは、大きく変化する。 よ
2006/07/01 9:10 AM
「ビッグ・リバー」★★ オダギリジョー、カヴィ・ラズ、クロエ・スナイダー主演 舩橋淳監督、2006年 全編海外ロケ、英語での会話 そんな中でもオダギリジョーは やはりここでもオダギリジョーだった。 せっかくの新しい挑戦だが、 英語で話すという以外は
ビッグ・リバー / cultyシネマ行状記
2006/07/08 12:07 AM
この作品を鑑賞した新宿の映画館は、実は「ブラピ」のオールナイト特集で観に来たとき以来、実に11年ぶりであった。たまたまなのか、この日は『オダギリジョー特集』のオールナイトがあった。もちろん僕にそんな体力はないので遠慮したが・・・。端書きはさておき、この
BIG RIVER / 魅羅来る
2006/07/08 12:52 AM
あらすじ 「アリゾナの砂漠で、日本人バックパッカー、パキスタンから妻を探しに来た男、アメリカ人女性が出会った時、心の交流が生まれる」 オダギリジョー海外進出・初主演、某国際映画祭フォーラム作品で「最も美しい映画」と称されたという。 期待しすぎたの
2006/07/08 12:54 AM
オダジョー主演のロードムービーです。コレ都内での上映が1館だけってどういうことヨ?行き慣れない映画館に行って観るのって気疲れしちゃうんですが、でも観たいので頑張って行ってきましたテアトル新宿デス。 +++ちょいあらすじ
『ビッグ・リバー』 / かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
2006/07/08 1:15 AM
美しい風景を堪能。旅の醍醐味を満喫。それだけでいい。 バックパッカー哲平とアリとサラのアリゾナ州モニュメントバレーでの出会いと別れ。アメリカの広大な砂漠が背景のロード・ムービー。映画館の大きなスクリーンでこれをで観ずして何を観る。この風景が大好きな
ビッグ・リバー / 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
2006/07/08 1:40 AM
オダキリ ジョー、初の”海外進出”主演映画というふれこみの作品です。そして、チラシには”単身アメリカに渡り、全編英語のセリフで挑んだ渾身の意欲作”とありました。 とは言え、監督は日本人だし、スタッフにも日本人の名前がチラホラ...。何をもって”単身
2006/07/08 2:14 AM
オダギリジョーの映画が続いて来るのが楽しみ。まず一本目は監督は日本人だけど全編英語で外国映画みたいな映画だった。 砂漠の中をバックパッカーの青年が歩いている。いくら歩いても砂漠と道しかない。疲れてヒッチハイクしようとしたが、待てど暮らせど車がこな
2006/07/08 6:51 AM
映画 「ビッグ・リバー」 を観ました。
「ビッグ・リバー」 / てんびんthe LIFE
2006/07/08 8:22 AM
「ビッグ・リバー」 テアトル新宿で鑑賞 オダギリジョーが全編英語で臨んだアメリカロードムービー。日本人バックパッカーのテッペイと逃げた妻を追いかけるパキスタン人アリ、アル中の祖父と暮らすアメリカ娘サラ。3人が壮大なアメリカを走ります。内容は無し。ス
2006/07/08 8:52 AM
舩橋淳監督作品『BIG RIVER』2006年 日本 2006年6月30日 テアトル新宿にて鑑賞 荒筋: アリゾナの砂漠を1人の日本人バックパッカーが歩いている。ヒッチハイクで大陸横断を試みている若者・哲平だ。
ビック・リバー〜BIG RIVER / シャーロットの涙
2006/07/08 9:12 AM
タイトルは10年以上NYにすむ舟橋監督が名づけた、様々な人種が集まるアメリカの象徴らしい。 公式サイト この作品はアリゾナで国籍を超えた3人の男女が出会い、共に過した4日間を描いたロードムービー。 ロード・ムービー・・・こういう「間」を楽しむ作品というもの
[オダギリジョー彼是]BIG RIVER / 新 お気楽日記
2006/07/08 10:30 AM
テアトル新宿にて。 何より予告ですよ。まずは「パビリオン山椒魚」。いいねえ〜いいですねえ〜期待の高まる予告です。恋するレントゲン技師がとってもかわいくて、激しく怪しい!怪しすぎる!予告だけでも充分な悪乗りの気配がすっごい魅力的。テンポも良さそうだし、
『ビッグ・リバー』 / ラムの大通り
2006/07/08 11:03 AM
----これってベルリンで話題になっていた映画だよね。 確か主演のオダギリジョーが、全編英語で喋るとか? 「うん。それってどういう意味かと思ったら、観て納得。 彼が扮しているのは日本人のバックパッカー、哲平。 彼は世界中を旅しているんだ」 ----そうか、外国が
