• 2010.06.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『風のダドゥ』
感動度ハートハートハート    2006/06/10公開   (公式サイト)
泣き度 悲しい悲しい
自然美富士山富士山富士山富士山
癒し度 おはなおはなおはなおはな
満足度星星星



【監督】中田新一
【脚本】南柱根
【出演】
木村文乃/榎木孝明/勝野洋/井上晴美/古閑三恵/小林幸一郎/萬田久子/ 犬塚弘/石丸謙二郎/四方堂亘


<ストーリー>

春を待つ阿蘇山をひとり彷徨う16歳の少女、彼女の名は浅野歩美(木村文乃)。孤独感に耐えきれずに家を飛び出し、山中で意識を失い倒れていたところを装蹄師の桜田(犬塚弘)によって、彼が働く「阿蘇ふれあい牧場」へ運ばれる。
牧場では、かつて競馬界で名調教師として名を馳せた安藤幹夫(勝野洋)とその家族、ある出来事をきっかけに過去を捨てた元高校教師(榎木孝明)、言葉を失った少年(小林幸一郎)が暮らしていた。一命を取り留めた歩美は、しばらくそこで生活することを決意。阿蘇の雄大な自然の中、元競走馬メイワジョニーとの出逢いを通して、次第に心を開いていく。そんな矢先、「生きることを難しく考えるんじゃない」と励ましてくれた桜田の死を知り、生きる希望を見失った彼女に、再び生きる力を与えたものとは…。 (goo映画より)


                  人気blogランキング
              ♪まずポチっと1クリック♪
                                   
<感想>    

ダドゥ・・・「駄動」の方言。命の音。
      馬の体の中から聞こえる風のうねりのような音。

すごく癒される映画でした。アニマルセラピー、ホースセラピーがテーマの映画です。動物にも癒されますが、阿蘇の壮大な自然の風景が抜群に美しい!!「ハイジ」の撮影も出来るんじゃない?って思っちゃうくらいの大自然w日本じゃないみたいでした。自然の音も強調されていて、眼と耳で癒されます。でもただの癒し系映画じゃなくて、「生きる」ことについてすごく考えさせられる映画です。

 
僕も去年は熊本に住んでいたので阿蘇には行っていました。疲れたときは行きたくなるんですよね。草原で一日中ゴロゴロして綺麗な空気を吸って、風景をのんびり眺め、美味しいアイスクリーム食べて、ほんとに癒されます♪


そんな阿蘇の大自然の映像に癒されながら、「生」についてストレートに考えさせられました。


「どうして死んじゃいけないの?」


いじめや父の死によって生きる希望を失った女子高生・歩美は何度もリストカットを繰り返します。「苦しんで生きるよりも死んで楽になったほうがいい。」こんな風に考えている子供達って多いんですかねぇ。。悲しいですね。


「生きるってことを難しく考えるんじゃない。ただ死なないってことだ。

 でも本当はそれだけでも大変なことなんだ。」



歩美に質問されたおじいさんがこう答えるんですが、すごく心に響きました。「なぜ死んだらいけないの?」という質問に明確に答えることって難しいと思うんですけど、素敵な答えだなと思いました。僕も含めてですけど、今の若い人たちって明確な答えがないと不安になったり、受け入れられなかったりするんですよね。すべて理屈で理解しないと納得できない。でも世の中には答えがないことの方がたくさんあって、頭で理解できないことばかり。すべて答えを出して頭で理解しようとするから、悩みがたくさん出るんですよね。


生まれてきて良かった命か、生まれて無駄な命かなんて分からないんだから、とにかく一生懸命生きるってことが大事なんだなぁと思いました。

 
キャストはドラマでよく見る方々ばかりでした。主演の木村文乃さんは最近出始めた女優さんみたいですね。誰かに似てる気がするんですよね・・。真鍋かをりの若い頃に似てそうw演技は初々しい感じですけど、難しい役を一生懸命やっていたし、眼力があって魅力的でした。今後の活躍が期待ですね☆

 
動物って純粋だから、触れ合うことでかなり癒されますよねw観ているだけですごく温かい気持ちになりました♪ストーリーはベタで展開は読めますけど、すごく優しい映画でした。

家に帰ってうちのワンコ(アンディ)のダドゥを聴きました( ̄∇ ̄)

               人気blogランキング
               ♪ポチっとお願いします♪



  • 2010.06.13 Sunday
  • 02:52
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2006/05/24 7:13 AM, セントレア wrote:
へぇ こんな映画があるのですか。ぜひ見なくては、大自然と馬とがきっと大きなスクリーンにぴったりなことでしょう。

ところで これオススメ♪ は多すぎですよ。
2006/05/25 2:15 AM, こーいち→セントレアさん wrote:
>セントレアさん
コメントありがとうございます♪
これは九州先行上映なので、セントレアさんのところは
もう少し先になると思います。
癒されそうな映画です。

オススメ多いですか〜。かなり絞ったんですよ、これでも。
まだまだこれから増えますよ(笑)
ぜひご覧になってください♪
2006/07/07 7:27 PM, arisu wrote:
TBありがとうございました。
動物セラピーは、以前から聞いたことがありましたが、それが『馬』というのは意外でした。この時の馬は、木村文乃さんとよく合ったようですね。

『オススメ』の中の『亀〜』『メゾンド〜』を観たいのですが、なかなか観る暇がありません^^;
2006/07/07 9:21 PM, こーいち→arisu さん wrote:
>arisu さん
こちらこそありがとうございました!
僕もホースセラピーは初めて知りました。
この映画を観るだけでも癒されたんで、
実際に触れ合うことは効果があるでしょうね。

『亀は〜』『メゾン・ド・〜』どちらも素敵な作品ですよ!
是非観てくださいね〜
感想待ってます♪
2006/07/08 9:27 AM, ruw wrote:
トラックバックありがとうございました!実はトラックバックって何なのか知らなかったのですが、こういうことなんですね!風のダドゥ、よかったですよネ。
難しく考えずに観れて、言葉が胸に響いてきて。。
家族愛についても考えさせられる映画です。
2006/07/09 12:15 AM, こーいち→ruw さん wrote:
>ruw さん
あらっ、もしかして初トラックバックでした!?
記念すべき第一号させて頂きました♪

「風のダドゥ」よかったですよね!
すごく温かくてやさしくて。
心に染み渡ってくる映画でした。

ruwさん、また遊びにいらして下さいね☆
2006/07/10 12:15 PM, なみだ wrote:
はじめまして・・・なみだです
私のブログにTBしてくださってありがとうございます
『風のダドゥ』は撮影時からここ熊本では、新聞ネタになったりして話題でしたよ!
ブログにも書いてたんですが、本当に静かな感動を呼ぶ映画でした
「押し戸岩」こんど行ってみようかなって思ってます(^^)
2006/07/12 2:08 AM, こーいち→なみださん wrote:
>なみださん
はじめまして!
コメントありがとうとざいます♪
僕も去年の今頃は熊本にいたんですよ。
もしかしたらテレビとかで見たかもしれないですね。
ちゃんと新聞を読んでおけばよかった。。
ほんと素敵な映画でしたよね。
派手ではないですけど感動しました☆
あそこ行ってみたくなりますね。
2006/12/02 11:59 PM, black-mask wrote:
「風のダドゥ」良かったですよね。ホースセラピーと、阿蘇の自然に心洗われる映画でした。何より、この映画の中には悪人が一人も出てこなかったことが、私は素晴らしいと思います。加害者のように見える歩美のお母さんも、IT企業の社長も、今の社会に価値観を見失っただけで、決して人を傷つけようとはしていません。私の娘も、いじめから不登校になり、結果として、定時制高校を卒業しました。けれど、決してその経験は無駄ではなかったと本人も、私も思っています。こんな世の中だからこそ、この映画を沢山の人に観て欲しいと思います。
2006/12/03 4:56 PM, こーいち→black-maskさん wrote:
>black-maskさん
こんにちは。
コメントありがとうございます♪
すごく優しい作品でした。
まさに今タイムリーな作品になってますね。
とにかく生きるってことが大切だなと思いました。
多くの方に見て欲しいですね。
Add a comment:









Trackback:
"gooブログ"などここからTBできないブログは別ブログからお返しします!!  
http://andy-cinema.jugem.jp/trackback/96