【BIG RIVER ビッグ・リバー】 / NAO−C☆シネマ日記
2006/07/08 5:55 PM
昨日5/31新宿にて「デイジー」の後、「ビッグ・リバー」を観る。 舞台はアメリカ・アリゾナ州の砂漠・・ 日本人バックパッカーのテッペイ パキスタン人の中年男のアリ アメリカ人の若い女性のサラ 自分の居場所が見つからない、偶然出会った国籍も性別も年齢も異
BIG RIVER / HIROMIC WORLD
2006/07/08 8:53 PM
本日の3本目は「BIG RIVER」 アメリカ、アリゾナ州の砂漠をあてどない旅を
ビッグ・リバー / BUNPITUノHIBI
2006/07/08 9:57 PM
舩橋淳監督 バックパッカーの日本人青年、妻を捜しにパキスタンからやってきた中年男性、トレーラーハウスで無為な日々に押し込められているアメリカ女性。アリゾナの砂漠で偶然出あった3人はひとつの車で旅をすることになる……というロードムービー。 爽やかで
映画@ビッグ・リバー/BIG RIVER / sattyの癒しのトビラ
2006/07/09 11:45 AM
国も文化も境遇も異なる男女3人が偶然に出会い、 4日間の旅を通して友情を育んでいくロードムービー アリゾナ州の砂漠、日本人バックパッカーの哲平は、 蒸発した妻を捜しにアメリカへ来たパキスタン人のアリと出会う 彼の車に乗せてもらったものの、車はガス欠。。し
BIG RIVER / キオクとキロク
2006/07/10 9:56 PM
どことなく、ジャームッシュの映画を彷彿と させられるようなロードムービー。 現実と夢が交差するような曖昧で淡々と したストーリーは、嫌いなテイストじゃない。 壮大なアリゾナ砂漠の美しい情景に、心を 奪われる。 人はもともと孤独な生きものだけれども、
ビッグ・リバー / シネマ de ぽん!
2006/07/23 9:30 AM
ビッグ・リバー公開中ストーリー ☆☆映画の作り方☆☆総合評価  ☆☆ なるほど、
BIG RIVER(05・日・米) / no movie no life
2006/08/13 3:57 PM
山形では、今週1週間しかやらないこの作品。仕事で疲れつつも、「見ねば・・・」と身体に鞭打ち見に行ってきました。なんていってもオダギリジョーですから。これ、オフィス北野なんですね〜。 さて、この作品。「何故?」を問うと多くの疑問が沸いてきますが、そこ
ビッグリバー(オダジョー、アメリカロードムービー) / パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2006/08/24 2:11 AM
アリゾナの砂漠地帯を舞台に、偶然出会った国籍も性別も年齢も異なる3人の男女の数日間の物語。アメリカ人女性サラが住むトレーラーハウスは、富裕なアメリカから切り離されたアメリカのエアポケットのようなところだ。外国人が見たアメリカとアメリカから疎外された
ビッグ・リバー / 愛猫レオンと年間170本映画生活日記
2006/08/27 12:56 AM
タイトルの「ビッグ・リバー」とは、いろんな人種が集まるアメリカの象徴として付けられたものです。 映画の主な舞台は、渇ききったアリゾナの広大な砂漠でした。 主人公、哲平(オダギリ)が中年パキスタン人の男性と若いアメリカ人の女性と偶然知り合い、4日間とも
ビック・リバー / シュフのきまぐれシネマ
2007/03/17 3:19 PM
監督:舩橋 淳 ビック・リバーをDVDで鑑賞しました うん。オダギリジョーはやっぱりかっこいい。 この人の持つ空気が先ずかっこいい。 何してても何を着ててもかっこい。 この映画のオダギリジョーはとにかくかっこいい。 あとはロケーションがひじょう
2007/05/14 9:17 AM
ビッグ・リバー CAST:オダギリジョー 他 STORY:アメリカ、アリゾナ州の砂漠。日本人旅行者の哲平(オダギリ)は、蒸発した妻を捜しにアメリカに来ているパキスタン人のアリに出会う。アリの車に同乗していると車が壊れてしまい、アメリカ人女性のサラに助けら
[cdb] #126 ビッグ・リバー / 色とりどりの日々
2007/06/09 10:12 PM
オダギリジョーの夢を見た。 二人で何か話をしながら川沿いを歩き、 場面はとある学校へ、 オダジョーは講師、私はそこの学生らしい。 私が自分の席についてしばらして、 少し遅れて秦くん登場、 ムスっとして私の後ろの席へ座る。 オダジョー先生、秦くんの側に
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.