「風のダドゥ」 / PIYOKOの日々雑感
2006/06/28 12:33 AM
2005年 日本 監督:中田新一 出演:榎木孝明、勝野洋、木村文乃、犬塚弘ほか ダドゥとは「駄動」ということばがなまったもの。 馬のお腹に耳を当てると、聞こえてくるゴゴーッという腸の動く音(=生のあかし)が、 風の音に似ていると言ったところからつけられ
【風のダドゥ】 監督挨拶 / 自己中心的シネマ談
2006/07/07 7:19 PM
  ダドゥ=駄道=駄動造語らしい。動物と触れ合うことによって癒しを育む。アニマルセラピーのお話デス。 春を待つ阿蘇山を、ひとり彷徨う16歳の少女―彼女の名は浅野歩美。不登校を続ける歩美は、孤独に耐えきれずに家を飛び出し、亡き父の思い出の地・阿蘇山の押
風のダドゥ / オタクの魂forビギナーズ
2006/07/30 1:36 AM
熊本で撮影されたってコトと、ポスターを見たままの「馬」がかなり重要な役割を担った映画なんだろうとの予備知識しかなく、タイトルの『風のダドゥ』の“ダドゥ”ってのは馬の名前なんだろうと勝手に考えていましたが‥‥‥。 “ダドゥ”って馬の“腸のぜん動音”だ
2006/09/18 1:14 PM
『風のダドゥ』 監督 : 中田新一 随分前に観たんですが、 そろそろ東京でやるみたいですね。 馬乗りとしてはもう一度くらい観ておこうかな、などと。 とにかく泣いたんですわ。 ストーリーがね、泣けるんですよ。 子供たちとか女の子とかは、みんな演技はまだま
  
訪問の際には
1つクリックお願いします♪
 
 
アクセスカウンター      (開設日2006/4/23)
PROFILE
          
ENTRY(latest 5)

最新映画レビュー♪

『南極料理人』

『L change the WorLd』

『奈緒子』

『KIDS』

『陰日向に咲く』

『人のセックスを笑うな』

『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』

『銀色のシーズン』

『魍魎の匣』

『Little DJ 小さな恋の物語』

『転々』

『スマイル 聖夜の奇跡』

『マリと子犬の物語』

『ヒートアイランド』

『ROBO☆ROCK』

『椿三十郎』

『やじきた道中 てれすこ』

『象の背中』

『ミッドナイト イーグル』

『恋空』

『風の外側』

『オリヲン座からの招待状』

『クローズZERO』

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

『自虐の詩』

『クワイエットルームにようこそ』

『未来予想図
 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』


『ストレンヂア -無皇刃譚-』

『サウスバウンド』

『夜の上海』

『クローズド・ノート』

『サッドヴァケイション』

『めがね』

『包帯クラブ』

『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』

『HERO』

『Life 天国で君に逢えたら』

『ベクシル 2077 日本鎖国』

『天然コケッコー』2回目

『恋するマドリ』

『キャプテン』

『遠くの空に消えた』

『夕凪の街 桜の国』

『天然コケッコー』

『渋谷区円山町』

『トランスフォーマー』

『ピアノの森』

『河童のクゥと夏休み』

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『吉祥天女』

『図鑑に載ってない虫』

『ドルフィンブルー
 フジ、もういちど宙へ』


『西遊記』

『サイドカーに犬』

『転校生-さよならあなた-』

『憑神(つきがみ)』

『キサラギ』

『300 <スリーハンドレッド>』

『舞妓 Haaaan!!!』

『きみにしか聞こえない』

『恋しくて』

『あしたの私のつくり方』

『GOAL!2』

『大日本人』

『監督・ばんざい!』

『そのときは彼によろしく』

『しゃべれども しゃべれども』

『クィーン』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

『パッチギ!
  LOVE&PEACE』 


『檸檬のころ』

『眉山 -びざん-』

『黄色い涙』

『初雪の恋
  〜ヴァージン・スノー』


『The 焼肉ムービー
 プルコギ』


『神童』

『ゲゲゲの鬼太郎』

『名探偵コナン 紺碧の棺』

『Presents〜うに煎餅〜』

『東京タワー オカンとボク
 と、時々、オトン』


『ナイト ミュージアム』

『大帝の剣』

『蟲師』

『バッテリー』

『アンフェア the movie』

『アルゼンチンババア』

『さくらん』

『長い散歩』

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』

『幸福な食卓』2回目

『ドリームガールズ』

『バブルへGO!! 
 タイムマシンはドラム式』


『エラゴン 遺志を継ぐ者』

『魂萌え!』

『Dear Friends
 ディア フレンズ』


『幸福な食卓』

『どろろ』

『僕は妹に恋をする』

『幸福のスイッチ』

『それでもボクはやってない』

『リトル・ミス・サンシャイン』

『大奥』

『鉄コン筋クリート』

『暗いところで待ち合わせ』

『NANA2』

『硫黄島からの手紙』

『父親たちの星条旗』

『武士の一分』

『日本以外全部沈没』

『パビリオン山椒魚』

『TANNKA 短歌』

『椿山課長の七日間』

『ストロベリーショートケイクス』

『手紙』

『いちばんきれいな水』

『7月24日通りのクリスマス』

『デスノート
 the Last name』


『長州ファイブ』

『虹の女神
 Rainbow Song』


『ただ君を愛してる』

『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』

『地下鉄(メトロ)に乗って』

『天使の卵』

『永遠の法』

『涙そうそう』

『夜のピクニック』

『フラガール』

『出口のない海』

『紙屋悦子の青春』

『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』

『バックダンサーズ!』

『アキハバラ@DEEP』

『UDON』

『ラフ ROUGH』

『花田少年史
 幽霊と秘密のトンネル』


『東京フレンズ
    The Movie』


『ユナイテッド93』

『ゆれる』

『時をかける少女』

『日本沈没』

『ハチミツとクローバー』

『ガラスの使徒(つかい)』

『ゲド戦記』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

『好きだ、』

『ラブ★コン』

『ホワイト・プラネット』

『M:i:III』

『カーズ』日本語吹替え版

『BIG RIVER』

『ブレイブ ストーリー』

『バルトの楽園』

『フーリガン』

『タイヨウのうた』

『DEATH NOTE デスノート 前編』

『風のダドゥ』

『シムソンズ』

『初恋』

『トリック劇場版2』

『間宮兄弟』

『GOAL!』

『花よりもなほ』

『デイジー』

『嫌われ松子の一生』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『かもめ食堂』

『陽気なギャングが地球を回す』

『明日の記憶』

『雪に願うこと』 

『LIMIT OF LOVE 海猿』

『佐賀のがばいばあちゃん』 (九州先行)
『キトキト!』

『松ヶ根乱射事件』

『蛇イチゴ』

『パプリカ』

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』

『名探偵コナン 14番目の標的』

『名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』

『花とアリス』

『69 sixty nine』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『ダメジン』

『やわらかい生活』

『せかいのおわり』

『青いうた 〜のど自慢青春編〜』

『笑う大天使(ミカエル)』

『きょうのできごと a day on the planet』

『LOVEHOTELS ラヴホテルズ』

『東京大学物語』

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』

『ベロニカは死ぬことにした』

『カミュなんて知らない』

『千と千尋の神隠し』

『ルート225』

『もののけ姫』

『ケータイ刑事 THE MOVIE』

『キャッチ ア ウェーブ』

『男たちの大和
     /YAMATO』


『猫の恩返し』

『紅の豚』

『SAYURI』

『最終兵器彼女』

『ウォーターボーイズ』

『となりのトトロ』

『風の谷のナウシカ』

『天空の城ラピュタ』

『天使』


作品インデックス


CATEGORY

           アクセスランキング

レンタルCGI

       
COMMENT
TRACKBACK


俳優別オススメ作品は?

【俳優】

◆オダギリジョー
◆長澤まさみ


【監督】

◆岩井俊二


【その他】

◆「名探偵コナン」



新作映画情報


リンク
ARCHIVES


あわせて読みたい
オンラインDVD&CDレンタル




無料ブログ作成サービス JUGEM


     
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪
これオススメ♪



お邪魔してます♪
SPONSORED LINKS

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.